ヒメオオの寄り道


タグ:ヒメジャノメ ( 8 ) タグの人気記事



埼玉県内でダイミョウセセリ関西型?他 in2016.05.28②

5/28埼玉県内のゼフィルスの森で一番驚いたのは
a0126632_12574141.jpg

a0126632_12575825.jpg

         in2016.05.28埼玉県さいたま市
この「ダイミョウセセリ」です。後翅の白紋がある関西型のように
感じます。
5/15裏高尾で撮影した
a0126632_133134.jpg

a0126632_1331768.jpg

         in2016.05.15東京都郊外
典型的な関東型と比べてみてください。
a0126632_136145.jpg

関西型?ダイミョウセセリや、ミズイロオナガシジミが観察出来た
草地には捕食者の「ニホンカナヘビ?」が待ち構えていました。
a0126632_1384283.jpg

a0126632_13927.jpg

カナヘビの仲間が待ち構えているのを知らず「モンシロチョウ」
がノンビリ飛び回っています。
a0126632_131439100.jpg

地味な裏翅のこのチョウは
a0126632_1315225.jpg

表翅の緋色が鮮やかな「ヒオドシチョウ」でした。
a0126632_13162960.jpg

ミドリシジミが登場してくれた林の中で「ヒメジャノメ」の雄?
(右側)が翅を少し開いて、雌?(左側)に言い寄っています。
a0126632_13213931.jpg

a0126632_13215535.jpg

観察していると2頭同時に舞い上がって、追尾飛翔となりました。
暫く観察しましたが交尾には至りませんでした。

         in2016.05.28埼玉県さいたま市内おわり
by himeoo27 | 2016-05-30 21:28 | チョウ全般 | Comments(17)


アカタテハとクロコノマチョウ(埼玉~神奈川~埼玉) 

chosanpoさんが撮影しているのでそっと近づくと
a0126632_19442352.jpg

背景も含めた配色を考えたように「アカタテハ」が止まっていました。翅が傷んでいるのが残念ですが、大好きな光景でした。
a0126632_19534171.jpg
a0126632_19535189.jpg
a0126632_1954120.jpg

上の写真は、アカタテハというと「クマソ」撮影に神奈川県に行った折ごま」さんに案内頂いたポイントで写した3枚です。
一番上が「蛹」です。
次が幼虫~蛹が潜む「アカタテハの巣」の全体像です。葉を綺麗に併せて綺麗な家を構築しています。
3番目「前蛹」です。蛹や、前蛹は破壊された巣を自ら修復することが出来ないので、撮影の後葉を重ねて修理しました。
a0126632_20543147.jpg

アカタテハが止まった近くをchosanpoさんと探すと「幼虫」を見つけることが出来ました。
アカタテハの「卵」はこちらをご覧ください。

a0126632_20592745.jpg

キタテハが沢山舞う草原には、まだ「ヒメジャノメ」が生き残っていました。逆光に輝く縁毛が白く輝いていました。

a0126632_21272.jpg

丘の上の「クロコノマチョウ」の新楽園には、まだ幼虫を見つけることが出来ました。
a0126632_2132599.jpg
a0126632_2133454.jpg

chosanpoさんが「羽化直後の個体が居ましたよ!」と教えてくれたので大好きな顔接写にチャレンジです。
大きな目が複雑な色合いをしていました。
a0126632_217529.jpg
a0126632_218422.jpg

私はこの黒っぽい子しか気づきませんでしたが、
a0126632_2194298.jpg

薄茶色の個体をchosanpoさんが見つけてくれました。
クロコノマチョウはその翅裏の模様に個体差が有って面白いですね!その比較はこちらをご覧ください。

埼玉県中部の何時もの公園では「chosanpo」さん、神奈川県のポイントでは「ごま」さんにお世話になりました。皆さんどうも有難うございました。

           2011.10.29神奈川県南部&11.12埼玉県中部の公園 おわり
by himeoo27 | 2011-11-13 21:19 | タテハチョウ | Comments(28)


ツマグロキチョウのお見合い&オオヒカゲの弱令幼虫 in20111002①

自然散策雑記帳の「ねこきち」さんが各種「幼虫」を見つけてくれたので、栃木県のポイントに集まりませんか?
蝶鳥ウオッチングのyodaさんからお誘いがあり、出かけてみました。
宇都宮駅で「ねこきち」さんに車で拾って貰い。
最初のポイントでまず蝶散歩のchosanpoさんに出会い。
シルビアシジミのポイントでは地元の「oo」さんが迎えてくれました。
暫くするとyodaさん、「蝶の玉手箱のcactussさんも来て賑やかな探蝶会となりました。
a0126632_203921.jpg

「ツマグロキチョウ」のペアと思われる2頭が、お見合いしていました。スワ「交尾成立」か!と期待しましたが残念ながら不成立に終わりました。
a0126632_2045316.jpg

蛹がみたいな!と探してみました。抜け殻は何頭分か見つけられましたが、中々見つけられず諦めかけていると「oo」さんが見つけてくれました。
a0126632_2047237.jpg

ツマグロキチョウの幼虫を探してみましたが、食草が枯れ始めていて皆で探しても全く見つけられませんでした。この写真はシルビアのポイントで「ねこきち」さんが見つけてくれた「キタキチョウ」の幼虫です。来年はツマグロキチョウの幼虫をぜひ探してみたいです。
a0126632_20524824.jpg
a0126632_20525660.jpg

ツマグロキチョウのポイントで、cactussさんが何か熱心に撮影していたので近づいてカメラの先を見ると綺麗な「カメムシ」の幼生が止まっていました。

a0126632_2057155.jpg

オオヒカゲのポイントに場所を変えると「ねこきち」さんが直ぐに「ヒメジャノメ」の幼虫を見つけてくれました。小さく良く動くので可愛い猫顔を上手く撮影出来ませんでした。

湿地に足を取られながら「ねこきち」さんの指導で
a0126632_210990.jpg

「オオヒカゲ」の「卵とその抜け殻」&「弱令幼虫」
a0126632_2101821.jpg

「孵化間近な卵」と「弱令幼虫」
a0126632_2102798.jpg

「弱令幼虫」の集団を撮影することが出来ました。

                         in20111002続く
by himeoo27 | 2011-10-02 21:09 | ジャノメチョウ | Comments(26)


世界最小トンボ「ハッチョウトンボ」他 in栃木県20110618②

ゼフィルスの森を後にして「OO」さんの案内で世界最小トンボを見にトンボの沼に行ってみました。
a0126632_2132846.jpg
a0126632_2135099.jpg

「ハッチョウトンボ」という全体が「10円玉」位の大きさ、長さ2cmのとっても小さなトンボです。赤い方が♂で黄色と茶の斑が♀ですが、まだ未成熟の個体が多く性差を明確に区別出来る写真を撮れませんでした。次回は成熟個体をきちんと写し込みたいものです。
鍵コメさんのご指摘の通り上記2画像は♂のみ掲載しております。♀についてはこの次の機会に成熟した個体を載せるようにいたします。
a0126632_2185295.jpg
a0126632_219965.jpg

こちらも小さい「モートンイトトンボ」です。一見するとハッチョウトンボより小さく見えますが、体長は少しこちらの方が長く2~3cm位です。
a0126632_21153135.jpg

「キイトトンボ」も名前の通りイトトンボの仲間ですが、長さ4cm前後で上の2種と比べるとかなり大きなイトトンボでした。彼らはかなり凶暴でモートンイトトンボを捕食するとのことで観察してみましたが、トンボ同士の捕食は見られませんでした。
a0126632_2119979.jpg
a0126632_21191764.jpg

「ハラビロトンボ」も長さ4cm位ですが、ハッチョウトンボやイトトンボの仲間と比較するとかなり大きく感じました。下の個体は丁度羽化直後のようで「ヤゴ」の抜け殻が見れます。上の青が♂で下の黄が♀のようです。
a0126632_21244538.jpg

蝶や蜻蛉以外では、犬の子供のような「蛾」が居ました。この子の種名は良く判りません?毛深いモコモコした感じが妙に可愛かったです。 ponta_xx によると「アカイラガ」という名の蛾だそうです。 ponta_xx さんご指導ありがとうございました。
a0126632_21255081.jpg

パンダのようなゾウムシ多分「オジロアシナガゾウムシ」の交尾ペアに別の♂がチョッカイ出して面白い絵になりました。
a0126632_21292178.jpg

蝶の写真が無いと寂しいので最後は「ヒメジャノメ」です。普通の蝶ですがこの日撮った写真の中で一番のお気に入りです。

                in栃木県20110618終わり

今回、ご案内いただいた地元の「OO」さん、同行したyodaさん、ねこきちさん、Nさんお世話になりました。またよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2011-06-19 21:34 | トンボ | Comments(22)


まだ居ました!(オオヒカゲ他) in栃木県100911②

「オオヒカゲ」は今まで出会ったことが無かったので「一度見てみたいな~!」と「蝶鳥ウオッチング」のyodaさんに言うと「まだ居るので行ってみよう」と、第一ポイントを後にして栃木県第5ポイントに出かけてみました。ポイントについて発生場所付近を、少し探すと
a0126632_1813177.jpg
居ました!流石に羽化直後という訳にはいきませんが、かなり傷んでいると言うほどは、酷くはありません
a0126632_18145273.jpg
さらに探すとポツポツ見つかります。

そのうちに、黒っぽいタテハチョウの仲間がやってきて、暗い林の中の小高い樹上に止まりました。
a0126632_18161439.jpg
ストロボを焚いて撮影すると大型の新種のように写りました。どうも「メスグロヒョウモン」の♀のようです。

少し痛んでいるもののまだまだオオヒカゲの成虫が舞っているので卵や蛹をyodaさんと一緒に探してみましたが、
a0126632_18202862.jpg
「ハムシ」やイトトンボは見つかるものの結局見つけることは出来ませんでした。

この栃木県第5ポイントには、ジャノメチョウの仲間は小さい順に
a0126632_18222053.jpg
「ヒメジャノメ」
a0126632_18225762.jpg
「ヒカゲチョウ」も居ました。高原や郊外で良く見かけるクロヒカゲはこのポイントには見当たりません。

駐車場に戻るために水辺の発生場所から離れて、緩やかな傾斜部の雑木林に入ると
a0126632_18264736.jpg
オオヒカゲにしてはとてもフレンドリーな個体がいたので大好きな接写!
a0126632_1829765.jpg
さらにシャッターを押すと翅を少し羽ばたいたので面白い写真になりました。
a0126632_18301516.jpg
これはイケると周りの風景を取り込んだ広角接写も行いました。
初めて「オオヒカゲ」に出会えてとても嬉しかったです。

(画像をクリックすると少し大きくなります。)

      in栃木県100911続く
by himeoo27 | 2010-09-12 18:32 | ジャノメチョウ | Comments(10)


青系ゼフは見つからないけれど in埼玉県南部&さいたま市内100605~06①

ミドリシジミの大量発生で有名なさいたま市内の某公園にミドリシジミとミズイロオナガシジミを探しに出かけてみました。朝7時前から9時30分ごろまで探しまわりましたが結局どちらも見つけることが出来ませんでした。
でも、
a0126632_16355989.jpg

獣糞を吸う「サトキマダラヒカゲ」を齧り付きで接写出来たのでとても嬉しかったです。
a0126632_1638171.jpg
a0126632_16381282.jpg

樹液を吸蜜している、この2コマは昨日6月5日埼玉県南部の広い林で撮影したものです。こちらは、薄暗い環境だったので少しピントが浅くなりました。
昨日ネタを続けることにいたします。
a0126632_1643180.jpg

スマートな形状の赤い蝶が木の上に止まりました。見上げると「テングチョウ」の1化でした。越冬個体を見なれた眼にはとても鮮やかな色合いに感じました。

また「さいたま市内」に戻りまして、本日某公園で一番多く観察出来た蝶は
a0126632_16465334.jpg
a0126632_16471792.jpg

「ヒメジャノメ」でした。配色は地味ながら、目玉模様のワンポイントは素敵ですね!
a0126632_16593421.jpg

柳の木から滲む樹液の匂いがする地点で立ち止まると地面で「コミスジ」が吸水していました。
他に、本日はイチモンジチョウ、アカボシゴマダラ、キタテハ、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ウラギンシジミ等々の多彩な蝶も観察出来ました。

(写真はクリックすると少し大きくなります。)

in埼玉県南部&さいたま市内100605~06として続く
by himeoo27 | 2010-06-06 17:07 | タテハチョウ | Comments(28)


比企丘陵の夏のセセリと豹紋

比企丘陵シリーズ3日目です。

休息する為に管理センターに行くと
a0126632_20145085.jpg

手すりにセセリチョウが止まっています。何時ものイチモンジセセリかな?
a0126632_20164232.jpg

どうもオオチャマダラセセリのようです。この科は色合いは地味ですが、目
が大きくパッチリしていて可愛いので大好きです!

川原に出ると綺麗なヒョウモンチョウが止まっていました。
a0126632_20211355.jpg

昨年、同じ場所でメスグロヒョウモンの♀を見たので今年は♂かな?
a0126632_20223612.jpg

と接写してみると近所にも沢山飛んでいるツマグロヒョウモンの♂でした。
何処にでも沢山いる蝶ですが写真写りが良い昆虫だと思います。

課題のヒカゲチョウを探して近づいていくと
a0126632_2027349.jpg

ヒカゲチョウは飛び立って、ヒメジャノメがいました。

また何時もの
a0126632_2029610.jpg

ヒメウラナミジャノメも舞っていました。
by himeoo27 | 2009-06-29 20:33 | セセリチョウ | Comments(6)


陰影礼賛

朝日を浴びてメタリックグリーンに輝くミドリシジミが、
「陽」ならば、
a0126632_2002782.jpg

この蝶ヒカゲチョウは、名前の如く「陰」なのかな?
そう言えば某プロジェクトの埼玉チーム担当の1種な
ので、近づくと
a0126632_2033314.jpg

中途半端な場所で閉じてしまいました。さらに♂♀の
区別が分かるようにもう一コマ撮ろうとすると逃げられ
てしまいました。何となく♂のようですが?皆様教えて
下さい。

樹液が出ている柳の木には
a0126632_208456.jpg

疲れたサトキマダラヒカゲとヒメジャノメが仲良く吸蜜して
いました。
ちょっと痛み激しいので5月23日に見沼田んぼで写した
a0126632_2012257.jpg

サトキマダラヒカゲと
a0126632_2013395.jpg

ヒメジャノメ君も掲載します。

地味な蝶達ですが、いぶし銀のような美しいと思います。
by himeoo27 | 2009-06-18 20:15 | ジャノメチョウ | Comments(8)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
ホタルの光跡撮影ですか・..
by naoggio at 16:22
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧