ヒメオオの寄り道


タグ:ウラギンシジミ ( 43 ) タグの人気記事



見沼田んぼ春のチョウ散歩 in2017.04.29

a0126632_12553534.gif

連休初日は、午後から自宅マンションの網戸修理をすることに
なったので、朝から地元の見沼田んぼを電動アシスト自転車で
廻ってみました。
a0126632_12584133.gif

最初に立ち寄ったのは昨年11月~今年2月にかけて毎週訪問した
K神社です。
a0126632_1314278.gif

a0126632_132024.gif

越冬明けのムラサキツバメ、ムラサキシジミ、「ウラギンシジミ」
を探してみましたが、出逢えたのはウラギンシジミの雌個体3~4
頭だけでした。今年11月初めにはどのようなチョウが集まってい
るのかな?
a0126632_1343956.gif

a0126632_1345911.gif

とある昆虫を探しに出かけた公園では、「ツマキチョウ雌」、越冬
明けのルリタテハ、キタテハ、ヤマトシジミ、ベニシジミには出逢
えましたが、とある虫は痕跡すら見つけられませんでした。
a0126632_1392363.gif

休耕田の広い空き地を悠然と「キアゲハ」
a0126632_1312335.gif

チョコマカ「ベニシジミ」が舞っています。
a0126632_1313334.gif

髭の長い奇妙な蛾も飛んでいます。ヒゲナガ蛾の仲間でしょうか?
a0126632_1315274.gif

a0126632_13152454.gif

ポイントを移動しながらギンイチモンジセセリ春型を探してみまし
たが、時期を逸したのか見つけたセセリチョウは傷んだ「ミヤマチ
ャバネセセリ」1頭だけでした。

           in2017.04.29見沼田んぼ
by himeoo27 | 2017-04-30 13:19 | 蝶&蛾 | Comments(18)


そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ

a0126632_15461297.jpg

越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。
本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。
a0126632_15485330.jpg

キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけです
が越冬「キノカワガ」も見つかりました。
               in2017.02.19見沼田んぼ
a0126632_21422528.jpg

a0126632_214356.jpg

ところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・
a0126632_1604373.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_15594452.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日3頭観察出来た越冬「ムラサキシジミ」C群はもぬけの空
a0126632_1623175.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_163513.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日この場所最後の1頭となった越冬「ウラギンシジミ」も見失っ
てしまいました。

「そして誰もいなくなった」見沼田んぼ某所の越冬チョウたちです。
2016年11月6日から継続していた見沼田んぼでの観察は今回で終了し
ます。
by himeoo27 | 2017-02-19 16:22 | 昆虫一般 | Comments(12)


見沼ウラギンシジミ孤軍奮闘 in2017.01.03~02.04

a0126632_15105894.jpg

1月3日の時点では見沼田んぼで越冬中のウラギンシジミは
この道路沿いの個体
a0126632_15191721.jpg

見沼ペアA
など元気に越冬中でした。
                in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_15234897.jpg

見沼ペアAを写しているとブログでお世話になっているAさん
に出逢いました。
a0126632_1528528.jpg

私が見つけたのとは別の有名神社で越冬中のウラギンシジミを
Aさんから教えてもらいました。
                in2017.01.08見沼田んぼ
a0126632_15371633.jpg

2月4日、有名神社では越冬中のウラギンシジミを見つけること
は出来ませんでしたが「シロフフユエダシャク」雄
a0126632_15483394.jpg

黒点の目立たない「ウスバフユシャク」雄
a0126632_15504613.jpg

黒点がハッキリした「ウスバフユシャク」雄を見つけることが
叶いました。
                in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_1557256.jpg

見沼田んぼではこの個体が孤軍奮闘中ですが
                in2017.01.21見沼田んぼ
a0126632_1673083.jpg
 
埼玉県中部の公園の入り口で越冬中のウラギン1
a0126632_1685920.jpg
 
奥で越冬中のウラギン2は引き続き越冬継続中です。
                in2017.01.29埼玉県中部の公園
a0126632_16123863.jpg

孤軍奮闘中のウラギンを確認しようと立ち寄ったAペアのいた神社の
狛犬の爪の下には「キノカワガ」が潜んでいました。
皆さんわかりますか?
a0126632_16151899.jpg

ということで、この個体1月21日に続いて依然孤軍奮闘中です。
                in2017.02.04見沼田んぼ
             
by himeoo27 | 2017-02-05 16:25 | 蝶&蛾 | Comments(18)


ウラギンシジミの年越し in2016.11.23~2017.01.02

a0126632_6583750.jpg

            in2016.12.29見沼田んぼ

年明け竿頭の記事は、継続観察中の「ウラギンシジミ」です。
昨日2017.01.02から、時間を遡りながら
2016.11.23までの記録です。
a0126632_723538.jpg

昨日は継続観察地の立地条件から見沼田んぼ訪問を諦めて、
埼玉県中部の自然観察公園へ出かけてきました。
公園①と命名したこの個体は公園の入口付近にある南向き
の石垣で越冬中です。
a0126632_773789.jpg

公園②は、公園奥の散策路沿いで越冬中です。
a0126632_7104178.jpg

公園②をかがみこんで見上げるように写してみました。
            in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_713189.jpg

自然な体制で、公園②を撮るとこのような感じです。大きな
目が可愛いですね!
            in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_7165529.jpg

12月20日を過ぎると見沼田んぼでは、はや蝋梅が満開です。
a0126632_719882.jpg

見沼ペアAは日溜りの中、仲良く越冬中です。
            in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_7213633.jpg

見沼ペアAを上から見るとこのように見えます。
a0126632_7225655.jpg

この日、見沼①は車道に面した民家の壁で越冬していました。
しかしながら12月29日には何処かに移動したようで見つけられ
ませんでした。
a0126632_725453.jpg

今年の11月初めから同じ場所で継続観察している見沼②は、
20℃近くまで気温が上昇した11月23日の午後には見失って、
見沼①と同じく12月29日も観察出来ませんでした。
a0126632_729312.jpg

見沼ペアAの近くの陽だまりで比較的痛みの少ない雌個体の
開翅も見られました。
            in2016.12.23見沼田んぼ
a0126632_7312883.jpg

この日、見沼田んぼの越冬ウラギンシジミは分散しているのか
見つけられたのは見沼②だけでした。
            in2016.12.18見沼田んぼ
a0126632_7341268.jpg

これも見沼②のアップです。前後の写真より殆ど定位置なのが
分かります。
            in2016.12.11見沼田んぼ
a0126632_7365146.jpg

11月末のこの時点では見沼ペアBを含めて、見沼ペアC、見沼②
、見沼③、見沼④、見沼⑤、見沼⑥など数多くのウラギンシジミ
越冬個体が観察出来ました。
            in2016.11.23見沼田んぼ
by himeoo27 | 2017-01-03 07:44 | シジミチョウ | Comments(29)


埼玉県内ムラサキシジミ越冬中 in2015.12.30~201612.11

a0126632_13203182.jpg

見沼田んぼを中心に埼玉県内の越冬ムラサキシジミを観察して
いるので日付を遡りながら報告します。
a0126632_1326222.jpg

越冬ムラサキシジミを探していると林縁部の枯葉の中に2頭の
ペアが見つかりました。奥の個体判るでしょうか?
非常に撮影困難な場所なのでこれ以上は写せませんでした。
a0126632_13342563.jpg

上記の2頭ペアから20mほど離れた場所で、
12/3より継続的に観察している越冬ムラサキシジミの集団は、
な!なんと5頭に増えていました。
ムラサキシジミにもムラサキツバメほどでは無いけれども越冬
時集団性があるのかな?これから数年かけて調べてみたいです。
a0126632_13393860.jpg

越冬ムラサキシジミ5頭集団の環境を写したので掲載します。
少し大きい画像なのでクリックし、拡大してご覧ください。
        in2016.12.11見沼田んぼ
a0126632_13422796.jpg

a0126632_1342343.jpg

本日、観察した越冬ムラサキシジミ5頭集団は12/3時点では4頭
でした。
a0126632_13452160.jpg

a0126632_13454468.jpg

4頭の集団のすぐ近くで、この雌が飛んでいたので12/11までに
集団に参加したのかもしれません。
        in2016.12.03見沼田んぼ
a0126632_134892.jpg

例年であれば10頭近くの越冬ウラギンシジミが見つかる場所で、
この日ムラサキシジミの雄個体が舞い出て近くで半開翅してくれ
ました。
ムラサキツバメのように雌雄同時開翅を夢想しましたが、越冬時の
集団性の低いムラサキシジミでは当然のことながら全く叶いません
でした。
a0126632_1351228.jpg

12/11現在5頭の越冬集団が形成されている場所では飛翔シーン
何時ものとおりウオーリーを探せ的画像です(涙)。
a0126632_13514974.jpg

越冬ウラギンシジミとの2ショットが観察出来ました。
        in2016.11.06見沼田んぼ
a0126632_13552181.jpg

大宮区内でもムラサキシジミの個体数が多く大宮図書館の駐輪場
でも見かけることがあります。
        in2016.10.16さいたま市大宮図書館
a0126632_13581668.jpg

越冬ムラサキシジミは通常1頭づつ枯葉の塊の中に潜り込むように
越冬することが多いと考えていますが、この2頭青葉の上で仲良く
並んでポーズをとってくれました。
        in2016.01.09埼玉県中部の公園
a0126632_1431615.jpg

真ん中のチョウがムラサキシジミで、
両側のチョウがムラサキツバメです。
ムラサキシジミは両側のムラサキツバメを枯葉と考えたのでしょうか?
        in2015.12.30埼玉県中部の公園

兎に角不思議なムラサキシジミの越冬形態です。

***********************************************
a0126632_1740225.jpg

<ミニ講演会:17 ~ 18 日(土・日)に開催>
 17 日(土) 
 1 回目 11:00 ~ 11:30
 絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局
 2 回目 13:00 ~ 13:30
 幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)
 3 回目 15:00 ~ 15:30
 チョウの写真撮影法   佐々木幹夫(日本チョウ類保全協会会員)

 18 日(日) 
  1 回目 11:00 ~ 11:30
 絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局
 2 回目 13:30 ~ 14:00
 幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)
a0126632_17211172.jpg

今年も新宿御苑で12月13日から12月18日まで上記の通り
「チョウに親しむ展示」が行われます。
私の作品も出品します。お近くにお越しのおりはぜひお立
ち寄りください。
by himeoo27 | 2016-12-11 14:13 | シジミチョウ | Comments(16)


ウラギンシジミ越冬開始 in2016.10.15~11.26埼玉県内

a0126632_18535236.jpg

「ウラギンシジミ」は、敏捷で飛翔シーン撮影は困難な種の
1つです。どこに飛んでいるかわかるでしょうか
           in2016.10.15埼玉県中部の公園
a0126632_18564723.jpg

11月の声を聞くと越冬態勢にはいった個体を見つけることが
出来ます。
a0126632_1859217.jpg

a0126632_18592341.jpg

とは言え気温が15℃を超すと飛び出して、表翅が赤色の雄、
水色の雌が、翅を開いて目を楽しませてくれます。
a0126632_1913264.jpg

越冬中のウラギンシジミを見ていると2頭の雄が舞い
a0126632_1923318.jpg

1頭が止まって翅を開き
a0126632_1931473.jpg

残りの1頭が飛び立ちました。
           in2016.11.06見沼田んぼ某所
a0126632_1945536.jpg

11月後半に入ると越冬中のウラギンシジミが増えてきました。
この日は2頭一緒も観察叶いました。
a0126632_1951636.jpg

しっかり常緑広葉樹の葉裏にしがみついていますが、まだ葉の
裏に止まった脚の跡は残っていません。
           in2016.11.23見沼田んぼ某所
a0126632_1911327.jpg

11月24日の降雪による影響か、常緑広葉樹の葉裏以外でも冬を
乗り切ろうとする個体もいます。
a0126632_19142281.jpg

a0126632_19144235.jpg

越冬態勢に本格的に入ったようで、2頭セットの越冬蝶を複数カ
所で観察出来ました。
           in2016.11.26見沼田んぼ某所
by himeoo27 | 2016-11-26 19:20 | シジミチョウ | Comments(22)


埼玉の冬を過ごす昆虫たち in2016.01.10~30 

埼玉県内でも師走の寒さの中、昆虫たちがどのように冬を
過ごしているのか観察してみました。
a0126632_16185911.jpg

a0126632_16192468.jpg

埼玉県中部の公園でまず見つけたのは「ウラギンシジミ」
です。まだ寒さが厳しくなかったこの時は5~6頭見つける
ことが出来ました。
a0126632_16222652.jpg

a0126632_16224254.jpg

「ウスバフユシャク雌」でしょうか?1月2日に交尾ペア
見つけた直ぐ近くで冬尺蛾の雌を今季初きちんと撮影でき
ました。成虫なのに珍妙な形状ですね!
       in2016.01.09埼玉県中部の公園
****************************
a0126632_16285298.jpg

珍妙な蛾というとこの「ブドウトリバ?」などのトリバガの
仲間でしょう。見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団のあ
る場所のすぐ近くの石灯籠に止まっていました。
       in2016.01.10見沼田んぼ
****************************
a0126632_16385912.jpg

a0126632_16392727.jpg

1月17日~18日にかけての大雪で
見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団がどうなったのか
心配になって出かけてみました。
集団の数が5→4頭に減ったものの1枚奥の葉の上に移って
元気に過ごしていました。
       in2016.01.23見沼田んぼ
****************************
心配していた1月23日~24日の降雪は殆どなかったものの
1月25日~26日の記録的な低温、1月29日~30日の氷雨が
ムラサキツバメの越冬集団にどのような影響を与えたのか
確認すると
a0126632_16522154.jpg

残念ながら1頭に減っていました。この1頭だけでも冬を
乗り越えて欲しいです。
a0126632_1655463.jpg

a0126632_16552171.jpg

「ブドウトリバ?」のいた石灯籠には「キイロテントウ」
が3頭5℃程度の低温なのに元気に歩き回っていました。
a0126632_16584016.jpg

他の生き物は・・・と探してみると蛾の幼虫?が見つかり
ました。
鍵コメ1さんのご指導でインターネット検索したところ
「ゴマフリドクガ」の幼虫のようです。
鍵コメ1さんご指導ありがとうございました。

       in2016.01.30見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-01-30 17:06 | 昆虫一般 | Comments(16)


ムラサキ兄弟輝きの競演 in2015.12.30埼玉県中部の公園

a0126632_19471363.jpg

埼玉県中部の公園へ、越冬チョウ観察しに再訪しました。
a0126632_19491791.jpg

まず出迎えてくれたのは越冬ウラギンシジミです。
写真の通り、こんな所にという感じの場所で越冬しています。
a0126632_19522183.jpg

見沼区のiさんが見つけてくれたムラサキツバメ①②、ムラサキ
シジミ①の第一集団は、12月27日と同じでした。
a0126632_19544862.jpg

chosanpoさんが見つけた第二集団は、ムラサキシジミ④がいな
くなって、ムラサキシジミ2頭に減っていました。
a0126632_19564060.jpg

同じくchosanpoさんが見つけたムラサキツバメ③は歩き回って
いるものの今日も舞い降りてくれませんでした。
a0126632_19582154.jpg

a0126632_19583050.jpg

越冬観察中の個体は舞い降りてくれそうもないので、別のポイント
に移動するとムラサキツバメ④の雄個体が飛来して開翅しました。
a0126632_2024937.jpg

a0126632_203658.jpg

すると負けじとムラサキシジミ⑥の雄個体が舞い出て惜しげもなく
綺麗な表翅を披露してくれました。

        in2015.12.30埼玉県中部の公園おわり
by himeoo27 | 2015-12-30 20:08 | シジミチョウ | Comments(14)


八重山の黒&見沼の銀 in2015.11.20~23⑥&12.29

まず引き続き過去ネタから
11月の八重山諸島は黒色のアゲハチョウの仲間にも沢山出逢
えました。
a0126632_15305417.jpg

a0126632_15404026.jpg

黒色のアゲハチョウというとやはり「クロアゲハ」でしょう。
尾錠突起の短い八重山亜種が、元気に南国の空を飛び回って
いました。
a0126632_15481016.jpg

「ジャコウアゲハ」八重山亜種は、本州産より心なしか煌び
やかに感じます。
a0126632_15515074.jpg

石垣島の林道を探索していると綺麗なジャコウアゲハの蛹も
見つかりました。
a0126632_15535083.jpg

「シロオビアゲハ」雌雄雄は、多少痛みがあるものの求愛飛翔
を頑張っていました。先頭はベニモン型の雌のようです。
a0126632_15565832.jpg

a0126632_15571988.jpg

本家の「ベニモンアゲハ」は、発生のピークのようで多数舞っ
ていました。
a0126632_15593098.jpg

ハイビスカスに吸蜜に舞い降りてきたのは
a0126632_1603572.jpg

a0126632_1604750.jpg

黒い金緑色に表翅を輝かせた「ヤエヤマカラスアゲハ」です。
独特の色合いが素敵ですね!
       in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
*****************************
見沼区のiさんから
「見沼田んぼの越冬ウラギンシジミ沢山いますよ!」とメール
がきたので、本日電動アシスト自転車で訪問してきました。
a0126632_1691731.jpg

ポイントにつくと既にiさんが、待っていました。
a0126632_1610459.jpg

新鮮でシャープな翅を持つ秋型や、
a0126632_16115326.jpg

痛みがある丸っこい翅を持つ夏型と
a0126632_16143643.jpg

2型6頭の越冬ウラギンシジミを堪能しました。
八重山諸島の黒系アゲハは綺麗ですが、見沼田んぼの白銀色の
越冬ウラギンシジミも魅力的ですね!
       in2015.12.29見沼田んぼ終わり    
by himeoo27 | 2015-12-29 16:23 | チョウ全般 | Comments(18)


越冬蝶を楽しむin2015.12.27埼玉県中部の公園①

見沼区のiさんから
「埼玉県中部の公園で越冬ムラサキツバメがみつかりましたよ!」
とのメールがきたので、本日出かけてきました。
a0126632_18302136.jpg

現地に到着して30分程度探しますが、全く見つからず諦めかけたところ
chosanpoさんが来てiさんが見つけてくれたムラサキツバメ①②の2頭
とムラサキシジミ①の2種3頭の集団を教えてくれました。
a0126632_18425871.jpg

a0126632_18435244.jpg

越冬ムラサキツバメは、埼玉県内では初撮影なので嬉々として撮影し
ました。ムラサキシジミ①は、ムラサキツバメ①②を枯葉と勘違い
したのでしょうか?
a0126632_18463780.jpg

a0126632_18465432.jpg

ムラサキツバメ×2+ムラサキシジミ×1の第一集団のすぐ近くで、
chosanpoさんがムラサキシジミ②③④の3頭の第二集団を見つけ
てくれました。ムラサキシジミは通常、蜘蛛の糸で絡まった枯葉の
塊に1頭づつ越冬することが多いので、青葉の間での集団は珍しい
と思います。
a0126632_1855691.jpg

さらにchosanpoさんは、越冬ムラサキツバメ③も見つけていました。
a0126632_1857666.jpg

ムラサキツバメ③は、痛みが激しいものの元気でウロウロ歩き回りま
す。飛び立つことを期待して継続観察しましたが、歩き回るだけで、
舞い降りてくれませんでした。
a0126632_191591.jpg

私も何とか見つけようと公園内を探し回ってやっとムラサキシジミ⑤
雌を見つけることが叶いました。
a0126632_194216.jpg

「越冬ウラギンシジミは何処かいませんか?」とchosanpoさんに聞く
と、ムラサキツバメ①~③、ムラサキシジミ①~④のすぐ近くで
ウラギンシジミ①を教えてくれました。
a0126632_19101844.jpg

ウラギンシジミなら何とか見つけようとウラギンシジミ②
a0126632_19112338.jpg

ウラギンシジミ③
a0126632_19115089.jpg

ウラギンシジミ④と3頭を探すことが出来ました。

第一集団を見つけてくれた見沼区のiさん
第二集団等を見つけ、本日一緒に探してくれたchosanpoさん
お世話になりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

            in2015.12.27埼玉県中部の公園つづく
by himeoo27 | 2015-12-27 19:20 | シジミチョウ | Comments(18)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
Sippoさんと同じく、..
by yurinBD at 06:41
野生のコノハチョウ、見て..
by Sippo5655 at 22:11
こんばんは!! コ..
by だんちょう at 23:15
最近の蝶の生態シリーズみ..
by 武ちゃん at 22:20
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:37
ルリタテハのスバル斑なん..
by uke-en at 19:08
コノハチョウ、綺麗ですね..
by torinara at 17:03
torinara 様 ..
by himeoo27 at 12:05
naoggio 様 ..
by himeoo27 at 11:58
ainomidori44..
by himeoo27 at 11:44
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧