ヒメオオの寄り道


タグ:ウラギンシジミ ( 43 ) タグの人気記事



ゴマダラチョウ幼虫は1枚目で発見 in埼玉県中部の公園20110109②

tyurinさんのNature Diaryの記事を読んでその教えに従って「エノキ」の木の北側の根元を探すと
a0126632_20371235.jpg

1枚目で上の「ゴマダラチョウ?」、近くでそれからすぐにyodaさんが下の「アカボシゴマダラ?」の幼虫をそれぞれ1頭づつ見つけることが出来ました。tyurinさんの指導は素晴らしいものです!ゴマダラチョウはともかくアカボシゴマダラの枯れ葉裏の越冬は少し珍しいのでは?
a0126632_2044257.jpg

キノカワガを探していると黒地に薄い黄色の点を多数持つ少し小さなテントウムシを見つけました。小さくチョコマカ動くので旨く撮影出来ません!全く自信ありませんが「ウスキホシテントウ」かな?
a0126632_20475328.jpg

ミドリシジミの卵を探していて見つけたこの(蟲)は「ナナフシ」の仲間かなと思いましたが、脚の付きかたより「蜘蛛」の仲間のような気がいたします。ネット検索から類推すると「ヒメグモ科オナガグモ」かもしれません。寒い時期でも色々な生きものがいるものです。
蝶の成虫はいないかなと探していると
a0126632_20512033.jpg
a0126632_20513165.jpg

ウラギンシジミを1頭だけ見つかりました。動かないので、上をニコンD300、下をカシオZR10で比較撮影してみました。ヒメオオ的にはニコンの画像の方が好みですが、背景も撮り込めるカシオも捨てがたいものがあります。
by himeoo27 | 2011-01-10 20:57 | シジミチョウ | Comments(18)


シックな煌めきと輝く落ち着き(ムラサキツバメ&ウラギンシジミ)in埼玉県中部20101205② 

話を1週間前にまた戻します。ムラサキシジミのフィーバーの後、桶川市のNさんと合流して蝶鳥ウォッチングのyodaさん
、「風任せ自由人のmaximiechanさんと4人で手分けして「ムラサキツバメ」を探すことにいたしました。
Nさんと羽化直前そうな蛹の前で羽化を待っているとmaximiechanさんがムラツを見つけたと携帯電話をくれたので、すっ飛んで行くと!
a0126632_204472.jpg
驚いたムラツが舞いあがって、駐車場にあった赤いピカピカの車の上に止まりました。これで開翅してくれたら最高ですが、シックな裏面模様が、鏡面のようなボンネットに映り煌めく面白い絵を作ってくれました。

a0126632_20183235.jpg

駐車場の横の歩道を探すと、銀色に輝く「ウラギンシジミ♀」が落ち着いた色合いの枯れ葉の上に止まってくれました。この時期のウラギンは青々した常緑広葉樹の葉の上で日向ぼっこするか、葉の裏で冬眠するかのどちらかなので上のムラツとの対比でシャッターを押しました。
a0126632_20245250.jpg
越冬個体は横から撮影することが多いので前からもシャッターを押してみました。この角度から撮るとかなりイメージが変わりますね!
a0126632_20262922.jpg

♀の綺麗な個体が翅を開いてくれたので1コマ
a0126632_20263774.jpg

この日♂とはあまり出会えなかったので証拠写真を掲載いたします。

a0126632_20284565.jpg

公園の中で、yodaさんが「髭の長い綺麗なカメムシ」がいると見つけてくれたので、好奇心旺盛なヒメオオはカメラに取り込みました。触角がツートンカラーで、上翅が輝き本物は画像以上の美人さんでした。でも「鹿児島県」を中心とした「昆虫の図鑑採取と標本の作り方」には流石に掲載されていませんでした。yoda1さん↓によると「クヌギカメムシ」だそうです。yoda1さん有難うございました。

ふたたび、4人でムラツを探すと、ポツポツ見つかるものの撮影は旨くいきません、詳細は「yodaさん画像」を参照してください。Nさんと、yodaさんが用事があるとのことで帰られたので、maximiechanさんと2人で探すと、
a0126632_20424751.jpg
最後の最後に「ムラサキツバメ♀」が翅を開いて見せてくれました。

(画像をクリックすると少し大きくなります。)

誘って下さったyodaさん、ムラツ蛹を見つけてくれたNさん、色々教えてくれたmaximiechanさんありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

                         in埼玉県中部20101205終わり
by himeoo27 | 2010-12-12 20:48 | シジミチョウ | Comments(24)


「ウラギンシジミ」指乗せ他 in埼玉11.23&神奈川11.27

時間が多少前後しますが、23日埼玉県中部の公園で「ムラサキツバメ」を探していると
a0126632_19283896.jpg
1頭の「ウラギンシジミ」の♂が飛翔して常緑樹の裏に廻り込みました。何処に蝶が居るか分かりますか?葉の間の中央部付近に顔だけ少し出ていますね!これから休憩かなと指を近づけると
a0126632_1931596.jpg
蝶の方から指にのってきました。指の上にのって暫くすると雲が切れて陽が射し、
a0126632_19355427.jpg
綺麗なオレンジ色の表翅を見せてくれました。
a0126632_19394044.jpg
大きく翅を開いたので、指からゆっくり葉の上に戻しました。某プロジェクト用になるのかな?と思いつつ接写しました。
a0126632_19423698.jpg
大人しくしていたので、広角レンズで廻りの景色も取り込んでみました。

27日神奈川県湘南地方では
a0126632_19445729.jpg
通常1頭づつ休憩するウラギンシジミがムラサキツバメほどではありませんが、2頭で並んでいたので面白いと思いシャッターを押してみました。実はこのペアはヒメオオが見つけた数少ない蝶です。
a0126632_19481910.jpg
23日の埼玉♂に対抗するようにこの日は神奈川♀が翅を開いてくれました。

シジミチョウの仲間で最後まで元気者と言うとやはり
a0126632_19513217.jpg

11月23日埼玉県中部にて
「ヤマトシジミ」でしょう、この小さな♂は殆ど花の中に体を埋めて吸蜜に夢中でした。
a0126632_19541189.jpg

11月27日神奈川県湘南地方にて
こちらのtyoutorinさんが見つけてくれた♀は青く色づき寒冷型のようです。

(画像をクリックすると少し大きくなります。)
by himeoo27 | 2010-11-28 19:58 | シジミチョウ | Comments(8)


初見「雪虫」ほか in千葉県20101121②

ルーミスシジミが居た林縁部には、
a0126632_18481190.jpg
蝶の仲間では、「ウラギンシジミ」やムラサキツバメを見かけました。クロコノマチョウも居るそうですが見つけられませんでした。
トンボは蝶よりも数も種類も多く
a0126632_18501129.jpg
私が識別出来るだけで「オツネントンボ」、オオアオイトトンボ等のイトトンボの仲間、少し大きいサナエトンボの仲間などが飛びまわっていました。地味な色合いなので普通のオツネントンボと思いましたが、yodaさんのご指摘↓によると胴と翅のバランス、翅の閉じ方より「ホソミオツネントンボ」の方だそうです。yodaさん有難うございました。

この日一番驚いた昆虫は
a0126632_18522030.jpg
帰る途中に見つけたこの子です。綿の塊のようなものが舞っていたのでyodaさんの傘に止まらせてみました。草の汁を吸うアブラムシと同じ仲間の「雪虫」だそうです。何種類か居るらしいのですが、種名までは同定出来ません・・・・!
a0126632_18574685.jpg
傘の裏だと暗くてピントが合わせられないので、地面に置くと直ぐに飛んで逃げてしまいました。北海道には多くいるそうですが、ヒメオオが観察&撮影したのは初めてなのでとても楽しめました。

(画像をクリックすると少し大きくなります。)

「虫むしクラブ」の「なつ」さんご夫婦、横浜のYさん、「暖蝶寒鳥」のごまさん、「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさん、「美撮りに夢中」のFさん、「Dron’s Weblog」のDronさん、「蝶鳥ウオッチング」のyodaさんご夫婦大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2010-11-22 19:10 | 甲虫全般 | Comments(10)


ウラギンシジミ in埼玉県中部201011・1103

コノシメトンボの居る埼玉県中部のS公園には、裏翅が白銀に輝く
a0126632_17144897.jpg

(S公園2011103)
新鮮な「ウラギンシジミ」が多く舞っていました。この子は少し見えた表翅の色より♀ですね。
a0126632_1720264.jpg

(北本自然観察公園201011)
これは10月11日に北本自然観察公園で見つけた蛹の抜け殻です。北本でもS公園でも幼虫、蛹を見つけることは出来ませんでした。
a0126632_17225477.jpg

(S公園2011103)
a0126632_1723773.jpg

(S公園2011103)
赤系(オレンジ色)は女性、青系(水色)は男性というイメージがありますが、ウラギンシジミはその逆で上が♂、下が♀です。
a0126632_1727238.jpg

(北本自然観察公園201011)
a0126632_17271255.jpg

(S公園2011103)
この2頭も上が♂、下が♀ですが、翅裏だけでは全く性差分かりませんね!

「画像をクリックすると少し大きくなります。」
by himeoo27 | 2010-11-06 17:33 | シジミチョウ | Comments(14)


見沼田んぼ春近し

関東地方でもモンキチョウが飛び始めたとのことで本日、見沼田んぼ
に出かけてみました。

まず最初に向かったのはウラギンシジミが3頭越冬していた某寺院の
境内です。探してみると
a0126632_1954122.jpg

少し高いところに1頭だけ居ました!
a0126632_19534542.jpg

前回この方向から撮影していなかったのでパチリ
a0126632_19562930.jpg

変わり映えしない写真ですがウラギンという感じでもう一枚、結局この個体
以外は見つけることが出来ませんでした。

ウラギンシジミを撮影して自転車を押して歩いていると小さな鳥が・・・
a0126632_202992.jpg

たぶんルリビタキの♀と思います。この写真が本日のお気に入りです。
(珍しくノートリなのでクリックで拡大します。)
a0126632_205443.jpg

ホオジロ♂かな?
a0126632_2055121.jpg

カルガモなどもいますが、目的のモンキチョウはさっぱり見つかりません。

自転車を走らせて昨年モンキチョウを多数見たポイントへ行くと工事中で
立ち入れずがっかり↓
まあ仕方がないと近くの公園へ行くと
a0126632_2092168.jpg

蝋梅
a0126632_2093954.jpg

白梅
a0126632_2095645.jpg

紅梅に蜂と、梅の花盛りです!
目的のモンキチョウは見つけられませんでしたが、見沼田んぼ春近しという
感じでした。
by himeoo27 | 2010-01-30 20:12 | シジミチョウ | Comments(10)


見沼田んぼの越冬蝶①(ウラギンシジミ)

2009/12/29埼玉県さいたま市

本日より正月休みに入ったので「見沼田んぼ」へ越冬蝶を探しに出かけてみました。
越冬蝶なるもの、これまで自力で見つけたのは良く考えると先日「新宿御苑」で見つけた
1頭のみです・・・・。
また、ヒメオオにとっては少し寒い(10℃を僅か切っただけですが)のですが、天気は良
くなるとのことで、何とかなるさと出陣しました。
自宅を出て北風に吹かれながら自転車を漕ぐこと30分程度で目指すエリアに辿りつきまし
た。さすがに先日NHK BS3で見た樹も撓まんばかりのメキシコのオオカバマダラの大
量越冬のようには居ないだろうとは覚悟していました。しかし、どの種も1頭も見つかりま
せん。1時間半ほど探して見つからぬのである樹の下に諦めてへたり込むと
a0126632_1948720.jpg

なにやら白いものが、目の前の葉の裏にしがみ付いています。
ウラギンシジミではありませんか!
a0126632_19505688.jpg

この時期のウラギンシジミは、春に羽化したものと比較すると翅の先が剣先のように尖って
います。接近して拡大写真を撮っていると
a0126632_19531680.jpg

集団越冬と言うには小規模ですが、2頭の集団越冬を直ぐ近くで見つけました。何処にいる
か分かりますか?
a0126632_19553046.jpg

中央付近に2頭しがみ付いていますよね!
a0126632_19565096.jpg

そのうちの1頭のこの写真は、本日のお気に入りです。越冬蝶というお題が出たら応募して
みようかな?
a0126632_1959163.jpg

さらに、最初の1頭を再度接写して、カメラを片付けて帰ろうとすると・・・・・・・・・

          (見沼田んぼの越冬蝶②へ続く)
by himeoo27 | 2009-12-29 19:50 | シジミチョウ | Comments(6)


野生生物保全シンポジウムin多摩動物公園

11月28日 多摩動物公園

今日、多摩動物公園野生生物保全センター主催の野生生物保全シンポジウム
が多摩動物公園であったので参加してきました。
その中で、トトロのふるさと財団の深澤さんの里山の森林管理の程度と林床植生
の多様性について「放置と過度の人的介入時多様性が低く、適度の人的介入
時多様性が最も高くなる。また全体の自然環境を考えると色々な人的介入度
合いのエリアを混在させるべきである。」との話がとても興味深かったです。
また、井の頭自然文化園の荒井さんの「見たことも接したこともない生物を
保全しようと言ってもピント来ない。子供を中心に実際の生物に接して貰い
たい。」という話もなるほど!ととても感心いたしました。
私もこの2年間、シルビアシジミ、ギフチョウ、ツマグロキチョウ、クロツバメシジミ
等々の絶滅が危惧される蝶に接してきて次第に生物保全の必要性が知識でな
く実感としてやっと分かってきはじめたからです。

a0126632_2154454.jpg

公園内で見つけられた「野生」の蝶はウラギンシジミくらいでした。やや色
落ちした個体です。
a0126632_2184069.jpg

a0126632_219142.jpg

公園内は紅葉は「野生」の蝶とは逆に今が盛りでした。
a0126632_21274471.jpg

大好きな多摩動物公園の温室に入るとハチドリや
a0126632_21291060.jpg

「飼育」のキタテハも飛んでいました。

その他の亜熱帯性の「飼育」の蝶の写真は明日以降掲載いたします。
by himeoo27 | 2009-11-28 21:08 | シジミチョウ | Comments(4)


小春日和に舞うチョウ(in北本自然観察公園)

平成21年11月15日 北本自然観察公園

朝起きたら風も弱くポカポカした小春日和の天気なので、プチ遠征して北本自然観察公園
へ久しぶりに出かけてみました。
a0126632_195649.jpg

まず探したのは越冬前のこの子「ムラサキシジミ」です。複数個体飛んでいて時々止まり
ますが、旨く撮影出来ません。疲れてお茶でも飲もうと一服しようとベンチに座った時に
近くの木にこの個体が翅を広げて止まったのでカメラを持って飛んで行って撮影しました。
a0126632_19996.jpg

何故かこの日「ウラギンシジミ」は青く輝く♀ばかりでした。でもチョウの少なくなったこ
の時期には貴重な被写体です!
a0126632_19114319.jpg

越冬前の「キタテハ」は綺麗な個体多いのですが、この子は既にくたびれていました。
a0126632_19135877.jpg

「キタキチョウ」も複数頭観察出来ましたが、恥かしがりやなのかカメラを向けるとすぐ
草むらの中に入るので構図をきめることが叶いませんでした。
ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ等のチョウも多く観察出来ましたが、か
っての賑わいは、既に無い状況です。
a0126632_19163557.jpg

落ち葉が舞い、花と言うと
a0126632_19174058.jpg

椿の花が目立つ程度で、チョウの吸蜜元も限られた季節になってしまいました。
a0126632_19194839.jpg

チョウ以外の昆虫は、「ササキリ」♀やカメムシの仲間、テントウムシ、そして
a0126632_19232659.jpg

約1ヶ月前にクロコノマチョウを観察した水辺には、「オオアオイトトンボ」が飛んでいま
した。
a0126632_19253016.jpg

「アオサギ」はじめ野鳥達とそれを撮影する皆さんはとても元気そうでした!

(in北本 終わり)
by himeoo27 | 2009-11-15 19:08 | シジミチョウ | Comments(10)


秋の狭山丘陵①(シジミチョウの仲間)

banyan10さんの「蝶と山・てくてく写日記」に掲載された狭山丘陵での
クロコノマ♀の羽化直後開翅の写真を見て「小畦川日記」のダンダラさんに
ポイントを教えていただき出かけてみました。
結論から言うと本日は、クロコノマの羽化は残念ながら見れませんでした。

でも、
a0126632_1954401.jpg

クロコノマの食草付近に何頭か綺麗なムラサキシジミが飛来してきました。
越冬後の個体と比較すると紫の輝きがとても素敵です。

さらに偶然見えられた「蝶の観察記録」の霧島緑さんに、初見の
a0126632_19575068.jpg

a0126632_19582152.jpg

ムラサキツバメを見つけていただきました。ヤマトシジミ等より1廻り大きく
とても存在感のあるチョウでした。付近に食草が見当たらないので観察出来た
のは1頭だけでした。

これで、ルーミスが加わると晩秋のムラサキシジミ御三家揃い踏みですが、房総
では無いここ狭山丘陵では無いものねだりですね。

すると
a0126632_2015976.jpg

久しぶりにウラギンシジミ♀の開翅を観察出来ました。

シジミ類はこの他丘陵の開けたところで
a0126632_2041674.jpg

ウラナミシジミも見つけることが出来ました。

              ( 続 く )
by himeoo27 | 2009-10-10 19:57 | シジミチョウ | Comments(2)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
いつも最新の生態写真は素..
by 武ちゃん at 21:57
今年はスジボソヤマキ1度..
by naoggio at 16:15
ミヤマモンキチョウって翅..
by uke-en at 10:05
スジボソヤマキチョウ♂の..
by 22wn3288 at 08:17
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:30
スジボソヤマキチョウ、 ..
by Sippo5655 at 22:13
霧島緑 様 私は、暑い..
by himeoo27 at 13:50
uke-en 様 3~..
by himeoo27 at 13:37
だんちょう 様 この場..
by himeoo27 at 13:28
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 13:16
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧