ヒメオオの寄り道


タグ:見沼田んぼ ( 34 ) タグの人気記事



越冬ムラシ&ムラツ嬉しかったこと悲しかったこと

a0126632_16151457.jpg

         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_16173444.jpg

今季、見沼田んぼでムラサキシジミとムラサキツバメを継続観察
しているポイントをポイント①とすると上の写真は別ポイント②
で3頭ムラサキシジミ越冬中として撮影しました。
a0126632_16354972.jpg

左右真ん中、上部を拡大してみると3頭以上いそうです。
さて何頭のムラサキシジミが越冬中でしょうか?
a0126632_1637221.jpg

良く見ると5~6頭いたことがわかりました。
         in2016.12.23見沼田んぼ②
a0126632_16415675.jpg

見沼区のiさんの指摘により継続観察中のムラシA群は2017.01.14
より6頭だったようです。ムラシ6頭の越冬集団はルー様観察の時
以来の観察だったので嬉しかったです。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_1651553.jpg

ということで記録をさっそく修正しました。
a0126632_1653067.jpg

次の話題は越冬ムラツB群+ムラシD群です。
         in2017.01.14見沼田んぼ①
a0126632_16562160.jpg

こちらも見沼区のiさんの観察記録によると2017.01.17に悲しいこ
とにムラツB群+ムラシD群が越冬していたアオキの樹が剪定作業
により伐採されてしまいました。伐採時の気温が5℃未満だったので
逃げ出せなかったようです。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_1763463.jpg

最後の嬉しかったことはムラツA群です。
         in2017.01.14見沼田んぼ①
a0126632_18183535.jpg

今日は天気が良く10℃以上に気温が上昇しそうなので9:00に見沼田
んぼ①ポイントに出かけてみました。9:30になりチョウに陽射しが
あたるとまず1頭の雌が越冬集団の中で開翅し
a0126632_18214796.jpg

2頭が舞い出し1頭は樹上で、もう一頭は最初のコマのように枯葉の
上で開翅してくれました。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
by himeoo27 | 2017-01-21 18:30 | シジミチョウ | Comments(26)


見沼田んぼムラサキシジミ越冬継続中 in2016.12.11~2017.01.14

今回の主役は。見沼田んぼで越冬継続中の「ムラサキシジミ」です。
a0126632_19254771.jpg

まずはA群です。増減あるも最盛期の5頭を維持しています。
a0126632_19274949.jpg

次はB群です。最盛期の4頭から2頭減少し2頭になりました。
a0126632_19293286.jpg

C群は、3頭を維持しています。
a0126632_19303112.jpg

今日1月14日は、強い寒波が関東平野を襲い観察中はご覧のとおり
の降雪となりました。ムラサキシジミD群&ムラサキツバメB群付
近からムラサキシジミC群、ムラサキツバメA群方向にカメラを向
けてみました。
       in2017.01.14見沼田んぼA~C
a0126632_19344758.jpg

今季、見沼田んぼで越冬中の「ムラサキツバメ」、ムラサキシジミ
の観察結果を表にまとめてみました。
a0126632_19373920.jpg

       in2016.12.11見沼田んぼA
A群の状況です。林縁から1mほど林内に入った地面から高さ2m程
度の場所に形成されています。
a0126632_19401514.jpg

       in2017.01.08見沼田んぼB
B群の状況です。道路沿いの桜並木から5mほど入った明るい林の中
に形成されています。こちらは地面から高さ1.5m程度の場所です。
a0126632_19431857.jpg

       in2017.01.08見沼田んぼC
C群はムラサキツバメA群から5m程度離れた場所の枯葉の中に形成
されています。これも高さは地面から2m程度です。
a0126632_19455131.jpg

       in2017.01.03見沼田んぼE
D群はムラサキツバメB群の横に1頭だけで越冬中です。この個体は
E群です。ウラギンシジミのペアAを撮影していて見つけました。
私の「越冬ムラサキシジミ」というイメージにピッタリした枯葉の上
、単独個体、林縁部に近い林の中で越冬していました。
a0126632_19522034.jpg

       in2017.01.03見沼田んぼC
a0126632_19555173.jpg

       in2016.12.29見沼田んぼC
C群は枯葉が固まった中で越冬しているのでA~E群の中で個体数が
3頭で12/23から最も安定しています。但し、各個体の位置・向きが
変わっているのが面白いです。
a0126632_1958880.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼC~Dポイント付近
外気温が20℃近くまで上昇した12/23は綺麗な雌個体が舞い出てその
美しい表翅を見せてくれました。
a0126632_2004911.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼA
A群4頭で右向き1頭、左向き3頭です。
a0126632_2035896.jpg

       in2016.12.18見沼田んぼC
C群はこの時点では2頭です。
a0126632_2054870.jpg

       in2016.12.18見沼田んぼA
A群は安定して個体数が多くこの時点でも5頭です。
a0126632_2074847.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼB
B群は、この写真では3頭しか判別出来ませんが、彼らの直上に
もう一頭の個体も越冬しています。あわせて4頭です。
a0126632_20111326.jpg

       in2016.12.11見沼田んぼA
A群は、最大の5頭なのでアップで写すと迫力を感じます。
by himeoo27 | 2017-01-14 20:20 | シジミチョウ | Comments(22)


見沼田んぼ越冬ムラサキツバメ盛衰記 in2016.12.11~2017.01.08

a0126632_1418467.jpg

            in2017.01.08見沼田んぼA群
2016.12.03に5頭まで減ったムラサキツバメですが、その後従来の
集団から10mくらいしか離れていない場所で、
新しいB群発見(元の集団をA群とすると別れた集団かも)
しました。
A群、B群ともチョウ構成数の変化がありましたので、まずA群につ
いて本日から遡りながら報告します。
本日2017.01.08の10:00現在A群は8頭で構成されています。
a0126632_1431337.jpg

            in2017.01.03見沼田んぼA群
A群は8頭です。気温が思ったほど上昇せず飛び出す個体なし。
a0126632_14343383.jpg

            in2016.12.29見沼田んぼA群
A群は8頭変わらず。寝相が少しだけ変化しています。
a0126632_14394231.jpg

            in2016.12.23見沼田んぼA群
外気温が20℃近くまで上昇したこの日は、10:30は1頭を除き他の
個体は散歩に出かけていました。この時点11:30頃は4頭でしたが、
その後続々と越冬巣に帰還して14:30過ぎには8頭と2016.12.18の
6頭から逆に2頭増となりました。
逆に後で記載しますがB群は4頭から1頭減って3頭となりました。
a0126632_14485290.jpg

            in2016.12.18見沼田んぼA群
慌ただしく撮影したので分かりにくい写真ですがこの時点では6頭が
越冬中です。
見沼区のiさんの観察によると、その後A群は5頭まで減ったそうです。
a0126632_1553233.jpg

            in2016.12.11見沼田んぼA群
A群の生息環境は上に掲載された写真のとおり北風を遮るように南向
きに開けた明るい林縁部です。
この時点のA群は7頭で構成されています。
a0126632_15143840.jpg

            in2016.12.30埼玉県中部の公園
埼玉県中部の公園で、chosanpoさんに教えてもらった越冬ムラサキ
ツバメはムラサキシジミのような単独個体でした。
2017.01.02にも同じ場所を探してみましたが見つけることが叶いま
せんでした。
a0126632_15194163.jpg

            in2016.12.11見沼田んぼB群
A群の近くでムラサキシジミ、ウラギンシジミ等の越冬蝶を探してい
ると10m程度離れた北風を遮る南西向きに開けた場所で、ムラサキツ
バメB群4頭+ムラサキシジミ1頭を見つけました。
大きな画像データなのでクリックし拡大してご覧ください。
a0126632_15312436.jpg

            in2016.12.18見沼田んぼB群
引き続きムラサキツバメB群4頭+ムラサキシジミ1頭です。
ムラサキツバメは青葉の上、ムラサキシジミは枯葉の上で越冬してい
るのが分かりますか?
a0126632_15365439.jpg

            in2017.01.03見沼田んぼB群
上に記載したように
B群のムラサキツバメは12.23より4頭→3頭に減りました。
12.11時点でA群7頭+B群4頭あわせて11頭が、
01.03時点でA群8頭+B群3頭あわせて11頭と同数です。
付近を探しても他のムラサキツバメを見つけていないことよりA群と
B群の間で相互に入れ替わっていると思われます。
a0126632_15503322.jpg

            in2017.01.08見沼田んぼB群
如何にも氷雨が舞い落ちそうな曇天の中、電動アシスト自転車で出か
けてみました。B群3頭とムラサキシジミ1頭は寒さに負けず健在で
した。
by himeoo27 | 2017-01-08 16:04 | シジミチョウ | Comments(21)


ウラギンシジミの年越し in2016.11.23~2017.01.02

a0126632_6583750.jpg

            in2016.12.29見沼田んぼ

年明け竿頭の記事は、継続観察中の「ウラギンシジミ」です。
昨日2017.01.02から、時間を遡りながら
2016.11.23までの記録です。
a0126632_723538.jpg

昨日は継続観察地の立地条件から見沼田んぼ訪問を諦めて、
埼玉県中部の自然観察公園へ出かけてきました。
公園①と命名したこの個体は公園の入口付近にある南向き
の石垣で越冬中です。
a0126632_773789.jpg

公園②は、公園奥の散策路沿いで越冬中です。
a0126632_7104178.jpg

公園②をかがみこんで見上げるように写してみました。
            in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_713189.jpg

自然な体制で、公園②を撮るとこのような感じです。大きな
目が可愛いですね!
            in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_7165529.jpg

12月20日を過ぎると見沼田んぼでは、はや蝋梅が満開です。
a0126632_719882.jpg

見沼ペアAは日溜りの中、仲良く越冬中です。
            in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_7213633.jpg

見沼ペアAを上から見るとこのように見えます。
a0126632_7225655.jpg

この日、見沼①は車道に面した民家の壁で越冬していました。
しかしながら12月29日には何処かに移動したようで見つけられ
ませんでした。
a0126632_725453.jpg

今年の11月初めから同じ場所で継続観察している見沼②は、
20℃近くまで気温が上昇した11月23日の午後には見失って、
見沼①と同じく12月29日も観察出来ませんでした。
a0126632_729312.jpg

見沼ペアAの近くの陽だまりで比較的痛みの少ない雌個体の
開翅も見られました。
            in2016.12.23見沼田んぼ
a0126632_7312883.jpg

この日、見沼田んぼの越冬ウラギンシジミは分散しているのか
見つけられたのは見沼②だけでした。
            in2016.12.18見沼田んぼ
a0126632_7341268.jpg

これも見沼②のアップです。前後の写真より殆ど定位置なのが
分かります。
            in2016.12.11見沼田んぼ
a0126632_7365146.jpg

11月末のこの時点では見沼ペアBを含めて、見沼ペアC、見沼②
、見沼③、見沼④、見沼⑤、見沼⑥など数多くのウラギンシジミ
越冬個体が観察出来ました。
            in2016.11.23見沼田んぼ
by himeoo27 | 2017-01-03 07:44 | シジミチョウ | Comments(29)


見沼田んぼキタキチョウ越冬中休み in2016.11.06~12.23

a0126632_1930046.jpg

             in2016.12.23見沼田んぼ
越冬チョウの4番手は「キタキチョウ」です。11月6日から昨日
までの記録をまとめて報告します。
a0126632_19325694.jpg

a0126632_19331870.jpg

継続的にムラサキツバメの越冬集団を観察している林の前では、
秋の日差しを浴びてキタキチョウたちが楽しそうに舞っています。
a0126632_19352114.jpg

1~3月越冬個体を観察出来たキタキチョウ越冬ポイント①では
吸蜜する個体が観察出来ました。
             in2016.11.06見沼田んぼ
a0126632_19414386.jpg

a0126632_194233.jpg

キタキチョウ越冬ポイント①ではこの日越冬個体を今季初めて
見つけることが叶いました。しかし午後からの気温上昇により
見失ってしまいました(涙)。
             in2016.11.26見沼田んぼ
a0126632_1945996.jpg

a0126632_19453212.jpg

12月に入り見失っていたキタキチョウですが、23日は20℃近く
まで上昇した気温によりキタキチョウ越冬ポイント①で舞い出し
てくれました。
a0126632_1948852.jpg

a0126632_19482864.jpg

20℃近い気温上昇により季節外れの新チョウが舞い出しているの
ではと歩き回っているとキタキチョウが飛来して
a0126632_19511746.jpg

葉裏に潜りこみました。
a0126632_1952667.jpg

このまま越冬するのかな?
この場所を「キタキチョウ越冬ポイント②」と名付けて継続的に
観察することにいたします。
             in2016.12.23見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-12-24 19:55 | シロチョウ | Comments(26)


見沼田んぼ越冬ムラツ5人衆 in2016.11.06~12.03

a0126632_17414659.jpg

           in2016.12.03見沼田んぼ
NHK大河ドラマ「真田丸」では浪人5人衆が大活躍していますが、
こちらさいたま市内の見沼田んぼ某所では
a0126632_1745783.jpg

a0126632_17463192.jpg

ムラサキツバメがこの寒い季節を乗り切ろうと
a0126632_17465124.jpg

越冬中です。観察開始したこの日は、10頭の集団でした。
           in2016.11.06見沼田んぼ
a0126632_1750183.jpg

11月も中旬になると個体数も増え、この日観察出来たのは上の写真
のとおり1つの葉に溢れんばかりの14頭です。
一緒に観察している見沼区のiさんによると最大15頭だったそうです。
a0126632_17515189.jpg

陽が射し込むとまず雌が
a0126632_17521179.jpg

次に雄が飛び立ち
a0126632_17552949.jpg

雌雄仲良く翅を開いてくれました。
           in2016.11.13見沼田んぼ
a0126632_17573052.jpg

11月後半となると減少に転じ、この日は9頭に減りました。
           in2016.11.23見沼田んぼ
a0126632_1836465.jpg

11月24日の雪の影響はほとんどなく、見沼田んぼのムラサキツバメ
越冬集団は、9頭のままです。
a0126632_18383661.jpg

集団に陽が差し込み縁毛が輝きが綺麗ですね!
a0126632_18412351.jpg

観察していると気温上昇とともに雄個体が舞い出てくれました。
           in2016.11.26見沼田んぼ
a0126632_18422948.jpg

今日は逆に雌の舞いです。
a0126632_1844884.jpg

但し、見沼田んぼのムラサキツバメ越冬集団は激減し5人衆(5頭)
になってしまいました。
           in2016.12.03見沼田んぼ
a0126632_1203281.jpg

上記ムラサキツバメの集団越冬の状況を添付します。
********************************
a0126632_18473265.jpg

今年も新宿御苑で12月13日から12月18日まで上記の通り
「チョウに親しむ展示」が行われます。
私の作品も出品します。お近くにお越しのおりはぜひお立
ち寄りください。
<ミニ講演会:17 ~ 18 日(土・日)に開催>
 17 日(土) 
 1 回目 11:00 ~ 11:30
 絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局
 2 回目 13:00 ~ 13:30
 幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)
 3 回目 15:00 ~ 15:30
 チョウの写真撮影法   佐々木幹夫(日本チョウ類保全協会会員)
 18 日(日) 
  1 回目 11:00 ~ 11:30
 絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局
 2 回目 13:30 ~ 14:00
 幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)
by himeoo27 | 2016-12-03 18:51 | シジミチョウ | Comments(34)


ウラギンシジミ越冬開始 in2016.10.15~11.26埼玉県内

a0126632_18535236.jpg

「ウラギンシジミ」は、敏捷で飛翔シーン撮影は困難な種の
1つです。どこに飛んでいるかわかるでしょうか
           in2016.10.15埼玉県中部の公園
a0126632_18564723.jpg

11月の声を聞くと越冬態勢にはいった個体を見つけることが
出来ます。
a0126632_1859217.jpg

a0126632_18592341.jpg

とは言え気温が15℃を超すと飛び出して、表翅が赤色の雄、
水色の雌が、翅を開いて目を楽しませてくれます。
a0126632_1913264.jpg

越冬中のウラギンシジミを見ていると2頭の雄が舞い
a0126632_1923318.jpg

1頭が止まって翅を開き
a0126632_1931473.jpg

残りの1頭が飛び立ちました。
           in2016.11.06見沼田んぼ某所
a0126632_1945536.jpg

11月後半に入ると越冬中のウラギンシジミが増えてきました。
この日は2頭一緒も観察叶いました。
a0126632_1951636.jpg

しっかり常緑広葉樹の葉裏にしがみついていますが、まだ葉の
裏に止まった脚の跡は残っていません。
           in2016.11.23見沼田んぼ某所
a0126632_1911327.jpg

11月24日の降雪による影響か、常緑広葉樹の葉裏以外でも冬を
乗り切ろうとする個体もいます。
a0126632_19142281.jpg

a0126632_19144235.jpg

越冬態勢に本格的に入ったようで、2頭セットの越冬蝶を複数カ
所で観察出来ました。
           in2016.11.26見沼田んぼ某所
by himeoo27 | 2016-11-26 19:20 | シジミチョウ | Comments(22)


集団吸水今回も空振り in2016.09~10

a0126632_1531125.jpg

「石垣島」で大集団吸水が観察出来たとのことですが・・・・・・
a0126632_15324135.jpg

「見沼田んぼ」を散策していると頭上高く「アオスジアゲハ」が吸蜜
していたので望遠ズームで狙ってみると舞い上がったところを何とか
撮りこめました。
a0126632_15374342.jpg

アオスジアゲハが舞っていた用水沿いの足元に咲く曼殊沙華にやって来
てくれたのは「キアゲハ」です。105㎜マクロレンズで吸蜜モードを狙
ったので前翅がブレて動きのある画像に仕上がりました。
a0126632_15444058.jpg

八重山諸島では超珍品の「ナガサキアゲハ」ですが、
見沼田んぼではポツポツ観察出来ました。
          in2016.09.25見沼田んぼ
**********************************
a0126632_15525177.jpg

ツシマウラボシシジミ幼虫飼育のお手伝いで訪問した「都心の公園」では
入口付近で「クロアゲハ」が、挨拶に出てきてくれました。
          in2016.10.02東京都心の公園
**********************************
a0126632_15582570.jpg

見沼田んぼの曼殊沙華にやって来てくれなかった「ジャコウアゲハ」ですが、
ナガサキアゲハとは逆に「西表島」の花畑では数多く観察叶いました。
望遠系レンズで撮ると背景がボケて面白いですね!
a0126632_1625434.jpg

「石垣島」の牧草地では「ベニモンアゲハ」が、
a0126632_1672054.jpg

次に「シロオビアゲハ」が舞ってくれました。
a0126632_16153942.jpg

a0126632_16161066.jpg

a0126632_16163323.jpg

八重山諸島では「ミカドアゲハ」の雌の発生ピークのようで、訪花したり
a0126632_16144367.jpg

a0126632_1615548.jpg

産卵にやってきたり、目を楽しませてくれました。
a0126632_16223258.jpg

吸水することが稀なミカドアゲハの雌が増えてきた上に
八重山諸島を訪問していた間の天気は、
10.06 雷雨(全島停電)→曇→豪雨→雨時々曇り(石垣島)
10.07 曇→豪雨時々小雨→曇(西表島)
10.08 曇→豪雨時々小雨→曇(西表島)
10.09 曇→雨時々曇り(石垣島)
と集団吸水をおこないにくい状況で2頭集まってくれただけでもラッキー
でした。
          in2016.10.06~09八重山諸島
by himeoo27 | 2016-10-10 16:39 | アゲハチョウ | Comments(22)


冬逆戻り(越冬キタキチョウ)他 in2016.03.13

天気が悪く、気温も10℃前後しか上がらない予報だったので、
某フユシャクガを探しに行くか、越冬チョウを探しに行くか散々
迷った末に見沼田んぼに越冬チョウ探しに出かけてきました。
キタキチョウの越冬ポイントに到着すると
a0126632_18132920.jpg

越冬「キタキチョウ④」が、直ぐに見つかりました。
どこにいるか分かるかな?
a0126632_18211751.jpg
a0126632_18212612.jpg

草に覆われた中なので黄色のキタキチョウ④は結構見つけ難い
です。
a0126632_1826165.jpg

a0126632_18263153.jpg

さらに探すと「キタキチョウ②」が
a0126632_18271433.jpg

a0126632_18272818.jpg

次にキタキチョウ②の近くで「キタキチョウ③」も見つかりま
した。
a0126632_18294191.jpg

右端やや上がキタキチョウ②、左端やや下がキタキチョウ③です。
キタキチョウ②、③の近くで越冬していたキタキチョウ①を丁寧に
探しましたが、見つけることは叶いませんでした(涙)。
a0126632_18333074.jpg

死体の「キタキチョウ⑤?」は前回と同じ場所にありましたが痛
みは殆どありませんでした。
a0126632_1842431.jpg

ムラサキツバメの越冬ポイントでは最後まで生き残っていた1頭もいな
くなりました。見つかった蟲は、
ヘリカメムシの仲間「ミナミトゲヘリカメムシ?」↑
フユシャクガの仲間、蜘蛛の仲間、くらいでした。
a0126632_18504399.jpg

a0126632_185135.jpg

飛び回る生き物がいないものか?と畑を見ると雉の雄が出てきて私に
挨拶してくれました(笑)。

             in2016.03.13見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-03-13 18:56 | 自然観察全般 | Comments(18)


黒っぽい眼の越冬キタキチョウ in2016.02.27見沼田んぼ

a0126632_1312544.jpg


ここ1週間寒い日が続いているので越冬蝶たちは、どのように
過ごしているのか昨日「見沼田んぼ」に出かけてきました。
a0126632_1374694.jpg

a0126632_1381253.jpg

先週と同じく、まず「ムラサキツバメ」の越冬ポイントを覗い
てみました。
強風、低温、降雪によってか残念ながら1頭に減っていました。
a0126632_13164779.jpg

「キタキチョウ」が、3頭固まって見つかったポイントでは
彼岸花の葉の裏で「キタキチョウ②」のみで①、③が見当
りません(涙)。
a0126632_1328559.jpg

a0126632_1328215.jpg

ムラサキツバメが1頭減り、キタキチョウも2頭減り、これ
では帰れないと60mほど離れた場所を探すと
「キタキチョウ④」が草むらで見つかりました。

モンキチョウ1頭見つけたポイントは、日差しは暖かいもの
の冷たい風が吹きすさんでいて残念ながらチョウは1頭も出て
きてくれませんでした(涙)。

気落ちして、キタキチョウのポイントに戻ると
足元からキタテハが舞い上がりました。
a0126632_13504129.jpg

その直ぐ近くに黒っぽい眼をした「キタキチョウ⑤?」が止
まっていました。キタキチョウの複眼は黄色~淡い黄緑色が
一般的なので吃驚して、蝶に詳しい見沼区のiさんに連絡しま
した。
a0126632_144516.jpg

近くで探蝶していたiさんと一緒に観察するとキタキチョウ⑤?
は眼だけでなく脚の配置が変です。命の輝きがありません。
どうも越冬中に春を待たずに、そのまま絶命したようです。
a0126632_141646100.jpg

先週3頭いたポイントでiさんが直ぐに「キタキチョウ①」を
草むらの中から見つけてくれました。
a0126632_14235978.jpg

右端中央部に見えるキタキチョウ②の反対側左端中央やや上
に「キタキチョウ③」が戻っていました。上を見上げるよう
に正面を向いているのでわかりにくいですね!
a0126632_1431198.jpg

キタキチョウ③を接写してみました。
越冬キタキチョウが3→4頭に増えてとっても嬉しいヒメオオ
です。

帰りにムラサキツバメポイントによると
a0126632_14413955.jpg

強い風に雄個体がアオキ葉にしがみついて頑張っていたので
声援を贈りました。

            in2016.02.27見沼田んぼ終わり
by himeoo27 | 2016-02-28 14:51 | チョウ全般 | Comments(22)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
日陰だと、流石のヒメオオ..
by uke-en at 10:36
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:13
曼珠沙華にクロアゲハin..
by ainomidori443zeph at 20:41
椿の茶屋 様 ヤマトシ..
by himeoo27 at 17:59
ヤマトシジミ、希少性では..
by 椿の茶屋 at 09:51
だんちょう 様 こちら..
by himeoo27 at 16:57
OTTO 様 ヤマ..
by himeoo27 at 16:42
uke-en 様 その..
by himeoo27 at 16:30
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:16
つばさ2号 様 ヤマト..
by himeoo27 at 16:09
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧