ヒメオオの寄り道


タグ:キタテハ ( 18 ) タグの人気記事



埼玉県の黒いキタテハと八重山諸島の紫のタテハ in2016.09~10

a0126632_1935287.jpg

1か月近く経ったので「時効」ということで
a0126632_19371414.jpg

黒いキタテハに出逢う前に登場してくれたのは
「メスグロヒョウモン雌」です。飛び立ちを写すと、
左下端付近の上翅の黒いハムシも一緒に飛び立ってくれました。
a0126632_19423584.jpg

次に登場したのは「ミドリヒョウモン」です。
アザミの花に飛来してきました。
a0126632_19442870.jpg

草原に出ると左下隅のキタテハ通常個体と比べると後翅の黒い
キタテハがやや右やや下に観察出来ました。
a0126632_19482655.jpg

a0126632_19484392.jpg

普通の「キタテハ」は、表翅の黄色~橙色が広く鮮やかですが
a0126632_19542452.jpg

a0126632_19544492.jpg

「キタテハ黒化型」と名付けたこの個体は後翅の表が殆ど黒色
です。ここまで黒いキタテハは初めて観察しました。
      in2016.09.17埼玉県中北部の公園にて
******************************
a0126632_19584159.jpg

a0126632_19593022.jpg

a0126632_19595647.jpg

本日、埼玉県中部の公園で「キタテハ黒化型」を探してみましたが
残念ながら見つけることは叶いませんでした。
a0126632_202312.jpg

黄色系のタテハは「ツマグロヒョウモン」も観察出来ました。
      in2016.10.15埼玉県中部の公園にて
******************************
a0126632_2055751.jpg

a0126632_2062570.jpg

a0126632_2064983.jpg

話が前後しますが、黄色~橙色の補色の「紫」という名前のつく
八重山諸島の蝶から2種の紹介です。
まずは表翅の青色と白が鮮やかな「リュウキュウムラサキ」です。
雌は地域差が大きいので、色々観察したいものです。
a0126632_20103878.jpg

a0126632_20105817.jpg

a0126632_20111964.jpg

最後紹介するチョウは、ズバリ「(ヤエヤマ)ムラサキ」です。
雄の表翅は赤紫色に渋く輝きます。
      in2016.10.06~09石垣島&西表島②つづく
by himeoo27 | 2016-10-15 20:15 | タテハチョウ | Comments(24)


見沼田んぼの越冬チョウ(冬の中休み)in2016.02.06~14

コメント入力が上手く出来ないのでブログ更新のみ行います。

a0126632_2025743.jpg

今年はじめから観察している見沼田んぼの越冬「ムラサキツバメ」
ですが、雪や低温を乗り越えて2月6日再び2頭に増えていました。

            in2016.02.06見沼田んぼ
*****************************
2月14日気温が20℃以上に上昇するとのことで9:30に再訪すると
2頭いた塒はもぬけの空です。
a0126632_20285050.jpg

a0126632_20291043.jpg

9:45頃それらしい個体が飛んでいたので、14:00頃訪ねてみると
「ムラサキツバメ」雄が出てきて挨拶してくれました。
a0126632_2034093.jpg

a0126632_20341613.jpg

ムラサキツバメと同じ場所で、小さなシジミチョウが舞っていたので
良く見ると「ムラサキシジミ」雌です。アオキの熟した実で吸汁した
り綺麗な表翅の輝きを見せてくれました。

a0126632_20384521.jpg

a0126632_203903.jpg

気温の上昇とともにどこに隠れていたのか?「キタテハ」が次々と舞
い出てきました。それでも総数で6~7頭くらいかな!

a0126632_2042114.jpg

a0126632_2042283.jpg

今年はまだ越冬中の「キタキチョウ」を見つけていないので探してみ
ると、ノンビリ越冬中の個体をやっと1頭見つけました。
a0126632_20454278.jpg

越冬中とは別のキタキチョウがいたので105㎜マクロレンズと
a0126632_20465762.jpg

a0126632_20472547.jpg

魚眼レンズで飛翔撮影に挑戦してみました。下の写真の左上の樹の下
の自転車は我が愛車です。

越冬ウラギンシジミは全てもぬけの空、
モンキチョウの新蝶は見つけるも撮影叶わなかったものの楽しい蝶撮
行でした。

            in2016.02.14見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-02-15 20:56 | チョウ全般


早春の城跡に蟲と遊ぶ in2014.03.16

a0126632_18322139.jpg

「ベニシジミ」の新蝶が出ているとのことで埼玉県中北部の公園までプチ遠征して
きました。
a0126632_18364026.jpg

           (パノラマ撮影なのでクリックすると大きくなります。)
平家物語に登場する武将が城主だったそうで、結構広い城跡です。
a0126632_1840208.jpg
a0126632_18403213.jpg

毎年、トギレフユエダシャクなどの冬尺蛾も良く観察出来るので探してみました。
特にメスに会いたかったのですが・・・・・
この個体は、「ホソウスバフユシャク?」のように思いますが、自信がありません。
a0126632_18472436.jpg
a0126632_18474098.jpg

ホソウスバフユシャク?のすぐ近くにえらく「存在感のある蛾」が止まっていました。
2回りほど大きく色合いは地味なものの結構格好よかったです。
どなたか種名教えてください。
↓「arisuabu」さん、 「だんちょう」さん、「itotonbosan」さん、「 みき♂ 」さんの
ご指摘によりhpで検索すると、各地で早春に発生する「アトジロエダシャク」のよう
です。皆様、有難うございました。
a0126632_18541962.jpg

杭の上には小さな目玉オヤジが、睨んでいます。「ハエトリグモの仲間」のようです。
↓「 みき♂ 」さんのご指摘により調べてみると「目玉オヤジ」ではなく「ネコハエトリ♀」
でした。「 みき♂ 」さん有難うございます。
a0126632_1857146.jpg

下を見て歩いていると、輝く生き物が!「ゴミムシの仲間」でした。
a0126632_18581710.jpg

毎年コツバメを良く観察出来るアセビには「セイヨウミツバチ」が顔を見せてくれました。
チョウとは違う愛嬌を感じます。
a0126632_193424.jpg

ベニシジミだけでは寂しいと思いつつ蝶を探していると、フレンドリーな「キタテハ」が別
れの挨拶をしてくれました。

                           in2014.03.16
by himeoo27 | 2014-03-16 19:11 | 昆虫一般 | Comments(20)


蝶は夜露に濡れて in2013.11.17北本自然観察公園①

a0126632_16341015.jpg

********************************
a0126632_163524.jpg

「さいたま市宇宙劇場」で12月1日まで「Buttefly~蝶たちの不思議な大移動~」
が上映されているので出かけてみました。プラネタリウム用の巨大なドーム状の
画面に「オオカバマダラ」の生態、その不思議を探る研究者がドラマチックに写し
だされ大感激しました。プレゼントに貰った「ミニ昆虫消しゴム」ちょっと得した感じ
で嬉しかったです。
                 in2013.11.16さいたま市大宮区
*********************************
a0126632_16431563.jpg
a0126632_16433059.jpg

紅葉と晩秋の蝶探しに「北本自然観察公園」に出かけると東京動物園協会主催
の「小笠原の今」という講演会のチラシがあったので貰ってきました。
大好きな、多摩動物公園で行われる第3回の「小笠原の固有チョウ類の今」と
「オガサワラシジミの飼育と繁殖」をぜひ聞いてみたいです。
a0126632_16502773.jpg

開園前に見つけた「ヤマトシジミ」は夜露に濡れ輝いて見えました。
a0126632_16524090.jpg

「ナミテントウ」や
a0126632_16531419.jpg

「マルカメムシ」を探して何とか写していると
蝶散歩の chosanpoさん、自然散策雑記帳の「ねこきち」さんに出逢いました。
a0126632_1703817.jpg

「スッポンタケ」を「ねこきち」さんが
a0126632_171379.jpg

「キタテハ」を chosanpoさんが見つけてくれました。越冬途中の個体が、
20℃近い気温上昇にあわせて登場してくれたようです。
a0126632_1735769.jpg

私も比較的綺麗な「キタキチョウ」を見つけました。多分この付近に越冬地
があるのかな?

                  in2013.11.17北本自然観察公園つづく
by himeoo27 | 2013-11-17 17:08 | 昆虫一般 | Comments(20)


ルリシジミ♀ほか in2013.09.07見沼田んぼ

a0126632_202035.jpg

先々週カラスアゲハ、先週ナガサキアゲハと出逢った場所でクロアゲハを
待っていると「ルリシジミ♀」が舞い降りてきました。
a0126632_2011545.jpg

黒系アゲハとは違う爽やかな美しさです。
a0126632_201531100.jpg
a0126632_20154227.jpg

パスト連写機能を使って飛び立ちも撮影させてもらいました。

a0126632_2019940.jpg

先週も探した「ヤマトシジミ黒♀」です。今日出逢えたこの子の表翅はビロード
のように艶々に輝いてくれました。

a0126632_20253199.jpg

「ベニシジミ」も暑さが緩む予兆か?表翅のやや黒味が減ったような気が
しました。まるで、日焼けが少なくなったようです。

a0126632_20334474.jpg

最近、増えてきたのはこの「ヒメウラナミジャノメ」です。6月初めに兵庫県で
観察したウラナミジャノメより一回り小さくて目玉模様が少ないのが特徴点
です。

a0126632_20421473.jpg

タテハチョウの仲間で数が多いのは「キタテハ」です。かなり渋めのデザイン
ですが、小さな水色の水玉模様がチャームポイントです。

a0126632_20451274.jpg

チョウ以外には、「オンブバッタ」のカップルに言い寄る雄かな?
まるで子供が仲の良い彼の両親にかまって欲しいような感じでした。

a0126632_20512191.jpg

「ツチイナゴ」でしょうか?正面顔は馬面で面白いですね!

                        in2013.09.07見沼田んぼ
by himeoo27 | 2013-09-07 20:53 | チョウ全般 | Comments(18)


赤蜻蛉 と チョウの親子 in2012.10.08埼玉県①

10月8日の休み晴れたので撮影行に出かけるべく家の扉を開けると
a0126632_1793221.jpg

共用廊下の手すりに赤蜻蛉「アキアカネ?」が止まっていました。

埼玉県中部の公園ではまず蟻と共生するチョウの幼虫探しです。
a0126632_1711353.jpg

幼虫に出逢う前に久しぶりにstrollのたまさんに出逢いました。
2人で探すと直ぐに蟻と一緒に居る所を見つけることが叶いました。
a0126632_17182828.jpg

「たま」さんが呼んでいるのでカメラを向けると親の「ムラサキツバメ♀」が、
止まっていました。産卵シーンを確認して卵の写真を撮ろうと2人で狙い
ましたが、残念ながらこの後親チョウを見失ってしまいました。

次のポイントに移動する途中で自然散策雑記帳の「ねこきち」さんにも出逢えました。
a0126632_17221098.jpg

別のチョウの幼虫を探していると、「蛹」を「たま」さんが見つけてくれました。
a0126632_17284633.jpg

「キタテハ」の蛹です。
この時期に「キタテハ」の柳の樹液の吸汁シーン撮影は初めてかな?

a0126632_1733314.jpg

今度は「ねこきち」さんが、幼虫を見つけてくれました。
a0126632_1734038.jpg

「キタキチョウ」です。逆光のシルエットがとても素敵ですね!

a0126632_17353083.jpg

この公園でも赤蜻蛉「アキアカネ?」が出てきてくれました。

                      in2012.10.08埼玉県つづく
by himeoo27 | 2012-10-09 23:04 | 昆虫一般 | Comments(18)


埼玉県南部の森の周りの蝶たち in2012.06.10③

今頃「那覇空港」に到着して3日間の探蝶行動に入っているので
2週間前の過去ネタを掲載いたします。
a0126632_12151030.jpg

ミズイロオナガシジミの森を抜けた草はらには「ベニシジミ夏型」
が吸蜜していました。
手前の草かぶりですが、新鮮でとても輝いています。
a0126632_12185453.jpg

真横から写すと、とってもキュートです。
a0126632_12194583.jpg

ベニシジミを撮っていると小さな黄色い蝶が軽快に前を通って吸蜜
をはじめました。林縁部に多い「キマダラセセリ」です。
a0126632_12235247.jpg

腹部末端の形状、目が相対的大きい、前翅の先端が尖っていること
より♂のように思われます。
a0126632_12255875.jpg

すると中型の蝶「キタテハ夏型」が颯爽と登場です。かなり地味な蝶
ですが、キマダラセセリと比べると堂々として見えます。
a0126632_12304088.jpg

今度は白と黒の模様でダンデイーな「イチモンジチョウ」も登場です。
a0126632_12355269.jpg

「ダイミョウセセリ」は警戒するとこのようにベターと葉の上に張り付
いて固まってしまうそうです。
ゆえに、この子も撮影の時怖かったのかな?
a0126632_12515854.jpg

フクロウの森の中に入り樹液の出る樹を見ると「ルリタテハ」や、
サトキマダラヒカゲ等が吸汁に集まっていました。

この森の中は池も多く
a0126632_1355025.jpg

「コシアキトンボ」等のトンボの仲間も飛んでいました。

                          in2012.06.10終わり
by himeoo27 | 2012-06-23 10:30 | チョウ全般 | Comments(18)


キタテハの冬の塒 in埼玉県中部の公園20120226①

皆さんのブログによると埼玉県、群馬県、東京都等々で「モンキチョウ」が登場したとのことで
本日、埼玉県中部の公園に探しに出かけてみました。
a0126632_1849439.jpg

水辺の「ハンノキ」の幹を良く見ると
a0126632_18503226.jpg
a0126632_18504083.jpg

ミドリシジミの卵が3個見つかりました。まずは幸先良し!です。
a0126632_18525217.jpg

2月11日「フサヤガ」が越冬していた「あずまや」の天井裏を覗くと、
場所が少し変わっているもののその怪異な姿を今日も見せてくれました。

日差しが弱く気温も上がらないので、ベニシジミの幼虫探しに切り替えて草藪の中を探すと
a0126632_185745100.jpg
a0126632_18575342.jpg

草むらから「ツヤマルガタゴミムシ?」が飛び出してきました。
寒くて動きが悪いものの小さく、止まらないので、ピントを合わせることが難しかったです。
さらに同じ草藪を探すと・・・・・・・・
a0126632_1921128.jpg

何か蝶のようなものが!!!
a0126632_1924270.jpg

な・・なんと、越冬中の「キタテハ」でした。
一昨年の晩秋、陽が陰ってツツジの植え込みに潜り込むキタテハを観察したことがありましたが、越冬場所を見つけたのは初めてだったので大興奮です。
目的の「モンキチョウ」は見つけられませんでしたが、満足の昆虫探索の1日でした。
a0126632_1964090.jpg

ちなみにキタテハの越冬場所や、ゴミムシが出てきた草藪は↑のような場所です。

              in埼玉県中部の公園20120226続く
by himeoo27 | 2012-02-26 19:11 | 昆虫一般 | Comments(24)


群馬クロツ健在 in20111016

蝶の版画と写真展」が群馬県高崎市のNTT YOU HALLで10月13日~18日まで開催中なので、群馬県へ出かけてみました。
a0126632_20333332.jpg

午前中は県内の「クロツバメシジミ」のポイントへ出かけてみました。
a0126632_2036827.jpg

このポイントで一番多かったのは「キタテハ」でした。熟した柿の吸汁に熱心で直ぐ近くまで寄らせてくれました。
a0126632_20402889.jpg

食草のツメレンゲの廻りには残念ながらクロツは比較的傷んだ個体が多く、交尾や産卵は観察出来ませんでした。
a0126632_2038426.jpg

綺麗な個体は崖の途中に居るので、よじ登って半身の体勢で写すしかありません。
a0126632_20382980.jpg

a0126632_2039979.jpg

諦めて帰ろうとすると崖の下の撮りやすい場所に舞い降りてきてくれました。
「蝶の版画と写真展」に綺麗なゼフ♂の飛翔接写画像を展示されている前橋のKさんが来られたのでポイントを譲って展示会場へ向かいました。
a0126632_20521578.jpg

駅まで戻る途中の坂道に「クロアゲハ」が吸蜜に舞い降りてきたので接写すると
a0126632_2058645.jpg

驚いて逃げ去りました。
a0126632_20583772.jpg

電車の駅では「銀河鉄道999」の臨時列車が止まっていました。

高崎での展示会では花鳥風月のbuttfflowさん、Y新聞電子版で連載された「大人になった昆虫少年」の挿絵版画家で有名な広田さんご夫妻、「日本昆虫協会」理事の新部さんに、興味深い話が聞けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

                   in20111016終わり
by himeoo27 | 2011-10-16 21:19 | シジミチョウ | Comments(16)


キタテハ他 in埼玉県北部20110319③

a0126632_1311549.jpg

話は前後しますが、「蝶鳥ウオッチングのyodaさんと埼玉県北部の某ポイントにたどり着くと、桶川のNさんが先に来られていて
a0126632_13125081.jpg
a0126632_13125923.jpg

「キタテハ」の♀が交尾拒否していますよ!と教えてくれました。ダンダラさんの小畔川日記を見てぜひ観察したいものだと思っていたので早速撮影しました。♀が嫌そうな顔をしているのに一生懸命訴える♂にとても同情したヒメオオです。
a0126632_13192073.jpg

地味なイメージのキタテハですが、このように見上げると武骨な野武士のようにとても堂々としていました。
キタテハ以外のタテハチョウの仲間はヒメオオとNさんが「アカタテハ」を、yodaさんが「ルリタテハ」を目撃しましたが、どちらも撮影が叶いませんでした。

この後、目が静止昆虫の探索モードに切り替わり床下の
a0126632_133238100.jpg

樹皮に似た奇妙な模様の「コフサヤガ?」を見つけました。
a0126632_13343531.jpg

この蛾は模様だけではなく、横から見ると形状もとても変わっていて蝶とは別の意味で興味深く撮影しました。

「キタテハの交尾拒否」を教えてくれたNさん、同行して「ツマグロキチョウ」を見つけてくれたyodaさん有難うございました。またよろしくお願いいたします。

in埼玉県北部20110319終わり
by himeoo27 | 2011-03-21 13:41 | タテハチョウ | Comments(28)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
鳩山邦夫氏の追悼展ですか..
by clossiana at 16:01
都心、南国、信州など各地..
by yurinBD at 23:46
飛翔姿素晴らしいですね。..
by torinara at 21:15
こんにちは(ゝω∂) ..
by だんちょう at 15:17
南国のシロチョウたちもい..
by 22wn3288 at 08:24
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:45
ツマキチョウはとまっても..
by uke-en at 22:39
Shin 様 本日は..
by himeoo27 at 19:42
midori 様 貴..
by himeoo27 at 19:34
だんちょう 様 関東地..
by himeoo27 at 19:24
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧