ヒメオオの寄り道


タグ:スミナガシ ( 11 ) タグの人気記事



八重山諸島密林の王者in2016.05.04~07石垣島&西表島④

a0126632_140147.jpg

久しぶりに5/4~5/7に訪問した八重山諸島の報告です。
a0126632_1422974.jpg

石垣島山中の林道を歩いていると何やら蟲から食べられた枯葉
のようなものがぶら下がっていました。
a0126632_1461444.jpg

これは樹上高くテリはりしている「スミナガシ」の蛹の抜け殻
です。写真を撮ろうと近づくと驚いて葉の裏に潜りこんで止ま
りました。
a0126632_1475290.jpg

薄暗い亜熱帯雨林の中だったのでまずストロボを焚いて
a0126632_14101967.jpg

次に自然光のまま撮影しました。好みによりますが影絵のよう
な自然光のままも、綺麗ですね!
a0126632_141278.jpg

a0126632_14122785.jpg

テツイロビロードセセリを探している時に「リュウキュウミスジ」
交尾ペアを見つけました。
このチョウは表翅も黒と白のシンプルなデザインが綺麗ですが、
裏翅の模様、色合いは絶品だと思います。
a0126632_14154462.jpg

リュウキュウミスジよりひと回り大きいこの蝶は、
八重山諸島密林の王者と勝手に私が呼んでいる
「ヤエヤマイチモンジ」の雌です。
a0126632_14183971.jpg

a0126632_1421642.jpg

雄の裏翅は、雌の裏翅と比較的近似していますが
a0126632_14224499.jpg

表翅は、名前のとおり黒地に強く太い一文字が入り八重山諸島密林
の王者に相応しい素敵さです。
a0126632_14252786.jpg

近づくと舞い上がって青空を駆け上がっていきました。

in2016.05.04~07石垣島&西表島続く
by himeoo27 | 2016-06-06 20:19 | タテハチョウ | Comments(16)


初夏のチョウ色々 in2016.05.01群馬県内

花蝶風月」のbuttfflowさんから
「スミナガシ、黒系アゲハ等々色々なチョウが出てますよ!」と
お誘いを受けて5/1に群馬県に遠征してきました。
a0126632_15434222.jpg

さて問題です、これは何かな?解答は最後です。
a0126632_15565443.jpg

指を差し出すとまず止まってくれたのは「サカハチチョウ」です。
春型の裏翅の模様が面白いですね!
a0126632_15595343.jpg

指から舞い降りると表翅を見せてくれました。
a0126632_1613825.jpg

サカハチチョウが吸水している直ぐ傍に止まった「カラスアゲハ」
が翅を煌めかせてくれました。
a0126632_165885.jpg

場所を移動しても、まずカラスアゲハが
a0126632_1665069.jpg

a0126632_1671338.jpg

次に「オナガアゲハ」が颯爽と登場してくれました。長い尾状突起
がダンディーです。
a0126632_1610357.jpg

a0126632_1611784.jpg

チョウが集まる山頂では、
アオバセセリが弾丸のように飛び交い、
豪華なモンキアゲハ、キアゲハ、アゲハ、カラスアゲハが優雅に舞い
そして新鮮な「スミナガシ」も遊んでくれました。
a0126632_161539.jpg

さて1コマ目のチョウの後姿です。さらに判別が難しくなったかな?
a0126632_16164680.jpg

問題の解答は「トラフシジミ」春型の雌でした。見ていると産卵を
始めました。
a0126632_16185568.jpg

逆光で煌めく縁毛も綺麗でした。

案内していただいたbuttfflowさん
同行していただいた、埼玉県さいたま市のKさん、群馬県のHさん、
長野県上田市のMさん、Nさん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

             in2016.05.01群馬県内おわり
by himeoo27 | 2016-05-02 16:26 | チョウ全般 | Comments(34)


チョウの観察会 in2014.05.17

a0126632_14204348.jpg

昨日、日本チョウ類保全協会主催のチョウの観察会に参加しました。
私たちのグループの指導員は、「shin」さんでした。
a0126632_14211333.jpg

現地のバス停について、まず登場してくれたのは「ウスバシロチョウ」です。
a0126632_14221564.jpg

林道入口の駐車場付近でも「オナガアゲハ」も舞ってくれました。
a0126632_14272866.jpg
a0126632_14274723.jpg

集合場所の広場では「オナガアゲハ」、カラスアゲハも吸蜜に飛来してくれました。
a0126632_1430591.jpg

少なくとも「アオバセセリ」には逢いたいものだと皆で話していると・・・・
a0126632_14313596.jpg

とてもフレンドリーな数個体が顔を見せて大観察会になりました。
a0126632_14331292.jpg

この林道は、チョウだけでなく、植物、野鳥、他の昆虫類も豊富で、「オトシブミという
のは風流な名の虫ですね」などと言って散策していると、参加者の方が「アカクビオ
ナガオトシブミ
?」のペアを見つけてくれました。
鍵コメさんのご指摘によると触覚の長さ等より「ヒゲナガオトシブミの雄と雌」のよう
です。鍵コメさんご指摘有難うございます。
a0126632_1441283.jpg
a0126632_14414485.jpg

渓流沿いを進み「スミナガシ」の赤い口吻を見たいものだと考えているとて・・・・・・
theclaさんが呼んでいます。久しぶりにスミナガシと再会です!
a0126632_14534953.jpg

林道を戻っていると、観察会の〆はやはり鮮やかなヒョウ柄の「クモガタヒョウモン」
でしょう!と颯爽と登場して皆を楽しませてくれました。

shinさん、theclaさん、pontaさん、Mさん、Kさん、Nさんご夫妻、Ⅰさんほか参加
者の皆さん大変お世話になりました。

                 inチョウの観察会2014.05.17おわり
by himeoo27 | 2014-05-18 15:09 | チョウ全般 | Comments(42)


フタオチョウの求愛&交尾!等々 in2012.06.23~25①

a0126632_20345030.jpg

「フタオチョウ」に逢いに沖縄本島にやんばるの風の「mhidehide」さんを訪ねて散歩のshinさんと出かけてきました。
a0126632_20395461.jpg

mhidehideさんが到着して直ぐに第1ポイントで新鮮な♀を見つけてくれました。撮りたい放題では!と近づくと、別の蝶が邪魔して直ぐにこの♀は舞い上がってしまいました。ゆえに大好きな接写は叶いませんでした。
a0126632_20422128.jpg

歩き廻ってお腹がすいたので高台で3人で昼食をとっていると、目の先の樹上に舞い降りてくれました。
♂がテリ張りを始めたようです。しかし、角度が悪くこれ以上は近づけませんでした!
a0126632_20443960.jpg

食事後、林の中に戻ると2~3頭のフタオチョウが樹上を飛び回っています。
目で追うとそのうち2頭が頭上15m以上に梢に止まりました。
比較的綺麗な♀に傷んだ♂が「求愛」しているようです。
a0126632_2049184.jpg

高い、遠い、風が強いという条件下、
目の悪い私は取りあえずフタオチョウが止まっている方向にレンズを向けてシャッターを押しまくりました。
夜ホテルに帰って拡大してみると・・・・・・・な!な!何と「交尾」シーン!!!!!!!が写っていました。
早速mhidehideさん、shinさんにCメールして喜びを分かち合いました。
a0126632_2055127.jpg

第2ポイントでも樹上高くではありますが、青空を背景にテリ張りする個体が居ました。
a0126632_2056442.jpg

どうにか「表翅」が撮れないか?と展望台に上って望遠レンズで眼下の樹上を探すと、
傷んだいるもののテリ張りする♂が翅を半分開いてくれました。
a0126632_20584771.jpg

第2ポイントではフタオチョウの他に「スミナガシ」が登場して翅を開いてくれました。
a0126632_210411.jpg

腕が悪く雑然とした画像にしかなりませんでしたが、
mhidehideさんのおかげで、フタオチョウの広角接写にもチャレンジすることが出来ました。
蝶の部分を拡大すると翅の淡い輝きがとっても綺麗です!接写出来て大満足のヒメオオでした。

                     in2012.06.23~25沖縄本島続く
by himeoo27 | 2012-06-27 21:09 | タテハチョウ | Comments(44)


長野&群馬のチョウや蟲達(オオルリシジミ発生) 

a0126632_1559184.jpg

最新の現地の道路状況をHAさんに教えて頂き長野県北部の山中にクモマツマキチョウを撮りにmaximiechanさんと5月19日から出かけてみました。
現地に到着するとこの場所についてご教授頂いた東京の「S」さん、「M」さん、地元のKENDAMARさんが既に来ていました。
「S」さんのご指導により新鮮なクモツキ♂には遭遇出来ましたが、近くを1回通り過ぎただけで今回もシャッターを押すことすら出来ませんでした。オレンジの煌めきを感じれただけでも良かったかな?
クモツキは一瞬でしたが、この山中のポイントでは蝶影がとても濃く
a0126632_16201645.jpg

かなり傷んでいるものの表翅の黄色が鮮やかな憧れの越冬「スジボソヤマキチョウ」や
a0126632_1622843.jpg

「トラフシジミ」等々が遊んでくれました。この子は、前翅の僅かな隙間から見えるメタリックブルーが素晴らしかったです。さらにwakasamaさんの写真仲間の「N」さんにお会いしました。

20日もクモツキを探しましたが結局逢えず、「N」さん勧められた東御市の「道の駅雷電くるみの里」で行われているwakasamaさん等4名が出品されている蝶や蜻蛉の写真展に出かけてみました。昨年オオムラサキ観察会でお世話になった「M」さんや、「N」さんが会場におられて親切に説明して下さいました。
a0126632_16373773.jpg

展示会場の近くの里山には「オオヘリカメムシ」でしょうか?大型のカメムシや
a0126632_16385330.jpg

可愛い顔の「蛾」も出迎えてくれました。
「M」さんが保護地で「オオルリシジミ」が発生しましたよ!と教えてくれたので、大手時計メーカーの「C」社の関連会社の工場に早速移動です。守衛さんに断って敷地内を探すと
a0126632_16433814.jpg

まず「ヒメシロチョウ」が!
a0126632_16443146.jpg
a0126632_16444046.jpg

次に1頭だけですが本命「オオルリシジミ」が登場です。クモツキは残念でしたが、ヒメシロ、オオルリの出現で一気に盛り上がりました。ふと菜の花畑を見ると
a0126632_16465257.jpg

「ウスバシロチョウ」が舞っていたので、カメラを向けました。ウスバシロに浮気をしているほんの少しの間にオオルリはいなくなってしまいました・・・・・・・・・・・。

昼を過ぎたのでそろそろ群馬の丘の上に「スミナガシ」がテリ張りしているのでは?
buttfflowさんに
連れていって頂いたポイントへ寄ってみると
a0126632_1654487.jpg
a0126632_16541226.jpg

たまさんがその場所に既に来ていて、見上げた水墨画のような裏面の逆光シーン、見下ろす構図の輝く表翅を写すことが叶いました。

同行したmaximiechanさん、現地情報を教えてくださったHAさん、Mさん、東京のSさん、現地及び写真展でお会いした皆さん大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

                 in2012.05.19~20
by himeoo27 | 2012-05-23 18:57 | チョウ全般 | Comments(30)


夏のタテハ&秋のタテハ in山梨県北東部20110828①

a0126632_2083283.jpg

夏のタテハというとミヤマクワガタの採取場所で出会う「スミナガシ」さんかな!
渋い青い和服のような翅と赤い口吻がとっても素敵でした。
触覚と翅のバランスより♀のような気がします。

a0126632_2011164.jpg

晩夏なので少し傷みがありますが、「サカハチチョウ夏型」とも出会えました。
裏面も写そうと近づくと素早く逃げ去りました。

a0126632_2013344.jpg
a0126632_20134774.jpg

標高2000m近い高地に登ると秋のタテハと考えている「キベリタテハ」登場です。
今年はキベリ当たり年とのことで期待しましたが、逃げ回って近づけません。
近くに採取者が居たのでキベリも落ち着かなかったようです・・・・・・

a0126632_20192821.jpg
a0126632_20193858.jpg

採取者が立ち去ってキベリのポイントを探すとこれも秋のタテハと思っている
「エルタテハ」が出てきてくれました。その姿は堂々として凛々しかったです。

秋のタテハというと、今回はクジャクチョウは数が少なく、シータテハには出会えず残念でした。

                  in山梨県北東部20110828続く
by himeoo27 | 2011-08-28 20:25 | タテハチョウ | Comments(32)


スミナガシ乱舞する山頂 in群馬県20110514②

赤城山を後にして花蝶風月のbuttfflowさんに教えていただいた群馬県南部の山頂に
14:00頃たどり着くと
a0126632_20344854.jpg

テリ張りしていた1頭の「スミナガシ」が私のズボンに止まりました。あまりに近すぎてどうしようか?と迷いましたが、カメラを向けて何とか撮影することが出来ました。太陽の光を浴びて微妙に変化する青い輝きがとっても綺麗でした。
a0126632_2035338.jpg

yodaさんを呼ぼうと声を出すと、翅を半分くらい閉じると一気に飛びあがりました。
a0126632_20382014.jpg

ズボンに止まった個体を含めて数頭の個体がそれぞれの木の葉や、枝の上に止まり再びテリ張り行動に戻りました。
a0126632_20444458.jpg

この子は変わっていて道路の安全柵の白いポールの上が彼のテリトリーとしていてかなり近づかせてくれました。
a0126632_20463596.jpg
a0126632_2046476.jpg

ツツジの花には「カラスアゲハ」が吸蜜に来たのでカメラを向ける飛び立ってしまいました。
a0126632_20475713.jpg

「アゲハチョウ」やミヤマカラスアゲハ、キアゲハ等の蝶も次々とツツジに吸蜜にきましたが動きが早く撮影に難儀しました。
a0126632_20492960.jpg

やや暗がりの足元には「コジャノメ」も数頭いました。今年初見だったので取りあえずシャッターを押しました。
そうこうすると、buttfflowさんも登ってこられて3人で撮影会となりました。
スミナガシに次いで目だった蝶は
a0126632_20524459.jpg

「アオバセセリ」です。10頭程度がやたらめったら飛び交って、私の腕では全くカメラに納めることが出来ませんでした。
16:30過ぎにやっと2~3回止まったのでヒメオオも証拠写真としてシャッターを押しました。
詳細は、そのうち掲載される飛翔についてはbuttfflowさん接写についてはyodaさんのブログをぜひご覧ください。

                            in群馬県20110514終わり

ごまさん、midoriさん、daronさん、buttfflowさん、yodaさんお世話になりました。
またよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2011-05-15 21:03 | タテハチョウ | Comments(32)


アワブキの木の周り(アオバセセリ&スミナガシ幼虫ほか) inぐんま昆虫の森②

今回「ぐんま昆虫の森」に出かけた最大の目的は
a0126632_18553770.jpg
この「アオバセセリ」の幼虫に出会うことでした。アワブキの木は先日、狭山丘陵で「Hirokou’s Field Notes」のhirokouさんから教えていただいておりましたので直ぐに見つけることが出来ました。しかし、肝心の幼虫は藪蚊に刺されながら小一時間探してみましたがさっぱり見つかりません。指導員による「里山歩き」に参加して教えていただくと
a0126632_199183.jpg
枯れた葉っぱを巣にして包まるように隠れていました。徒然草ではありませんが「何事も先達の教えあらまほしきものなれ」という感じですね。絵本に出てくる「あおむし君」のような配色、形状のこの幼虫をウットリながめました。ぐんま昆虫の森の指導員の皆さんありがとうございました。
a0126632_19124551.jpg
「里山歩き」が終わった
後戻ってくると「彷徨える幼虫」になっていてこの写真と一番上を撮りました。

アワブキの木にはこの他に
a0126632_19164519.jpg
蝶鳥ウオッチング」のyodaさんによると「スミナガシ」の幼虫が居るとのことで探してみましたが、この子も見つからずアオバセセリの幼虫と合わせて里山歩きの指導員に教えて貰いました。
a0126632_19214644.jpg
アオバセセリの幼虫とは違った意味で独特の形状と配色を楽しみました。

アワブキの木の近くの草藪には
a0126632_1925287.jpg
「フクラスズメ」という蛾の幼虫が居ました。

地面には、
a0126632_1930048.jpg
「センチコガネ」やオサムシの仲間が歩きまわっています。

樹液の出る木の近くには、
a0126632_1931201.jpg
「コクワガタ」の♀もおりました。

   (画像をクリックすると少し大きくなります)

     inぐんま昆虫の森 続く
by himeoo27 | 2010-09-19 19:33 | チョウ全般 | Comments(18)


イシガケチョウ in「多摩動物公園」

2010.02.20多摩動物公園にて

この日の多摩動物公園の昆虫園の主役は
a0126632_21413018.jpg

「イシガケチョウ」です。
a0126632_21422584.jpg

まず観察会で飼育員の方が「卵」を見せてくださいました。
a0126632_21445634.jpg

上と同じ葉には「初令幼虫」が孵化していました。この写真では分かりにくい
ですが、小さなクロコノマチョウの幼虫に極めて近似しています。
a0126632_21482279.jpg
a0126632_21483977.jpg

終令に近づくとスミナガシの幼虫に似てきます。上は大温室で、下は観察会で
撮影しました。大温室内のあちこちに沢山の幼虫がいました。
a0126632_21513822.jpg

大温室の葉の裏に「前蛹」がぶら下がっていました。
a0126632_21544586.jpg

「蛹」何処ですか?と温室で飼育員の方に聞いたのが良かったのか観察会に蛹
を連れてきてくれました。スミナガシに似ていますが枯葉でなく元気な感じです。
a0126632_21572928.jpg

出来れば横から翅裏を写したかったのですが・・・・・
a0126632_21594745.jpg

多摩動物公園の昆虫園の内部全景の写真を掲載します。

  2010.02.20多摩動物公園シリーズ続く
by himeoo27 | 2010-02-22 22:04 | タテハチョウ | Comments(8)


スミナガシの蛹

2010.01.10inぐんま昆虫の森
a0126632_19264216.jpg

ぐんま昆虫の森のhpをみていると「昆虫たちの冬越し展」と題してスミナガシ
の蛹の写真が掲載されていたので本日出かけてみました。
2010.01.10
a0126632_19305237.jpg

a0126632_19312075.jpg

入口の比較的近いところに憧れていたスミナガシ蛹が6頭もぶら下がっていました。
早速パチリ、パチリとシャッターを押しました。まさに枯れ葉そっくりです。
でもこの時期のアワブキの枯れ葉が上を向いているのに、この蛹は下向きでさらに
穴の開いている箇所が全く同じところが少しお笑いです。

2009.08.01in山梨県甲州市山中
a0126632_19364629.jpg

蛹だけでは少し寂しいので以前の写真より成虫も掲載します。この直ぐ上に小型
のミヤマクワガタ♂が居たので接近には失敗しました。
a0126632_1940511.jpg

上記ポイントの直ぐ近くにクワガタトラップに別の個体が止まったので接写して
みました。
by himeoo27 | 2010-01-10 19:30 | タテハチョウ | Comments(10)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
ホタルの光跡撮影ですか・..
by naoggio at 16:22
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧