ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

深山のシロチョウ、里山のキチョウ in2018.07~10

2018年度未掲載のシロチョウ画像を種毎に7月から
時系列で報告します。
a0126632_20050725.jpg
標高2,000m程度の湿原で、「ミヤマシロチョウ」が
吸蜜していました。この場所では初めての出逢いだっ
たので驚きました。
a0126632_20095544.jpg
ミヤマシロチョウを見つけた湿原で、小さな卵を
見つけてもらいました。
a0126632_20130272.jpg
「ミヤマモンキチョウ」のもののようです。
a0126632_20140581.jpg
この日、この湿原ではミヤマモンキチョウより
「モンキチョウ」の方が個体数が多く
モンキチョウのミヤマモンキチョウ雌への誤求愛、
ミヤマモンキチョウ雌の交尾拒否
a0126632_20180972.jpg
a0126632_20182619.jpg
モンキチョウ、ミヤマモンキチョウ雌&雄の2種3連
求愛飛翔を観察出来ました。
           in2018.07.21上信国境の高原
a0126632_20212543.jpg
見沼田んぼでも「モンキチョウ」は元気いっぱい
キバナコスモスの花畑を舞っていました。
            in2018.09.23見沼田んぼ
a0126632_20251963.jpg
ミヤマシロチョウを撮影していると見慣れているので
逆に違和感を感じる白い蝶が舞っています。
「モンシロチョウ」のようです。
           in2018.07.21上信国境の高原
a0126632_20303469.jpg
モンシロチョウは当然、見沼田んぼでも
            in2018.09.23見沼田んぼ
a0126632_20313483.jpg
a0126632_20315574.jpg
都心の公園でも当然、主役です。
            in2018.10.06都心の公園
a0126632_20334844.jpg
夏から秋にかけて次第に増えるシロチョウというと
「キタキチョウ」でしょう。
           in2018.08.811山梨県の里山
a0126632_20360867.jpg
a0126632_20362642.jpg
地味なチョウですが、青空を背景にすると
とっても引き立ちます!
            in2018.10.06都心の公園





Commented by 武ちゃん at 2018-10-06 22:24 x
ミヤマモンキチョウと出会えてよかったですね。
このところ高原はへご無沙汰しています。
スジグロシロチョウなら嵐山でいつか沢山見ました。
蝶らしく敏捷に空中に舞う姿が至難です。 (^_-)-☆
Commented by yurinBD at 2018-10-07 07:24
冒頭のミヤマシロチョウの吸蜜シーン、素敵ですね~♪
希少な蝶ですから、確りと命を繋いでいって欲しいですね。
ミヤマモンキチョウ、モンキチョウの飛翔シーンもお見事です!
ラストのお写真は太陽が入っている点がカッコイイです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-10-07 08:14
おはようございます。
ハクサンフウロにミヤマシロチョウの吸蜜、
前からの撮影はあまり見たことが無いです。
あの湿原にも来るのですね!
ミヤマモンキチョウの卵や求愛行動も貴重ですね!!
Commented by だんちょう at 2018-10-08 09:07 x
こんにちは(o´∀`)b

台風の影響は大丈夫でしたか?
北海道も、昨夜は風と雨が強かったです!

ミヤマシロチョウは、北海道にはいませんが、ヒウスバシロチョウ見たいな容姿ですね!
ミヤマモンキチョウも、こちらにはいませんが黑紋がより発達して格好良いですよね(*^o^*)
Commented by 22wn3288 at 2018-10-09 08:11
ミヤマモンキチョウの生息地では、モンキチョウも進出していて沢山いるようですね。
ミヤマモンキチョウだと思って見ると、モンキチョウのことが度々ありました。
誤求愛も良くあるようですね。
Commented by 椿の茶屋 at 2018-10-14 19:45 x
一枚目のお写真、ミヤマシロチョウの翅の透明感のある描写がよいですね。あの翅
独特の軽やかな質感を写真で表現するのは意外に難しいことではないかと思います。
季節が進んで身の回りでみられるチョウたちも次第に減ってくるこの頃、シロチョウ
さんたちは頑張ってくれていますね(^^)


Commented by Sippo5655 at 2018-10-14 22:01
同じシロチョウ科でも、
それぞれ個性があって
みんな、やっぱり綺麗可愛い!!
絶滅危惧種の子も、たくさんいる子も
同様にいつまでも この地球という星で
快適に暮らして欲しい・・・!
私は今季蝶以外の昆虫に夢中になっていて、
ここ最近、キタキチョウが飛んでいるところを見かけて
はっとするくらい あの黄色が眩く感じたのでした(*´∇`*)
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:08
武ちゃん 様
「スジグロシロチョウ」個体数が多くても
何故か敏捷で撮影に苦労しますね!

今年は貴兄が撮影されたような
「メスグロヒョウモン雌」の綺麗な個体に
は出逢えていません(涙)。
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:19
yurinBD 様
今年ミヤマシロチョウは、
2,000m以上の稜線付近から
1,800mの峠まで広く分布し
ていたので
来年は増えるのでは?
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:34
MIYAKOUTA5040 様
地元の方でもミヤマシロチョウが
この上信国境の湿原にきたのを初めて
観察したとのことでした。
ミヤマモンキチョウの卵は、その方に
見つけていただきました。
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:43
だんちょう 様

台風24号の影響で
ツルマメの葉、茎、蔓、花全て傷んで
飛来する「ウラナミシジミ」が激減し
てしまいました。

ミヤマモンキチョウは
黒と黄のメリハリがあり
縁がピンクの綺麗な蝶です。
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:48
22wn3288 様

今年この湿原では
モンキチョウ>ミヤマモンキチョウという
感じでモンキチョウの方が多く飛んでいま
した。
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 16:59
椿の茶屋 様

この場所にミヤマシロチョウが居たことに
吃驚しました。

例年ですとこの時期、見沼田んぼでは
キタキチョウがとても多いのですが、
今年はまだポツポツという感じです。
Commented by himeoo27 at 2018-10-16 17:05
Sippo5655 様
絶滅危惧種は当然、沢山いる種でも突然
激減することがあるので、
生き物が自然の中で生き延びるというこ
とは、大変なことなんですね!
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-10-06 20:37 | シロチョウ | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31