ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

台湾の蛺蝶①&見沼田んぼ越冬蝶記録

1月2日、台南市北部にある標高800m程度の
山頂付近はチョウの楽園で
a0126632_13272145.gif
青空背景に浮かび上がるように止まったこの蝶は
a0126632_13294257.gif
表裏の翅の模様より「姫黄三線蝶(ヒメキミスジ)」
です。
a0126632_13330524.gif
ヒメキミスジの前に大きな格好イイ蝶が止まりました。
a0126632_13343030.gif
a0126632_13405447.gif
薄紫地に白い帯のある
「紫単帯蛺蝶(ムラサキイチモンジ)」でした。
凛々しいですね!
a0126632_13422480.gif
濃い焦げ茶色地で胸部から前翅中央部に伸びる白線
が細く縊れながら連続していることより
「埔里三線蝶(ホリシャミスジ)」と思われる蝶が
ヒメキミスジやムラサキイチモンジと一緒にテリ張り
していました。
a0126632_13572723.gif
1月1日、台南市南部の里山では
「琉球三線蝶(リュウキュウミスジ)」ペアが
求愛行動を行っていました。
a0126632_14010675.gif
台湾には八重山諸島と異なりリュウキュウミスジの近似種
「小三線蝶(コミスジ)」が生息しています。
この子はコミスジと想定しました。
a0126632_14070649.gif
日本の約3倍の20種程度のミスジチョウが生息しています。
黒っぽい地色に前翅中央の白線が細く途中で途切れいること
より「台湾三線蝶(タイワンミスジ)」と同定しました。
あまり自信ありませんが・・・
a0126632_14130257.gif
12月30日、屛東県北部の標高1000m程度の山中で
出逢ったこのミスジチョウの仲間は
a0126632_14170325.gif
表翅
a0126632_14173744.gif
裏翅の模様より「小単帯蛺蝶(ヤエヤマイチモンジ)」
雌でしょう!
a0126632_14191990.gif
「小単帯蛺蝶(ヤエヤマイチモンジ)」雄は、
雌と異なり2番目に登場したムラサキイチモンジ
と同じように中央部に白い太い線が特徴的です。
a0126632_14244294.gif
a0126632_14262599.gif
ヤエヤマイチモンジと同じ山中にも黄色いミスジチョウ
が吸蜜していました。
この種の名前は、そのまま「黄三線蝶(キミスジ)」です。

      in2017.12.30~2018.01.02台南県~屛東県
*****************************
a0126632_15271533.gif
「見沼田んぼ」の越冬蝶は上表のとおり
1/22~1/23に降った雪
1/23~1/28間の-5℃以下の最低気温
により激減し
2/1の雪による影響で
2/4現在Cポイントのウラギンシジミ1頭だけに
なってしまいました。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-02-05 06:43
おはようございます。
一番上のヒメキミスジ、綺麗ですね!
ミスジチョウの仲間で
こんな綺麗な裏翅を持つ種類がいるとは驚きです。
今年は寒いですね。
越冬チョウ達には試練ですが
頑張って欲しいですね。
Commented by 22wn3288 at 2018-02-05 08:27
いろいろな種類のチョウが居て、流石台湾と納得します。
日本の冬、今年は特に寒いですが、越冬蝶が心配ですね。
Commented by uke-en at 2018-02-05 18:58 x
ヒメキミスジの翅裏は美しいですね。後翅外縁に
ずらりと並んだ模様は、やはり眼状紋なのでしょ
うかねぇ。

ヤエヤマイチモンジの雌雄はこちらで以前に拝見
したことがありますが、♀はどこが一文字やねん
ですし、♂の一文字はベターッと続いているしで
どんなもんやろと首を傾げます。

ありゃぁ、ウラギンシジミ1個体になりましたか。
余裕!(^-^)v
Commented by だんちょう at 2018-02-06 18:26 x
こんばんは(*´∀`)

見たことも無いような蝶がたくさんですね!!
海外の蝶もとても綺麗ですね(ゝω・)

近いうちに沖縄で撮影した不明の昆虫たちを掲載します!
よかったらお力添えをして頂けると助かります(*´∀`)

たぶん二日か、三日後の記事にいたしますね。
Commented by himeoo27 at 2018-02-10 17:38
MIYAKOUTA5040 様
ヒメキミスジには、青空背景に出逢えたので
とても鮮やかな蝶と感じました。
Commented by himeoo27 at 2018-02-10 17:44
22wn3288 様
台湾の冬はチョウが少ないというものの
多種多様なチョウが舞い踊っていました。

見沼田んぼでは、ここ2週間1頭のみで
すがウラギンシジミ頑張っています。
Commented by Sippo5655 at 2018-02-10 22:16
ミスジチョウの仲間が、そんなにたくさんいるのですか。
キミスジ、ヒメキミスジ、
共に色彩にも惹かれますね!
越冬蝶、この寒波を予測してより良い場所を選び直したのか、
心配ですね。
次に気温が上がる日にまた何か発見があるでしょうか!
Commented by himeoo27 at 2018-02-11 14:13
uke-en 様
黄色の「ヒメキミスジ」は、青空背景に引き立って
とても綺麗でした。
ヤエヤマイチモンジよりも「ムラサキイチモンジ」
が兎に角カッコ良く感じました。
Commented by himeoo27 at 2018-02-11 14:18
だんちょう 様
「カメムシ」と「ヨコバイ」だけは、専門の
図鑑を持っているので何とかそれらしいもの
を選んで記載しました。
たぶん記載した種または近似種と思います。
Commented by himeoo27 at 2018-02-11 14:27
Sippo5655 様
台湾で観察出来るチョウは400種程度と
日本の倍程度です。
その多様性に魅せられました。

見沼田んぼも雪がだいぶ解けて何日か
暖かい日が続くとモンキチョウ、ベニ
シジミが登場してくれるかもです!
Commented by OTTO at 2018-02-19 10:45 x
ムラサキイチモンジ。いい蝶ですね。
台湾の低山地帯に広く生息しているようですが、あまり数は多くないし、見た目はカッコいいし、いつかまた新鮮な個体を撮影してみたいものだと思っています。
Commented by himeoo27 at 2018-02-23 19:59
OTTO 様
コメント有難うございます。
過去の記録によると「ムラサキイチモンジ」の
観察時期が3~11月となっていたので、
1月2日に台南北部にある標高800mの山頂で出
逢った時には想定外の驚きと、喜びがありまし
た。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2018-02-04 15:27 | タテハチョウ | Comments(12)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30