ヒメオオの寄り道


タグ:ギフチョウ ( 9 ) タグの人気記事



★ イベントのご案内 ★

日本チョウ類保全協会が主催する以下のイベントがあります。
是非ご参加ください。
(当イベントが終了するまで本記事をトップに掲示します)

***********************************************************

チョウや生物多様性の現状と保全に関するイベント、
「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の要領で開催しますので、
ご案内いたします。
どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<第12回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>


日時:2016年2月13日(土) 10:30~17:45 

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
   研修室309(センター棟3階)

プログラム:
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:50  貴重なチョウの生息地である草原をどう維持していくか?
        「草原の歴史と現状」
          小椋純一氏(京都精華大学)
        「チョウから草原の質を読み解く」
          永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)

11:50~13:00  昼食

13:00~14:00  地球温暖化とチョウを考える
        「地球温暖化でチョウの分布がどう変化するか?」
          宮下 直氏・松葉史紗子氏(東京大学)

14:00~15:00  チョウ類の保全活動報告
        「北海道遠軽町のアサマシジミ」 
         喜田和孝氏(丸瀬布生態昆虫館)
        「八ヶ岳のミヤマシロチョウ」  
         福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会)

15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
        
15:30~16:30  農地における生物多様性の保全を考える
        「ネオニコチノイド系農薬とチョウ類の減少
                  ~イギリスでの事例~」
          中村康弘氏(本会事務局)
a0126632_882632.jpg

a0126632_885022.jpg

            in2008.05鮭川村
        「農業と生物多様性~地域での取り組み~」
          高橋 淳氏(鮭川村自然保護委員会)

16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
a0126632_7335941.jpg

            in2015.10足立区生物園
         ・絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミほか)
         ・庭のチョウ類調査 ほか

17:45      閉会

18:00~20:00(中締め19:30) 
懇親会(同会場内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 会費3,500円

○参加申し込み
  参加費:1,000円
  関心のある方は、どなたでもご参加できます。
  参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しく
  ださい。
  また、終了後、18:00から同会場内のレストランにて懇親会を開催し
  ます(会費3,500円)。
  懇親会に参加を希望される方は、必ず2月7日までに事前のお申し込み
  をお願いいたします。
 申込み先:
  事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:
 東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
 会場は、センター棟3階の研修室309です。
 オリンピックセンターは広いですが、施設の案内は充実しており、
 すぐにわかるようになっています。

●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分
 (急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、
       初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、
       新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)
ので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテル
 があります。参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。

**************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会
 140-0014 東京都品川区大井1-36-1-301 
 TEL・FAX:03-3775-7006 TEL携帯:080-5127-1696
 Email:jbcs@japan-inter.net
**************************************************
by himeoo27 | 2016-02-13 10:30 | 自然保護 | Comments(8)


年のはじめに2015年未掲載写真より

2016年の年明けにあたり2015年撮影しブログ未掲載画像
の一部を掲載します。
a0126632_85311.jpg

巻頭は、「ぐんま昆虫の森第10回写真展で入賞した
「ギフチョウと集う」です。
神奈川県の山の上で狙い通り撮影者や観察者の前を舞う3頭
のギフチョウの姿を写しとるが叶いました。
a0126632_921365.jpg

4~5月にかけて西表島の山中では「ヤエヤマボタル」が群舞
します。黄色い光を点滅させながら飛ぶので、軌跡が点線に見
えます。日が暮れると1時間程度、真っ暗な密林の中で目を楽
しませてくれます。
a0126632_965318.jpg

日が暮れて1時間を過ぎるとヤエヤマボタルが減り、点滅間隔
の短く緑色に光る「キイロスジボタル」が登場です。分かりに
くい写真ですが、真ん中下のみキイロスジボタルの軌跡です。
キイロスジボタルの発生時期は5月からとヤエヤマボタルとズ
レがあるので、2種同時に軌跡が撮れることは稀です。
a0126632_9204783.jpg

日本チョウ類保全協会では庭のチョウの調査を行っています。
私も庭にブッドレア、ウマノスズクサ、サンショ、カタバミ、
フジマメ、スミレ等々を植えてチョウを待っています。
すると街中にあるコンクリート造の私のマンションの壁に茶色のタ
イルを樹と間違えたのか「サトキマダラヒカゲ」が飛来しました。
a0126632_930882.jpg

チョウというとやはり「オオムラサキ」でしょう。目の覚めるような
青紫色の輝きを北杜市のオオムラサキセンターで楽しみました。
a0126632_9334124.jpg

長野県の山中を歩いていると
MIYAKOUTA5040さん、「sippoさんたちと偶然出逢って、
「ウラジャノメ」の大集団を皆で観察しました。
a0126632_944546.jpg
a0126632_944247.jpg

buttfflowさん、Hさん、地元のMさんと訪問した上信国境の
山中では
buttfflowさんとMさんの間をすり抜ける「コウヒョウモンモドキ」
Mさんの足元から舞い上がる「ミヤマシロチョウ」に遊んでもらい
ました。
a0126632_952191.jpg

盆休み「ベニヒカゲ」に逢いに上信国境に再び出かけてみました。
昨年は一般的にはチョウの個体数が少なかったのですが、
この場所のベニヒカゲは比較的数が多く観察者と私の間を一斉に舞
ってくれました。
a0126632_959113.jpg

「オオチャバネセセリ」は比較的翅を開くセセリチョウなのですが
飛翔シーン撮影に初めて挑戦してみました。
ちょっと面白い画像かな?
a0126632_10356.jpg

国立科学博物館附属自然教育園は東京都心の真ん中にある公園
です。この公園はそれほど広くはありませんが、湿地、草原、森、
がパッチ状に入り組んでいて色々な生き物が生息しています。
秋の観察会では「アオスジアゲハ」の飛び立つを1コマだけ撮れまし
た。
a0126632_10105094.jpg

掉尾はマニアックな既掲載写真のトリミング画像です。
「オキナワビロードセセリ」は珍しいチョウではありませんが
複数頭群れることが少ない、俊敏で弾丸のように飛ぶ、
飛んでいる時以外表翅を見たことがない
ということでシロオビヒカゲ雌シロオビヒカゲ雄と並んで
昨年の2回の八重山諸島遠征で表翅撮影に挑戦してみました。

今年もよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2016-01-01 00:10 | 昆虫一般 | Comments(64)


ギフチョウと集う in2015.03.28神奈川県②

a0126632_14363683.jpg

少し早めに昼のおにぎりを食べているとギフチョウがまず1頭、
舞い上がってきました。
a0126632_14442160.jpg

次々に登場して、しばらく飛び交っていましたが、やっと止ま
ってくれたのでコンデジのスーパーマクロ機能でクッキリ写し
てみました。
枯葉に止まっているので、秋のギフチョウみたいですね。
a0126632_14512679.jpg
a0126632_14513835.jpg

少なくとも2頭一緒に飛んでいる姿を写していると
a0126632_14514786.jpg

両方とも正面を向いてこちらに向かってくるペア
a0126632_14535254.jpg

魚眼レンズに触るくらい近づき過ぎてピントが合わない子や
a0126632_14553986.jpg

2頭綺麗に舞うペアもいました。
a0126632_14573066.jpg

何とか3頭一緒の連飛が撮れた!と思ったら他の撮影者も
チョウと一緒に写っていました。
ピントは甘く雑然としていますが、これはこれで面白い写真かな?
a0126632_151268.jpg

飛び疲れたのか、スミレの花で吸蜜したり
a0126632_1532744.jpg

a0126632_1533432.jpg

求愛中のペアや、その傍を飛び回る個体も登場しました。
但し、残念ながらこのペアは交尾成立しませんでした。
a0126632_1572127.jpg

麓に降りると、梅の花に吸蜜するサービス満点の個体もいました。

          in2015.03.28神奈川県おわり

当日、ギフチョウの里の山頂、麓でお逢いした皆さんお世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2015-04-05 15:19 | アゲハチョウ | Comments(40)


相模の山頂でギフチョウと遊ぶ in2014.03.28①

a0126632_19535023.jpg

昨年は結局ギフチョウに1度も逢えなかったので、本日少し早いかな?と心配しながら
神奈川県にある某山頂に出かけてきました。
a0126632_19565710.jpg
a0126632_1957852.jpg
a0126632_19572051.jpg

山頂についてまず出逢ったチョウは、越冬明けの「ヒオドシチョウ」です。かなり痛みが
あるものの風格と、翅表の輝きは流石です。
a0126632_19593796.jpg

10時半を過ぎると、暖かい日差しが差し込み「ミヤマセセリ」が舞いだしてくれました。
今年、初撮影なのでニコニコです(笑)。
時を同じくしてSippoさん、「てふさん、「hirax2さん等々の皆さんが到着しました。
すると
a0126632_20114699.jpg
a0126632_20115958.jpg
a0126632_20121784.jpg

新鮮な「ギフチョウ」が続々とあらわれて目を楽しませてくれました。
a0126632_20141946.jpg
a0126632_20143721.jpg

羽化直後と思われる個体が、「ここは私の席だよ」とばかりにベンチで日向ぼっこを
してくれました。

               in2014.03.28神奈川県つづく
by himeoo27 | 2014-03-29 20:19 | アゲハチョウ | Comments(46)


神奈川県ギフチョウ舞う in2012/04/08①

本日は散々出かけるべきか?迷って神奈川県のギフチョウの山に出かけると、現地で蝶と蜻蛉の撮影日記のdragonbutterさんにお会いしました。その後2人で探蝶を行うことにいたしました。
a0126632_19134779.jpg

とあるポイントに辿り着くと「ギフチョウ」と蝶の探手箱のcactussさんと横浜のKさんが迎えてくれました。
cactussさんによると丁度飛び始めたばかりとのことで、超ラッキーな到着となりました。
a0126632_19275615.jpg

まずは大好きなマクロレンズによる接写で1コマ
a0126632_19285179.jpg

「地面でも良いけど、枝先に止まってくれたら背景がとぶのに」などと厚かましいことを思っていると想定通りに枝先に止まりました。
a0126632_19304667.jpg

綺麗な裏面も写したかったので回り込んで3コマ目
a0126632_19312967.jpg

図鑑プロジェクトの影響で、側面も狙ってみるが閉翅不十分でした・・・・・・・

*そうそう、今月末にやっと3年越しの大プロジェクトチョウのフィールド図鑑完成するようです。

a0126632_1934112.jpg

一応ギフチョウを今年も撮影出来たので余裕をかまして、「撮影風景」や
a0126632_1935949.jpg

望遠ズームによる「飛翔」も狙ってみました。こちらはyodaさんのようには上手くいきませんでした。

一旦、cactussさんと横浜のKさんと分かれて、dragonbutterさんと菫の花のポイントに行くと
a0126632_193848100.jpg

運良くギフチョウが吸蜜してくれました。

               in2012/04/08続く
by himeoo27 | 2012-04-08 19:43 | アゲハチョウ | Comments(48)


ダンダラ模様2種(トラフシジミ&ギフチョウ) in神奈川県20110402①

tyoutorinさんが蝶撮日記に3月29日に、
midoriさんが美撮に夢中に3月30日神奈川県で春の妖精の女王「ギフチョウ」が出ているとブログに記載があったので風任せ自由人のmaximiechanさんと 神奈川県のギフチョウの里に出かけてみました。
a0126632_19554330.jpg

そこでは予想していなかった同じダンダラ模様の「トラフシジミ」が梅の花の傍で出迎えてくれました。
ギフチョウのポイントには、「蝶と山・てくてく写日記のbanyanさん、「フィールドノートのtheclaさん、「蝶の玉手箱のcactussさん、「暖蝶寒鳥のゴマさん、「美撮に夢中」のmidoriさん、「akakkoのゆっくりのんびりいきましょうのakakkoさん等々の凄いメンバーが集まってきました。
すると、
a0126632_2092078.jpg

この個体はギフチョウの♂らしい等
a0126632_2092891.jpg

次々に、我々の前に「ギフチョウ」が舞いあがってきてくれました。
吸蜜や、交尾行動等が見られましたがヒメオオには撮影は叶いませんでした。

皆で次のポイントに移動していると
a0126632_2012204.jpg
a0126632_20122825.jpg

羽化直後と思われる個体(たぶん♀かな?)が出てきてしばらくのんびりしていたので、皆を楽しませてくれました。

                    in神奈川県20110402続く
by himeoo27 | 2011-04-02 20:24 | アゲハチョウ | Comments(32)


クモマツマキチョウ&ギフチョウほか in長野県100529①

「蝶鳥ウオッチング」のyodaさんの車を登山道路終点の駐車場に置いて山道を登っていくこと1時間以上なかなか居ないものだと話していると!
a0126632_21372442.jpg

裏面がややツマキチョウに似ているものの翅が丸っこい小さな白っぽい蝶が吸蜜を始めました。
a0126632_2139215.jpg

ひょっとして!憧れの「クモマツマキチョウ」♀では、と接写すると恥ずかしいのか?
a0126632_21401177.jpg

頭を花の中に突っ込んでしまいました。でも翅の裏面の模様が金色に輝きとても綺麗でした。
a0126632_21412637.jpg

ここは、長野県の北アルプスの山中でかなり残雪が沢山残っております。雪と新芽とガレ場のコントラストがとても綺麗な場所です。日頃の鍛錬を全くしていないヒメオオは顎を出してしまいましたが!
現地に着くと地元の「蝶と里山浪漫紀行」のFさんや、「北信に舞う蝶たち」のHAさんも来ていました。
翅の端部に広くオレンジの色彩を持つ♂を探してみましたが、本日は見つけられませんでした。
この登山道には、
a0126632_21484568.jpg

まだ「ギフチョウ」が吸蜜していたので、何時ものように近づいて
a0126632_2149384.jpg

接写しました。少し草に翅がかかったものの、この時期見れただけで大満足です。
a0126632_21505725.jpg
a0126632_2151683.jpg
a0126632_21511589.jpg

この登山道で一番目についた蝶はこの「サカハチチョウ」でした。小さく動きが比較的早いものの翅の赤の色がとても鮮やかでした。
a0126632_21531554.jpg

シロチョウ類で多いのは「ヤマトスジグロシロチョウ?」です。大きさも飛び方も違うのに、この蝶が飛ぶたびにクモマツマキチョウ♀では!と追っかけまわしました。
a0126632_21543493.jpg

標高が高い場所なのに、何時もの「モンキチョウ」も数頭飛んでいました。こちらは、クモマツマキチョウ♂と勘違いしたくなりました。
a0126632_21573891.jpg

今年初となる「ヤマキマダラヒカゲ」吸水も接写することが出来ました。この蝶は地味ながら複雑な模様がとても素敵です。
この山道は、蝶や風景だけでなく野鳥や
a0126632_21585769.jpg

「ニリンソウ」やカタクリ、スミレ類(種名不明)等々の花も咲き乱れてとても良い場所でした。

(写真はクリックすると少し大きくなります)

          in長野県100529続く
by himeoo27 | 2010-05-29 22:02 | シロチョウ | Comments(20)


カタクリ&白馬ギフ in白馬村100502~04②

ヒメギフについで目標だったのがヒメシロチョウの初見でした。2日の朝、残雪が多く白馬村について最初シロチョウ類には全く出会いませんでした。それでも午後になると気温も上がり
a0126632_16374835.jpg

「スジグロシロチョウ」やモンシロチョウに出会うことができました。ヒメシロチョウ、ツマキチョウには出会えませんでしたが、シロチョウ類にも出会えて嬉しかったです。
セセリチョウの仲間は、ミヤマセセリらしい姿をチラっと見ただけでした。
それに対して、タテハの多彩な仲間には出会いました。
a0126632_16433349.jpg
a0126632_16434284.jpg

「キタテハ」も暖かい日差しを浴びて吸蜜に忙しそうです。近づいて綺麗に撮ろうとしましたが、流石に逃げられてしまいました。
a0126632_16464922.jpg

残雪の上にかなり傷んだ古武士のような風格のあるチョウが止まっていました。さいたま市内には居ない「エルタテハ」のようです。エルタテハとすると、学名に「samurai=侍」とついておりなるほどと納得しました。
a0126632_16544837.jpg

こちらも上の写真と同一個体かと思いましたが、「ヒオドシチョウ」かもしれません。
a0126632_16545646.jpg

この蝶は、私がギフチョウを待っていた材木置き場にテリトリーを張っており、かなり接近して撮影出来ました。裏面の模様が「L」状か?「C」状か判別困難ですが色合いより「シータテハ」の可能性もあります。
a0126632_1656526.jpg

さらに、同じくギフチョウ撮影を狙っていた方の帽子の上にも止まって、待ち時間の間を持たせてくれました。これらの写真を撮った場所は多彩のタテハチョウが舞っていたので混同したのかもしれません。ご指摘いただいた研究者の「I」さん、yodaさん有難うございました。
このほかに、キベリタテハ、クジャクチョウ、アカタテハ、ルリタテハ等々のタテハ類も観察出来ましたが、鈍いヒメオオのカメラでは捉えることが出来ませんでした。

そうそう肝心の「ギフチョウ」ですがヒメギフチョウを撮影したのとほぼ同じ場所で、
a0126632_1715667.jpg

たった1頭だけですが、カタクリの花に吸蜜に来てくれました。
a0126632_1723367.jpg

裏に回り込んでパチリ!
a0126632_173630.jpg

接近してもう1コマと大盤振る舞いに撮影させてくれました。期待していた「イエローバンド」の個体ではありませんが、ヒメギフについで「白馬ギフ」も見れて大満足のヒメオオでした。

   (横向きの画像はクリックにより少し大きくなります)

           in白馬村100502~04続く        
by himeoo27 | 2010-05-05 17:09 | アゲハチョウ | Comments(32)


今年初のギフチョウ in100403神奈川①

今年もギフチョウが見たいな!と考えていると「蝶鳥ウオッチング」の
yodaさんより電話があり一緒に神奈川県にプチ遠征に行きました。

山頂付近にいるのではとフーフー言いながら登頂しました。しかし、風も
冷たくその直前居たという「ヒオドシチョウ」も隠れてしまい。重い足を
引きずり麓におりてきました。
地元のⅠさん、蝶類保全協会のUさん、Mさんがギフチョウを待っていま
した。
30分程度待っていると太陽が顔を出すとともに、ブログの先輩の「蝶の
観察記録」の霧島緑さん、「蝶の玉手箱」のcactussさんをはじめ続々撮影
者が、やってきました。すると!
a0126632_2135734.jpg

a0126632_21361567.jpg

突然「ギフチョウ」が現れ桜の花で吸蜜を始めました。
yodaさんがこっちにも居るよと呼んでくれたのでそちらに飛んで行くと
a0126632_21391932.jpg
a0126632_21393193.jpg

羽化直後の個体が直ぐ近くで吸蜜をしていました。
a0126632_21411287.jpg

この子吸蜜にも疲れたのか翅を開いて日光浴をしてくれました。

             100403 in神奈川続く         
by himeoo27 | 2010-04-03 21:43 | アゲハチョウ | Comments(26)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
都心、南国、信州など各地..
by yurinBD at 23:46
飛翔姿素晴らしいですね。..
by torinara at 21:15
こんにちは(ゝω∂) ..
by だんちょう at 15:17
南国のシロチョウたちもい..
by 22wn3288 at 08:24
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:45
ツマキチョウはとまっても..
by uke-en at 22:39
Shin 様 本日は..
by himeoo27 at 19:42
midori 様 貴..
by himeoo27 at 19:34
だんちょう 様 関東地..
by himeoo27 at 19:24
maman 様 春の..
by himeoo27 at 19:13
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧