ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

群馬のオオミドリ&埼玉のオオミドリほか

そろそろ登場しているのではと群馬県の丘陵に
出かけてみると
a0126632_11153716.jpg
a0126632_11155384.jpg
個体数が少ないものの「オオミドリシジミ雄」が
a0126632_11171627.jpg
丘陵の山頂付近で、登場してくれました。
a0126632_11184831.jpg
しかし10時を過ぎると次第にいなくなってしまい
ました。
a0126632_11212700.jpg
丘陵を降りる途中では「ムラサキシジミ」
a0126632_11225090.jpg
トンボの撮影で立ち寄った湿地では
朱色の表翅の「ウラギンシジミ雄」が飛び上がり
ました。
         in2018.06.08 群馬県①
a0126632_11253397.jpg
オオムラサキで有名なこの公園でも草原では
朱色の蝶「ベニシジミ」が舞い
a0126632_11275879.jpg
a0126632_11281562.jpg
林縁部では傷んだ「アカシジミ」
a0126632_11290910.jpg
a0126632_11292615.jpg
羽化直後と思われる「ウラナミアカシジミ」と
続々と朱色の蝶登場です。
a0126632_11311426.jpg
栗の花でウラゴマダラシジミが吸蜜していた
とのことで探してみると
a0126632_11334541.jpg
初々しい「オオミドリシジミ」が見つかりました。
a0126632_11344203.jpg
何とか飛び移るところを撮ると表翅より雌個体
であることが分かりました。
         in2018.06.02 埼玉県比企丘陵①



Commented by yurinBD at 2018-06-10 14:21
オオミドリシジミのイキイキとした姿、良いですね~♪
いつ飛ぶか分からない蝶の飛び出しを撮るのは根気がいると思いますが、流石です!
新鮮な雌♀、裏翅がとても綺麗ですね
アカシジミ、ウラナミアカシジミの表翅もバッチリ捉えられましたね、凄い!
Commented by 椿の茶屋 at 2018-06-10 19:08 x
瞬間を逃さずレンズを向けてシャッターボタンを押してもいつも上手くいくとは限ら
ない、飛翔場面の数々。ヒメオオさんの積み重ねの賜物ですね。
山地のゼフ、これからしばらく楽しみですね(^^)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-06-10 19:46
よくゼフィルスの飛翔写真が撮れるなと感心しております。
それに加えて、オオミドリシジミのメス
裏翅がほんと綺麗ですね~
Commented by まあさ at 2018-06-10 22:25 x
オオミドリシジミをよくぞ見つけていただきました。
その後は全く見掛けません。
撮影会は良かったですよね。(o^^o)♪
Commented by 武ちゃん at 2018-06-10 22:48 x
いろいろな種類のシジミチョウと出会えましたね。
これだけ見つけるのはそれなりに苦労もあったのでしょう。
今度ハンノキ林をゆっくりと見て回ってみたいものです。
でも時間は夕方近くになってからのほうがいいのかな?
Commented by 22wn3288 at 2018-06-11 07:42
いろいろなチョウに出会えて、飛翔が見事ですね。
オオミドリシジミ 新鮮な個体で綺麗ですね。
Commented by uke-en at 2018-06-12 08:11 x
記事を拝見する限りにおいては、ゼフが多く翔び交っている
場所で、軽々と飛翔する姿を撮影でき、肩に全く力が入って
いないように感じますね。^O^

我が家周辺ではこれまで見かけた平地性3種は息も絶え絶え、
飛翔撮影なんてトライしようとも思えません。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 06:43
yurinBD 様

オオミドリシジミ雄は素早く飛び交う
ので撮りこみに苦労しました。
逆にオオミドリ雌は羽化直後のようで
ほとんど動かず飛び立ちを写すのにか
なり待ちました。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 06:54
椿の茶屋 様
時間と根気とを使って何とか撮影叶いました。
オオミドリシジミ雄の卍巴飛翔撮影が狙いでし
たが到着時間が遅く、個体数も少なく2頭1諸
のシーンすら写せませんでした(涙)。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 07:01
MIYAKOUTA5040 様
今回もニコンの1V3、1J5の機能を使って
ゼフィルスの飛び立ちを撮りこみました。
オオミドリシジミ雌は初々しくとても綺麗
な個体でした。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 07:07
まあさ 様
ここ数年出逢えていない
ウラゴマダラシジミがいた
とのことで真剣に探したの
が幸をそうしました。
また色々教えてください。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 07:23
武ちゃん 様
これらの蝶は種によって活動する時間帯が
異なります。撮影するのであれば
オオミドリシジミ雄はクヌギやコナラ等の
鬱蒼とした雑木林に囲まれた小高い山の上
で朝8:00~10:00(活動時間と同じ)
ミドリシジミは、河川沿いのハンノキ林で
朝7:30~9:30(活動時間は夕方)
アカシジミ、ウラナミアカシジミは、
クヌギ、コナラなどの雑木林の中で
10:00~12:00(活動時間は夕方)
です。
但し、本日現在平地では発生後期に
あたるので傷んだ個体しか見つから
ないと思います。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 07:31
22wn3288 様
今回は、群馬県遠征と埼玉県内の写真とを
あわせてシジミチョウの仲間で編集しまし
た。
オオミドリシジミ雌は偶然羽化直後の個体
を見つけることが出来てラッキーでした。
Commented by himeoo27 at 2018-06-16 07:45
uke-en 様
ウラナミアカシジミを除くといずれも個体数が
少なく肩に力入りまくりで撮影しました。
ゆえに群馬遠征から1週間以上たちますが未だに
疲れが残っていて妻子に笑われています(涙)。

群馬県は当然として埼玉県比企丘陵に行くには
我が家から自転車+電車+電車+徒歩で2時間
以上かかります。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-06-10 11:37 | シジミチョウ | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30