ヒメオオの寄り道


タグ:ヒメアサギマダラ ( 4 ) タグの人気記事



江戸っ子もいるアサギマダラ+1枚 in2015~2017(東京・上信国境・八重山諸島)


a0126632_19402289.gif

a0126632_19391148.gif
in2017.04.22東京都心
アサギマダラというと暖かくなると台湾や与那国島から海を渡り
鹿児島県奄美諸島~大分県姫島を経て長野県や福島県などの高原
に飛来する旅をするチョウとして有名ですが、
この蛹と幼虫は東京都心産の生粋の「江戸っ子」です。

a0126632_19462154.jpg
a0126632_19464653.jpg
in2015.12.19東京都心
2017年4月22日は上手く撮れなかったので1年半前に同所で撮影
した蛹を掲載します。海を越して移動する個体だけでなく、高尾
山麓や箱根山中と並んで都心でも細々と厳しい冬を乗り越えて、
アサギマダラたちは命を繋いでいます。
a0126632_19552191.jpg
a0126632_19554416.jpg
in2016.08.11長野県~群馬県山中
8月中旬頃にアサギマダラたちは長野県~群馬県にかけての標高1500
~2000m程度の高原で群飛しています。大部分は与那国島や台湾等に
帰っていくのでしょうが、東京都心に戻る個体もいるのかな?
a0126632_20014646.jpg
a0126632_20020930.jpg
in2017.03.17西表島
石垣島や西表島ではアサギマダラは少なく、近年増えている
「ヒメアサギマダラ」
a0126632_20042078.jpg
a0126632_20045813.jpg
in2017.03.16石垣島
元々多い「リュウキュウアサギマダラ」が生息しています。
彼らアサギマダラに近似していますが、何故か海を渡って旅をする
ことがありません。アサギマダラより暑さに強いのかな?
a0126632_20083994.gif
a0126632_20110728.jpg
in2016.10.07~08西表島&石垣島
日本最大のチョウ「オオゴマダラ」もヒメアサギマダラ、リュウキュウ
アサギマダラと同じくマダラチョウの仲間ですが海を渡る旅には出ませ
ん。
a0126632_20150434.gif
in2016.10.09石垣島
時々台風に連れられて関東地方に飛来する「カバマダラ」は八重山諸島
では比較的少ないマダラチョウの仲間です。オレンジ(蒲色)が南国の
空に鮮やかでした。但し彼らもあえて海を渡ることは無いようです。
a0126632_20181001.gif
in2016.10.08西表島
「ツマムラサキマダラ」雄の表翅はオオムラサキと同じような鮮やか
な紫色でとても綺麗です。この種も敢えて海を渡って旅をしないこと
より「アサギマダラ」の特異性が際立っています。
a0126632_19232059.gif
in2017.05.14裏高尾
本日5月14日「チョウの観察会」でアサギマダラの飛び立ちの写真が
撮れたので追加します。
この個体は高尾山麓で生まれたと思われますが、
ひょっとしたら台湾~与那国島からの飛来
可能性はさらに低い昨日羽化した都心からの飛来
等々夢は膨らみます。








by himeoo27 | 2017-05-13 20:27 | マダラチョウ | Comments(18)


アサギマダラの舞 in2014.05.02~05与那国島②

a0126632_87478.jpg

今回の与那国島遠征で最も数多く出逢えて、目立ったチョウはこの「アサギマダラ」
でした。今年の与那国島は、チョウが少ないとの事前情報でしたが、アサギマダラ
を中心に種数はやや寂しいものの無数のチョウに出逢えました。
a0126632_811084.jpg
a0126632_8111299.jpg

とてもフレンドリーなチョウなので、魚眼レンズを使って数多くの接写飛翔撮影に挑戦
しました。しかしながら、背景、配置まで決めることはまだまだでした。
a0126632_815956.jpg

何度か登攀したシロミスジの登山道でも多くのアサギマダラが登場です。
結果的には、天候はスッキリした青空にはなりませんでしたが、チョウは比較的良い
被写体になってくれました。

a0126632_8195974.jpg
a0126632_8201136.jpg

他の八重山諸島、沖縄本島および前回の与那国島遠征で最大個体数を誇った
「リュウキュウアサギマダラ」ですが、今回はアサギマダラと比較すると相対的に少なく
感じました。それでも快く接写撮影に協力してくれました。

a0126632_830458.jpg

「ヒメアサギマダラ」は前回ほどは観察出来ませんでしたが、一緒に遊んでくれる個体
も登場してくれました。

以上与那国島におけるアサギマダラの仲間の個体数の相対比較は
2013年12月末~2014年1月1日
リュウキュウアサギマダラ>>アサギマダラ>ヒメアサギマダラ
2014年5月2日~5月5日
アサギマダラ>リュウキュウアサギマダラ>ヒメアサギマダラ
何れもタイワンアサギマダラは判別出来ずでした。

************************************
a0126632_8375039.jpg

飛行機の運行が乱れるほど、5月5日は天候が悪く仕方なく唯一観光しました。
巨大な岩が、直接海から屹立したこの岩は、「立神岩」という名前です。どうもこの
先の見晴らし台からの方が綺麗に撮影できたようですが、風雨が激しくなり根性
の全くない私はあっさり撤退しました。
************************************

アサギマダラの仲間ではありませんが、マダラチョウの仲間を1種だけ
a0126632_8532427.jpg

「ウオーリを探せ」(かなり古い話題で失礼)のような、写真しか写せませんでしたが
狙いは、密林の中に、青空を背景に悠然と舞う「オオゴマダラ」です・・・・・・・・。
曇り空、接近できず、腕悪い等々まあ次回以降の楽しみに、腕を上げたいものです。

               in2014.05.02~05与那国島つづく
by himeoo27 | 2014-05-10 09:04 | マダラチョウ | Comments(14)


ヒメアサギマダラとDrコトー診療所の島in2013.12.28~2014.01.02⑦

a0126632_15594148.jpg

まさに無色透明な衒いのないステンドグラスのようなこの蝶「ヒメアサギマダラ」は、
西表島、石垣島、竹富島では個体数が少ないものの、テレビ番組Drコトー診療所
の島「与那国島」では数多く見つけられました。
a0126632_163273.jpg

与那国島に到着した初日12月30日は、午後から雨が降りはじめ、15:00頃から
本降りとなりました。
それではと、数年前に妻子と一緒に見たテレビ番組「Drコトー診療所」のロケ現場
に訪問しました。左隅に小さく見える自転車は、Drコトーを真似して現地の足として
私が借りたものです。
a0126632_1682162.jpg

受付に入ると看護師の「綾佳」さん、「ミナ」ちゃん、事務員の「和田」さんが声をかけ
てくれるような気になります。但し、当日はどなたもいませんでした(涙)。
a0126632_16155695.jpg

入口を振り返ると「おいこらコトー」と言いながら漁労長の「重」さんが入ってきそうな
気配がします。画面中央付近の黒いリュックとその右側の雨具は、誰もいなかった
ので私のものを置きました。
a0126632_16194253.jpg

ミナちゃんが、Drコトーのものをコッソリ食べたと思われる「ヤシガニラーメン」や、
ロケに使った自転車が事務室に置かれていました。与那国島の売店でヤシガニ
ラーメンが売っているのでは?と探してみましたが、見つかりませんでした(笑)。
a0126632_162253.jpg
a0126632_16222163.jpg

天気が、回復した1月1日は個体数を増して、ナミエシロチョウ、リュウキュウアサギマダラ
に混じって次々と登場してくれました。繊細な美しさは最高です。
a0126632_16252150.jpg

接写しようと近づくと、流石に飛び上がったので舞っている姿を撮影しました。

            in2013.12.28~2014.0102八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2014-01-19 16:33 | マダラチョウ | Comments(17)


さまざまな蝶とその子供 in2013.05.04~07八重山諸島⑩

石垣島に到着して最初に出逢ったのは「ヤエヤマカラスアゲハ」です。
a0126632_2143143.jpg

この輝きに出逢えただけでも八重山諸島に来れて良かったとつくづく
実感しました。
a0126632_2148873.jpg
a0126632_21482295.jpg

西表島で見つけた面白い顔のこの子は、「アオタテハモドキ幼虫」です。
ド派手な成虫とは少し違うものの可愛いですね!
a0126632_21502279.jpg

悠然と舞っているので楽勝で写せると思った「オオゴマダラ」ですが、撮影に
は意外と苦労しました。
a0126632_21515486.jpg

渋いアサギマダラに似たこの蝶は、「ヒメアサギマダラ」です。西表島で数頭
だけですが観察叶いました。
a0126632_2154475.jpg

今回は、「コノハチョウ」にも結構出逢えました。但し、端境期のようで痛んだ
風格のある個体ばかりでした。
a0126632_21563622.jpg
a0126632_21564739.jpg

独特な味わいのある「タイワンキマダラ」はヤエヤマカラスアゲハとは別の意味
で八重山諸島を実感する蝶です。

                     in2013.05.04~07八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2013-12-14 22:01 | チョウ全般 | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
武ちゃん 様 ウラナミ..
by himeoo27 at 20:12
だんちょう 様 私は街..
by himeoo27 at 20:05
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 19:53
fanseab 様 我..
by himeoo27 at 19:40
椿の茶屋 様 今年は..
by himeoo27 at 19:15
yurinBD 様 ヤ..
by himeoo27 at 19:06
ダンダラ 様 「ウラ..
by himeoo27 at 18:48
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 17:09
uke-en 様 「我..
by himeoo27 at 16:55
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:34
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧