ヒメオオの寄り道


タグ:八重山諸島 ( 9 ) タグの人気記事



集団吸水今回も空振り in2016.09~10

a0126632_1531125.jpg

「石垣島」で大集団吸水が観察出来たとのことですが・・・・・・
a0126632_15324135.jpg

「見沼田んぼ」を散策していると頭上高く「アオスジアゲハ」が吸蜜
していたので望遠ズームで狙ってみると舞い上がったところを何とか
撮りこめました。
a0126632_15374342.jpg

アオスジアゲハが舞っていた用水沿いの足元に咲く曼殊沙華にやって来
てくれたのは「キアゲハ」です。105㎜マクロレンズで吸蜜モードを狙
ったので前翅がブレて動きのある画像に仕上がりました。
a0126632_15444058.jpg

八重山諸島では超珍品の「ナガサキアゲハ」ですが、
見沼田んぼではポツポツ観察出来ました。
          in2016.09.25見沼田んぼ
**********************************
a0126632_15525177.jpg

ツシマウラボシシジミ幼虫飼育のお手伝いで訪問した「都心の公園」では
入口付近で「クロアゲハ」が、挨拶に出てきてくれました。
          in2016.10.02東京都心の公園
**********************************
a0126632_15582570.jpg

見沼田んぼの曼殊沙華にやって来てくれなかった「ジャコウアゲハ」ですが、
ナガサキアゲハとは逆に「西表島」の花畑では数多く観察叶いました。
望遠系レンズで撮ると背景がボケて面白いですね!
a0126632_1625434.jpg

「石垣島」の牧草地では「ベニモンアゲハ」が、
a0126632_1672054.jpg

次に「シロオビアゲハ」が舞ってくれました。
a0126632_16153942.jpg

a0126632_16161066.jpg

a0126632_16163323.jpg

八重山諸島では「ミカドアゲハ」の雌の発生ピークのようで、訪花したり
a0126632_16144367.jpg

a0126632_1615548.jpg

産卵にやってきたり、目を楽しませてくれました。
a0126632_16223258.jpg

吸水することが稀なミカドアゲハの雌が増えてきた上に
八重山諸島を訪問していた間の天気は、
10.06 雷雨(全島停電)→曇→豪雨→雨時々曇り(石垣島)
10.07 曇→豪雨時々小雨→曇(西表島)
10.08 曇→豪雨時々小雨→曇(西表島)
10.09 曇→雨時々曇り(石垣島)
と集団吸水をおこないにくい状況で2頭集まってくれただけでもラッキー
でした。
          in2016.10.06~09八重山諸島
by himeoo27 | 2016-10-10 16:39 | アゲハチョウ | Comments(22)


八重山諸島の水色の輝き2種 in2016.05.04~07西表島&石垣島②

「八重山諸島のミカドアゲハとは相性が悪く接写撮影出来ていない」
と思いながら西表島のA林道を歩いていると・・・
a0126632_17545772.jpg

な!nanto「ミカドアゲハ」が私のズボンに止まりました。
良く見ると翅は綺麗ですが、左側の触角の先端が欠けた
個体でした。白緑色の愛知県のミカドアゲハと異なる淡
い水色がとても綺麗でした。
a0126632_1838347.jpg

a0126632_18382394.jpg

西表島のC林道では吸水にミカドアゲハが降りていました。
接写しようと近づくと直ぐ舞い上がるので魚眼レンズで飛翔シーン
に挑戦です。上手く飛び立ちを撮りこめた!と思ったらギリギリ左
翅先端部が欠けてしまいました(涙)。
a0126632_18433823.jpg

a0126632_18435895.jpg

石垣島のA林道では「アオスジアゲハ」の登場です。関東地方でも
良く出逢うチョウですが、亜熱帯地方の林で見ると別種のように感
じます。
a0126632_18472187.jpg
a0126632_18481141.jpg

西表島の林道Cをさらに登ると吸水しているミカドアゲハの近くに
アオスジアゲハが舞い降りてきました。
a0126632_18511054.jpg

吸水しているミカドアゲハに接近する別のミカドアゲハが登場です。
この2種は、性別等どんな関係なのかな?不思議です。
a0126632_18534570.jpg

アオスジアゲハが吸水している直前を悠然と飛び去るミカドアゲハ
も観察出来ました。飛んでいる時の翅の煌めきは、さらに一層綺麗
に感じます。
a0126632_18564781.jpg

吸水しているミカドアゲハの裏翅もウットリするほど素敵です。
a0126632_1931551.jpg

石垣島のB林道でアサヒナキマダラセセリを探していると葉の上で
休んでいるミカドアゲハがいました。
a0126632_18595386.jpg

接写しようと近づくと舞い上がって戻ってきませんでした。

           in2016.05.04~07西表島&石垣島つづく
by himeoo27 | 2016-05-14 19:04 | アゲハチョウ | Comments(26)


「ぐんま昆虫の森」と「野鳥いろいろ」

1月17日~18日
花蝶風月のbuttfflowさんのご提案で、
長野遠征の時、毎年お世話になっているMさん
buttfflowさんの先輩&同僚のKさん、Hさん、Oさん
と「ぐんま昆虫の森」に出かけてきました。
a0126632_17112254.jpg

甲虫好きのヒメオオは、「ぐんま昆虫の森を訪問すると
まずテントウムシの越冬集団の箱を覗いてみます。
1箱目には「ナミテントウ」を中心に大きな「カメノコテントウ」
も混じっていました。
a0126632_17191911.jpg

2箱目は数が少ないもののカメノコテントウが目立ちました。
a0126632_17204726.jpg

根性のない私は、地元で自力で見つける自信が全くないので
テントウムシの越冬集団の次に探すのが「コムラサキ幼虫」
です。ここでは、白色のチョークで近くに印がしてくれている
ので直ぐに2頭セットで見つかりました。
a0126632_17273011.jpg

「ミドリシジミ卵」はゼフ卵の中では比較的容易ですが、今回
5人で探したのでアッという間に見つかりました。
a0126632_17334913.jpg

ぐんま昆虫の森というとやはり大温室でしょう。
雄がヘアペンシルを出しかけた「オオゴマダラ求愛」飛翔も観察
出来ました。
a0126632_17393273.jpg

ぐんま昆虫の森では野鳥も豊富で「カワセミ」君が歓迎してくれ
ました。
           in2016.01.16~17ぐんま昆虫の森

buttfflowさん、Mさん、Kさん、Hさん、Oさん
ぐんま昆虫の森の皆さんお世話になりました。
******************************
a0126632_17423027.jpg

見沼田んぼで新蝶を探していると頭上には「アオサギ」
a0126632_1745413.jpg

川辺には「ユリカモメ」を撮影叶いました。
           in2016.01.10見沼田んぼ
******************************
a0126632_17472880.jpg

この「シロハラ」はフレンドリーで直ぐ近くに出てきました。
           in2016.01.09埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17503926.jpg

埼玉県中部の公園では「ジョウビタキ雌」が入口付近で可愛い
姿を見せてくれます。とってもキュートですね!
           in2015.12.27埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17534311.jpg

a0126632_1754288.jpg

八重山諸島の野鳥というと「カンムリワシ」でしょう。青空背景
に格好良いですね!
a0126632_1756048.jpg

a0126632_17561782.jpg

「ヤエヤマオオコオモリ」の飛翔シーンを狙ってみましたが、今回
は惨敗し、次回のリベンジ誓ったヒメオオです。
           in2015.11.20~23石垣島&西表島⑨つづく
by himeoo27 | 2016-01-23 18:01 | 自然観察全般 | Comments(16)


埼玉と八重山諸島のヨコバイ&カメムシ

a0126632_1249451.jpg

まず埼玉県の北本自然観察公園で出逢ったのは・・・・・・
わかりにくいので蟲の部分だけトリミングすると
a0126632_12521886.jpg

ヨコバイやウンカに近い昆虫の「コミミズク」の幼虫です。扁平で枝に擬態している
ので目を離すと全く判別できませんでした。
                  2014.01.26埼玉県北本自然観察公園
***********************************
a0126632_12591269.jpg

石垣島の山中で2種の虫を見つけました。中央部の小さなヨコバイは白を基調とした
模様がとても綺麗です。「リンゴマダラヨコバイ」?「サツマヨコバイ」?「ミナミマダラ
ヨコバイ」?のいずれかかな?
上部に大きく見えるカメムシ幼虫は、たぶん「クモヘリカメムシ」?と思われます。
a0126632_1312095.jpg

上記2種のすぐ近くには「クモヘリカメムシ」成虫がいました。15mm程度の大きさ
なのにヨコバイと比べて巨大に感じました。
a0126632_13155038.jpg

石垣島北部の疎林が混じる草原で有名なカメムシ集団というと「アカギカメムシ」
です。
a0126632_1318171.jpg

「アカギカメムシ幼虫」も集団を形成します。
a0126632_13222692.jpg

今回は、「アカギカメムシ交尾ペア」も観察できました。上の白っぽいのが雌です。
a0126632_1324261.jpg

「アカナガカメムシ」は、日本では石垣島、西表島のみに生息している朱赤色の
美麗種です。
a0126632_1332975.jpg

アカナガカメムシに近似した「アカホシカメムシ」は、沖縄諸島以南に生息して
います。
a0126632_13342718.jpg

竹富島では「アカホシカメムシ幼虫」も観察できました。その模様が赤黒白の原色
なので小さなプラスチック製の模型のようです。
a0126632_13355629.jpg

成虫ほどではないが、金属光沢に輝く「ミヤコキンカメムシ幼虫」もとても綺麗です。

                 in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島⑪
**********************************
a0126632_13401492.jpg

狭山丘陵の冬尺蛾の御神木には間抜け人面の黄土色のカメムシ幼虫が止まって
いました。名前はサッパリわかりません(涙)。
冬でも色々な蟲が居るもんですね!

                 in2014.01.11②
by himeoo27 | 2014-02-02 13:59 | カメムシ | Comments(14)


オレンジの温もりと海を渡るチョウ in2013.12.28~2014.01.02⑧

a0126632_16383945.jpg
a0126632_16385157.jpg

鮮やかなオレンジ色とシッカリした黒の縁取りを持つ「スジグロカバマダラ」は強烈に
八重山諸島を感じさせるチョウです。個体数もリュウキュウアサギマダラに次いで多
く緑色の背景に生えて良い被写体となります。また、色合いからほのぼのした温もり
を感じます。
a0126632_16424792.jpg

石垣空港で乗ったプロペラ機で低く「西表島上空」を渡ると30分程度で与那国島に
到着します。
a0126632_16445260.jpg
a0126632_164524.jpg

飛行機のように海を渡るチョウとして有名な「アサギマダラ」は、
石垣島、竹富島ではやや傷んだ個体を
与那国島では、羽化直後のような新鮮な個体を
一昨年以上に比較的多く観察できました。
箱根山中で幼虫越冬したり、「夏場薄暗い信州の山中で蛹になったり
、国境越えて海を渡ったり、このチョウの生態は、不思議の塊りですね!

in2013.12.28~2014.0102八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2014-01-22 22:20 | マダラチョウ | Comments(2)


八重山諸島で最小と最大のシロチョウin2013.12.28~2014.01.02⑤

a0126632_1446053.jpg
a0126632_14461981.jpg

気温が低く(16~17℃くらい)、多少雨が降っていても唯一八重山諸島で元気な
蝶は、シロチョウの仲間では最小の「クロテンシロチョウ」のみでした。
天気が良いヒメシロチョウのように飛び回っていて中々撮らせてくれません。今回
は、逆に天気が悪いかったので比較的止まりやすく色々撮影できました。
a0126632_1449780.jpg
a0126632_14492113.jpg

名前の由来となった表翅の黒い点を写そうと「パスト連写」で再三再四チャレンジ
しましたが、あまりに暗すぎてシャッター速度が稼げず惨敗に終わりました。
やむなくニコンのデジイチのiso感度を上げて自動&手動モードでピントを合わせ
ながら数コマ撮影してみました。証拠写真程度ですが、何とかそれらしく写せたかな?
a0126632_15191567.jpg

クロテンシロチョウの飛翔シーンを撮影していると頭上高くオレンジ色が鮮やかな大き
なチョウが舞っていました。八重山諸島では最大のシロチョウ「ツマベニチョウ」です!
傷んだ個体ですが、とても輝いて見えました。
a0126632_1527657.jpg
a0126632_15271853.jpg

久しぶりに天気が良くなるとお腹が空いていたのか、クロテンシロチョウが大人しく吸蜜
してくれました。

                   in2013.1228~2014.01.02つづく
by himeoo27 | 2014-01-13 15:34 | シロチョウ | Comments(14)


花や岩に擬態する蟲 in2013.05.04~07八重山諸島⑨

a0126632_95174.jpg

先日横浜で撮ったカバマダラに近似する「スジグロカバマダラ」の写真を
石垣島で撮影していると
a0126632_983797.jpg

酷くくすんだ翅のスジグロカバマダラが花の上に止まっていました。
a0126632_910359.jpg

おかしいな??と撮影して拡大すると白い花びらに擬態した「オキナワアヅチグモ」
が、スジグロカバマダラを捕食しているところでした・・・・・・。

西表島に渡り熱帯雨林の中「タイワンキマダラ」やタイワンヤツボシハンミョウ
を探していると
a0126632_9123622.jpg

瑠璃色に輝く大人しい「ルリゴキブリ」が森の中で見つかりました。好みもあります
が蛾とは別の意味で妖しい魅力があります。
更に渓流沿いに密林を歩くと
a0126632_9234154.jpg

岩の上に何か動くものが!
a0126632_9242596.jpg

拡大して良く見ると岩に擬態した「ヒシバッタの仲間?」が見つかりました。
それにしても良く岩に似せているものです。

               in2013.05.04~07八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2013-11-10 09:28 | 他の小動物 | Comments(20)


白三筋?&黄三筋 in2013.05.04~07③

a0126632_2123468.jpg

「そろそろ飛行場に向かわないと乗り遅れるので車をもってきます。」と
入野さんが言われたのでカメラを片付けているとヤエヤマイチモンジ♀?
と思われるオーラの有るチョウが目の前で吸蜜????をはじめました。
ヤエヤマイチモンジはこれまで花で吸蜜するのを観察したことがなかった
のでビックリしたわけです。
a0126632_2172621.jpg

近づいて良く見ると翅の縁の模様が少し違います。飛行機に何とか間に
合って搭乗して図鑑を調べると石垣島では記録の少ない「シロミスジ」?
でした。シロミスジは初見だったのでもう少しジックリ撮影したかったのです
が・・・・・・・次回以降の楽しみかな!
愛野緑さん、鍵コメさんのご指摘によると後翅の模様より「ヤエヤマイチモンジ」
♀ではとのことです。愛野緑さん、鍵コメさん有難うございます。
a0126632_2117260.jpg

その前日、西表島のリュウキュウウラボシシジミで有名な林道で出逢った
のが「ヤエヤマイチモンジ♀」です。中央部の白い帯がシロミスジより細い
こと、翅の縁取りに白い「へ」の2重の列が無いことより違う種であることが
わかります。
a0126632_2116620.jpg

「ヤエヤマイチモンジ♂」は今回の遠征ではあまり遭遇出来ず、アサヒナキ
マダラセセリの朝のポイントでやっと裏面が撮れただけでした。

a0126632_2124477.jpg

「キミスジ」は数は少ないものの石垣島ではヤエヤマオオコウモリの居た
林縁部でテリ張りしている♂が数頭、♀1頭を観察することができました。
a0126632_21282613.jpg
a0126632_21283588.jpg

西表島ではシロオビヒカゲを探しに疎林に入ると想定外の「キミスジ♂」
a0126632_21293598.jpg
a0126632_21294799.jpg

「キミスジ♀」が出てきてくれました。
少なくとも関東平野では味わえぬ色合いに感激しました。

         in2013.05.04~07八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2013-05-21 21:55 | タテハチョウ | Comments(20)


渋い和装の蝶 と 蝉&カメムシ in石垣島・西表島20110429~0504⑤

八重山諸島に生息する渋い和装の蝶の代表は
a0126632_2051989.jpg

「西表島」でやっと出会えた「シロオビヒカゲ♀」さんでしょう!淑やかそうに見えますが、驚いたら凄い勢いで舞いあがって再度出会うことはありませんでした。
a0126632_2074028.jpg

「マサキウラナミジャノメ」の林縁部で最も良く見かける蝶でした。また、4月29日に「石垣島」について最初に出会った蝶の1種です。その美しい白い模様に、魅せられました。
a0126632_2011438.jpg

「リュウキュウヒメジャノメ」は、マサキウラナミジャノメと並んで八重山諸島ではごく普通に観察出来、容易に撮影可能な蝶の1種です。ただこの子の存在感も凄いものがありました。

ちょっと蝶を離れて、蝉&カメムシの仲間より
a0126632_2015253.jpg

セミというと、「西表島」で写した「イワサキクサゼミ」のこの写真は、ヒメオオのお気に入りの1コマです。
a0126632_20172917.jpg

この時期イワサキクサゼミは石垣島でも多数観察出来ました。名前の通り目線より下の「草」の上に止まって大きな声で合唱するので容易に見つけることが出来ます。さらに警戒心が殆ど無く、接写も簡単でした。このシーンは腹を膨らませて鳴いている様子ですが?ちょっと判りにくいかな?
a0126632_20213192.jpg

「ナナホシキンカメムシ」は多摩動物公園の大温室の入り口付近でも飼育展示していますが、野外フィールドで見たそれは生き生きしていてとても輝いて見えました。
a0126632_20231868.jpg

サシガメの仲間でしょうか?ちょっと怖そうな雰囲気でした。

梅雨に入って気温、湿気も高かった為か、カタツムリの仲間にも会うことが出来ました。
a0126632_20255150.jpg

まず「石垣島」代表
a0126632_20284775.jpg

次に「西表島」代表も掲載します。「西表島フィールド図鑑」によると西表島、石垣島、
波照間島にのみ生息する「クロイワオオケマイマイ」のようです。
(各代表は、珍しいという意味でなく、私がその島で撮影しただけのカタツムリです。)

                 in石垣島・西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-05-18 20:33 | ジャノメチョウ | Comments(28)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
武ちゃん 様 ウラナミ..
by himeoo27 at 20:12
だんちょう 様 私は街..
by himeoo27 at 20:05
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 19:53
fanseab 様 我..
by himeoo27 at 19:40
椿の茶屋 様 今年は..
by himeoo27 at 19:15
yurinBD 様 ヤ..
by himeoo27 at 19:06
ダンダラ 様 「ウラ..
by himeoo27 at 18:48
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 17:09
uke-en 様 「我..
by himeoo27 at 16:55
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:34
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧