ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

白地に黒い大きな点等々 in2011.01.29~2012.01.01⑨

年末年始の八重山シリーズの最終回はシジミチョウの仲間です。
a0126632_176456.jpg

最初は、石垣島で見つけた初見「ホリイコシジミ」です。11月頃は結構沢山飛んでいたとのことですが、流石に年末となると傷んだ個体中心で、その数もあまり多くありません。八重山諸島ではシジミチョウの仲間は小さい種が多いですが、この種もとっても小さく感じました。
********以上1コマ2011.12.29石垣島にて***********
a0126632_1793556.jpg
a0126632_1794543.jpg

29、30日ともに石垣島でも見かけた、これも初見「ルリウラナミシジミ」♂です。小さめのシジミチョウで、西表島のシロウラナミシジミを探している時に見つけました。
飛翔時の表翅の濃い「瑠璃色」が煌めいていたので、オールオートでパスト連写してみました。少しその雰囲気が伝わると良いのですが・・・・・・・・・
a0126632_1717714.jpg

a0126632_17541657.jpg
a0126632_17542491.jpg

初見「シロウラナミシジミ」♀は八重山諸島のシジミチョウの仲間の中では特別で、ウラギンシジミくらいの大きなシジミチョウです。1時間ほど雨の中ポイントを探しまわって諦めかけた時に、入野さんが見つけてくれました。今回の遠征で出会いたかったシジミチョウだったので、心の中でガッツポーズをして撮影しました。
パスト連写は練習なしで、ルリウラと同じく良い出来ではないのですがまあ写っていたので掲載します。
a0126632_17235979.jpg

ポイントを移動して、鬱蒼とした亜熱帯樹林の中を通る林道に入りました。
a0126632_17252449.jpg

林道を30分ほど探し回ると、白地に黒い大きな点を持つ小さな蝶が雨の中樹上に止まっていました。
a0126632_1727132.jpg

昨年、春訪問時にはチラッと「見ただけ」の初撮「リュウキュウウラボシシジミ」です。小さくて愛らしい蝶なので、これも本当に嬉しい!!!
林道整備により花の極端に少なくなっているのに中の1頭が、運良く吸蜜してくれました。
a0126632_17272219.jpg

暫く観察しているとこちらを向いてくれてました。
シロウラナミシジミ&リュウキュウウラボシが撮影出来てとても満足な西表島遠征となりました。
********以上9コマ2011.12.31西表島にて***********
a0126632_17331053.jpg

元旦の竹富島ではシジミチョウ達もポツポツ登場してくれました。
小さいこと、外から3列目の模様が濃いことより「ハヤマトシジミ」かな?と思いましたが、
a0126632_17553899.jpg

複眼の毛
a0126632_17355694.jpg

表翅の白銀の輝きより、明らかに「ヤマトシジミ」♂の八重山亜種のようです。
a0126632_17371024.jpg

この蝶を関東地方で撮影したらヤマトシジミ♂と思いますが、
竹富島なので「ヒメシルビアシジミ」?ではと推定して掲載してみます。
********以上4コマ2012.01.01竹富島にて***********
a0126632_17401751.jpg

沖縄から東京に戻る途中の飛行機からの元旦の夕焼けです。これで今回の遠征報告を終わりといたします。
              in2011.01.29~2012.01.01八重山遠征終わり
現地で案内して下さった「蝶館カビラ」の入野さん、遠征前に情報頂いた「暖蝶寒鳥」の「ごま」さん、「風任せ自由人」のmaximiechanさん大変お世話になりました。
Commented by 武ちゃん at 2012-01-24 22:08 x
リュウキュウウラボシシジミ‥可愛いですね。  (*^^)v
亜熱帯樹林のなか、八重山諸島には毒蛇のハブなどいないのかな?
本州とは環境も違う遠い地で、珍しい蝶の生態観察が出来てよかったですね。
Commented by てふ at 2012-01-24 22:25 x
リュウキュウウラボシシジミって可愛いですねー♪
私が行った5月には、いなかったのか見つけられなかったのか・・・
ラストの飛行機からのスナップ、爽快な空を思い出しました。^^
Commented by ごま at 2012-01-24 23:13 x
リュウキュウウラボシ最高!!
素晴らしいです。これんは遂に会えませんでした。
ルリウラとシロウラの飛翔!惜しい!!
恐らく同じ林道に行きましたが、時間切れで途中で引き返しました。
リュウキュウウラボシの次の2コマは、ヒメシルビアです。ホりコのように小さかったでしょう。最後の2枚は判りませんがヤマトかな。ヒメシルビア、ヤマト、ハマヤマトは、裏面の斑紋と大きさで判るのでは...。
Commented by yoda-1 at 2012-01-25 12:52
八重山、お疲れ様でした。
真冬でもこれだけの成果があるとは素晴らしいですね。
最後のヤマトシジミ系4枚ですが、最初3枚は同一個体とすると、これはヤマトなのでしょう。
最後の開翅画像は斑紋の状況からして、ヒメシルビアではなくてヤマトのように思います。
Commented by ダンダラ at 2012-01-25 15:48 x
シロウラナミは一度は足元から飛び立ったものの見失ってしまい撮影できませんでした。
大きくて、真っ白な翅表が良いですよね。
リュウキュウウラボシはなかなか止まらず苦戦しましたが、吸蜜してくれるとはラッキーですね。
おめでとうございます。
Commented by torinara at 2012-01-25 20:22 x
珍しいのが色々といるのですね。
Commented by Sippo5655 at 2012-01-25 20:54
八重山のシジミチョウは、小さい・・・
大きいイメージでしたが、逆なんですね^^;
あ~、シロウラナミシジミ、一目惚れです><
翅もさることながら、ハッチのようなお腹のストライプが可愛い!
リュウキュウウラボシシジミもインパクトありますね!
大きな黒目と翅の黒点がたまりません♪
ラスト、ヒメシルビアだと良いですね!
Commented by otto-N at 2012-01-25 22:05 x
真冬だというのに、八重山にはたくさんいるんですね。
やっぱり、夏ではないときに行きたくなります。
リュウキュウウラボシシジミは見てみたいです。
ヤマト系の1、2枚目は判りませんが、3枚目はヤマトでいいと思います。
最後の開翅は、ヤマトのオスなら白っぽいはずだし、黒縁の形からヒメシルビアのオスかと思いますが、ヒメシルビアは見たことないので、自信なしです。
沖縄のヤマトは7月のしか見ていないので、よくわかりません。
Commented by yoda-1 at 2012-01-26 08:44
最後の画像、改めてよく観ると翅形といい、ヒメシルビアでいいように思えてきました。
最近、慎重さの足りないYODAですが、ハマヤマト以外の制覇、おめでとうございます。
Commented by wakasama at 2012-01-26 09:03 x
おはようございます。八重山・竹富島、等の珍しい蝶たちを拝見して眼がうろこになりました。
雄大なカンムリワシもですが、一度は行ってみたいところですね♪
Commented by chochoensis at 2012-01-26 17:32 x
リュウキュウウラボシも羨ましいですが、なんといっても、ホリイコシジミ
が素晴らしい・・・小さいのでしょう?インドネシア亜種でもかなり小型でしたから・・・もう一度みたいです・・・。
Commented by azuminomasa at 2012-01-26 21:24
こんばんは
雨が降っているとはいえ、ほんと暖かそうですね・・ 此方に居ると何か
実感がわきません^^ でも蝶たちを見せて貰うと暑い夏を思い出します。
まだ見たことも無いものばかりですが、綺麗な個体も多いですね^^
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 20:51
武ちゃん 様
リュウキュウウラボシシジミはとっても小さく可愛らしいチョウチョです。亜熱帯雨林のやや奥まったところに生息しています。
八重山諸島にはサキシマハブという弱毒性のハブがいます。蛇も怖いですが、蝶を見ると忘れて藪の中を追いかけてしまいます。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 20:59
てふ 様
私も昨年の5月初めに西表島に訪問した時、今回よりリュウキュウウラボシシジミは数が少なく、遠くから見ると判別しにくいタイワンクロボシシジミが多く居て、写真を撮ることも出来ませんでした。また冬の方が、リュウキュウウラボシシジミがやや大きく見つけやすい、動きがそれほど活発でないというように感じました。
私は飛行機が苦手なので空の雲を眺めながら乗っています。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:05
ごま 様
リュウキュウウラボシシジミは2回目の挑戦で何とか撮影出来ました。天候が悪く、近似種のタイワンクロボシシジミをはじめ他の蝶の数も春より極端に少なかったので、逆に見つけやすかったです。
ヤマト、ヒメシルビア共に殆ど出会えずじっくり判別して撮影出来ませんでした。ウーム!!!
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:12
yoda-1 様
有難うございます。
天気予報より(実際は予報以上に悪かったが)どれだけ蝶に出会えるか心配しましたが、シロオビヒカゲを除くとほぼ当初の目標以上の成果でした。
今回ヤマト、ヒメシルビアの数が極端に少なく関東に居るヤマトやシルビアより小さいのでカメラに捉えるのに苦労しました。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:23
ダンダラ 様
シロウラナミシジミは11月の情報でかなり数が多いと聞いていたので出会えるだけなら楽勝と考えていました。ポイントに着くと冷たい雨が休みなく降り続き、足元も靴の中までビショビショに濡れ、1時間程度探し回っても蝶の姿も見れず何度も諦めかけました。入野さんのおかげで最後の最後に出会えて嬉しかったです。
リュウキュウウラボシシジミのポイントは5月初めと比べると下草が綺麗に刈り取られていました。吸蜜源となる花そのものも殆ど見つからない 状態だったので、樹上に白地に大きい黒い点の小さなこの蝶を見つけた時は、心の中でガッツポーズでした。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:30
torinara 様
4年以上まえから関東地方にある蝶の温室めぐりをシュミレーションしていました。実際の八重山諸島は、行く前のイメージが少し違っていてとっても楽しみました。本当に色々な蝶が沢山居ますよ!
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:37
Sippo5655 様
今回出会ったシジミチョウの仲間はシロウラナミを除き、全て関東地方のヤマトシジミより小さかったです。クワガタムシを飼育していましたが、幼虫時期温度が高いと、幼虫期間が短く、小さな成虫にしかなりませんでした。シジミチョウの仲間も同じような傾向があるのかもしれません。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:47
otto-N 様
亜熱帯地方では、個体数の割に、種数が多いように感じました。
従って↑に掲載したシジミチョウ達は、今回遠征4日間中に多くて「5頭/種」しか出会ませんでした。種数は多いので、逆に色々楽しめました。
従って、ヤマトシジミ♂ヒメシルビア?♂共にこの1頭だけ、♀はヤマト?ヒメシルビアの判別出来ないかなり傷んだ個体が1頭のみと、遭遇した数は少なかったです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:52
yoda-1 様
これらのシジミチョウ何れもとっても小さく良く似ているので、目の悪い私にはパソコンに取り込んで 確認するまでさっぱり同定出来ませんでした。本当に難しいと思いました。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 21:56
wakasama 様
八重山諸島は蝶の温室で見れる以上に、多彩な種が舞っていました。
カンムリワシは結構人懐こいので、天気させ良ければ出会える確立は高いと思います。
チャンスがあれば出かけてみて下さい。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 22:03
chochoensis 様
シロウラナミシジミ以外はどれも小さく感じました。ご指摘通り、石垣島のホリイコシジミもとっても小さかったです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-28 22:09
azuminomasa 様
到着した日は雨が降ってもそれほど寒さは感じませんでしたが、
3日目八重山の気候に慣れて、雨がとっても冷たく震えました。
気温は最高21℃、最低17℃なのでこちらの夏よりかなり涼しいです。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2012-01-24 21:00 | シジミチョウ | Comments(24)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31