ヒメオオの寄り道


タグ:ヒメアカタテハ ( 14 ) タグの人気記事



キバナコスモスに集うチョウたち in2016.09.25見沼田んぼ①

a0126632_1852062.jpg

久しぶりに休日&晴天なので電動アシスト自転車で見沼田んぼへ
出かけてきました。
a0126632_1872653.jpg

まず迎えてくれたのは「キアゲハ」です。
a0126632_188216.jpg

キアゲハの飛ぶ姿は青空に良く映えました。
a0126632_1895295.jpg

「ヒメアカタテハ」は見沼田んぼではこの時期個体数が多く目を
楽しませてくれます。
a0126632_18134616.jpg

吸蜜するその姿も接写することが叶いました。
a0126632_18154763.jpg

a0126632_1816746.jpg

キバナコスモスに集うチョウで3番目に多かったのは
「ツマグロヒョウモン」です。雌雄ともにとっても綺麗でした。
a0126632_18193115.jpg

傷んだ個体ですが、「ミドリヒョウモン」も登場してくれました。
a0126632_18212838.jpg

「キタテハ」は夏型が殆どで秋型は写せませんでした。
a0126632_18242647.jpg

キアゲハ以外にもアゲハチョウの仲間は、ナガサキアゲハ、
華麗な「アオスジアゲハ」がキバナコスモスに吸蜜に来ていました。
a0126632_182947.jpg

チョウではありませんが、「オオスカシバ」も複数頭舞っています。
a0126632_18322727.jpg

シロチョウの仲間は艶やかな「モンキチョウ」
a0126632_18332288.jpg

「モンシロチョウ」、キタキチョウも登場です。
a0126632_18352712.jpg

このところ数が増えてきた「イチモンジセセリ」は吸蜜の合間に求愛
するペアも観察出来ました。
a0126632_18371749.jpg

シジミチョウも負けていません定番の「ヤマトシジミ」
a0126632_1839759.jpg

「ウラナミシジミ」は今日久しぶり自宅に来てくれましたが、
キバナコスモスでも吸蜜してくれました。

                in2016.09.25見沼田んぼ続く
by himeoo27 | 2016-09-25 18:45 | チョウ全般 | Comments(22)


新春見沼田んぼのヒメアカタテハと八重山諸島のタテハチョウたち

皆さんの新春のブログを見ていると「モンキチョウ」「ベニシジミ」
などの新チョウが掲載されていたので
私も新チョウ探しに見沼田んぼに出かけてみました。
a0126632_20522820.jpg
a0126632_20524018.jpg

しばらく探し回ると新鮮な「ヒメアカタテハ」が舞い出て吸蜜してく
れました。「こいつは春から縁起がよい」という感じです。
a0126632_20563557.jpg

ほかの個体がいるのではと探し回ると、如何にも年を越したような別
個体も登場してくれました。
        in2016.01.04見沼田んぼ①つづく
********************************
a0126632_211231.jpg

八重山諸島を代表するタテハチョウというと
やはり「ヤエヤマイチモンジ」でしょう。
a0126632_2133470.jpg

a0126632_2151599.jpg

多くのキチョウ(ミナミ&タイワン?)やアオスジアゲハに混じって
吸蜜するヤエヤマイチモンジ雄は、表翅の模様も、裏翅の模様も特徴
的で良く目立ちます。
a0126632_2173571.jpg

しばらく観察しているとリュウキュウアサギマダラ、ヒメアサギマダラ
、リュウキュウミスジと「ヤエヤマイチモンジ」雌も吸蜜にきました。
a0126632_21104931.jpg

a0126632_2111441.jpg

「リュウキュウミスジ」は個体数が多く石垣島で、交尾ペアも観察出来
ました。ミスジチョウの仲間の裏翅綺麗ですね!
a0126632_2113367.jpg

タテハチョウの仲間の交尾ペアというと「マサキウラナミジャノメ」
ペアが、西表島で見つかりました。
a0126632_21171574.jpg

南西諸島というとやはり「イシガケチョウ」でしょう。あちらこちらで
吸水シーンを見かけました。
a0126632_21194286.jpg

八重山諸島の「ルリタテハ」は、大型な個体が多くオオルリという感じ
です。前翅の白色の帯が「青色」の瑠璃型という台湾や中国大陸からの
迷蝶が混じることがあるそうですが、まだ撮影したことがありません。
a0126632_21243942.jpg

「アカタテハ」は、高山から亜熱帯地方まで幅広く生息しているのに驚
かされるチョウです。見慣れたチョウに八重山諸島で出逢うと逆にドッ
キリします。
a0126632_21272436.jpg

最後は「キタテハ」です。
埼玉県内では超普通種ですが、ここ八重山諸島では中国大陸からの迷蝶
で秋から初冬にかけてしか観察出来ません。
        in2015.11.20~23石垣島&西表島⑧つづく
by himeoo27 | 2016-01-09 21:36 | タテハチョウ | Comments(20)


見沼田んぼ蝶散歩 in2015.10.18

a0126632_18241896.jpg

今日、秋のチョウを探しに見沼田んぼに出かけてきました。
a0126632_16585218.jpg

まず登場してくれたのは「キタキチョウ」です。
a0126632_1701069.jpg
a0126632_1701858.jpg

キタキチョウの雄が表翅を煌めかせていたので、近づいて良く
見ると、雌と思われる蛹が見つかりました。
a0126632_175474.jpg

見沼代用水沿いの草地では「モンシロチョウ」が空高く舞い上
がりました。
a0126632_1794420.jpg

セセリチョウの仲間はイチモンジセセリが多いものの初々しい
「チャバネセセリ」もポツポツ観察出来ました。
a0126632_1712714.jpg

秋型の「キタテハ」は、翅の形状がシャープでまるでシータテハ
のように感じます。
a0126632_17164137.jpg
a0126632_17165298.jpg

キバナコスモスの花畑には「アオスジアゲハ」も登場です。飛翔
シーンを撮ろうと接近すると飛び去ってしまいました(涙)。
a0126632_17222310.jpg

a0126632_17232399.jpg

今日一番出逢いたかったチョウは、この「ヒメアカタテハ」です。
オレンジ色が鮮やかな表翅も、繊細な幾何学模様の裏翅どちらも
大好きなヒメオオです。
a0126632_17282149.jpg

ヒメアカタテハは個体数が多いものの俊敏で、飛翔撮影は近づか
せてくれませんでした。

       in2015.10.18見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-10-18 17:35 | チョウ全般 | Comments(22)


アカボシ半生、ヒカゲチョウ卵 in2014

家を出ようと、ふと見ると目が合いました・・・・。
a0126632_1629299.jpg

           in2014.10.18さいたま市自宅
台風19号で折れたエノキの小枝についていた蛹が羽化していました。
******************************
a0126632_16315530.jpg

この蝶の「幼虫」とも1ヶ月前に都心の公園で目が合っていました。
a0126632_16351412.jpg

           in2014.09.13東京都心の公園
兎に角、埼玉県~都心~神奈川県にかけてエノキの幼木で良く
幼虫を見かけます。
******************************
a0126632_16395771.jpg

           in2014.10.12さいたま市内
月に2~3回訪問する図書館の玄関脇にも「蛹」がついていたのは
吃驚しました。凄い生命力です。
******************************
a0126632_16445853.jpg

           in2014.10.18さいたま市自宅
この蝶は、皆さんのご想像通り「アカボシゴマダラ」です。
微妙な蝶ですが、色合いは結構綺麗ですね!
*******************************
a0126632_1647037.jpg

図書館の玄関付近のアカボシゴマダラの蛹を撮影していると、笹の
葉裏に蝶が産卵していました。慌てて近づくと蝶が舞い上がって、
しまいました。笹の葉をめくると綺麗な「草餅」のような卵がついて
いました。
a0126632_1651462.jpg

ここは、図書館から約1km離れた低湿地帯です。
木道から見上げると↑の卵を産んだ「ヒカゲチョウ」が茎から出る液
を吸汁していました。
a0126632_1761721.jpg

更に観察していると2頭になりました。求愛シーンでしょうか?
しばらく2頭で何やら語り合っていましたが、交尾にはいたりません
でした。
           in2014.10.12さいたま市内見沼田んぼ
********************************
a0126632_1710941.jpg

ヒカゲチョウの求愛シーン?が観察出来た湿地帯の横は広いコスモス
畑です。そこに大好きな「ヒメアカタテハ」登場してくれました。
a0126632_17102814.jpg

キバナコスモスにはフレンドリーな個体もいて、素敵な裏翅の模様を
撮らせてくれました。
           in2014.10.12さいたま市内見沼田んぼ
by himeoo27 | 2014-10-19 17:18 | タテハチョウ | Comments(28)


カバマダラ探す間に in2013.10.27横浜②

a0126632_15221620.jpg

カバマダラの公園のお花畑で一番目を引いたのは「キタテハ」です。深みの
ある黄色がとても味わいがあります。
a0126632_1525727.jpg
a0126632_15251858.jpg

「ヒメアカタテハ」は、色合いはカバマダラに近似していますが、落ち着いた全
く違うデザインです。私は、この和風の素敵なチョウを何度でも撮影したくなり
ます。
a0126632_1538698.jpg
a0126632_15382174.jpg

小さなオレンジ「ベニシジミ」は、セイタカアワダチソウの草薮の中で、美味しそ
うに吸蜜したり恋を語り合っていました。
a0126632_15442074.jpg

暖かい秋の日差しの中で「イチモンジセセリ」も恋をしていました。但し、ベニシジミ
もイチモンジセセリも恋の成就はなりませんでした。
a0126632_1555223.jpg

秋の風物詩「ウラナミシジミ」は新鮮なようで逆光に照らされて縁毛が白く輝きま
した。
a0126632_1602971.jpg

ウエディングドレスのような衣装は「モンシロチョウ」です。白はどの様な背景にも
映えて綺麗です。
a0126632_1635563.jpg

お花畑から目を水たまりに向けると恋を成就させた「アキアカネ」ペアが産卵して
いました。
a0126632_16114642.jpg

逆に樹上を見上げると「モズ」が止まっていました。
a0126632_16134441.jpg

ふと下を見るとすぐ足元には白勝ちの燕尾服を着た「ハクセキレイ」の幼鳥が私を
見つめてくれました。

一連の撮影で同行いただいた「midori」さん大変お世話になりました。今後ともよ
ろしくお願いいたします。

                        in2013.10.27横浜おわり
by himeoo27 | 2013-11-02 16:27 | 昆虫一般 | Comments(12)


彼岸花に舞うアゲハとツマグロヒョウモン求愛 in2013.09.22①

天気はまずまずですが、疲れが溜まっているのですぐ近くの
見沼田んぼのポイントを回ってみました。
a0126632_191787.jpg

この時期のねらい目はやはり黒系アゲハによる彼岸花吸蜜シーンですね!
実は先々週、先週と挑戦し惨敗に終わっていたのに懲りずに挑戦してみま
した。
最初に出逢ったのはかなり痛んだ個体の「ナガサキアゲハ♂」です。
a0126632_1944855.jpg

次は「クロアゲハ」です。動きより雄個体かな?雌を探しているようで落ち着
かず、接写は全く叶いませんでした(涙)。
a0126632_1964673.jpg

黒系アゲハではありませんが「アゲハ♀?」も吸蜜にやってきました。
花壇の中に私は入れないので、赤い虫篭に入ったような写真しか撮れません。
すると雄?の別個体がやってきて
a0126632_19114036.jpg

2頭で舞い上がって求愛飛翔を開始しました。しかし彼らの恋の行方は・・・・・・
失敗に終わりました。
a0126632_19124818.jpg

彼岸花の吸蜜シーンはありませんでしたが、キバナコスモスに比較的綺麗な
「キアゲハ」が舞い降りてきて目を楽しませてくれました。
a0126632_19154177.jpg

キバナコスモスは誘蝶効果が大きいようで「ツマグロヒョウモン♂」が数多く吸蜜し
ています。
a0126632_19171271.jpg

a0126632_19183790.jpg

ツマグロヒョウモン雌がやってきたので雄君、猛アタックです。しかし・・・・・・・・・・・
このペアも恋の成就はなりませんでした。
a0126632_19223098.jpg

今日の2番目の目標「ヒメアカタテハ」は数は多くいませんが、何とかキバナコスモス
の中で撮影叶いました。普通種かもしれませんが、裏翅、表翅ともに素敵な模様の
蝶ですね!

              in2013.09.22見沼田んぼ 続く
by himeoo27 | 2013-09-22 19:28 | チョウ全般 | Comments(14)


高原でベニヒカゲと遊ぶ in2013.08.14東信② 

a0126632_1745915.jpg

キベリタテハやカモシカと遊んでもらって一汗かくと・・・・・・・・・
手の汗を吸いに「ベニヒカゲ」がやってきました。
a0126632_17471780.jpg

それから「ギンボシヒョウモン」かな?後翅の白い点を銀色に輝かせて
カメラ目線で吸蜜です。
a0126632_17504429.jpg

秋型のキタテハより更にシャープな「シータテハ」はなかなか渋くて素晴しい
脇役です。
a0126632_17542080.jpg

これから見沼田んぼでも増えてくる「ヒメアカタテハ」裏面の複雑な模様が
綺麗でした。
a0126632_17563489.jpg

裏翅の美しさなら「ヒョウモンチョウ?」も負けていません蜂と並んで仲良く
吸蜜です。コヒョウモンと思って撮影しましたが、完全な草原環境であること
、裏面の模様が落ち着いた色合いであること、前翅が直線的であることより
ヒョウモンチョウかな?間違っていたらご指摘お願いします。
↓yodaさんによるとコヒョウモンのようです。yodaさんご指摘有難うございます。
a0126632_18114832.jpg

この花はチョウたちに人気で、次に「クジャクチョウ」がやってきました。
a0126632_1813548.jpg

クジャクチョウの翅は多少痛んでいても光を浴びて輝く姿はとても豪華です。
a0126632_18155232.jpg
a0126632_1816811.jpg

この回の主役「ベニヒカゲ」は発生ピークのようで吸蜜する個体があちらこちら
で観察されます。但し集団を形成していたのは
a0126632_18255765.jpg

落下実への吸汁
a0126632_18272545.jpg

羽化直後なのか草むらの中
a0126632_18281354.jpg

明るい木陰での休憩地でした。

            in2013.08.14東信つづく
by himeoo27 | 2013-08-18 18:33 | タテハチョウ | Comments(30)


見沼田んぼの蝶&蛾 と セセリチョウの子供達

見沼田んぼに出かけてみると
a0126632_16455985.jpg

狙い通り羽化直後と思われる綺麗な「ウラナミシジミ」が出てきてくれました。
但し、曇天の為か翅を開いてくれませんでした・・・・・・・・・
               in2012.10.27

自宅ネタです。
a0126632_16505492.jpg

仕事から疲れて帰ってきて玄関を開けようとドアの上を見ると何か枯れ葉のような
ものがついていました。脚立を持ってきて良く見ると「エグリバ蛾の仲間」のようです。
写真にしても枯れ葉にそっくりですね!
               in2012.10.25

時間軸をさらに戻して埼玉県中南部の公園です。
自然散策雑記帳」の「ねこきち」さんがまず見つけてくれたのは
a0126632_16571070.jpg

「ダイミョウセセリ」の幼虫です。胴体の煌めきが面白い感じでした。
a0126632_16584223.jpg

これも「ねこきち」さんに見つけてもらった「セセリチョウの仲間の幼虫」です。
大きさは5㎜程度で、笹の葉にいたのでコチャバネセセリかな?と思いましたが首の
付け根に黒い帯が無いので別種の幼生かもしれません。
               in2012.10.08

本日も蝶があまり飛んで居なかったので微力ながら自力でセセリチョウの幼虫を探し
てみました。
a0126632_1732494.jpg
a0126632_1733450.jpg

5㎜程度の小さな幼虫を複数頭見つけました。巣の形状よりギンイチ?と期待しまし
たが、図鑑をみるとあまり似ていません・・・・・・・
Akakokkoさん、yodaさんのご指摘によると尻部の黒帯よりキマダラセセリの幼虫
のようです。またbanyanさんのご指摘によると2齢幼虫のようです。
Akakokkoさん、banyanさん、yodaさん有難うございました。
a0126632_1755915.jpg
a0126632_176964.jpg

この2頭は顔の模様が若干違うものの「ミヤマチャバネセセリ」の幼虫と思われます。
何れにしても来春の羽化が楽しみです。

セセリチョウの幼虫達を探した草原の近くには
a0126632_17111593.jpg

エグリバの仲間と同じく枯れ葉にそっくりの「キタテハ」秋型も多数止まっていました。
a0126632_17125044.jpg
 
ウラナミシジミと同じく、出逢いを期待した「ヒメアカタテハ」はこの1頭しか見つける
ことが出来ませんでした。暖かい休みの日にまた探してみたいです。
               in2012.10.27


         
by himeoo27 | 2012-10-27 21:03 | 蝶&蛾 | Comments(32)


神奈川県南部の師走の蝶 in2011.12.04②

ムラサキツバメが観察出来たポイントには
a0126632_2161324.jpg

「ムラサキシジミ」も多数舞っていました。今年初めて♀の開翅を撮ることが出来ました。
メスなのでオスほどの輝きはありませんが、ムラサキ3兄弟の中では最も美しい蝶だと思います。
a0126632_2172377.jpg

その内の1頭を追いかけてbanyanさんが「ムラサキシジミの越冬集団」が有るよ!と見つけてくれました。
3頭の集団は、今年千葉県の5頭、昨年埼玉県の4頭に次いで3番目の自己記録となりました。
a0126632_21135166.jpg

皆でこの越冬巣を撮影していると、yodaさんが「クロコノマチョウ」が居ると教えてくれました。この個体Ⅰと
a0126632_21154228.jpg

次に個体Ⅱの2頭いました。埼玉県中部の公園では11月後半から、この子の活動が低下して見つけられなくなっていたので急坂をよじ登るように追いかけて撮影しました。
a0126632_21175348.jpg

個体Ⅱは枯れ葉にまぎれて安心しているのかコンデジによる広角接写を許してくれました。
a0126632_21191634.jpg

このポイントの入り口の道路には、少し傷んでいますが、まだ元気な「ヒメアカタテハ」が日光浴をしていました。
a0126632_21205559.jpg

近づくと舞い上がって付近にあったタンポポで吸蜜してくれました。
師走というのに神奈川県南部はとっても温暖な気候で多彩な蝶を楽しむことが出来ました。
           
案内していただいた「ごま」さん、茅ヶ崎の「M」さん、「daron」さん、
事前調査された「midori」さん他地元の多くの皆さん、
同行した「shin」さん、「yoda」さん、「banyan」さん
お世話になりました。これからも宜しくお願いいたします。

                   in2011.12.04神奈川県南部 終わり
by himeoo27 | 2011-12-11 21:30 | チョウ全般 | Comments(22)


蛹化しました!(アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ) 埼玉県内20110205

昨日コミミズクを見に行く前に、北本自然観察公園で「野生生物写真展2011~命のつながり~」の写真応募があったので蝶の写真を持って出かけてきました。応募期間が3月始めまでなので皆さんも応募されてみたらいかがでしょうか?
「田舎太郎さん」の里山さがしの旅の記事に掲載されていたので、観察指導員のTさんに聞いてみると
a0126632_19285784.jpg

「アオスジアゲハ」が1頭だけ蛹化していました。蛹になった場所ではなさそうですが、羽化出来そうな場所に避難しているそうでまずは一安心しました。
この子は自然観察雑記帳の「ねこきち」さんと昨年10月11日に産卵と孵化直後の幼虫を観察した子たちの1頭と考えられます。
a0126632_19323211.jpg

「卵」はピンポン球に近似した白いまん丸な形状で、1個づつ何度かに分けて複数個産みつけられました。
a0126632_19324425.jpg

孵化直後と思われる幼虫は少しイガイガしていました。食木や他の状況よりアオスジアゲハのそれと推定しました。
a0126632_19365047.jpg

2令程度でしょうか?10月24日となるとかなりしっかりした幼虫になりました。でも、芋虫としてみるとかなり独特の形状をしています。
a0126632_19405092.jpg
a0126632_19405859.jpg

11月13日になると終令に近づいた如何にも「アオスジアゲハ」という幼虫になりましたが、寒くなってきたので無事蛹化出来るのか?心配になりました。従って、田舎太郎さんの記事を読んだ時嬉しかったです。

********************************************
我が家の屋内に、寒さを避けて屋内に入れたコーヒーやハイビスカスの木の根元には
a0126632_19535711.jpg

ツマグロヒョウモンの幼虫が2頭ほど見つかりました。

ところで先日保護された「ヒメアカタテハ」の幼虫ですが、2月1日前蛹となり、2日蛹化しました。本日6日、写真を撮ろうとすると誤って付け根からポトリと落ちてしまいました。我が妻がマスクを使ってレスキューして
a0126632_1952129.jpg

羽化を待つ日々です。

野外の蝶の発生はまだもう少しでしょうが、春の近さを感じたヒメオオでした。
by himeoo27 | 2011-02-06 19:56 | アゲハチョウ | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
鳩山邦夫氏の追悼展ですか..
by clossiana at 16:01
都心、南国、信州など各地..
by yurinBD at 23:46
飛翔姿素晴らしいですね。..
by torinara at 21:15
こんにちは(ゝω∂) ..
by だんちょう at 15:17
南国のシロチョウたちもい..
by 22wn3288 at 08:24
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:45
ツマキチョウはとまっても..
by uke-en at 22:39
Shin 様 本日は..
by himeoo27 at 19:42
midori 様 貴..
by himeoo27 at 19:34
だんちょう 様 関東地..
by himeoo27 at 19:24
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧