ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06

梅雨最盛期のこの時期、見沼田んぼの甲虫たちは元気です。
昨日小雨混じりの天候の中出かけてみると「ヨモギハムシ?」でしょうか、
小さいけれども金蒼色と黄銅色の金属光沢に輝く美麗交尾ペアが迎えてくれました。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06004952.gif
in2021.07.06見沼田んぼ「ヨモギハムシ?交尾ペア」

我が家のベランダでは、食べる為に植えた「ゴーヤ」、種をまいたら芽が出てきたと持ち込まれた「カボチャ」があります。
ゴーヤの花は主に飛来した蜜蜂達が受粉しているようですが、花の中を見ると渋い金属光沢に輝く小さな甲虫がいました。
私の手持ちの図鑑では「コマルノミハムシ?」と思われます。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06035929.gif
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06121695.gif
in2021.06.23自宅ベランダ「コマルノミハムシ?」↑、↑↑

カボチャでは
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06140363.gif
「ウリハムシ」が、美味しそうに葉を食べていました。↑、↓
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06160214.gif
in2021.06.28自宅ベランダ「ウリハムシ」↑、↑↑

フィールドで一番目立つカミキリムシは「キボシカミキリ」です。
写真右やや下隅の個体は胴が太く触角短い個体です。対して左上隅の個体は胴が細く触角が長い個体です。
性差がチョウと同じようにキボシカミキリでも表れると仮定すると右隅は雌?、左隅は雄?かな・・・
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06180146.gif
in2021.06.24見沼田んぼ「キボシカミキリ×2」↑
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06241332.gif
キボシカミキリの正面顔↓は結構怖いです。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06253046.gif
in2021.06.30見沼田んぼ「キボシカミキリ」↑、↑↑

トラカミキリの仲間も2種だけですが撮影叶いました。
最初は、上翅に2本の黒い帯があるので「フタオビミドリトラカミキリ?」かな
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06544641.gif
in2021.06.26見沼田んぼ「フタオビミドリトラカミキリ?」↑

次は鮮やかな黄金色の下地に太い黒色のU字紋等が目立つので「キンケトラカミキリ?」↓でしょうか
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_06595117.gif
in2021.07.03見沼田んぼ「キンケトラカミキリ?」↑

トンボを撮影しようと水辺を歩いていると体長20㎜程度以上の中大型のカミキリムシが2種確認出来ました。
何れも特徴的なので上が「ナガゴマフカミキリ?」、次が「ゴマダラカミキリ」でしょう。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07024914.gif
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07064032.gif
in2021.07.03見沼田んぼ「ナガゴマフカミキリ?」↑↑、「ゴマダラカミキリ」↑

コガネムシの仲間で一番目立つのは何と言っても「マメコガネ」↓です。
オオセイボウを待っている時しばしば慰めるように「蜜蜂」と一緒に挨拶にやってきました。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07081650.gif
in2021.06.26見沼田んぼ「マメコガネ」↑

ギンイチモンジセセリ2化を探している時に藪の中で見つけたこの子、「ヒメビロウドコガネ?」と思います。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07133406.gif
in2021.06.30見沼田んぼ「ヒメビロウドコガネ?」↑

チョウの話題を1つ
昨日、見沼田んぼで出逢った「ミドリシジミ」についての報告です。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07165845.gif
見沼田んぼには小さなハンノキ林が点在しているのでミドリシジミが生息していることは想定していました。
この畑の廻りは特にハンノキの数が多いのでひょっとしたら?と探していると
傷んだ1頭だけですが「O型」雌個体の撮影叶いました。
来年もコロナ禍が続いていたら荒川河川敷の森に次いでミドリシジミを探してみたいです。
見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06_a0126632_07214532.gif
in2021.07.06見沼田んぼ「ミドリシジミ雌O型」↑、↑↑

Commented by ugo1060 at 2021-07-07 13:58
フタオビミドリトラカミキリもキンケトラカミキリも見たことがなく
散策中に2種ほどは見つかりますが、見慣れたものばかりです
ミドリシジミも見かけるのですが、私が気づくより先に気付いて
逃げていきます(><
Commented at 2021-07-07 22:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by だんちょう at 2021-07-07 22:48 x
こんばんは!

もうキボシカミキリやフタオビミドリトラも
出てるんですね、やはりそちらは早いですね!
こちらは8月入らないと見られないカミキリムシです。
いいですね!
色んなカミキリムシが、いますね!!
Commented by 22wn3288 at 2021-07-08 07:35
カミキリムシの仲間も種類が多いですね。
同定には苦労しそうです。
ミドリシジミが居たのですね。
ハンノキがある所には居るようですね。
Commented by himeoo27 at 2021-07-09 12:28
ugo1060 様
今まで見沼田んぼでは蝶以外を撮影することが
稀でした。
従って、フタオビミドリトラカミキリと
キンケトラカミキリとを識別して撮影したのは
初めてです。
ミドリシジミは生息していることは分かってい
たものの見たことも無かったので見失わないよ
うに少しずつ近づいて何とか撮りこみました。
Commented by himeoo27 at 2021-07-09 12:30
鍵コメ1さん貴重な情報有難うございました。
明日7月10日の14:00過ぎ頃、現地に訪問して
みます。
Commented by himeoo27 at 2021-07-09 12:39
だんちょう 様
見沼田んぼも荒川河川敷の森も探せば色々な
カミキリムシ君たちが
多分生息していると思います。
蝶が見つからない時はカミキリムシ君たちも
探してみます。
Commented by himeoo27 at 2021-07-09 12:51
22wn3288 様
カミキリムシも色々いるので同定に四苦八苦しています。
広く数多くのハンノキがある荒川河川敷の森を卵~成虫まで観察している方の話を聞くと
人間には同じように見えるハンノキでもミドリシジミの好む樹と好まない樹があるようです。
今回撮影した場所の北側に30m×100m程度と30m×50m程度の2つのハンノキ林が有ります。
その中に何本かミドリシジミの好むハンノキが含まれていたのかもしれません。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2021-07-10 05:03
ハムシの仲間は多そうですね。
名前を調べるのが大変そう・・
ハンノキも沢山ある場所でもなかなかミドリシジミが飛ばない事が多いです。
来年の楽しみが増えましたね!
Commented by himeoo27 at 2021-07-11 06:50
MIYAKOUTA5040 様
ハムシは小さい種が多いのですが
意外と奇麗なので時々カメラを向けています。
今回ミドリシジミを撮影した場所は観察条件は
良くないので来年以降も荒川河川敷の森を中心
とした撮影となりそうです(涙)。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2021-07-07 07:24 | 甲虫全般 | Comments(10)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30