ヒメオオの寄り道


タグ:ヤエヤマムラサキ ( 4 ) タグの人気記事



石垣島のモルフォチョウ?(ヤエヤマムラサキ雌ほか)

a0126632_10523583.gif
中南米に生息しているという「モルフォチョウ」に似て翅先を蒼く
金属光沢に煌めかせるこの蝶は
a0126632_10552205.gif
蒼く輝く「ツマムラサキマダラ」雄はそれほど鮮やかに煌めきません。
ゆえに異なります。
a0126632_10585141.gif
太陽を浴びて舞う「ツマムラサキマダラ」雌は、雄以上に渋めです。
a0126632_11004041.gif
怪異な「ツマムラサキマダラ」の終齢幼虫と思われる個体も見つかりました。
a0126632_11035394.gif
シロウラナミシジミと同じように今回石垣島のあちらこちらで観察出来たのは
「イワサキタテハモドキ」です。
逆に増えすぎて今後の絶滅するのでは?と心配です。
a0126632_11080092.gif
「アオタテハモドキ」雌は、小さく愛らしいお洒落なチョウです。
a0126632_11094782.gif
薄暗い林の中から飛び出してきたのは「コノハチョウ」雌です。
翅の先が黒とオレンジなのでモルフォチョウと色合いが異なります。
a0126632_11113761.gif
八重山諸島の「スミナガシ」は、本州で観察出来る個体より大きく
立派ですが、煌めく蒼ではありません。
a0126632_11135096.gif
a0126632_11141175.gif
「ヤエヤマイチモンジ」雄は、裏翅の素敵な模様も、表翅の強烈な白い帯も
素敵でした。白い帯に含まれる水色が美しいチョウです。
a0126632_11162370.gif
a0126632_11164707.gif
「ヤエヤマイチモンジ」雌は雄と模様が全く異なりミスジチョウの
ような感じです。裏翅の模様が大好きな蝶です。
a0126632_11183105.gif
a0126632_11185647.gif
「リュウキュウムラサキ」雄の表翅には蒼白く輝く大きな白点が
ありますがモルフォチョウとは言い難いです。
a0126632_11211169.gif
a0126632_11212865.gif
形状がお洒落な「ヤエヤマムラサキ」雄は、林縁部で数多く見つかりました。
でも表翅は茶色の落ち着いた色合いです。
a0126632_11243204.gif
林の中を探し回ると翅表を蒼く輝かせるチョウ発見「ヤエヤマムラサキ雌」①
です。飛んでいないと蒼が殆ど目立ちません(涙)。
a0126632_11254708.gif
更に探すと傷んだ個体ですが魚眼レンズで何とか端っこに輝きを
持つヤエヤマムラサキ雌②を撮りこみ
a0126632_11265344.gif
最後に何とか望遠ズームでヤエヤマムラサキ雌③の飛び立ちを撮りこむ
ことが叶いました。
肉眼では飛んでいるヤエヤマムラサキ雌は、モルフォチョウのように煌
めいて見えるので次回は上手く撮りこみたいものです。

           in2017.07.06~08石垣島つづく





by himeoo27 | 2017-07-18 20:47 | タテハチョウ | Comments(14)


埼玉県の黒いキタテハと八重山諸島の紫のタテハ in2016.09~10

a0126632_1935287.jpg

1か月近く経ったので「時効」ということで
a0126632_19371414.jpg

黒いキタテハに出逢う前に登場してくれたのは
「メスグロヒョウモン雌」です。飛び立ちを写すと、
左下端付近の上翅の黒いハムシも一緒に飛び立ってくれました。
a0126632_19423584.jpg

次に登場したのは「ミドリヒョウモン」です。
アザミの花に飛来してきました。
a0126632_19442870.jpg

草原に出ると左下隅のキタテハ通常個体と比べると後翅の黒い
キタテハがやや右やや下に観察出来ました。
a0126632_19482655.jpg

a0126632_19484392.jpg

普通の「キタテハ」は、表翅の黄色~橙色が広く鮮やかですが
a0126632_19542452.jpg

a0126632_19544492.jpg

「キタテハ黒化型」と名付けたこの個体は後翅の表が殆ど黒色
です。ここまで黒いキタテハは初めて観察しました。
      in2016.09.17埼玉県中北部の公園にて
******************************
a0126632_19584159.jpg

a0126632_19593022.jpg

a0126632_19595647.jpg

本日、埼玉県中部の公園で「キタテハ黒化型」を探してみましたが
残念ながら見つけることは叶いませんでした。
a0126632_202312.jpg

黄色系のタテハは「ツマグロヒョウモン」も観察出来ました。
      in2016.10.15埼玉県中部の公園にて
******************************
a0126632_2055751.jpg

a0126632_2062570.jpg

a0126632_2064983.jpg

話が前後しますが、黄色~橙色の補色の「紫」という名前のつく
八重山諸島の蝶から2種の紹介です。
まずは表翅の青色と白が鮮やかな「リュウキュウムラサキ」です。
雌は地域差が大きいので、色々観察したいものです。
a0126632_20103878.jpg

a0126632_20105817.jpg

a0126632_20111964.jpg

最後紹介するチョウは、ズバリ「(ヤエヤマ)ムラサキ」です。
雄の表翅は赤紫色に渋く輝きます。
      in2016.10.06~09石垣島&西表島②つづく
by himeoo27 | 2016-10-15 20:15 | タテハチョウ | Comments(24)


ウラギンシジミの本 & リュウキュウムラサキ 

2月に入ってから風邪をひき、野外フィールドに出れません。
a0126632_953141.jpg

やむなく近くの図書館で借りてきた「葉の裏で冬を生きぬくチョウ」↑を暖かい部屋で読んでおります。
この本は、3人の子供を持った神奈川県の主婦が10年間かけて調べた「ウラギンシジミ」の観察記録をもとに書かれています。研究者の行ったものではありませんが、地道な越冬状態の観察や、蛹の成熟経過など写真、スケッチをもとに克明に行っていてとても興味深い内容でした。

画像データを整理して、まず温室ネタから
a0126632_9155883.jpg
a0126632_916750.jpg

「リュウキュウムラサキ?」かな足立区生物園の温室の中でテリ張りしていました。傷みある個体ですが、とても輝いて見えました。
a0126632_9183965.jpg

望遠レンズで撮影したので「卵」が良く分かりませんが、動作的に産卵していると思われます。樹上高く近づけない場所だったので、コンデジによる卵撮影は諦めました。
a0126632_9201254.jpg

温室の中にはこのような吸蜜ポイントが数か所設置されているので、その状況を容易に接写出来ました。
野外でもこのような撮影出来たら嬉しいのですが!

次に、昨年の大晦日、八重山遠征時より
a0126632_926369.jpg

西表島で「ヤエヤマムラサキ」を観察することが出来ました。樹上6~7m付近に居たのでこのような証拠写真しか撮影出来ず残念無念です。次回はぜひ接写したいです。
by himeoo27 | 2012-02-05 09:32 | タテハチョウ | Comments(20)


ツマムラサキマダラ(多摩動物公園③)

多摩動物公園09.02.21、09.11.28

11月28日に多摩動物公園の昆虫園で見かけたチョウの中で一番ヒメオオが
綺麗だと感じたのは
09.11.28♂
a0126632_847413.jpg

この「ツマムラサキマダラ」です。良く似たタテハチョウ科のヤエヤマムラサキも
この昆虫園で飼育しているので正直どちらか判別する自信はありませんが図鑑を
見比べてたぶんこの子は、ツマムラサキマダラと思います。
09.02.21
a0126632_8534696.jpg

ツマムラサキマダラは、1970年代八重山諸島から北上を始めたそうで1990
年代に入ると沖縄本島、九州・四国の南端にも見られるようになったそうです。
蛹は、図鑑によると先日掲載した同じマダラチョウ科のオオゴマダラと同じ形状ら
しい。色は金色でなく瑠璃色に妖しく輝くそうで蛹もぜひ見てみたいです。
09.02.21♀
a0126632_932437.jpg

♀の後翅には♂と比較すると少し強い白い筋が入っています。
09.11.28♀
a0126632_95574.jpg

この蝶はあまり翅を開かず動きも速いので、のんびり近づいて撮影する私には
苦手な種です。でもこの♀の個体はホンノ少しの時間、翅を開いてくれました。
09.11.28♂
a0126632_9103966.jpg

翅を閉じて吸蜜する時は、この種にしては落ち着いています。でもチャ-ムポイント
の表翅の紫の輝きは全く写りません!う~ん・・・・・・
09.11.28♀
a0126632_91694.jpg

こう並べていくと♀の方が、愛嬌が良いようで綺麗な表翅を見せる頻度は多そう
ですね。でもアゲハチョウのように常に翅をパタパタさせて吸蜜するのでピント
とブレのせめぎ合いのような写真しか撮れませんでした。
09.11.28♂
a0126632_9221998.jpg

♂も翅を開閉しながら吸蜜しているところを撮影してみました。翅はブレブレです
がこの蝶の写真としてはこれがお気に入りです。

  「ツマムラサキマダラ(多摩動物公園③)終わり」
by himeoo27 | 2009-12-12 08:53 | マダラチョウ | Comments(4)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧