ヒメオオの寄り道


タグ:ナミエシロチョウ ( 8 ) タグの人気記事



石垣島真夏の白い風(初見カワカミシロチョウ他)in2017.07.06~08②

a0126632_19310114.gif
今季は2年前ほどでは無いものの「カワカミシロチョウ」が多数飛来していま
すよ!
とのことでイワカワシジミを探す合間にシロチョウ類にもカメラを向けてみま
した。
a0126632_19334933.gif
この個体は裏翅に黄色が混じっていること1コマ目の個体より翅が丸っこく
少し大きいことより「ナミエシロチョウ」雄と思われます。
a0126632_19361577.gif
a0126632_19364373.gif
林内で飛び立ちを撮りこめたこの個体は前翅先端部の白い点が2点であること
少し小さいことより「カワカミシロチョウ雌」と思われます。
a0126632_19393957.gif
a0126632_19400153.gif
対して、こちらは前翅先端部の白点が4点あることより「ナミエシロチョウ雌」
と思われます。
a0126632_19415662.gif
a0126632_19421107.gif
この個体は、最初に掲載したのと同じ「カワカミシロチョウ」雄です。
過去7年間、私が石垣島を訪問した時は、カワカミ:ナミエ=0:100で
カワカミシロチョウ数多い未撮種の1種でしたが
今回は、カワカミ:ナミエ=60:40であっさり初撮影に成功しました。
雄個体の右後翅に2点の僅かな黒い染みが逆にこの種の白さを際立たせて
いるように思います。
a0126632_19500242.gif
a0126632_19502099.gif
今回の遠征で一番出逢えたシロチョウ類はやはりキチョウでした。
この3頭のキチョウは「ミナミキチョウ」かな?
タイワン、キタも生息しているので同定は自信ありません。
a0126632_19530632.gif
道路沿いの民家の庭先に舞い出た柔らかい色合いのシロチョウ類は
a0126632_19544953.gif
a0126632_19551235.gif
「ウラナミシロチョウ雌」でした。
a0126632_19561435.gif
庭先でジックリ撮影させてくれました。

           in2017.07.06~08石垣島②

by himeoo27 | 2017-07-15 19:57 | シロチョウ | Comments(6)


春の都心・埼玉&八重山&東信のシロチョウin2017.03~04

生き生き飛び回るチョウを描く画家の「小松孝英個展」が、
4月30日まで「みぞえ画廊東京店」(田園調布ギャラリー)
開催されているので、その見学方々途中にある都心の公園に
寄ってみました。
a0126632_19554143.gif

狙いは、ズバリ都心に舞う「ツマキチョウ」です。
a0126632_19572134.gif

曇り空でチョウの数が少なく単独の飛翔シーンを撮りこむのが
やっとでした。
       in2017.04.22東京都心①
a0126632_19592030.jpg

埼玉県中北部の公園でもツマキチョウが登場したので魚眼レンズ
で何とか飛翔シーンを写してみました。
a0126632_2015437.jpg

「スジグロシロチョウ」、モンシロチョウ、モンキチョウ、キタ
キチョウも登場して埼玉県比企丘陵は春のシロチョウ満開です。
       in2017.04.02埼玉県中北部の公園③
a0126632_2061486.jpg

日本最大のシロチョウというと琉球列島~八重山諸島に生息する
「ツマベニチョウ」です。痛んだ雌個体ですが気品があります。
a0126632_2084957.jpg

やや薄暗い亜熱帯雨林の中や林縁部を緩やかに飛び回るのは
「クロテンシロチョウ」です。緑の背景に映えますね!
a0126632_20112112.jpg

八重山諸島を代表するシロチョウは「ナミエシロチョウ」です。
清楚な雄も
a0126632_20123714.jpg

豪華な雌も
いずれも綺麗ですね!
       in2017.03.16~19石垣島&西表島⑤
a0126632_2015178.gif

春の東信を代表するシロチョウというと
a0126632_20173618.gif

a0126632_20175874.gif

「ヒメシロチョウ」春型です。
白を基調とした淡いモノトーンの清楚な色合いが大好きな蝶です。
a0126632_20195224.gif

地元の皆さん、同行の方々の協力を得て魚眼レンズで飛翔シーンを
撮影しました。
a0126632_2023997.gif

チョウが小さくしか撮れていませんが、結構好きな感じに写せました。
a0126632_20255320.gif

今回の東信遠征の目的は長野県青木村信州昆虫資料館で
2017/4/29~8/20開催される
追悼鳩山邦夫さん「舞姫たちよ、永遠に!」展への
私の出品です。
a0126632_2030402.gif

私以外、地元の皆さんも、同行の方々もどよめかなかったので
この蝶は、「スジボソヤマキチョウ」雄と思いますが
ヤマキチョウ、クモマツマキチョウなどの撮影方々、信州に行かれたら
ぜひ長野県青木村「信州昆虫資料館」へお立ち寄りください。
        in2017.04.14~15東信②
by himeoo27 | 2017-04-22 20:39 | シロチョウ | Comments(14)


妖艶なシロチョウたちin2016.05.04~07石垣島&西表島⑤

仕事の都合でフィールドに出れないので過去ネタから
a0126632_849527.jpg

トップは交尾するこの黄と白の「ナミエシロチョウ」ペアです。
a0126632_8553654.jpg

雄の表翅は明るい白色で
a0126632_903671.jpg

雌は、スッキリした黒と白の表翅、鮮やかな黄黒白の裏翅です。
a0126632_925523.jpg

渓流沿いの樹上の花に集まって仲良く吸蜜していました。
a0126632_955100.jpg

西表島の空き地で舞っていたのは日本全国各地で見らえる
「モンキチョウ」です。
a0126632_952921.jpg

このチョウは何処で見ても素敵です。
a0126632_984969.jpg

八重山諸島のシロチョウの女王というと「ツマベニチョウ」と
思います。但し写真の個体は翅に痛みがあることと、雄個体な
のが残念です。
a0126632_9111623.jpg

a0126632_9115448.jpg

「?キチョウ」は、個体数が多く石垣島でも、西表島でも、あち
こちで観察出来ます。
キタキチョウ、ミナミキチョウどちらも生息しているので、飛ん
でいると区別がつきません(涙)。
a0126632_916013.jpg

西表島の林道では交尾飛翔する?キチョウもいました。
a0126632_917837.jpg

「クロテンシロチョウ」は、薄暗い林縁部~林の中をノンビリ飛翔
していました。白地に黒い点がお洒落ですね!
a0126632_9204723.jpg

リゾートホテルの入口の道路で戯れる2頭の蝶は、
「ウスキシロチョウ」ペアです。少し黄色がかった白色が鮮やかで
した。

          in2016.05.04~07石垣島&西表島つづく
by himeoo27 | 2016-06-12 09:26 | シロチョウ | Comments(14)


飛んで飛んで in2014.05.02~05.05③

a0126632_1829305.jpg

a0126632_18342961.jpg

今回は、GW中ということで格安航空券で乗り継ぎ、乗り継ぎで与那国島へ出かけ
てきました。
まず2時間30分ほど石垣空港で待つ間に撮影したキチョウ(南?)です。空港ビル
と、駐車場にある乗用車が背景においた面白い写真になりました。
             以上 in2014.05.02石垣空港にて

**********************************
a0126632_18345531.jpg

羽田空港を飛び立って、電波を発しない電子機器の許可のアナウンスが流れると
即座に眼下に富士山の登場です。
a0126632_1836486.jpg

南アルプス、中央アルプスを飛び越すと知多半島や中部国際空港が見えてきました。
その後は、雲の中に入り写真は撮れませんでした。
やっと石垣空港にたどり着いて一番上と二番目の写真を撮影したわけです。
             以上 in2014.05.02羽田空港~名古屋市南部上空
***********************************

a0126632_18404016.jpg

与那国島にはキタキチョウがいないとのことなので「ミナミキチョウ」でしょう。
大人しい個体だったの思い切って接写撮影しました。


a0126632_18435083.jpg
a0126632_1844136.jpg

黒色の模様のある白っぽいチョウが飛んでいたので、タイワンモンシロチョウ!と
期待して追っかけて、シャッターを押しまくりました。結果はご覧の通り全て白色型
「モンキチョウ♀」でした(涙)。

a0126632_18485379.jpg

大きく鮮やかなオレンジとホワイトの綺麗なチョウと、くすんだ同色のチョウの2頭
が絡むように飛んでいます。
シロチョウ類最大の「ツマキチョウ雌雄」による求愛飛翔です。綺麗な方が♂、傷ん
だ個体が♀です。暫く観察しましたが、交尾には至りませんでした。

a0126632_1852467.jpg
a0126632_1853366.jpg

こちらの渋めのチョウは、もう5月というのに低温期型の「ナミエシロチョウ♀」です。
チョウや蛾を与那国島で継続観察しているYさんによると今年の与那国島は、例年
に比べて気温が低いそうです。
a0126632_18562529.jpg

数は多くありませんが、綺麗な高温期型の「ナミエシロチョウ♀」も混じっていています。
a0126632_1858449.jpg

この「ナミエシロチョウ♂」も低温期型で、まだまだ季節の移ろいは遅れているように
感じました。

in2014.05.03~05.05与那国島つづく
by himeoo27 | 2014-05-11 22:26 | シロチョウ | Comments(28)


鮮明な白(ナミエシロチョウ) in2013.12.28~2014.01.02④

a0126632_20301527.jpg

眩いばかりの白さのこのチョウは、一瞬未見&未撮の「カワカミシロチョウ」♂と
間違えかねません。外連味のない美しさ何ともいえません。
a0126632_2036178.jpg

どうも低温期型「ナミエシロチョウ♂」のようです。
a0126632_2040248.jpg

鮮明な白い色に誘われてそっと近づくと
a0126632_20441793.jpg
a0126632_20442866.jpg

突然舞い上がり、飛び立ちました。
a0126632_20454659.jpg

(パノラマ画像なのでクリックにより拡大します)
与那国島は、小さな島ですが、起伏に富み山頂からの見晴らしは素晴らしいです。
a0126632_20493657.jpg

写真を撮っていると・・・・あちら、こちらでナミエシロチョウのカップルが観察でき
ました。
a0126632_20521327.jpg
a0126632_20523955.jpg

この蝶は、雌雄の模様が異なっていて、交尾シーンでその違いが良くわかります。
a0126632_205521100.jpg

低温期型「ナミエシロチョウ♀」の表翅は、縁取りが黒いクッキリした模様で
タイワンシロチョウとは異なる美しさです。
a0126632_20594621.jpg

半開翅のその姿は、淡い清楚さに溢れています。
a0126632_2152222.jpg

裏翅の配色パターンは、「高温期型ナミエシロチョウ♀」に比べるとやや劣る
ものの、これはこれでとっても素敵ですね!

         in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島 つづく
by himeoo27 | 2014-01-09 21:16 | シロチョウ | Comments(10)


妻紅舞う in2012.11.22~24八重山諸島⑤

a0126632_1310527.jpg

                           「ツマベニチョウ」
関東地方は朝晩の寒さがさらに厳しくなってきましたが、11月末の八重山諸島
は最低気温が20℃前後で高原の夏のようなすがすがしい気候です。
a0126632_13105293.jpg
a0126632_1311014.jpg

石垣島の林道を歩くと「ナミエシロチョウ」低温期型♀が吸蜜していました。
春型と比較すると渋めですが、
それはそれで素敵な蝶です。接写しようと近づくとその前に舞い上がっていきました。
a0126632_13183944.jpg

イワサキタテハモドキで有名な公園にはナミエシロチョウの「幼虫」も見つけることが
出来ました。
a0126632_13193710.jpg

「ウスキシロチョウ」は今回もあまり出会えませんでした。「タイワンツヤボシハンミョウ
を探している時に「蝶館カビラ」の入野さんが見つけてくれました。
a0126632_1328117.jpg
a0126632_13281839.jpg
a0126632_13282544.jpg

イワサキタテハモドキを撮影して
稜線に沿って走る観光道路に出るとその道路を「蝶道」とする「ツマベニチョウ」が
一緒に遊んでくれました。

                     in2012.11.22~24八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2012-12-29 13:34 | シロチョウ | Comments(24)


ツマベニチョウ舞う in2012.06.23~25沖縄本島⑦

a0126632_1452531.jpg

休憩していた沖縄本島シリーズの再開です。
a0126632_1457381.jpg

6月23日にフタオチョウの第一ポイントを歩いていると「キチョウ(多分ミナミ?)」
の交尾が観察出来ました。望遠レンズで押さえて、広角接写しようすると
林の中へ舞い上がって、戻ってくることはありませんでした。
a0126632_1543990.jpg

「ウスキシロチョウ」は過去2回の八重山諸島遠征では出逢えなかったので
初撮りです。この子は多分高温期型の♂と思われます。
a0126632_1581258.jpg
a0126632_1582083.jpg

こちらはウスキシロチョウ低温期型♂かな?翅を開閉してくれましたが、遠くて
証拠画像程度の出来でした。
a0126632_151085.jpg

「ナミエシロチョウ♂?」も林の中で見かけましたが、暗くて殆ど絵になりません。
a0126632_15112323.jpg
a0126632_15113735.jpg

6月24日コノハチョウのポイントでは、「ツマベニチョウ」吸水にやってきました。
吸水中は比較的ゆっくり飛翔するので、「昨年の石垣島に次いで、撮り込むことに成功しました。
a0126632_15171771.jpg
a0126632_1517251.jpg

6月25日バナナセセリの幼虫を探して、バスターミナルへ戻る途中で
「mhidehide」が駈け出して行き、花の前で呼んでくれました。
待望のツマベニチョウが吸蜜に来てくれていました。
shinさんと3人で沢山
シャッターを押しました。

                 in2012.06.23~25沖縄本島 続く
by himeoo27 | 2012-07-26 22:30 | シロチョウ | Comments(12)


妖艶な美(ウスキシロチョウ、ツマベニチョウほか) in石垣島&西表島20110429~0504②

今回の八重山遠征で一番美しいと思った蝶は
a0126632_21573616.jpg

有名な観光地で出会った「ナミエシロチョウ」の♀です。その妖艶な美しさにウットリ眺めてしまいました。
a0126632_2202295.jpg

コンデジの機能を使った180度以上のパノラマ画像なのでクリックして拡大してぜひご覧ください。
a0126632_2203096.jpg

この2コマで行かれた方なら直ぐにわかる「川平湾」がその観光地です。まさに「絵葉書的」画像ですが、結構お気に入りです。
a0126632_21574949.jpg

ナミエシロチョウ♀が翅を閉じて止まったのでさらに接近して撮影しました。
a0126632_225337.jpg

ナミエシロチョウ♂は裏面クリーム色、表は白と♀よりも地味ですがこれはこれで風情があります。吸水シーンしか撮影出来なかったのが少し残念でした。
a0126632_2274518.jpg
a0126632_2275573.jpg

「ツマベニチョウ」は温室で良くみかけるシロチョウですが、結構撮影は苦戦しました。それでも、吸水にやってくると吸蜜時よりゆっくり滑空するように飛ぶのでヒメオオでも何とかカメラに納めることが叶いました。
a0126632_22112417.jpg

ツマベニチョウは吸水で止まるとコノハチョウと同じく木の葉に擬態して近づいても何処にいるのかさっぱり分かりませんんね!だから吸水時は、吸蜜時よりリラックス出来るのかな?
a0126632_22141571.jpg

図鑑等を読むと八重山には「モンシロチョウ」は定着しておらず、タイワンモンシロチョウが迷蝶として来るとの記載があったので、タイワンモンシロチョウと思い込んで、1人の時にモンシロチョウの写真を沢山撮影しました。後で入野さんに聞くとこの時期のみ「モンシロチョウ」も迷蝶としてやって来るそうで少しがっかりしました。
(以上「石垣島」で撮影)

a0126632_22185020.jpg

西表島は船で海上から見ると島全体が雲で覆われていました。実際上陸すると石垣島以上に湿気、気温が高く感じました。西北部の集落まで行くと
a0126632_22205877.jpg

入野さんが「タイワンモンシロチョウ」を見つけてくれたので、慌てて証拠写真を撮りました。ダンダラさんがもっとシャープに撮影されたのでぜひ掲載されたそちらもご覧下さい。
a0126632_2224778.jpg

西表島では山猫が人間と同じ扱いなので、ほほ笑んだヒメオオでした。
(以上「西表島」で撮影)

                  in石垣島&西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-05-06 22:29 | シロチョウ | Comments(22)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧