ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

台湾シリーズ掉尾を飾るのは「蛇目蝶」&見沼田んぼ越冬蝶

台湾シリーズの掉尾を飾るのは「蛇目蝶」の仲間です。
日本でジャノメチョウの仲間というと地味な種ばかり
ですが、
a0126632_20354085.gif
a0126632_20355197.gif
表翅が紫色に輝く「紫蛇目蝶(ルリモンジャノメ)」が
生息しています。
後翅周辺の白い点の模様より
上が雄(不鮮明)、下が雌(鮮明)と思われます。
a0126632_20423572.gif
紫の輝きは、構造色のようで光の当たり方によりこの
ように黒く沈んで写る場合が多いです。
a0126632_20441169.gif
裏翅は地味で雌雄の区別は難しいです。
裏翅外周部が広く白っぽいことよりこの2個体は
低温期型です。
a0126632_20470801.gif
年末年始の台湾南部で一番見かけたジャノメチョウの
仲間は「切翅単環蝶(キレバヒトツメジャノメ)」です。
前翅の先端が刃物で切り落としたように見えるので、他
のジャノメチョウと容易に見分けられます。
通常期型は裏翅にも蛇の目紋が並んでいるので上の2個体
は明らかに低温期型です。
a0126632_20513796.gif
表翅の模様は、通常期型、低温期型あまり差異がなさそうです。
a0126632_20550144.gif
a0126632_20552000.gif
「台湾波紋蛇目蝶(ウラナミジャノメ)」は日本に生息して
いるウラナミジャノメと同種のようです。上手く飛び立ちを
撮りこめました。
a0126632_21163178.gif
a0126632_21165664.gif
翅の形状が丸っこく、前翅の先端が切れていないことより
前掲のキレバヒトツメジャノメと異なっていることが直ぐ
分かります。但し、低温期型で裏翅の模様が不鮮明なので
良く似た2種が台湾南部に生息していることより、この蝶
の同定は迷いました。
a0126632_21395503.gif
a0126632_21440799.gif
IIさんの紹介により台湾の蝶に詳しい岡崎市のSさん、
さらに「台湾蝴蝶大図鑑」の著者の林春吉さんに助言をいただき
「曲紋蛇目蝶(ヒメヒトツメジャノメ)」低温期型のようです。
a0126632_22092648.gif
a0126632_22102482.gif
裏翅の模様が鮮明なので、この個体は
「曲紋蛇目蝶(ヒメヒトツメジャノメ)」通常期型です。
a0126632_22211183.gif
「曲紋蛇目蝶(ヒメヒトツメジャノメ)」はこのような
薄暗い環境を飛び回っています。
2頭飛んでいるのが分かりますか?
a0126632_22255385.gif
「雌褐蔭蝶(メスチャヒカゲ)」は、雌の表翅が鮮やかに
朱く見えるので撮影にチャレンジしてみました。
残念ながらそれを撮りこむことが叶いませんでした。
a0126632_22342786.gif
昨年秋に埼玉県内で複数頭観察出来た
「黒樹蔭蝶(クロコノマチョウ)」の飛翔シーンが
写せました。
a0126632_22433148.gif
a0126632_22441637.gif
八重山諸島では数が少ない「玉帯蔭蝶(シロオビヒカゲ)」
ですが、台湾南部では複数頭観察&表翅撮影叶いました。

 in2017.12.29~2018.01.02墾丁~霧台~高雄市~台南市おわり

今回は、
蝶友ISさんの大親友かつ台湾の蝶の大先生林春吉さんのご紹介で、
地元のJさんご家族、RHHさんにご案内頂いたおかげで、想定外の
大成果となりました。
更に、蝶ブログ仲間の方々の貴重な情報、同行されたIIさん、
有難うございました。

最後に台湾の蝶について特に参考にした情報は
参考文献
「台湾蝴蝶大図鑑」林春吉・蘇錦平 合著

「台湾賞蝶365 春・夏篇」林春吉 著

台湾賞蝶365 秋・冬篇」林春吉 著

参考Hp

台湾の蝶杉坂美典

台湾の蝶」FANSEAB

ブログ

OTTOの蝶々ブログ」OTTO

徒然なるままに」さっちゃん

です。

台湾遠征を計画される方はぜひ参考にしてください。

******************************

a0126632_22484025.gif
埼玉県さいたま市「見沼田んぼ」の越冬蝶と新蝶の本日まで
の状況は以上です。






Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-02-25 07:55
おはようございます。
ジャノメチョウで紫色に輝く種類がいるとは!
会ってみたくなりました。
国内で見るジャノメ類と似ていても、
違う種類も多いことも勉強になりました。
新生のモンキチョウも見られたのですね。
春らしい日が続いて欲しいです。
Commented by uke-en at 2018-02-25 08:46 x
翅表では識別しにくいと思っているジャノメチョウ
ですが、ルリモンジャノメは新鮮な驚きです。

モンキチョウの写真は次の記事かな?寒さの厳しい
冬でしたが、出現時期は例年と余り変わらないよう
ですね。
Commented by 武ちゃん at 2018-02-25 09:00 x
南西諸島や台湾の異国の蝶たち楽しませてもらいました。
もうじき春の訪れとともに活発に舞うのが見れそうです。
ゆっくり滞在すると次から次へ出会いがあって興味が尽きないでしょうね。
Commented by 22wn3288 at 2018-02-25 10:28
ジャノメチョウの仲間は地味ですが、好きな種類です。
ルリモンジャノメの飛翔、表翅の紫は素晴らしいですね。
ジャノメチョウにも綺麗な種類がいるのだな と驚きました。
Commented by OTTO at 2018-02-27 21:41 x
ジャノメ各種の飛翔、とても良く撮影されてますね。
特に、ルリモンジャノメは、なかなか飛翔できれいな紫色がでるのは難しいと思いますが、見事に写っていますね。素晴らしい!
Commented by Sippo5655 at 2018-03-01 22:17
ジャノメチョウの仲間にも、
色彩豊かな子がいるのですね!
ジャノメチョウの意識が変わりました。
2頭並ぶ姿も愛らしいですね(*´∇`*)
越冬蝶、こちらもウラギン1のみになってしまいました。
さすがにウラギンももう飛ぶかも・・・
Commented by だんちょう at 2018-03-04 01:25 x
こんばんは(*´ω`*)

台湾シリーズ、いつも楽しみにしてます(ゝω・)

今回もゴージャスで美しい蝶ですね!

特にルリモンジャノメが凄く綺麗ですね!!
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 08:29
MIYAKOUTA5040 様
台湾には表翅が赤く輝く
「メスチャヒカゲ」(雌だけですが)
というヒカゲチョウもいます。
海外のチョウは奥が深そうです。
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 08:44
uke-en 様
3/1より、こちら埼玉県も暖かくなったので
昨日モンキチョウだけでなくモンシロチョウ
も舞い始めました。
今日は昨日よりさらに気温が上がりそうなの
で新蝶ポイントでベニシジミを探してみたい
です。
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 08:51
武ちゃん 様
台湾では今回実質5日間の蝶観察でした。
地元の皆さんが案内してくださったので、
掲載した通り想定していた以上の大成果
でした!
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 08:59
22wn3288 様
日本では希少種の「ウラナミジャノメ」が
台湾ではさりげなく飛んでいるのに驚かさ
れました。
台湾の貴重な自然が、このまま保護・保全
されたら嬉しいです。
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 09:03
OTTO 様
「ルリモンジャノメ」は台湾のジャノメチョウの
中で今回最も撮影したい蝶でした。ピントが甘い
ものの表翅が撮れてニコニコのヒメオオです。
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 09:09
Sippo5655 様
八重山諸島に出かけても驚きの連続ですが
台湾となると夢の異次元空間にいるようで
あっという間に1週間が過ぎてしまいまし
た。
Commented by himeoo27 at 2018-03-04 09:16
だんちょう 様
膨大な写真を撮影したので整理がつくのか
心配しましたが、今回で台湾シリーズつい
に完結です。
また休みと小銭を貯めて出かけてみたくな
りました(笑)。

名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-02-24 22:56 | ジャノメチョウ | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31