ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

さいたま市の「ミドリシジミ」やっと & 台湾的小灰蝶 in2019

a0126632_15052518.jpg
さいたま市の「ミドリシジミ」今年は何故か相性が悪く泥沼の連敗中でした。
今日も、満を持して出かけてみたものの7:00から1時間半程度歩き回ったものの1頭も見つかりません・・・・・・
a0126632_15063129.jpg
a0126632_15065038.jpg
諦めかけて本道から脇に入った森の中で少し傷んだ個体が見つかりました。
坊主を免れてホッと一息
a0126632_15132750.jpg
直ぐに、ほぼ同じ場所でもう1頭
a0126632_15153155.jpg
a0126632_15155113.jpg
a0126632_15160872.jpg
結局3時間以上歩き回って3頭しか出逢えませんでしたが、最後の個体はサービス満点で樹上とは言え全開翅してくれました。
a0126632_15175129.jpg
ミドリシジミというと黒ぽい「ベニシジミ」夏型がお似合いです。
in2019.06.22さいたま市ゼフィルスの森
a0126632_15212321.jpg
a0126632_15214489.jpg
ミドリシジミのような金属光沢の煌めきはありませんが、ベニシジミ夏型の落ち着いた紅色も素敵です。
in2019.06.16さいたま市ゼフィルスの森
a0126632_15244489.jpg
都心の某公園ほど個体数はいませんが、東京都西部の山中でも「トラフシジミ」が登場してくれました。
in2019.05.11東京都西部の山中
***************************************************************
a0126632_15302364.jpg
a0126632_15305024.jpg
台北市郊外の陽明山で見つけたトラフシジミに近似したこのシジミチョウ(小灰蝶)の仲間は、昨年末~今年1月に台湾の墾丁でも出逢ったのと同じ「墾丁小灰蝶(和名:クラルシジミ)」雄です。今回は少し痛んでいたのか、青の煌めきが弱く感じました。
a0126632_15362659.jpg
a0126632_15364562.jpg
「紅邊黄小灰蝶(和名:ウラフチベニシジミ)」雄もトラフシジミや、クラルシジミと同じく青い金属光沢に輝く表翅を持つ個体もいるそうですが、残念ながらそのような個体には今回も出逢えませんでした。
a0126632_15403675.jpg
a0126632_15405740.jpg
「紅邊黄小灰蝶(和名:ウラフチベニシジミ)」雌は、表翅に黒地に紅色の模様を持つ美人さんです。
雌雄ともに言えることですが金色の地色で、縁が赤~桃色の裏翅はまさに絶品の蝶だと思います。
in2019.05.03台北市郊外の陽明山
***************************************************************


Commented by 武ちゃん at 2019-06-22 18:12 x
ミドリシジミ‥トップの写真いいですね。
今日のお天気は午前中、一部青空も見えましたが‥。
ところが昼食して午後になると一転、激しい雨に見舞われました。
幸手方面から早々に退去です。
Commented by 椿の茶屋 at 2019-06-22 21:20 x
今季のミドリシジミはどうなってしまうんだろうと気をもませて
くれましたが、確認できてよかったですね! 樹上とはいえ開翅が
見られて、3時間粘った甲斐が感じられるところだと思います(^^)

Commented by Farfalla65 at 2019-06-23 06:34
ミドリシジミもそろそろ終わりですね。
粘り勝ちで出会いがあって良かったで
すね。台湾のウラフチベニシジミ本当
に美人さんですね。会ってみたいです。
Commented by 22wn3288 at 2019-06-24 07:06
ミドリシジミに出会えて良かったですね。
粘った甲斐がありましたね。
ウラフチベニシジミは綺麗ですね。
少ないのでしょうか。
Commented by だんちょう at 2019-06-25 07:09 x
おはようこざいます(o´∀`)b

いよいよゼフィルスのシーズンに入りましたね!!
札幌でもちらほら見られるようになってきましたが、まだむだ個体数は少なかったです(*^o^*)

これからですね(o´∀`)b
Commented by nihon-burari at 2019-06-26 15:56
奈良の写真を掲載しましたが何分、写真集をスキャンした写真ですので変形、印章のないものが多数あります。お許しください。
また、現地は大変田舎ですので山中や野原などのため露出、フレーミング等大変、苦労しました。雨、風等自然との戦いでした。カメラは中判(120フイルム使用)カメラを使用しました。三脚と合わせると結構な重量になり持ち運びに苦労しました。
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 12:32
武ちゃん 様
晴れ間が出ている間、なかなかミドリシジミが
登場してくれずどうなることやらと心配でした。
運良く出逢えてラッキーでした。
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 12:39
椿の茶屋 様
前回、前々回合わせると9時間の探蝶で
撮影出来たミドリシジミが3頭という
厳しい結果でしたが、まあ坊主より遥か
にマシという感じです。
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 12:49
Farfalla65 様
ウラフチベニシジミは個体数は多いようですが
表翅が蒼く輝く新鮮な雄に出逢ったことがありません。
いつの日かそのような個体を接写してみたいです。
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 12:59
22wn3288 様
頭の固いヒメオオは、
この時期は「さいたま市のミドリシジミ」
と思い込んでいるので今年も出逢えて
嬉しかったです。

台北市北部にあう陽明山では
ウラフチベニシジミそこそこ観察可能です。
とっても綺麗な蝶ですね!
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 13:07
だんちょう 様
さいたま市ではミドリシジミが登場すると
短い平地性ゼフィルスシーズンが終盤を迎
えます。
上信国境を中心とした山地性ゼフィルスは、
これから登場するのでとっても楽しみです。
Commented by himeoo27 at 2019-06-29 13:07
nihon-burari 様
了解しました。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2019-06-22 15:48 | シジミチョウ | Comments(12)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31