ヒメオオの寄り道


タグ:オオムラサキ ( 12 ) タグの人気記事



東信地方でオオムラサキ、コムラサキと集う蝶友 in2017.07.22①

a0126632_18045977.gif
a0126632_18062167.gif
今年も東信地方にある大手農機具メーカーM社の森で7/22
「オオムラサキ」観察会が開催されたので訪問してみました。
M社の森はオオムラサキをはじめチョウ影が濃い場所です。
a0126632_18194141.gif
a0126632_18200303.gif
黒点の多い裏翅の模様より「ホシミスジ」と思われる蝶も登場してくれました。
a0126632_18225147.gif
a0126632_18231551.gif
M社から少し離れた渓流沿いに飛んでいたのは「ミスジチョウ」かな?
a0126632_18080738.gif
渓流沿いの水溜まりで吸水していたのは「ゴマダラチョウ」
a0126632_18140055.gif
樹上から飛び立ったのは「シータテハ」夏型と思われます。
a0126632_18123554.gif
オオムラサキより鮮やかなブルーは
a0126632_18091818.gif
「コムラサキ」です。
a0126632_18113443.gif
ニコン1V3の機能を使って飛び立ちも撮りこむことが叶いました。

同行してくれた皆さん、現地でお逢いした皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

           in2017.07.22東信地方つづく


by himeoo27 | 2017-07-23 18:52 | タテハチョウ | Comments(3)


東信でチョウ探し in2016.07.16①

東信地方の上田市にある大手農機具メーカーM社で今年もオオムラサキ
の観察会があるとのことで昨日出かけてきました。
a0126632_2082793.jpg

最初に登場してくれたのは綺麗な「アゲハ」です。青空を背景に舞い上
がってくれました。
a0126632_20124390.jpg

探すと樹上に青紫の輝きが待望の「オオムラサキ」雄の登場です。
a0126632_20193432.jpg

雌雄向かい合わせのシーンも観察出来ました。雄の方が翅を開いていない
ことが少し残念でした。
a0126632_20253511.jpg

樹液に集まるのはチョウだけではありません。「スジクワガタ」でしょう
か?小型のクワガタムシも見つかりました。
a0126632_20303164.jpg

地元のMさんが「ヒメオオさんキマダラモドキがいましたよ!」と声をか
けてくれました。アースカラーの模様がお洒落ですね!
a0126632_2040615.jpg

M社の林は発生地が限定的な「ムモンアカシジミ」のポイントとして有名
です。今年も健在でしたが、天候と時間の関係か私が観察している間は、
樹上高くから降りてきてくれませんでした。

Mさんと地元のNさんの案内で里山散策すると可愛いセセリチョウが続々
登場です。
a0126632_20504580.jpg

a0126632_20511453.jpg

最初に出逢ったのは「ヘリグロチャバネセセリ」?です。翅の模様が綺麗
です。
a0126632_2123361.jpg

この「イチモンジセセリ」角角した一文字模様が面白い個体ですね!
a0126632_2153426.jpg

Mさんが、信州では珍しい「ミヤマチャバネセセリ」も見つけてくれま
した。
a0126632_217171.jpg

草原性のチョウも健在で「ウラギンスジヒョウモン」が顔を見せて挨拶
です。接写しようと近づくと舞い上がってしまいました。
a0126632_21104951.jpg

a0126632_211166.jpg

「ミヤマカラスシジミ」は今年は数が少なく、この子たちを見つけたの
もMさんでした。
a0126632_21155930.jpg

a0126632_21162388.jpg

帰る間際に登場してくれたのは清楚な美しさの「スジボソヤマキチョウ」
です。飛んでいる姿は艶やかですね!

現地でお逢いしてお世話になった地元のMさん、Nさん
毎年オオムラサキ観察会を開催してくださるM社の皆さん
NMさん他、長野県青木村にある信州昆虫資料館の皆さん
観察会、フィールドで出逢った皆さん
大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

      in2016.07.16東信の里山
by himeoo27 | 2016-07-17 21:39 | 昆虫一般 | Comments(16)


オオムラサキの森の昆虫たち in2014.07.19東信① 

a0126632_78387.jpg

(カメラ目線の蝶が可愛いのでぜひクリックして拡大して下さい)

信州上田にあるM社の森で毎年恒例の「オオムラサキ」の観察会があるとの
ことで、「花蝶風月の buttfflowさんと出かけてきました。
今年はオオムラサキの個体数は少なかったものの付近の雑木林も含めて以下
の通り夏の昆虫たちに遊んでもらいました(笑)。
a0126632_783957.jpg

M社の森は自然が豊かで、ゾウムシとしては少し大き目の「オオゾウムシ?」
umajin さんの指摘により「クリアナアキゾウムシ」のようです。
umajin さんご指導有難うございます。
a0126632_785359.jpg

日本産のカミキリムシでは最大級の「ミヤマカミキリ」、カブトムシなどの
大型の甲虫類も沢山見つかりました。

現地で偶然蝶散歩のchosanpoさんにお会いしたので、一緒に付近の雑木林
も探すことにしました。
a0126632_7134496.jpg

まず見つかったのは「ムモンアカシジミ」です。丁度日が差してオレンジ色
がとても鮮やかです。
a0126632_7213567.jpg

地元の方から連絡があり駆けつけて見ると「カラスシジミ」が止まっていま
した。やや痛みがありますが、目がとっても愛らしいですね!
a0126632_752814.jpg

a0126632_7522467.jpg

しばらく雑木林の林縁部を探すと「オオミドリシジミ」♀が舞い出てきました。
雌の表翅は撮影したことが無かったので何とか努力してみましたが、日陰で光
の角度も悪くこれがやっとこさでした(涙)。
a0126632_7582368.jpg

a0126632_7583695.jpg

やや開けた明るい場所で、スキップするように飛んでいたのは「ヘリグロチャ
バネセセリ」*です。良く見ると草むらで、産卵行動をとっています。
卵を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。
*yoda1さんのご指摘により
「フィールドガイド日本のチョウ」、「原色蝶類検索図鑑」等の図鑑、
小畔川日記」「蝶鳥ウオッチング」等のブログ、
を調べてみました。まだ自信がありませんが、初見・初撮影の「スジグロチャバ
ネセセリ」かもしれません。
yodaさんご指摘有難うございます。

               in2014.07.19東信①つづく
by himeoo27 | 2014-07-21 15:50 | 昆虫一般 | Comments(34)


全開ジャパンブルー「オオムラサキ」in2014.06.21①

a0126632_8112839.jpg

サッカー日本代表は、ギリシア戦に引き分けてリーグ戦突破が厳しくなってきま
した。しかし、こちら日本の蝶の代表ジャパンブルー「オオムラサキ」は全開翅し
て大空高く舞い上がりました。コロンビアに勝って何とか決勝トーナメント進出し
て欲しいものです。

a0126632_8173691.jpg
a0126632_8174574.jpg

埼玉県中北部の公園でまず出逢ったのは「オオチャバネセセリ交尾」ペアです。
a0126632_8203935.jpg

この公園ではオオチャバネセセリが比較的多く私たちの目を楽しませてくれます。

a0126632_8233251.jpg

次に出逢ったのもセセリの仲間の「キマダラセセリ」です。目が大きく見えるので
とっても可愛い蝶ですね!

a0126632_825455.jpg

明るい河川に面した土手をノンビリと「モンキチョウ白♀」が舞っていました。この
大きさ&明るさならと魚眼レンズで飛翔撮影に挑戦してみました。次回はもう少し
背景を上手く整理して青空背景に写したいものです。

a0126632_830114.jpg
a0126632_8302392.jpg

やはり本命は、この蝶オオムラサキです!羽化直後とのこと正面顔、裏面とも
繊細な美しさですが、
a0126632_8315798.jpg

惜しげもなく全開翅した表翅の蒼き輝きは息をのむほど素晴らしいものでした。

             in2014.06.21埼玉県中北部の公園つづく
by himeoo27 | 2014-06-22 08:37 | チョウ全般 | Comments(44)


東信にオオムラサキと遊ぶ in2013.07.20東信①

a0126632_1426272.jpg

東信濃にある農機具メーカーのM社で毎年恒例の「おおむらさき観蝶会」
が開かれるとのことで、「花蝶風月の buttfflowさん、群馬県のHさんと
出かけてきました。
現地で地元のMさん、Nさん、Yさん、更にさいたま市のSさん等々も加わっ
て賑やかな探蝶会となりました。
今回の大部分の撮影はM社の敷地内ですが、一部は東信濃の他の林で
写しています。また撮影順序は掲載した順とは限りません。
a0126632_14262791.jpg

オオムラサキ♀の発生のピークのようで羽化直後の個体はノンビリしていて
a0126632_14341165.jpg

ゆっくり吸蜜したり(当然ノートリ)
a0126632_1434546.jpg

ジックリ前から撮ることもできました。(当然ノートリ)
a0126632_14372699.jpg
a0126632_14374282.jpg

雌雄のお見合シーンもあちらこちらで観察しましたが開翅同士表翅の見える
シーンはなかなか見れません。
a0126632_1446569.jpg

やっと望遠レンズで撮れた!!と思ったら♀♀でした(涙)。
a0126632_1448532.jpg

そのかわり今回は恋を成就させたペアが諸処で観察できました。
a0126632_1450264.jpg
a0126632_14504151.jpg

交尾の次の産卵シーンは残念ながら撮影出来ませんでしたが、地元のMさん、Nさん
のおかげで新鮮な卵や、孵化直前の卵が見つかりました。何れも葉の表に産み付け
られておりクジャクチョウミヤマシロチョウの卵塊の葉裏と異なっていました。
a0126632_1553661.jpg

孵化したオオムラサキの初令幼虫がいるということで皆で探しまわりました。
オオムラサキの幼虫は見つかりませんでしたが、Mさんが「ゴマダラチョウの
幼虫ならいましたよ!」と見つけてくれたこの子は愛嬌タップリでした♡♡♡。

                           in2013.07.20東信つづく
by himeoo27 | 2013-07-21 15:13 | タテハチョウ | Comments(32)


オオムラサキ煌めく in2013.06.22埼玉県北部の公園①

a0126632_1730522.jpg

chosanpoさんのブログ蝶散歩に「オオムラサキ」が羽化しているとの記事
が掲載していたので本日、埼玉県北部の公園にプチ遠征してきました。
a0126632_17373254.jpg

まだ発生初期のようで探すと蛹を見つけることができました。
a0126632_17383899.jpg

オオムラサキを探しているカメラマンの白い帽子に蝶が止まりました。
a0126632_18135146.jpg

良く見ると私が勝手に箱根の寄木細工と呼んでいる「サトキマダラヒカゲ」
でした。
a0126632_1826063.jpg
a0126632_18261485.jpg

今日、羽化した個体はとても大人しく真横、真正面から撮らせてくれました。
a0126632_18295645.jpg

別の羽化直後の個体も見つけたので環境も入れて広角撮影にチャレンジ
a0126632_1832019.jpg

そうこうすると翅が伸びたようで表翅を煌めかせて舞い上がっていきました。

                 in2013.06.22埼玉県北部の公園つづく
by himeoo27 | 2013-06-22 18:39 | タテハチョウ | Comments(20)


ゼフ卵&蝶越冬幼虫 in2012.01.08栃木県

本日は、栃木県にゼフ卵&越冬蝶幼虫を探しに行ったので「八重山シリーズ」は休止いたします。
自然散策雑記帳の「ねこきち」さんに昨晩電話すると本日都合ok!とのことで、早速防寒着を着こんで出陣してきました。以下特記無い限り「ねこきち」さん達諸先輩が見つけて下さった蝶の卵&幼虫です。
a0126632_19111881.jpg

最初は、「アカシジミ」の卵です。ほぼ中央部の白い半球状のものです。
表面に特に模様が無く、少しゴミが付いているのでこれ以上、上手く表現するのは私には困難でした。
a0126632_19152820.jpg

次は「ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)」の卵です。
目立つ所に2個産まれていて、表面に産毛状の模様があるのでアカシジミのそれより少し分かりやすいですね!
a0126632_1918488.jpg

これこそ今回撮影したかった「ウラゴマダラシジミ」の卵です!!!!!
UFO又は組み合わさった精密歯車のような模様がとっても素敵です。この写真だけみると大きく見えますが,上の2種卵と同様にとっても小さく撮影に苦労しました。
a0126632_19214479.jpg

ウラゴマダラシジミの5個の写真撮影↑に私が手間取っている間に「ねこきち」さんが見つけてくれた11個の大集団の卵です。こちらは朱色も鮮やかで、素敵な雰囲気です。
a0126632_1924574.jpg

次は、私が「ミズイロオナガシジミの卵を見つけるぞ!」と張り切って雑木林の中を探して見ると・・・・
ゼフ卵と比べると巨大な目!を発見。
「オツネントンボ?」でしょうか小さなイトトンボの仲間ですが、大きい「怪鳥」のように感じました。
a0126632_19283456.jpg

「ねこきち」さんが、「ミスジチョウ」の幼虫いるでしょ!と言われてこの枯れ葉を寄せてくれました。
老眼&近眼&乱視の私にはさっぱり分かりません。
メガネを外して、しみじみ眺めると枯れ葉の右中央付近にいる怪獣のようなイモムシがそれとやっと分かりました。
a0126632_1932481.jpg

私も、「幼虫であれば何とかなるかな?」と「エノキ」の樹の廻りの枯れ葉を探してみると
エノキではなく小さな「モミジ」の枯れ葉の裏に「オオムラサキ」の幼虫4頭も身を寄せ合うように集まっていました。
当然、鼻を膨らませて「ねこきち」さんに報告いたしました。
a0126632_19371359.jpg

ポカポカした日差しに暖められたのかオオムラサキの幼虫のうち1頭が、ムクッと可愛い顔を上げて見せてくれました。

                      in2012.01.08栃木県終わり

同行してくれた「ねこきち」さん、これらの卵、幼虫を見つけて下さった諸先輩の皆さん有難うございました。
by himeoo27 | 2012-01-08 19:44 | チョウ全般 | Comments(21)


オオムラサキの舞う森 20110716

a0126632_16311293.jpg

長野県M社で「オオムラサキ」の観察会があるので一緒に行きませんかと「花蝶風月」のbuttfflowさんからお誘いがあり出かけてみました。buttfflowさんの仲間のさいたま市のKさん、群馬県のHさんも同乗して賑やかな蝶行となりました。
農業機械メーカーのM社は広い雑木林に囲まれた小高い丘の上にありました。M社の駐車場にはbuttfflowさんの知り合いの地元のMさん初め愛蝶家の皆さんが来られてさらに賑やかになりました。
a0126632_16484198.jpg
雑木林に入ると餌台の上に早速オオムラサキの♀が出迎えてくれました。
a0126632_16503221.jpg
a0126632_1650461.jpg
広い森のあちこちで、テリ張りする♂や、餌台で吸蜜多くの蝶が舞っていました。
a0126632_16525041.jpg
a0126632_1653274.jpg

♂と♀のお見合い写真は憧れだったので撮れて本当に嬉しかったです。
a0126632_1655321.jpg

近くの雑木林にも表翅を輝かせて吸水する♂も居ました。

この森の凄いのはオオムラサキだけでなく
a0126632_170624.jpg
a0126632_1701666.jpg

薄暗い疎林に「キマダラモドキ」
a0126632_1715932.jpg
a0126632_1721114.jpg

木々や草の上に羽化直後と思われる「ムモンアカシジミ」
も棲んでいました。

M社のオオムラサキを中心にした蝶と、森全体の保全の成果と感服した蝶行でした。
by himeoo27 | 2011-07-18 17:09 | タテハチョウ | Comments(28)


埼玉県小川町「オオムラサキ放蝶会」 in小川町~嵐山町100703~04②

「オオムラサキ」はカブトムシ、クワガタムシと並んで子供の頃からの憧れの昆虫でした。
a0126632_20433649.jpg

その中でオオムラサキだけは憧れのままの状態が続いていました。ここ5年間写真撮影にチャレンジした後、自然界での撮影は私の腕の問題にて困難と判断しました。ゆえに本日、小川町の「下小川三地区コミュニティー倶楽部」主催の放蝶会に参加してきました。
a0126632_20464794.jpg
a0126632_20465693.jpg

放蝶直後の蝶はとても人懐っこく、暫く手元に留まる個体が多くいました。下の♂が止まっているのはヒメオオの手です。この紫の輝きはたまりません!
a0126632_20543791.jpg
a0126632_20544533.jpg

♀は模様は地味なものの♂より大型でとても存在感がありました。
a0126632_20585039.jpg

翅を閉じた個体も居たので早速接写しました。
a0126632_21066.jpg

私の腕に止まった子は、大人しかったので真正面からドアップで写してみました。これでは蝶なのかも分かりませんが放蝶会ならではの画像かな?
a0126632_2123515.jpg

自然の生命体なので暫くすると蝶達は一度草や低木の先に止まった後、森に戻って行きました。

      (画像をクリックすると少し大きくなります)

          in小川町~嵐山町100703~04続く
by himeoo27 | 2010-07-04 21:07 | タテハチョウ | Comments(22)


オオムラサキ と コムラサキ の 幼虫 

2010.01.17 ぐんま昆虫の森
a0126632_20314647.jpg

オオムラサキの幼虫がエノキの木の下の落ち葉の中をめくると裏側に引っ付い
ていました。エノキの木を判別出来ると比較的容易に見つけられます。
2010.01.17 ぐんま昆虫の森
a0126632_2029403.jpg

上の幼虫を日向に置いて少し暖めると顔を上げました。少し寝ぼけた顔がとって
も可愛いかったです。
2009.03.21 狭山丘陵
a0126632_2035219.jpg

昨年の春、狭山丘陵へ行った時オオムラサキだけでなくゴマダラチョウの幼虫が
付いた落ち葉もありました。名前だけで考えると大きい方の幼虫がオオムラサキ
のように思いましたが、背中の棘が4対の小さい方だそうです。
2007.06.30 嵐山町
a0126632_204486.jpg

2009.06.27 嵐山町
a0126632_20454443.jpg

幼虫だけでは寂しいので成虫もとりあえず掲載します。成虫は何故か幼虫ほどは
容易に見つけることは出来ません。

2010.01.17 ぐんま昆虫の森
a0126632_2047193.jpg

a0126632_2048467.jpg

コムラサキの幼虫はアカボシゴマダラと同じく樹上の幹にくっついて越冬します。
その形状、色合いより全く目立たず指導員に説明されてもなかなか見つけることが
出来ませんでした。
2009.07.04 見沼田んぼ
a0126632_20511934.jpg

2009.08.01 山梨県甲州市山中
a0126632_2052979.jpg

コムラサキの成虫は、幼虫やオオムラサキの成虫と異なり良く目立ち、ヒメオオの別
の趣味のクワガタムシのいるところに棲息しているので時々遭遇します。

「オオ」と「コ」で同じように「ムラサキ」と名前が付きますが対照的な蝶だと思います。
by himeoo27 | 2010-01-23 20:59 | タテハチョウ | Comments(8)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
いずれの蝶も飛翔を捉えら..
by yurinBD at 07:28
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:31
オオムラサキ観察できてよ..
by 武ちゃん at 22:27
椿の茶屋 様 ヤエヤ..
by himeoo27 at 17:56
yurinBD 様 ニ..
by himeoo27 at 17:49
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 17:40
nihon-burari..
by himeoo27 at 17:12
だんちょう 様 関東平..
by himeoo27 at 17:07
uke-en 様 ツマ..
by himeoo27 at 17:00
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:48
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧