ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

大雪山麓のオオイチモンジほか(北海道・関東&台湾のタテハチョウ)2019

7/3~7/6大雪山層雲峡温泉に宿泊してチョウを中心とした生き物を撮影してきました。
今回は大雪山麓の「オオイチモンジ」を中心に台湾と関東・北海道の蛺蝶(和名:タテハチョウ)の仲間を紹介します。
a0126632_15273069.jpg
2019.07.05北海道上川町
a0126632_15434492.jpg
2019.04.27台北市立動物園
「黄蛺蝶(和名:キタテハ)」は、日本国内では北海道南岸部~九州に広く分布しています。この個体は春の台湾で撮影しましたが、日本の夏型に近似しているように感じました。
a0126632_15503482.jpg
a0126632_15501315.jpg
2019.07.05北海道上川町
キタテハ秋型に近似しているシータテハは、北海道ではほぼ全域、関東や台湾では山地のみに生息しています。当然、台湾では標高700m以上の山地にしかいないようです。
a0126632_15563729.jpg
2019.04.29宜蘭県西部の渓流沿い
フトオアゲハを待っていると「石墻蝶(和名:イシガケチョウ)」が吸水に飛来しました。通常この蝶は、開翅で吸水することが多いので閉翅の吸水は少し珍しいです。
a0126632_16041511.jpg
2019.04.28宜蘭県北西部の山中
日本では沖縄本島以南に生息している「枯葉蝶(和名:コノハチョウ)」は、大型の美麗種です。これだけ傷んだ個体でも表翅は綺麗ですね!
a0126632_16092974.jpg
2019.05.03陽明山
こちらは「琉璃蛺蝶(和名:ルリタテハ)」
a0126632_16114851.jpg
a0126632_16120653.jpg
2019.06.16さいたま市内
微妙な違い分かりますか?回答は、

臺灣蛺蝶 & 埼玉県越冬後タテハチョウ


Commented by photobikers at 2019-07-07 19:04
見たことも無いオオイチモンジ、綺麗ですね。平地のイチモンジとアサマイチモンジは裏翅も良く似ていますが、オオイチモンジは別格ですね。 特に個人的には裏翅が好きです。 飛び立ったところ等ウットリ観てしまいます。 正面の飛び立は、イチモンジ界の歌舞伎役者ですね。 素晴らしいです。
Commented by 武ちゃん at 2019-07-07 19:07 x
またまた珍しい蝶を何種も‥。  (^o^)丿
大雪山‥層雲峡方面ですか、羨ましい。
よく知られた名湯なんでしょうね。
当方ではまず撮ることも叶わない蝶たちです。
★ 勉強になりますよ。
Commented by 22wn3288 at 2019-07-08 08:26
オオイチモンジが普通に見られますか。
綺麗ですね。
飛翔も撮れて素晴らしいです。
採集者が多いと聞いていますが、大丈夫でしょうか。
撮影に支障はありませんでしたか。
Commented by OTTO at 2019-07-08 08:42 x
オオイチモンジ、サカハチチョウ、コノハチョウなどが一緒に登場する・・・
先のセセリやアゲハもそうでしたが、各科ごとに、南北各地の蝶を見せる手法が面白いですね。
オオイチモンジ、今年は上高地のものを写してみたいなと思っているのですが、なかなか天候の具合が‥ 泣;
Commented by だんちょう at 2019-07-08 09:08 x
おはようございます!!

層雲峡行ってきたのですね!!

天気も良かったでしょうね!
今回はぼくも昨日そちらに行こうか迷いましたが今回は暑すぎて止めときました(。>A<。)

大イチモンジ、層雲峡では黒化が有名ですよね(o´∀`)b

ぼくもしばらくオオイチみてません(。>A<。)

大きくて迫力のある蝶ですよね(#^_^#)
Commented by Farfalla65 at 2019-07-08 09:41
オオイチモンジやっぱり雄大ですね。
とっても美しいです。飛翔写真も素敵
です。北海道遠征たっぷり楽しまれた
ようですね。
Commented by ダンダラ at 2019-07-09 07:25 x
オオイチは吸水したりしている時にはかなり近づくことができますよね。
真上から綺麗に撮影されていて、撮影時の緊張感が伝わってくるようです。
飛翔もお見事です。
Commented at 2019-07-10 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごま at 2019-07-12 18:36 x
こんにちは!
オオイチモンジ綺麗な個体ですね。
子供時代の憧れのチョウでした。
接写に飛翔も素晴らしいです。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 13:58
photobikers 様
イチモンジチョウの仲間の裏翅いずれの種も
綺麗なので、私も表翅より好きです。
オオイチモンジ高山蝶の王者だけあって更に
別格の豪華さですね!
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 14:13
武ちゃん 様
オオイチモンジは、大きく目立つチョウなので
層雲峡の雄個体であれば
発生時期(7月頃)、天候(晴)、時間帯(9:00~13:00頃)
に「ペンション山の上」に宿泊して、
オーナーの高橋に場所を教えて貰うと必ず逢えると思います。
但し、網を持って近づくとビューンと逃げるそうです(笑)。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 14:27
22wn3288 様
「ペンション山の上」のオーナーにピンポイントで観察可能場所をお聞きして見つけたので、オオイチモンジが北海道では本州以上に普通に見れるかどうか不明です。
7/6土曜日は層雲峡付近に採取者が4~5人以上入っていたので、彼らを避けるようにポイントを移動して撮影しました。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 14:40
OTTO 様
台湾の蝶の写真も残り少なくなってきました。
今日タイワンヤマキチョウ等シロチョウの仲間を掲載す
ると暫くお休みです。

今年は長野県も天候が悪いようで遠征計画難しそうです。
上高地の「オオイチモンジ」出逢えると良いですね!
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 14:51
だんちょう 様
今回は層雲峡に3連泊して大雪山を中心に上川町~旭川市周辺の蝶たちを撮影しました。
雨や曇りの日が多く晴れ間を縫うように蝶を探してみました。
埼玉県とは蝶種がかなり異なるのでとても楽しかったです。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 15:07
Farfalla65 様
雨と雨の間の晴れ間を利用して北海道のチョウを
堪能しました。
しかしながらウスバキチョウは登場してくれた
15分間飛び廻るばかりで全く止まらずシャッター
も押せませんでした。
アサヒヒョウモンも1頭1回だけ確認出来ただけで
証拠写真しか撮れませんでした(涙)。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 15:19
ダンダラ 様
運良く採取者に遭遇しなかったので
何とか近づいて
コンデジのマクロ撮影、魚眼飛翔撮影
が叶いました。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 15:21
鍵コメ1 様
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by himeoo27 at 2019-07-14 15:40
ごま 様
このポイントでは羽化直後と思われるような
痛みの少ない個体ばかりでした。
さらにフレンドリーな個体もいたので接写、
魚眼飛翔撮影出来ました。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2019-07-07 16:53 | タテハチョウ | Comments(18)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31