ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

夏~秋に出逢ったヒョウモンチョウの仲間ほか in2018.06~09

里山で夏の訪れを告げるヒョウモンチョウの仲間は
「(サト?)ウラギンヒョウモン」でしょう!
a0126632_09414995.jpg
a0126632_09412207.jpg
a0126632_09410319.jpg
草原を楽しそうに飛んでいました。
in2018.06.02埼玉県中北部の公園
a0126632_09455570.jpg
a0126632_09461594.jpg
ミヤマモンキチョウを探しに出かけた標高2,000m程度の
高原でも「(ヤマ?)ウラギンヒョウモン」が舞っていま
した。
a0126632_09484421.jpg
この日(ヤマ)ウラギンヒョウモンに混じって見つけた
ヒョウモンチョウの仲間は「ミドリヒョウモン」です。
in2018.08.04上信国境の高原
a0126632_09510064.jpg
a0126632_09512256.jpg
先週訪れた里山ではミドリヒョウモンの個体数が多く
地味な蝶なのにとても目立っていました。
in2018.09.16埼玉県中北部の公園
a0126632_09554024.jpg
昨日出かけた見沼田んぼでは1個体だけですがブッドレア
の廻りでもミドリヒョウモンが、観察叶いました。
in2018.09.23埼玉県見沼田んぼ
a0126632_10000205.jpg
夏の上信国境の高原にはウラギンヒョウモン、ミドリヒョウモン
だけでなくウラギンヒョウモンに近似した
「ギンボシヒョウモン」も舞っていました。
ウラギンヒョウモンとギンボシヒョウモンの違いは裏下翅上辺部
に並ぶ白い点が5個ではなく「4個」とのことです。
a0126632_10082140.jpg
a0126632_10083722.jpg
ヒョウモンチョウの仲間ではありませんが
鮮やかな表翅と渋い裏翅の対比が面白い「クジャクチョウ」
a0126632_10101810.jpg
翅の形状がシャープな「シータテハ」も出逢いました。
in2018.08.15上信国境の高原
a0126632_10124432.jpg
a0126632_10130140.jpg
ミドリヒョウモンに混じって少し違うヒョウモンチョウの仲間
が飛んでいます。
表上翅の黒筋が3本目立つことより
「オオウラギンスジヒョウモン」のようです。
鍵コメ1さんのご指摘により確認したところ
「メスグロヒョウモン雄」のようです。
鍵コメ1さんご指摘ありがとうございます。
in2018.09.16埼玉県中北部の公園
a0126632_10180909.jpg
昨日、一番目立った蝶は「ツマグロヒョウモン」雄です。
a0126632_10514565.jpg
複数頭舞っていて
a0126632_10522940.jpg
雌に求愛したり
a0126632_10533444.jpg
「ヒメアカタテハ」に誤求愛していました。
a0126632_10543278.jpg
ヒメアカタテハは嫌がって舞い上がりました。
in2018.09.23埼玉県見沼田んぼ


Commented by yurinBD at 2018-09-24 16:19
ブッドレアの周りで飛翔するミドリヒョウモンの姿がカッコイイですね!
広角で撮られたクジャクチョウも良いですね~♪
ツマグロヒョウモンはとっても楽しそうです!
ヒメアカタテハはこれからの季節、楽しませてくれそうですね。
Commented by 椿の茶屋 at 2018-09-24 21:13 x
ヒョウモンチョウの仲間は遠目には似ていてもよく見ると種類が多い
ですね。花に飛んでくるものを一頭ずつ目を凝らして後翅の裏を観察
したりして、それがまた次々にやってくるものですから、夏の高原
歩きを楽しくしてくれますね(^^)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-09-25 04:52
6月中旬から現れるウラギンヒョウモンを始め
この夏もヒョウモン達が和ませてくれましたね。
今は産卵の姿が見られるのでしょうか・・
来年も賑わって欲しいものですね!
Commented by 22wn3288 at 2018-09-25 08:15
ヒョウモンチョウは大きく鮮やかで目立ちますね。
飛翔が綺麗ですね。
種類の同定は私には難しく、PCでようやく判定を確定します。
それでも時々間違えます。
Commented by だんちょう at 2018-09-25 08:44 x
こんにちは(o´∀`)b

こんなに、たくさんのヒョウモンチョウに出会えるのですねぇ(o´∀`)b

どれも綺麗ですね、種類は見分けるのになかなか難しそうですねぇ(*´▽`*)
Commented by Sippo5655 at 2018-09-25 21:37
ヒョウモン三昧、豪華!!(*´∇`*)
ウラギンはサトとヤマがあるのですか。
ニラの白花上のツマグロヒョウモンの恋。
爽やかな秋景ですね!
ツマグロ♂はやはり相手を選ばないのか!?
以前、キタテハ♀に求愛しているところを撮影したことがあります^^;
Commented by 武ちゃん at 2018-09-25 22:55 x
今シーズンはクジャクチョウとも出会っていません。
ヒョウモンチョウも微妙な違いがとても難解ですね。
最初から9枚目が特に素晴らしいと思います。 (^^)/
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 15:07
yurinBD 様
見沼田んぼでは今年「ミドリヒョウモン」個体数が
少ないものの元気に舞っていました。
上信国境の「クジャクチョウ」は個体数が多くその
美しい表翅を堪能しました。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 15:24
椿の茶屋 様
ヒョウモンチョウの仲間は近似した種が
多いので、現地ではヒメオオは同定出来
ぬことが多々あります。
その時はとりあえず撮影してパソコンに
取り込んで図鑑見ながら何とか同定して
います。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 15:32
MIYAKOUTA5040 様
埼玉県中北部の公園ではミドリヒョウモンを中心に
ウラギンヒョウモン、ツマグロヒョウモン、
メスグロヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン
などのヒョウモンチョウの仲間が今年も見られたの
で来年もその子孫たちが数多く観察出来ると思われ
ます。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 15:39
22wn3288 様
ヒョウモンチョウの仲間は大柄で目立つのですが
近似種が多いので同定難しいですね!
フィールドでは私には
ウラギンヒョウモンとギンボシヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモンとウラギンスジヒョウモン
の区別はまず出来ません(涙)。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 15:52
だんちょう 様
上信国境の高原、埼玉県中北部の公園では
ヒョウモンチョウの仲間の種数、個体数と
もに多く、楽しみながら同定に苦労してい
ます(笑)。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 16:01
Sippo5655 様
同定する力のないヒメオオにとって
「ウラギンヒョウモン」は1種としか
思えませんが
研究者の中には
ヒメウラギンヒョウモン・・・北海道の南部のみに生息
ヤマウラギンヒョウモン・・・標高の高いところに生息
サトウラギンヒョウモン・・・標高の低いところに生息
の3種に区分けする方もいるようです。
Commented by himeoo27 at 2018-09-29 16:10
武ちゃん 様
今年の上信国境の高原では「クジャクチョウ」の
個体数が多かったので来年もきっとその姿を楽し
めることと思います。
ヒョウモンチョウの仲間は大柄で素敵なのでつい
つい見つけるとシャッターを押しています。
Commented at 2018-09-30 11:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2018-09-30 12:52
鍵コメ1 様
ご指摘ありがとうございました。
さっそく修正しました。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-09-24 10:55 | タテハチョウ | Comments(16)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31