ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ

鳥居ムラサキツバメが集団越冬しているEポイントでもウラギンシジミが越冬しています。
日向ぼっこしている左側のムラサキツバメ雄↓を撮影している時に、偶然この越冬個体↓を見つけました。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19384990.gif
2月23日は雄個体だけでなくムラサキツバメ雌個体も舞い出しました。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19422465.gif
in2021.02.23見沼田んぼEポイント

今日は残念ながらムラサキツバメが越冬ウラギンの傍に止まってくれませんでした(涙)。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19450274.gif
in2021.02.27見沼田んぼEポイント

昨年ムラサキツバメが樹上で越冬集団を形成したDポイントでは最大4頭のウラギンシジミが越冬していました。
A~Eポイントの中で最も北風の影響を受けやすい為かD3個体を2月20日観察した↓のを最後に
2月23日以降、全ての個体を見失いました。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19474849.gif
in2021.02.20見沼田んぼDポイント

見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19513708.gif
Cポイントの御神木では2月20日の朝9時までは西面3頭↑、南面7頭↓合わせて10頭以上が越冬を継続していました。
20日18.1℃、21日21.5℃、22日21.9℃と2月としては異例の高温が3日も続いた為か
2月23日、2月27日ともに西面1頭↑、南面3頭↓合わせて4頭に激減しました。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_19591380.gif
2015年2月から2021年2月25日までの気象庁さいたま市の2月データを確認したところ
今年を除くと20℃を超した日は2016年2月14日、2017年2月17日の2日だけでした。
今年の21日、22日の2日間が異常であったことが分かります。
更に2月23日は9:00~14:00にかけて平均9m前後(瞬間最大風速16.7m)の強風が吹き荒れました。
外泊して帰ろうとした残り6頭が帰れなくなったのではと考えています。
今まで、北風の各ポイントごとの越冬塒への影響はその環境条件よりD>B>A>C>Eと想定していました。
実際に23日自転車で廻った体感では想定と異なりD>C>A>B>Eでした。
Cポイントは結構影響を受け御神木の塒も少し揺れました。
その結果、御神木の越冬ウラギンシジミが激減したのではと想定しています。↓
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_20103494.gif
例年通りですとCポイントに並んで越冬ウラギンシジミが多いAポイントですが
今年は最大3頭と少なかったものの今日も1頭だけですが元気に越冬継続中です。
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_20131736.gif
in2021.02.23見沼田んぼAポイント
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_20134310.gif
in2021.02.27見沼田んぼAポイント
********************************************************
見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近 in2021.02.03~02.27見沼田んぼ_a0126632_20154198.gif
この1週間の大きな変化は、2月にしては異例の高温と強風の影響の為か
2月23日よりCポイント御神木ウラギンシジミ10頭→4頭に激減
Dポイントウラギン見失う。
B南キタキチョウ、Eポイントウラギン塒の場所を大幅に変更した。
です。
ウラギンシジミもムラサキシジミに続いて終了間近のように感じます。

Commented by ibatyou010 at 2021-02-28 07:31
ムラサキツバメもウラギンシジミも多くの個体が越冬していたんですね.
先日の記録的な高温で塒から飛び出し無事に越冬終了となったような気がします.
Commented by だんちょう at 2021-02-28 08:17 x
おはようございます!

凄いですねヒメオオさん。
記事もなんだかプロっぽくなってきてますね!!

それにしてもこの中から
良くもたくさんの蝶を見つけるものだと感心致します。
さすがはヒメオオさんですね!!
Commented by 22wn3288 at 2021-02-28 08:38
長い間の観察記録 素晴らしいですね。
毎年続けておられることも凄いです。
暖かい日が続くと越冬を終え動き出すのでしょうね。
Commented by Farfalla65 at 2021-02-28 08:38
丹念な観察記録敬服します。
2月20日から22日までの異例な
高温と強い北風が越冬に様々な影響を
与えているのですね。興味深いです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2021-03-01 05:24
ウラギンシジミがこれだけの数が越冬する場所は
国内にはないのではと思います。
越冬数の変化の記録も貴重です。
風が強い場所ほど減少するのは理にかなっていますね。
移動して違う場所に越冬することはないのでしょうか?
Commented by nihon-burari at 2021-03-05 15:30
富士山
Commented by Sippo5655 at 2021-03-05 22:14
多くのウラギンシジミが越冬できる場所、
様々な条件を満たしているのでしょうね。
それ以前にこれだけの数を見つける努力に
頭が下がる思いです。
蝶たちも、日々の温度変化を体で感じ
この場所でいいのか?
真剣に考えて、移動するか、留まるか、、
悩んでいるのでしょうね。
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:07
ibatyou010 様
鳥居で越冬しているムラサキツバメも
3月に入って気温が上がると日内変動、
日間変動ともに大きくなり
越冬終盤になったと思われます。
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:17
だんちょう 様
過分な言葉ありがとうございます。
見沼田んぼで越冬蝶を観察して10年以上で
ここ6年は見沼区のiさんによるご指導、ご協力
もあり充実した観察がやっと出来るようになり
ました。
今年は見沼区のKさんが鳥居ムラツ見つけてく
れたのが大きいかな?
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:26
22wn3288 様
昨年まではウイークデーに見沼区のiさんが
観察してくださったことによりデータの厚みが増しました。
今年は、年休調整で毎週水曜日休みを取って自分で観察したので、
さらに推移状況が分かるようになりました。
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:33
Farfalla65 様
気象庁の詳細なデータと観察記録を重ねて
眺めると色々と分かってきて楽しいです。
ムラサキツバメについても大きな変化があ
ったので3月13日までに纏めてみたいです。
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:41
MIYAKOUTA5040 様
ウラギンシジミも越冬中に他の塒で外泊して
戻ってくることがあります。
流石に3月に入って気温が高い日が多い為か
Cポイントの御神木ウラギンは次第に減少し
3月6日には南1西1の2頭だけになりました。
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:42
nihon-burari 様
富士山?
Commented by himeoo27 at 2021-03-07 08:53
Sippo5655 様
北側が傾斜地になっているので北風を少し和らげる
南側は道路を挟んンで広い田んぼがあり開けていて
道路には車が通るので野鳥が寄り付きにくい
発生地が近接している等々の条件が重なって多くの
ウラギンシジミが越冬していると思います。
昨日、ウラギンシジミ、ムラサキツバメともに
記載されたように越冬継続するか?飛び出すか?
迷っているような子たちが観察出来ました。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2021-02-27 20:19 | シジミチョウ | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30