ヒメオオの寄り道


タグ:キイロテントウ ( 4 ) タグの人気記事



そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ

a0126632_15461297.jpg

越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。
本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。
a0126632_15485330.jpg

キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけです
が越冬「キノカワガ」も見つかりました。
               in2017.02.19見沼田んぼ
a0126632_21422528.jpg

a0126632_214356.jpg

ところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・
a0126632_1604373.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_15594452.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日3頭観察出来た越冬「ムラサキシジミ」C群はもぬけの空
a0126632_1623175.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_163513.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日この場所最後の1頭となった越冬「ウラギンシジミ」も見失っ
てしまいました。

「そして誰もいなくなった」見沼田んぼ某所の越冬チョウたちです。
2016年11月6日から継続していた見沼田んぼでの観察は今回で終了し
ます。
by himeoo27 | 2017-02-19 16:22 | 昆虫一般 | Comments(12)


埼玉の冬を過ごす昆虫たち in2016.01.10~30 

埼玉県内でも師走の寒さの中、昆虫たちがどのように冬を
過ごしているのか観察してみました。
a0126632_16185911.jpg

a0126632_16192468.jpg

埼玉県中部の公園でまず見つけたのは「ウラギンシジミ」
です。まだ寒さが厳しくなかったこの時は5~6頭見つける
ことが出来ました。
a0126632_16222652.jpg

a0126632_16224254.jpg

「ウスバフユシャク雌」でしょうか?1月2日に交尾ペア
見つけた直ぐ近くで冬尺蛾の雌を今季初きちんと撮影でき
ました。成虫なのに珍妙な形状ですね!
       in2016.01.09埼玉県中部の公園
****************************
a0126632_16285298.jpg

珍妙な蛾というとこの「ブドウトリバ?」などのトリバガの
仲間でしょう。見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団のあ
る場所のすぐ近くの石灯籠に止まっていました。
       in2016.01.10見沼田んぼ
****************************
a0126632_16385912.jpg

a0126632_16392727.jpg

1月17日~18日にかけての大雪で
見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団がどうなったのか
心配になって出かけてみました。
集団の数が5→4頭に減ったものの1枚奥の葉の上に移って
元気に過ごしていました。
       in2016.01.23見沼田んぼ
****************************
心配していた1月23日~24日の降雪は殆どなかったものの
1月25日~26日の記録的な低温、1月29日~30日の氷雨が
ムラサキツバメの越冬集団にどのような影響を与えたのか
確認すると
a0126632_16522154.jpg

残念ながら1頭に減っていました。この1頭だけでも冬を
乗り越えて欲しいです。
a0126632_1655463.jpg

a0126632_16552171.jpg

「ブドウトリバ?」のいた石灯籠には「キイロテントウ」
が3頭5℃程度の低温なのに元気に歩き回っていました。
a0126632_16584016.jpg

他の生き物は・・・と探してみると蛾の幼虫?が見つかり
ました。
鍵コメ1さんのご指導でインターネット検索したところ
「ゴマフリドクガ」の幼虫のようです。
鍵コメ1さんご指導ありがとうございました。

       in2016.01.30見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-01-30 17:06 | 昆虫一般 | Comments(16)


北本自然観察公園にて in2012.02.11

コミミズク撮影に出かける前に「北本自然観察公園」に出かけてみました。
a0126632_19293337.jpg

テントウムシが越冬してると記載のあった場所を蝶散歩のchosanpoさんと探してみました。
残念ながらテントウムシは見つかりませんでしたが、越冬中の少し渋めの「蛾」を1頭見つけることが出来ました。
「 バルキング」さんのご指摘↓より「フサヤガ」のようです。バルキングさん有難うございました。
a0126632_19372761.jpg

フユシャクがいないかな?と雑木林を探してみると今年のべ7頭目の「キノカワガ」を見つけました。
a0126632_1940095.jpg

アップにすると幹とは容易に区別出来ますが、その擬態には驚かされます。
a0126632_19411512.jpg

キノカワガと同じ樹の幹の間には黄色く輝く「キイロテントウ」も越冬していました。
キノカワガと対照的に、これだけ目立つのに野鳥に見つけられないとは?不思議です。
a0126632_19431980.jpg
a0126632_19432964.jpg

ベニシジミの幼虫でもいないかな?と葉っぱをめくると
「シロヘリクチブトカメムシ」が葉っぱと葉っぱの間に越冬していました。
シャープなスタイルで、色調もとっても綺麗なカメムシです。
私の図鑑では九州以南に生息との記載がありましたが、
北上してきて、今年の関東の冬も乗り越えそうです。
a0126632_19483038.jpg

この公園は、昆虫より野鳥で有名ですが、「青鷺」、「鴨」等の水辺の鳥や
a0126632_19495343.jpg

「ジョウビタキ」君も出てきてくれました。
by himeoo27 | 2012-02-18 19:26 | 昆虫一般 | Comments(6)


色々な蟲たちの越冬 in北本自然観察公園

昨日、写した写真の確認と越冬昆虫を見に北本自然観察公園へ行ってきました。
楽なことが大好きなヒメオオはまず「自然学習センター」の学芸員に本日のポイント
を教えて貰って公園内へ出陣です。
a0126632_12573199.jpg

まず見つけたのはコナラの幹の影で越冬中の5mm程度の小さな「キイロテントウ」
です。この子は、ウドンコ病菌などの菌類を食べるそうです。
a0126632_1321384.jpg

キイロテントウと同じくコナラの幹には「トホシテントウ」の幼虫が寒そうに付いて
いました。キイロより数が多くコナラ以外の広葉樹の幹でも見つけることが出来ます。
餌は普通の「テントウムシ」と異なり「草食系」です。でもテントウムシの草食系は
ちょっといかつい感じですね。カラスウリやアマチャヅルの葉を食べるそうです。
半日以上探して、結局ヒメオオが自力で見つけることが出来たのはこの2種だけでした。
a0126632_131058100.jpg

自助努力の限界を感じたヒメオオは、昼から「越冬昆虫の観察会」に参加いたしました。
学芸員が親切に解説指導してくれるのでとてもためにもなります。コナラの幹シーリズの
最後は「クリオオアブラムシ」の卵群です。クリオオアブラムシはクヌギ、コナラ、クリ
等のブナ科の木につく大型のアブラムシでクロオオアリやクロクサアリと共存しているそ
うです。
a0126632_13184364.jpg

広葉樹の幹で越冬する昆虫の最後は、先月ぐんま昆虫の森でも登場した「ヨコヅナサシガメ」
の幼虫群です。地球温暖化?の為に北上する種の1つで、他の北上種と同じく今現在天敵
が少ないのか、ここでも圧倒的な数の幼虫が越冬中でした。
a0126632_13235319.jpg

これは、ヒノキの木の樹皮の下で越冬していた「ヤニサシガメ」というカメムシです。
同じカメムシの仲間なのにヨコヅナと比べると個体数は多くありません。
a0126632_13273237.jpg

セメントモルタルを固めたような非常に硬い壷状のドロ塊がヤニサシガメの居たヒノキ
の近くの低木についていました。「スズバチ」という20~30mm程度の比較的大き
な蜂の巣です。中は小さな部屋に分かれていて幼虫や蛹が中にいるそうです。この巣の
入口は完全塞がれており、羽化した新成虫は各部屋の壁を破って出てきます。
a0126632_13352118.jpg

この日の「越冬昆虫の観察会」メインは草薮を皆で鎌で切って、草薮に潜む蟲を探すこと
です。「小さなヒシバッタやガの仲間」の幼虫がポツポツ出てきたと思ったらボコっと土
が盛り上がって腹の大きな「ニホンアカガエル」の♀が出てきました。池まで100m近く
離れた草原の中の草むらだったので吃驚しました。
a0126632_1336873.jpg

さらに草を刈っていると蚊のうような小さな虫が飛び出してきました。トリバガという蛾
の仲間です。とても小さな飛行機のような形をしています。越冬するヒルガオトリバと仮
定するとヒルガオやサツマイモなどの葉や花を食べるそうです。いずれにしても蛾の仲間
は6000~7000種もいるので20~30種のクワガタの区別も付かないヒメオオに
は同定不可能です。
a0126632_13484911.jpg

最後は、大きな倒木の下で越冬していた甲虫の仲間の「クロサビイロハネカクシ」です。
体長20mm程度と普通は小さな種類のハネカクシの仲間では異色の大きな体です。甲虫
の仲間らしからず翅が小さく腹がむき出しで地味で目立たない昆虫です。生き物の死骸を
餌としているそうです。

2010.02.06 北本自然観察公園にて(蟲の部終わり)
by himeoo27 | 2010-02-07 13:56 | 他の昆虫 | Comments(10)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
Sippoさんと同じく、..
by yurinBD at 06:41
野生のコノハチョウ、見て..
by Sippo5655 at 22:11
こんばんは!! コ..
by だんちょう at 23:15
最近の蝶の生態シリーズみ..
by 武ちゃん at 22:20
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:37
ルリタテハのスバル斑なん..
by uke-en at 19:08
コノハチョウ、綺麗ですね..
by torinara at 17:03
torinara 様 ..
by himeoo27 at 12:05
naoggio 様 ..
by himeoo27 at 11:58
ainomidori44..
by himeoo27 at 11:44
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧