ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ

今年度見沼田んぼの私が観察している場所では、1月10日以降越冬ムラサキツバメを見失い。越冬ムラサキシジミも塒の破壊、低温、降雪により1月30日現在確認出来ているのは1頭だけと激減しまいました。
しかしながら越冬ウラギンシジミは、Cポイントにあるご神木の10頭を中心に14頭が越冬継続中です。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_18550079.gif
in2021.01.24見沼田んぼCポイントご神木西面
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_18581232.gif
ご神木と勝手に言っている樹では、葉が縮れる病気になって12月中旬から姿を消した2019年度を除くと上図の通り越冬を貫徹する個体数の多いのが特徴です。
また今年度から用水路越のため観察し難い南面も観察しているので、越冬している総個体数が多いことも良く分かります。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19053102.gif
in2020年度Cポイントご神木西面(最大個体数は6頭、12.31は5頭、1.30現在は4頭)
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19090530.gif
ご神木南面では、右上の全体状況の写真の□で⑤を囲った場所に5頭固まって越冬継続中です。
その中でも左上隅に4頭固まって↓(2021.1.30↑の拡大)越冬しています。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19100825.gif
in2020年度Cポイントご神木南面(最大個体数は8頭、1.30現在は6頭)
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19205823.gif
in2020.12.20見沼田んぼCポイント入口
Cポイントではご神木以外にも入口で1頭越冬↑↓していました。
残念ながら1月20日確認出来たのを最後に1月24日から見失ってしまいました。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19230051.gif
in2020年度Cポイント入口
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19244258.gif
Aポイントでは例年であれば越冬開始するウラギンシジミの個体数は、Cポイント以上です。
今年は主たる越冬塒となる常緑広葉樹の中低木、高木の下部枝が2020年秋に完伐されました。
ゆえに蔦しか越冬出来る場所がなくなりました。
従って確認出来た越冬個体は最大3個体で、1月30日現在越冬を継続出来ているのは↑のA1
個体だけです(涙)。
A2個体↓は1月16日を最後に1月20日以降確認出来ていません。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19342213.gif
in2020年度Aポイント
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19353945.gif
今年度想定以上に頑張っているのはDポイントのウラギンシジミです。
1月30日現在D①&D②個体↑、D③個体↓の3頭が越冬継続中です。
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19373480.gif
in2020年度Dポイント
********************************************************
越冬ウラギンシジミのご神木ほか in2020.12~2021.01見沼田んぼ_a0126632_19382380.gif
今年度の見沼田んぼ越冬蝶推移は↑表の通りです。

1月24日から30日までの推移は
ムラサキツバメ:
引き続き1頭も見つけられず。
ムラサキシジミ:
B北ポイント27日から2→1頭に減少。Dポイント30日から全て見失う。30日現在1頭のみ
ウラギンシジミ:
変化なし
キタキチョウ:
B①も24日から撮影難い場所に僅かに移動。30日新しくB③個体B①個体奥の藪の中で見つける。
Dと合わせて3頭継続観察中






Commented by ibatyou010 at 2021-01-30 21:18
越冬が貫徹できる数が多いウラギンシジミの生命力は凄いですね.
ムラシやムラツとどこが違うのでしょうか.
また,ウラギンシジミは天敵から回避できる能力にもたけているような気がします.
気温との相関性も知りたいですね.
こちらでは残念ながら自分が見つけた越冬チョウは全ていなくなってしまいました.

Commented by だんちょう at 2021-01-31 14:02 x
こんにちは!

凄い綺麗に撮影されてますね!
さすがはヒメオオさん。詳しい解説付きで
初心者にもわかりやすいですね!!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2021-02-01 05:23
他の越冬チョウが集団が無くなる中で、
ウラギンシジミは健気にじっとしていますね!
観察のまとめ方が素晴らしいです。
こちらは成虫が見られなくなりました。
ヒメオオさんの越冬チョウを応援します。
Commented by 22wn3288 at 2021-02-01 08:16
ウラギンシジミは頑張っていますね。
このまま春が迎えられるといいですね。
観察の継続素晴らしいです。
Commented by himeoo27 at 2021-02-07 09:41
ibatyou010 様
ムラサキツバメ、ムラサキシジミは
直射日光により越冬塒および蝶そのものの温度が上がると
外気の気温が多少低くてもすぐに飛びだしますが
葉裏で越冬しているウラギンシジミや
草藪の中で越冬しているキタキチョウは外気温が12℃程度
以上にならないと塒から舞い出しません。
飛びだした後に気温が低下した時、動けなくなり元の塒に
戻れなくなることも一因と考えています。
Commented by himeoo27 at 2021-02-07 09:52
だんちょう 様
つい10年前まで蝶についてはド素人だったので
説明がくどくなりました(汗)。
Commented by himeoo27 at 2021-02-07 10:03
MIYAKOUTA5040 様
過分なお褒めの言葉有難うございました。
埼玉県内では元旦から新モンキチョウがブログ掲載
されていましたが、
見沼田んぼでも昨日1頭だけですが新モンキチョウが
舞ってくれました。
Commented by himeoo27 at 2021-02-07 10:07
22wn3288 様
ウラギンシジミは「ご神木」と勝手に呼んでいる
樹には昨日も2月6日10頭越冬継続中です。
このまま無事越冬して欲しいです。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2021-01-30 19:47 | シジミチョウ | Comments(8)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30