ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

台湾的鳳蝶(緑斑鳳蝶ほか) & 見沼田んぼ越冬蝶記録20190223

チョウの幼虫も色々な形状や色のものがいますが、この種の中齢幼虫は下記写真の通りとぼけた表情をしています。
日本では見かけぬ幼虫です。一体誰の幼虫でしょうか?皆さん分かりますか。
a0126632_17295179.jpg
            in2019.01.01高雄市内
a0126632_18340911.jpg
            in2018.12.31台南市郊外
候補の1番手は台湾麝香鳳蝶(和名:タイワンジャコウアゲハ)です。紋が黄色で大きな異常紋のジャコウアゲハだと思って撮影しました。図鑑で調べてみると日本には生息していない蝶でした。最初に掲載した中齢幼虫は、残念ながらこの子の幼虫ではありません。
a0126632_18425707.jpg
a0126632_18431103.jpg
            in2019.01.03屛東県北部の山中
日本にも生息している大鳳蝶(和名:ナガサキアゲハ)です。
上が雌で日本と異なり有尾型と思われますが翅の端部が傷んでいるので良く分かりません。
下が雄です。表・後翅に光が当たると妖しい青白く輝きとても綺麗でした。
当然この蝶も最初の中齢幼虫の親ではありません。
a0126632_18523776.jpg
            in2019.01.03屛東県北部の山中
大鳳蝶と同じく黒っぽい蝶ですが、やや小さく黒鳳蝶(和名:クロアゲハ)です。日本のクロアゲハと異なり尾状突起のない無尾型です。ナガサキアゲハと逆なので分かりにくいですね!当然この蝶も最初の中齢幼虫の親ではありません。

まとめると

   台湾               日本
大鳳蝶・雌(有尾型) VS ナガサキアゲハ・雌(無尾型)
*但し、大鳳蝶・雌にも無尾長斑型がいるそうです。
大鳳蝶・雄(無尾型) VS ナガサキアゲハ・雄(無尾型)
黒鳳蝶・雌雄(無尾型)VS クロアゲハ・雌雄 (有尾型)
となります。

a0126632_19075602.jpg
a0126632_19082126.jpg
            in2019.01.01高雄市内
中齢幼虫を横から写したのが上の写真です。食草は下の写真の通り先の少し尖った細長い楕円形の葉を持って樹木です。食草の上に2頭居るのが分かりますか?
a0126632_19135647.jpg
a0126632_19141388.jpg
            in2019.01.01高雄市内
終齢幼虫になるとおっとり系の丸っこい体型となります。
a0126632_19182087.jpg
a0126632_19183455.jpg
            in2018.12.31台南市郊外
a0126632_19193332.jpg
            in2019.01.01高雄市内
a0126632_19201077.jpg
a0126632_19202693.jpg
a0126632_19205170.jpg
            in2019.01.03屛東県北部の山中
正解は、台南市郊外でも、高雄市内でも、屛東県北部の山中でも観察出来た緑斑鳳蝶(和名:コモンタイマイ)です。成虫は、幼虫の雰囲気と全く異なり俊敏に飛び廻るので撮影には結構苦労しました。
***************************
a0126632_19411700.jpg
a0126632_19415051.jpg
a0126632_19420998.jpg
            in2019.02.23見沼田んぼ
本日、見沼田んぼの越冬蝶は、上表の通り2019.02.17と全く変化ありませんでした。
Aポイントの梅の花には、「メジロ」が吸蜜に飛来し
BポイントとCポイントの間にある新蝶ポイントではモンキチョウの交尾ペアに雄が飛来してきました。









Commented by 武ちゃん at 2019-02-23 22:46 x
最初の幼虫‥なんかオトボケで可愛らしいです。
角に口髭にも見えます‥すると目は何処?
ほんとだ!‥梅の小枝にメジロが羽ばたく姿。 (^^♪
一雨ごとに春が近づいているんでしょうね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2019-02-24 08:07
幼虫の容姿、
日本ですとなんとなくアオスジアゲハに似ているなと感じました。
コモンタイマイの翅は美しいですね!
越冬チョウ達には残り一ヶ月ほど、頑張って欲しいです。
Commented by 椿の茶屋 at 2019-02-24 16:54 x
細い目、チョビ髭、そしておちょぼ口の、愛嬌のある顔ですね(^^)
一瞬ミカドアゲハ??と思いましたが、ずっと緑色が強いし、これは
何だろうと思って拝見したら、コモンタイマイというのですね。
美しいチョウです。

Commented by Sippo5655 at 2019-02-24 22:32
あは、この幼虫さん(*´∇`*)
ゆるキャラ候補ですね!!
この子主人公にしてアニメ作れそう♪
うっすら見える緑の点々、
これが成虫に受け継がれるのですね。
越冬蝶観察の記録、しっかり拝見させていただきました。
やはりムラサキツバメは、簡単には探せないような場所で越冬している個体が
翌春まで生き延びるのでしょうか。
私が地元で観察しているムラサキシジミは
どんなに気温が高くても動きませんでした。
今なお健在です。1頭だけですが・・・
Commented by 22wn3288 at 2019-02-25 08:33
コモンタイマイの飛翔綺麗ですね。
幼虫の顔 とぼけた感じで面白い。
見たことがありませんでした。
Commented by だんちょう at 2019-02-26 06:57 x
おはようございます!

コモンタイマイって、初めて見たけど親の羽もとても綺麗なんですね!!

日本にいないのでおそらく僕は本物を一生見ることがてまきないでしょう。

ヒメオオさんのブログでその存在を知り得ただけでも嬉しいです(っ´ω`c)

幼虫も冠をかぶってるようで可愛らしいですね!!
Commented by nihon-burari at 2019-02-26 16:06
日本風景写真協会(京都・祗ギャリ以西利3F4
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 18:56
武ちゃん 様

オトボケ顔の幼虫を見つけた時
嬉しくなって、直ぐに接写しました。

メジロ君たち元気に梅の花の廻りを
飛び廻ってくれました。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 19:06
MIYAKOUTA5040 様
コモンタイマイの大きさは
丁度アオスジアゲハくらいです。
飛ぶ時は、俊敏で撮影には結構
手こずりました。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 19:27
椿の茶屋 様
大きさはミカドアゲハくらいですが
コモンタイマイの色合いは
ずっと濃い黄緑色をしています。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 19:38
Sippo5655 様

コモンタイマイは、「幼虫のゆるキャラ」「成虫の俊敏さ」
この対比が妙に面白い蝶だと思いました。

ムラサキツバメは多分目立たない森の中に退避していると
推察されます。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 19:48
22wn3288 様
コモンタイマイは爽やかな風のように
颯爽と素早く舞ってくれました。
幼虫は逆に「ゆるキャラ」のように
ノンビリ歩いて癒してくれました。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 20:02
だんちょう 様
コモンタイマイは今、八重山諸島に飛来しているようです。
与那国島では幼虫も見つかったと現地の方のHpに掲載され
ていました。
このまま温暖化が進むと沖縄本島あたりまで北上して定着す
るかもしれません。
Commented by himeoo27 at 2019-03-02 20:04
nihon-burari 様
さいたま市大宮区在住なので京都までは足を伸ばせそうもありません。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2019-02-23 19:47 | 自然観察全般 | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31