ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

さいたま市のミドリシジミ と 台湾の小灰蝶

諸先輩のブログに「ミドリシジミ」が発生している
との記載あったので
a0126632_17354569.jpg
電動アシスト自転車で出かけてきました。
a0126632_17370347.jpg
雌も発生していて少し傷んだB型
a0126632_17381543.jpg
羽化直後と思われるO型も観察出来ました。
a0126632_17391449.jpg
飛んでいる時の雄の表翅の輝き、やっぱり綺麗です。
a0126632_17413298.jpg
今日もさいたま市のミドリシジミを満喫したヒメオオです。
          in2018.05.26さいたま市内
a0126632_17433103.jpg
台北市北部にある陽明山で見つけたのは
          in2018.04.30 陽明山
a0126632_17461782.jpg
a0126632_17463318.jpg
裏翅が黄金色に輝く「ウラフチベニシジミ」です。
雌個体の表翅には広い紅紋があります。
a0126632_17484307.jpg
a0126632_17490555.jpg
ウラフチベニシジミを撮影した烏來福山村は
「ツシマウラボシシジミ」
台湾名「烏來黒星小灰蝶」の生息地です。
日本では対馬しか生息しておらず、自然界絶滅が危惧
されています。
台湾でも5/4は、発生端境期だったようで3時間ほど山
中を歩きまわって見かけたのは飛び回る2~3個体だけ
でした(涙)。
a0126632_17565386.jpg
a0126632_17570945.jpg
明るい河原にでると「ヤクシマルリシジミ」?雄
と思われるルリシジミの仲間も飛んでいました。
          in2018.05.04烏來福山村
a0126632_18001544.jpg
台北(松山)空港の近くにある剣南山では
「ヤクシマルリシジミ」?雌
a0126632_18432384.jpg
a0126632_18434980.jpg
ツシマウラボシシジミに似た小さなシジミチョウ
が暗がりの階段の廻りを飛んでいました。
a0126632_18453927.jpg
しばらく観察しているとやっと止まりました。
台南市北部の山中で1/2に同じような環境で観察
した「ヒメウラボシシジミ」です。
前回は惨敗でしたが、今回は何とか撮り込めまし
た。
         in2018.05.01台北市剣南山

a0126632_18535859.jpg
a0126632_18543050.jpg
台北市南部の台北市立動物園で出逢えたシジミチョウ
は、八重山諸島でも時々見かける
「シロウラナミシジミ」でした。
この個体は表翅の模様より雌のようです。

         in2018.05.01台北市立動物園



Commented by だんちょう at 2018-05-27 00:09 x
こんばんは(っ´ω`c)

ミドリシジミの輝くコバルトブルー、とても綺麗ですね!!
こんなに綺麗に撮影出来るなんて、さすがはヒメオオさんです(≧∇≦)b
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-05-27 03:38
おはようございます。
冒頭のミドリシジミの開翅、
ほんと綺麗な色です!
こちらでも発生したようです。
今日当たり出かけたいなと思います。
ウラフチベニシジミ
こんな美しいチョウがいるのですね。
いつか私も会ってみたいです。
Commented by yurinBD at 2018-05-27 05:49
ミドリシジミ雄のグリーンの輝き、美しいですね!
雌の青い鱗粉も綺麗ですね
ツシマウラボシシジミは台湾にもいるのですね、頑張って欲しいですね!
様々なシジミチョウを堪能させていただきました!
Commented by Sippo5655 at 2018-05-27 21:44
ミドリシジミ出てきましたか。
飛んでいる時の輝き、本当に綺麗ですね!
ウラフチベニシジミの裏側の色合いも綺麗・・・!
まるでゼフのようです(*´∇`*)
Commented by 椿の茶屋 at 2018-05-27 23:22 x
この週末は天気も悪くなかったし、しかしミドリシジミにはさすがに早いんじゃないかと
勝手に決め込んで動きませんでした。早起きして行けばよかったと後悔です(笑)
こういうシジミチョウたちは台湾にあっても(日本と同様)出会おうとすると時期や場所を
選ばなければならないのでしょうね。美しいです。
Commented by つばさ2号 at 2018-05-28 06:02 x
おはようございます。 沖縄や台湾遠征、いいですね!
私はもうろくする前に撮りたい被写体をと隣県を中心に回ってますが、
開発、車の増加、異常な程のソーラー発電所の建設、一部の虫では採集に
よる減少等で思うように狙った虫に会えません。
そんな中蝶に会う機会も多くなりますが、飛び回る蝶はいつも逃げられて
仕留める難しさを実感してます。ですからこうして飛翔をちゃんと撮って
来られるヒメオオさんはさすが、毎度恐れ入ります^^!!

ミドリシジミは相性の悪い種で、フィルム時代と発生末期に強風の中で
一度撮っただけで、しかもオスはいまだに未撮影です。
地元の名物の一つなので撮っておかねばと思いつつ後回しです^^。
Commented by 22wn3288 at 2018-05-28 08:46
青緑色に輝くミドリシジミが出始めましたね。
綺麗ですね。
台湾のシジミチョウたちも珍しく興味深いです。
Commented by uke-en at 2018-05-28 21:35 x
ミドリシジミは、当地から車数分のところにハンノ
キ林があるのですが、そこへ行く道はササなどの薮
になってしまっていて、薮向こうからイノシシの鳴
き声が聞こえてきたり、どこにスズメバチがいるか
分からず、とても探しには行けません。

我が家周辺でこれまで平地性3種を見かけたことが
あるのですが、昨季はアカシジミを1回だけ見かけ
ただけで、今季はどうなのだろうと気にかかってい
ます。
Commented by OTTO at 2018-05-30 20:45 x
ミドリシジミの構造色の輝き、綺麗に撮られましたね。
こちらでは、今年の春にハンノキの林が土地の所有者に皆伐されてしまい、また別の発生地を探さなくてはならなくなってしまいました。何せ、その場所には毎日新しいクマの糞があるようなポイントで、地主さんはクマが来ないように木を切ってしまったもののようです。
ツシマウラボシシジミ少ないとはいえ、撮影できてよかったですね。この蝶は台湾の北部だけにいるようですが、発生時期のタイミングもあって私はまだ撮影したことがありません。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 17:25
だんちょう 様

ミドリシジミ♂は、
蝶そのものが素晴らしいので(汗)
腕というより・・・・・・
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 17:37
MIYAKOUTA5040 様

「ウラフチベニシジミ」は台湾では普通種(常見種)
とのことだったので、こちらのベニシジミやヤマトシジミ
のようにウジャウジャいると考えていました。
今回も、前回もポツポツしか見つけられず出逢えたのは
合計で2×2=4頭のみでした。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 18:41
yurinBD 様

東大の矢後先生によると
台湾のツシマウラボシシジミ(烏來黒星小灰蝶)
は日本対馬産の亜種で、DNA的に極めて近似し
ているとのことでした。
傷んだ雌2~個体とは言えとりあえず出逢えて良
かったです。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 18:49
Sippo5655  様
さいたま市のミドリシジミは、5/26ポツポツ
観察出来ました。
ウラフチベニシジミは雌雄ともに裏翅が綺麗
です。
特に雌は、表翅に大きな赤紋を持ち美人さん
です。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 19:03
椿の茶屋  様

台湾のシジミチョウも
少なくとも
季節、場所、気温、日照、時間帯、標高
等々を考えないと
出逢えない種が多いです。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 19:35
つばさ2号  様
ミドリシジミ雄をどのように撮影する
かによって異なりますが、
今回の1コマ目のような写真を撮ろうと
すると
月日:5月末~6月初
   *以前は未発生、以後は痛みある
時間:7時半~10時
   *以後は舞い上がってしまう場合
   多い。
天候:前日から当日まで雨が降ってなく
   *前日降雨があると下草に降りてこない。
   当日陽射しが当たる
   *曇っていると開翅しない。
   *LEDを当てると開く時ある。
撮影:前方、上から見下ろすように行う。
   *後方、下から写すと表翅が緑色ではなく
   黒く写る。
で可能となります。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 19:47
22wn3288 様

新鮮なミドリシジミは、雌雄ともに素敵でした。

台湾では日本とは少し違う素敵なチョウが多いの
で、訪問したばかりなのにまた訪問したくなりま
した。
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 20:00
uke-en 様

今年は5月末までに
チョウ類保全協会の観察会
ツシマウラボシシジミの飼育
のお手伝い等で
ゼフィルスは、このミドリシジミ
しか出逢えていませんでした。

しかしながら
本日、運良く埼玉県比企丘陵で
ゼフィルス3種に出逢えました!
Commented by himeoo27 at 2018-06-02 20:21
OTTO 様

烏來福山村のツシマウラボシシジミは
2~3頭しか出逢えませんでしたが、
出逢えた場所は、いずれも西表島の
リュウキュウウラボシと同じように
曇天で、少し涼しい天候
薄暗い林縁部~林の中
渓流沿いでした。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-05-26 18:58 | シジミチョウ | Comments(18)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31