ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

初見「ウスイロコノマチョウ」&シロチョウの仲間 in2011.12.29~2012.01.01⑦

関東地方で最近北上しているクロコノマチョウに少し似たチョウが八重山諸島に生息していると知識では知っていました。
a0126632_1973094.jpg

それが、この初見「ウスイロコノマチョウ」です。名前の通りクロコノマより淡い色合いで、裏面のさざ波模様が少しクッキリしています。前回逢えなかった憧れの蝶なので急いでシャッターを押しました。
a0126632_1910224.jpg

クロコノマと同じく1頭、1頭、薪で焼いた素焼の陶器のように模様が異なります。また、このように落ち葉混じりの地面に潜まれると何処に居るのか?見つけるのも容易ではありません。
a0126632_1925010.jpg

別のポイントで、ウスイロコノマが樹上に舞いあがったので良く見ると樹液を吸汁していました。既に陽が陰っていて、やや薄暗い林の中の高い場所だったのでクリアーな画像は写せませんでした。
a0126632_1917061.jpg

「リュウキュウヒメジャノメ」は関東にもいるヒメジャノメと大きさも模様も近似しています。八重山諸島では最も一般的なジャノメチョウの仲間ですが、白い帯が太くクッキリしていて裏面がとっても素敵な蝶です。
***********以上4コマ 石垣島2011.12.29***********
a0126632_19222179.jpg

足立区生物園では比較的容易に撮影出来る「クロテンシロチョウ」ですが、自然界ではヒメシロチョウやツマキチョウのようになかなか止まらず写すのには苦労します。さらに、比較的暗い場所を好むので前回訪問した時は証拠写真も残せませんでした。今回は天候が悪いことが幸いしたのか、傷んだ個体ですが吸蜜時に接写することが叶いました。自然界初撮影に満足・満足です。
***********以上1コマ 石垣島2011.12.30***********
シロチョウの仲間は石垣島ではクロテンシロチョウ以外は、タイワンキチョウ、キチョウ、キタキチョウ、モンシロチョウに遭遇するもシャッターを押せず。
西表島では悪天候の為かシロチョウの仲間は、殆どその姿も見ることも出来ませんでした。
a0126632_19292343.jpg

初めて雨が上がった元日の竹富島では羽化直後と思われる「ナミエシロチョウ」に出会えました。その白さはとても鮮やかです。
遠くのハイビスカスに吸蜜している「ツマベニチョウ」を見つけたので走って近づこうとすると
a0126632_19351093.jpg

何を急いでいるのと言わんばかりにノロノロ「ハイビスカス」の花を角に付けた水牛車が目の前を通り過ぎました。
a0126632_19371152.jpg

結局「ツマベニチョウ&ハイビスカスの吸蜜シーン」は次回の課題となりましたが、竹富島の水牛の目に癒された私でした。
***********以上3コマ 竹富島2012.01.01***********

                      in2011.12.29~2012.01.01八重山諸島 続く
Commented by Sippo5655 at 2012-01-18 21:52
クロコノマチョウも、ウスイロコノマチョウも、みんな模様質感が違うの
これは素敵~♪
>薪で焼いた素焼の陶器のように
この言葉にしびれちゃいました。
東京ではクロコノマチョウしか会えないけど、
出会ったらみんな撮ってあげたい(*^-^*)
クロテンシロチョウのしずくのような翅の形が大好きな私です^^
自然界で、撮影できて、本当に良かったですね!
す、水牛が、ハイビスカスをくっつけて
ワラエマシタ(´▽`*)
Commented by miyagi at 2012-01-18 22:38 x
ウスイロコノマ。夏は庭でもよくみかけます。パイナップルの皮などに数頭集まってくることもありますょ。
クロテンシロチョウは西表で坂道を上り下りして後を追ったのですがピンボケ写真しか撮れませんでした。(笑)
Commented by ごま at 2012-01-19 00:23 x
ウスイロコノマは羨ましい。昨年バンナ公園で見かけたのですが、撮れませんでした。見つけながら撮れなかった蝶は、他にも沢山ありますけど......(^_^;)
Commented by chochoensis at 2012-01-19 15:01
=クロテンシロチョウ=上手く撮影できましたね・・・数年前に=北上=していると聞いていたのですが、暗い場所が好きなチョウを上手く撮影していますね・・・流石です。=ウスイロコノマ=は、たった2回しか見た事がありません・・・素晴らしいです。
Commented by 武ちゃん at 2012-01-19 22:05 x
リュウキュウヒメジャノメの後翅はドレスのような感じがします。
海沿いで水牛に引かれた台車に乗った観光客を連想します。
一月でも夏日があったとのニュースを聞きました。
Commented by バルキング at 2012-01-19 22:24 x
見た事のない蝶たちがたくさんいますねぇ。


クロテンシロチョウなんているんですね、白い羽に黒い点がぽつりとあるんですねぇo(^-^)o
なんとも可憐で可愛らしい蝶でしょうか。

この蝶を見ていると今年はヒメシロや、えぞひめしろを頑張って撮影したいなぁ。
Commented by azuminomasa at 2012-01-20 21:29
こんばんは
ウスイロコノマ、初めて見せていただくのですが、色合いがけっこう違い
ますね・・ 違う種類かと思ってしまいそうです^^
リュウキュウヒメジャノメ、たしかにハッキリしていて綺麗ですね。
ナミエシロチョウの裏は黄色でしょうかね?。表の白が綺麗に撮れ
ていて良く分かりました^^ 
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 14:30
Sippo5655 様
ウスイロコノマチョウは29日、5頭程度観察出来ました。この日出会ったものはクロコノマチョウよりも模様や色彩の個体差が大きいように感じました。
水牛の角に付いていたハイビスカスの花は、正月用の飾りなのか笑えますね!
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 14:36
miyagi 様
ウスイロコノマチョウ4月末は全く見かけませんでした。クロコノマチョウと同じく秋から増えてくるのでしょうか?
クロテンシロチョウは八重山諸島のやや暗い林の中で、時々見かけますが、撮影となると難しいかったです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 14:39
ごま 様
樹液の吸汁以外の2コマは、「バンナ公園」で撮影しました。
この公園良く整備されていて色々な蝶が舞っていて楽しいところですね!
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 14:46
chochoensis 様
クロテンシロチョウは、薄暗い所を好む「ヒメシロチョウ」のような感じで野外では写し難いチョウですね!
ウスイロコノマチョウもクロコノマと同じく薄暗い所が好きなのと、吸汁時以外は比較的鋭敏で、近づくと直ぐに舞いあがってしまいました。今回は何頭かに出会えてラッキーでした。
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 14:50
武ちゃん 様
リュウキュウヒメジャノメは八重山諸島で今回良く出会ったチョウの一種です。裏面の模様はクッキリしているのでストロボを焚いて撮影するとそれが浮き上がってとっても綺麗でした。
私が行っている間は良くて曇りでしたが、晴れ間が出ると気温が上がり色々な蝶たちが舞ってくれるようです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 15:02
バルキング 様
昨年4月に初めて八重山に出かけた時は、出会うチョウが全て初めて野外で見る種ばかりでした。と言いつつ最も熱心に写したのがタイワンモンシロチョウと勘違いした「モンシロチョウ」だったのがお笑いです。
クロテンシロチョウの黒い大きな点は表翅にあるので飛んでいる時しか見えません。裏面はとっても淡いですがツマキチョウのように模様があります。全体の雰囲気は、小さく、少し丸っこいヒメシロチョウという感じです。
エゾヒメシロチョウ私は未見ですが、ぜひ撮影したいです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-21 15:11
azuminomasa 様
ウスイロコノマチョウは撮影環境にもよりますが、かなり個体差の大きなチョウのように感じました。
ナミエシロチョウの裏面は淡い白黄色です。♀も綺麗ですが、この♂は表の上品な白色と併せて清楚な感じでとっても素敵でした。
Commented by maximiechan at 2012-01-22 21:11
色々と忙しくしていてコメントが遅れました。
ウスイロコノマチョウ素敵ですね。特に墨のような色の個体には惹かれました。
私は残念ながらまだ八重山でこの蝶を見ていません。
いつか、生息環境など詳しく教えてください。
Commented by himeoo27 at 2012-01-23 18:40
maximiechan 様
ウスイロコノマチョウの生息環境や生態はクロコノマチョウに近似しているように感じました。
概況は
通常、やや薄暗い林縁部の草叢の中の地面の上に枯れ葉に紛れるように止まっている。(樹液のポイント以外は水辺の近く)
足音をたてて近づくと、直ぐに舞い上がる。飛んでもそれほど驚かせないと、遠くまで飛ばない。樹液での吸汁時は警戒心が低下する。
です。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2012-01-18 21:30 | ジャノメチョウ | Comments(16)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31