ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

ヒメシジミとハナカミキリの楽園 in上高地20110806~07②

a0126632_864074.jpg

河童橋の近くの小梨平では連日の雨で水量が増えた小川が朝霧の中煌めいていました。さあ昨日の豪雨の為引き返したリベンジ開始です。
a0126632_88272.jpg

(パノラマ画像なのでクリックすると特に大きくなります。)
麓から1時間程度登ると開けたガレ場となり眼下に上高地が小さく見えます。
標高2000m程度にある花の周囲を良く観察すると
a0126632_8105846.jpg
a0126632_8112060.jpg
a0126632_8114984.jpg

雨の合間の僅かな晴れを利用して「ヒメシジミ」が熱心に求愛しています。
a0126632_8145784.jpg

どれかカップル成立かな?と見守りましたが、何れも♂の努力空しく不成立に終わりました。
穂高岳の山頂付近から雨雲が降りてきてまた雨です。ヒメシジミも大人しく雨宿り・・・・・・・
a0126632_8174049.jpg
a0126632_8174969.jpg

標高2500m付近のお花畑に図鑑でも見たこともない赤を基調としたカラフルな「蝶?」が吸蜜していました。近づいて良く見ると「蛾の仲間」のようです。標高の高い冷涼な気候の場所では日中でも「蛾」が良く活動しているので紛らわしいですね!誰かこの子の名前教えて下さい。
↓の 「ponta_xx」さんのコメントより高山蛾の1種の「モンクロキイロナミシャク」のようです。 「ponta_xx」さん有難うございました。
標高2000~2200m高地のお花畑には蝶や蛾だけではなく
a0126632_8223772.jpg

花カミキリを中心にしたカミキリムシも沢山遊んでいました。一番特徴的だったのは「カラカネハナカミキリ?」です。上翅が金属光沢を持ち特に「緑色」の子はとても綺麗でした。
a0126632_8254848.jpg

岩の上に止まっていたのは「シラホシカミキリ?」かな、上翅の付け根付近の赤銅色がとても目立って素敵でした。
a0126632_8275995.jpg

草の上に止まっているのは「フタコブルリハナカミキリ?」でしょうか?黄と青を基調にした配色がとってもお洒落でした。
↓のtsuchihashiaさんのコメントより、カミキリムシの仲間ではなく「アオジョウカイ」という良く似た甲虫のようです。tsuchihashiaさんご指摘有難うございます。
a0126632_832676.jpg

カラカネハナカミキリ?に次いで良く居たのが「マルガタハナカミキリ?」です。この個体は黒い模様が淡いので♀かな?何れにしてもカミキリムシの仲間の判別も難しいです。間違っていたらぜひご指摘お願いいたします。
雨が本降りになる前に下山しようと後ろ髪を引かれる思いで降りはじめると
a0126632_837484.jpg

登山道の脇の崖縁の花に吸蜜しに「コヒオドシ」が登場してくれました。
a0126632_8382196.jpg

崖から落ちないように、蝶を逃がさぬようにそっと近づいてみました。しかしながら思い空しくこの程度の証拠写真がやっとでした。
a0126632_8402281.jpg

2日目の早朝、朝日を浴びて輝く「焼岳」の姿を思い出に、雷の轟く豪雨の中「上高地」を後にいいたしました。

                      in上高地20110806~07終わり
Commented by ponta_xx at 2011-08-14 10:09
おはようございます♪ 美しい写真がたくさんみられて、涼しい
上高地にいるようです。(^_^)

オレンジ色のガは、モンクロキイロナミシャク ではないでし
ょうか。間違っているかもしれません。ご確認ください。
Commented by himeoo27 at 2011-08-14 12:18
ponta_xx様
「上高地」では天気が不安定なものの冷涼で気持ちの良い2日を過ごすことが出来ました。
「モンクロキイロナミシャク」ですか!確認後本文を修正・加筆いたします。有難うございました。
Commented by tsuchihashia at 2011-08-14 20:39
訪花しているシャクガは非常に綺麗ですね!
うっとりしてしまいました。
フタコブルリハナとされているのは、よく似ているアオジョウカイのほうではないかと思います・・・。
Commented by grassmonblue at 2011-08-14 21:01 x
クモベニをたっぷり楽しまれ、コヒオドシもお目見え。
高山蛾もなかなかいけてますね。
雨にたたられたとは言っても、よい旅でしたね。
それにしても連日の2000m、2500m登攀とはすごい。合計すれば軽く奥穂高にとどきますね。
最後の焼岳の写真も色付きの水墨画のようで素敵です。
Commented by 武ちゃん at 2011-08-14 22:09 x
どの山に登ったかは解りませんが大変な高度ですね。
実質、高度差千メートルくらいはあるでしょう。
このような厳しい環境にもシジミチョウほか何種も棲息しているんですね。
私もこの週末、一泊で上高地にも寄ります。
予報では雨! ‥暇つぶしの旅行になりそう。
バスツアーなので滞在時間は短時間になりそうです。
Commented by ダンダラ at 2011-08-15 09:38 x
今年は気温が高いせいか、山の天気は不安定ですね。
それでも、クモマベニ、コヒオドシと撮影できておめでとうございます。
コヒオドシは本州で確実に撮影できそうな場所となると少ないですから良かったですね。
Commented by Akakokko at 2011-08-16 15:20 x
清流にパノラマ、焼岳の写真がステキですね。
モンクロキイロナミシャクも奇麗。
蝶に昇格してあげたい程です。
コヒオドシはちょっと残念でしたね。
北海道で初撮りしてきましたが、お食事に夢中で近寄っても逃げませんでしたよ。
Commented by himeoo27 at 2011-08-16 16:12
tsuchihashia様
高山性の「シャクガ」の仲間は活発に飛翔し、蝶と同じくとても綺麗でした。
この甲虫は「アオジョウカイ」ですか、似たような虫が多いのですね!
Commented by himeoo27 at 2011-08-16 16:22
grassmonblue 様
有難うございます。
2日目は流石にバテていたので登攀するか?かなり迷いました。
思い切って登って「コヒオドシ」にも会え、「クモマベニヒカゲ」も接写出来まずまずの山行となりました。
上高地では、真正面の「穂高岳」に目が行きますが、どの方向も絵になりますね!
Commented by himeoo27 at 2011-08-16 16:27
武ちゃん 様
採取禁止エリア内ですが、携帯網で採取される方もいるようで敢えて山の名は明記していません。
厳しい環境なので種数は限定されています。麓には居ない高山蝶も混じっているので頑張って登攀しました。
上高地は、万一「曇り」や「雨」でも色々な景色を演出してくれるので被写体としてはとっても面白い場所ですね!
Commented by himeoo27 at 2011-08-16 16:31
ダンダラ 様
山は不安定なのが通常と判っていても2日続けて雨に祟られると少し辛いです。でも蝶が出てきて応援してくれたので何とか登攀して撮影することが出来ました。
コヒオドシは次回出来れば、絞りを絞って接写してみたいです。
Commented by himeoo27 at 2011-08-16 16:34
Akakokko 様
昨日はお世話になりました。

雨上がりの「上高地」が一番美しいそうで、季節変動の激しかった今回の山行は風景写真撮影には最高でした。
大人しいコヒオドシにぜひ出会いたいです。
Commented by azuminomasa at 2011-08-16 21:09
こんばんは
良い天気だったんですね・・上高地の爽やかさが伝わってきます^^
何が撮れるか分からないところも、面白いと思います・・ モンクロ
キイロナミシャクって初めてですが見てみたいですね^^ コヒオドシに
遇えてよかったですね・・ 偶然でしか会えないような気がします。
Commented by himeoo27 at 2011-08-17 21:33
azuminomasa様
この時の「上高地」の天気は不安定で、素晴らしい晴天の直後に豪雨になったり、その変化が逆に魅力的でした。
モンクロキイロナミシャクは2年前にもこの山で観察いたしましたが、接写したのは初めてでした。とっても綺麗な蛾です。
コヒオドシは2頭目で何とか証拠写真が写真が撮れて少しラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2011-08-14 08:43 | シジミチョウ | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31