ヒメオオの寄り道


タグ:ルリタテハ ( 5 ) タグの人気記事



タテハチョウ色とりどり:東京→長野→埼玉→八重山諸島 in2017.03~05

ツシマウラボシ飼育のお手伝いで都心の公園に出かけてみると
a0126632_12124053.gif
青空高くオレンジ色のやや大きなチョウが舞い上がっていきました。
a0126632_12161133.gif
止まったのでコンデジで接写すると左下翅に欠損があるのが残念ですが、
初々しい「ツマグロヒョウモン」雄個体でした。
a0126632_12191185.gif
ツマグロヒョウモン雄と同じ場所で飛んでいる大きな白いチョウは
「アカボシゴマダラ白化型」です。
a0126632_12210592.gif
ツシマウラボシ飼育場所の近くでも産卵するために飛び回っている個体
が観察出来ました。
            in2017.05.20東京都心①
a0126632_12235013.gif
ヒメギフチョウを観察した近くではシャープなオレンジ色の翅を持つ
「シータテハ」が舞い降りてくれました。越冬明けとは思えない比較的
綺麗な個体でした。
            in2017.04.14東信③
a0126632_12280802.jpg
埼玉県中北部の公園で、コツバメや、ミヤマセセリを写していると登場して
くれたのは瑠璃色が鮮やかな「ルリタテハ」です。この個体は明確にスバル
斑といわれる瑠璃色の模様が前翅中部に見られます。
            in2017.04.02埼玉県中北部の公園④
a0126632_12382280.jpg
瑠璃色の補色の赤色が鮮やかな「アカタテハ」を石垣島の山中で見かけ
ました。このチョウは北アルプスの標高2500m程度の場所にも生息して
いいるので八重山諸島で出逢うと何故かドッキリしてしまうヒメオオです。
a0126632_12434092.jpg
如何にも南国っぽい装いの「タテハモドキ」です。
この個体は、低温期型のようで裏翅に殆ど模様がありません。
a0126632_12492239.jpg
「リュウキュウムラサキ」は樹上高くテリ張りするので鮮やかな表翅を
今回は撮りこむことが叶いませんでした。
a0126632_12514272.jpg
a0126632_12520341.jpg
「ヤエヤマイチモンジ」は、性差が大きく
上の雄は名前のとおり表翅が黒地に白い大きく太い「一」の文字
下の雌は、コミスジのように黒地に白い3本線の模様
の翅を持っています。
今回は何れも俊敏な個体しか見つけられず接写は叶いませんでした。
a0126632_12571167.jpg
「西表島の月の精」と勝手によんでいる「タイワンキマダラ」は産卵中と
思われる個体を見つけました。撮影後、彼女の産んだ卵を探してみました
が、残念ながら見つけられませんでした(涙)。
a0126632_13011783.jpg
関東地方でも時々見かけるクロコノマチョウを八重山諸島で観察したことは
ありませんが近似種の「ウスイロコノマ」はポツポツ見かけます。
この個体は眼状紋が目立たないので低温期型と思われます。
a0126632_13055569.jpg
「シロオビヒカゲ」は大きく性格もおっとりしているように見えますが
結構鋭敏で、名前の通り暗がりにいるので飛翔シーン撮影は困難です。
a0126632_13091433.jpg
石垣島でも、西表島でも元気に飛び回っていたのは「イシガケチョウ」
です。道路地図のような翅の模様が面白いですね!
a0126632_13120320.jpg
八重山諸島でタテハチョウのエースというと「コノハチョウ」でしょう!
但し、今回も発生初期でなかったようで後翅が少し痛んでいました。
とは言うものの金属光沢の青、鮮やかなオレンジは、ゴージャスです。
          in2017.03.16~19石垣島&西表島⑦










by himeoo27 | 2017-05-21 13:18 | タテハチョウ | Comments(18)


春のチョウ五目撮り in2015.04.12埼玉県中北部の公園

a0126632_1857738.jpg

2週間ぶりに晴天の休日なので、「ツマキチョウ」撮影を
主目的に埼玉県中北部の公園に出かけてきました。
a0126632_18575690.jpg

ツマキチョウは雌雄ともに発生していましたが、撮影モード
が先々週のギフチョウのままの為に大苦戦となりました。
a0126632_192152.jpg

ツマキチョウ雌雄あわせて400コマ以上撮影しましたが、な
んとか写っていたのはこの3コマだけでした。
a0126632_195872.jpg

a0126632_195178.jpg

成虫越冬の「キタキチョウ」が一番元気で、求愛中のペアも
見られました。
a0126632_1971552.jpg

モンキチョウ、モンシロチョウに次いで「スジグロシロチョウ」
の姿も見かけましたが、証拠写真しか写せませんでした。
a0126632_1995958.jpg

「ミヤマセセリ」渋めの衣装ですが、これはこれで素敵ですね!
a0126632_19134748.jpg

シジミチョウの仲間は、「ベニシジミ」
a0126632_19143087.jpg

「ムラサキシジミ」、ヤマトシジミ、コツバメ、トラフシジミ
等々が続々登場してくれました。
a0126632_191879.jpg

さて、この3個の卵を産卵したのは?
a0126632_19191433.jpg

「ルリタテハ」嬢でした。

見沼区のIさん他、皆さん方のおかげで蝶撮を楽しんだヒメオオ
です。

      in2015.04.12埼玉県中北部の公園終わり
by himeoo27 | 2015-04-12 19:25 | チョウ全般 | Comments(30)


日向ぼっこする蝶の幼虫ほか in2012.03.25&04.01

a0126632_20123258.jpg

「ダンダラ」さんご夫妻とコツバメの写真を撮っていると春日部のSさんがやってきてねこきちさんが「ウスバシロチョウ」の幼虫を見つけてくれたと教えてくれたので現地に急いで行くと
a0126632_20131693.jpg

ねこきちさんの指し示した食草の横の枯れ葉の上を見ると春の麗らかな日差しの中「日向ぼっこ」する小さな黒い幼虫が居ました。
「そう言えばchosanpoさんがこの幼虫先週から探していた」とダンダラさんの奥さんにチラッと言うと「そりゃ大変」とchosanpoさんを探しに行ってくれました。
a0126632_2019910.jpg

この間にダンダラさんが、「ねこきち」さんにこれ食痕では?と尋ねると・・・・・たちどころに、「ねこきち」さんが3頭の日向ぼっこ集団を見つけてくれました。この子たちは結構大きい個体でした。
そうこうするとダンダラさんの奥さんがchosanpoさんを案内してきて、
さらに春日部のSさんmaximiechanさん、yodaさんも集まり大撮影会となりました。
a0126632_20234347.jpg

この蝶の幼虫の2列のクリームとオレンジの側線がとっても綺麗でした。(以上4月1日)
a0126632_20331858.jpg

越冬蝶たちとも素敵な出会いがありました。「キタテハ」は一番この時期良く出会えるチョウで、あちらこちらの陽だまりで日光浴する姿で私たちの目を楽しませてくれます。(3月25日)
a0126632_20343760.jpg

chosanpoさんと見つけた「ルリタテハ」は越冬明けとは思えぬ綺麗な瑠璃色を煌めかせてくれました。(4月1日)
a0126632_20383774.jpg
a0126632_20384575.jpg

4月1日朝、コツバメのポイントでヘムレンさんbanyanさん、maximiechanさん、yodaさんとコツバメを待っているとこの「雀蛾」の仲間と思われる蛾が先に飛来しました。この擬態の素晴らしさに完全に騙された私は、banyanさんに指摘されるまでさっぱり分かりませんでした。
↓yodaさんのご指摘により、hpを検索したところ「ホシヒメホウジャク」という名前のようです。
yodaさん有難うございました。

              in2012.03.25&04.01終わり
by himeoo27 | 2012-04-03 20:59 | チョウ全般 | Comments(23)


イワサキタテハモドキ年末も健在 in2011.12.29~12.1.1①

昨年末から昨日まで八重山諸島に出かけておりました。
本日は、タテハチョウの仲間から紹介いたします。
a0126632_2031744.jpg
a0126632_2032788.jpg

29日石垣空港から直接蝶館カビラの入野さんの案内でポイントを探すと
少し傷んでいるものの「イワサキタテハモドキ」が飛び出してきてくれました。
もう流石に年末なので会えないのでは?!と思っていただけに嬉しい最初の誤算となりました。
大きさは近くの温室で会える「カバタテハ」くらいの大きさで、思ったより小さく、動きも素早いのでこれ以上の接近や裏面の撮影は叶いませんでした。
a0126632_20101819.jpg

29、30日共に「石垣島」でも時々「ルリタテハ」に遭遇しましたが、イワサキタテハモドキに会えた後はずっと天気が悪く、この蝶を撮影出来たのは31日に「西表島」でリュウキュウウラボシシジミを探している時が最初でした。但し、31日も雨時々曇りというあまり良い状態ではありませんが!
a0126632_20164121.jpg

2012年の元旦は船で「竹富島」に渡ると、天気予報がやっと外れて時々日差しの射すまずまずの天気となりました。久しぶりの太陽のもと日向ぼっこに翅を広げてくれました。
a0126632_20214488.jpg

雨宿りでお腹が空いていたのかゆっくり吸蜜する個体もいました。
a0126632_20225693.jpg

「リュウキュウミスジ」は天気が悪くともどの島でも飛び回っていましたが、お日様が好きなようでこの子も竹富島ではのんびりモードでした。
a0126632_20245284.jpg

気温が上がり水溜りも小さくなると、会いたかった「タテハモドキ」も登場してくれました。しかし、この子は、かなりせっかちで、この1コマだけしかシャッターを押させてくれませんでした。
a0126632_20271933.jpg
a0126632_20272951.jpg

最後に竹富島で出会ったタテハチョウの仲間は「アオタテハモドキ」です。チョウの温室でも時々出会いますが、やはりフィールドで出会うと嬉しさ格別ですね!

          in2011.12.29~12.1.1八重山諸島続く
by himeoo27 | 2012-01-02 20:35 | タテハチョウ | Comments(24)


瑠璃色の輝き2種(スギタニルリシジミ、ルリタテハ) in神奈川県20110403②

ギフチョウの舞いあがってくる最初の山頂のポイントを降りる途中、別のピークに寄ってみると
a0126632_20193119.jpg

今年初見の「ルリタテハ」がテリハリをしていました。頭が少し瑠璃色に輝くのがチョウの名前を表しているようです。翅表を見たいと思っていると
a0126632_20233322.jpg

全開とはいきませんが「チラリ」と瑠璃色を見せてくれました。

山麓に降りると小さな渓流の中州に
a0126632_2026492.jpg

a0126632_20265037.jpg

これも今年初見の「スギタニルリシジミ」が2頭舞い降りてきてくれました。
どちらも大人しく吸水していたので、
a0126632_20285360.jpg

マクロレンズで接写しました。
名前の通りの翅表の瑠璃色の輝きは見れませんでしたが、いぶし銀のような裏面はとても素敵でした。

           in神奈川県20110403続く
by himeoo27 | 2011-04-03 20:37 | シジミチョウ | Comments(28)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧