ヒメオオの寄り道


タグ:アオスジアゲハ ( 12 ) タグの人気記事



八重山諸島の水色の輝き2種 in2016.05.04~07西表島&石垣島②

「八重山諸島のミカドアゲハとは相性が悪く接写撮影出来ていない」
と思いながら西表島のA林道を歩いていると・・・
a0126632_17545772.jpg

な!nanto「ミカドアゲハ」が私のズボンに止まりました。
良く見ると翅は綺麗ですが、左側の触角の先端が欠けた
個体でした。白緑色の愛知県のミカドアゲハと異なる淡
い水色がとても綺麗でした。
a0126632_1838347.jpg

a0126632_18382394.jpg

西表島のC林道では吸水にミカドアゲハが降りていました。
接写しようと近づくと直ぐ舞い上がるので魚眼レンズで飛翔シーン
に挑戦です。上手く飛び立ちを撮りこめた!と思ったらギリギリ左
翅先端部が欠けてしまいました(涙)。
a0126632_18433823.jpg

a0126632_18435895.jpg

石垣島のA林道では「アオスジアゲハ」の登場です。関東地方でも
良く出逢うチョウですが、亜熱帯地方の林で見ると別種のように感
じます。
a0126632_18472187.jpg
a0126632_18481141.jpg

西表島の林道Cをさらに登ると吸水しているミカドアゲハの近くに
アオスジアゲハが舞い降りてきました。
a0126632_18511054.jpg

吸水しているミカドアゲハに接近する別のミカドアゲハが登場です。
この2種は、性別等どんな関係なのかな?不思議です。
a0126632_18534570.jpg

アオスジアゲハが吸水している直前を悠然と飛び去るミカドアゲハ
も観察出来ました。飛んでいる時の翅の煌めきは、さらに一層綺麗
に感じます。
a0126632_18564781.jpg

吸水しているミカドアゲハの裏翅もウットリするほど素敵です。
a0126632_1931551.jpg

石垣島のB林道でアサヒナキマダラセセリを探していると葉の上で
休んでいるミカドアゲハがいました。
a0126632_18595386.jpg

接写しようと近づくと舞い上がって戻ってきませんでした。

           in2016.05.04~07西表島&石垣島つづく
by himeoo27 | 2016-05-14 19:04 | アゲハチョウ | Comments(26)


見沼田んぼ蝶散歩 in2015.10.18

a0126632_18241896.jpg

今日、秋のチョウを探しに見沼田んぼに出かけてきました。
a0126632_16585218.jpg

まず登場してくれたのは「キタキチョウ」です。
a0126632_1701069.jpg
a0126632_1701858.jpg

キタキチョウの雄が表翅を煌めかせていたので、近づいて良く
見ると、雌と思われる蛹が見つかりました。
a0126632_175474.jpg

見沼代用水沿いの草地では「モンシロチョウ」が空高く舞い上
がりました。
a0126632_1794420.jpg

セセリチョウの仲間はイチモンジセセリが多いものの初々しい
「チャバネセセリ」もポツポツ観察出来ました。
a0126632_1712714.jpg

秋型の「キタテハ」は、翅の形状がシャープでまるでシータテハ
のように感じます。
a0126632_17164137.jpg
a0126632_17165298.jpg

キバナコスモスの花畑には「アオスジアゲハ」も登場です。飛翔
シーンを撮ろうと接近すると飛び去ってしまいました(涙)。
a0126632_17222310.jpg

a0126632_17232399.jpg

今日一番出逢いたかったチョウは、この「ヒメアカタテハ」です。
オレンジ色が鮮やかな表翅も、繊細な幾何学模様の裏翅どちらも
大好きなヒメオオです。
a0126632_17282149.jpg

ヒメアカタテハは個体数が多いものの俊敏で、飛翔撮影は近づか
せてくれませんでした。

       in2015.10.18見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-10-18 17:35 | チョウ全般 | Comments(22)


庭にきたチョウたち in2015.09.23~10.03

a0126632_12152921.jpg

シルバーウイーク終盤に我が家のベランダに舞い降りて
きたのは「アオスジアゲハ」です。
a0126632_11141163.jpg

白いブッドレアの花で熱心に吸蜜です。
a0126632_11142112.jpg

しばらく見ていると「イチモンジセセリ」も登場です。
          in2015.09.23
***************************
a0126632_11243997.jpg

仕事を終わらせて19:30頃帰宅すると、我が家の玄関の
電灯付近にある蜘蛛の巣に何か蟲がちょうど引っかかって
もがいていました。
蜘蛛の巣を壊すと、1頭のイチモンジセセリが無事脱出し
て壁にとまりました。後翅についた蜘蛛の糸が痛々しいで
す。チョウも夜遊びには気をつけて欲しいものです。
          in2015.09.25
a0126632_11325758.jpg
a0126632_113351.jpg

セセリチョウの仲間は、正面顔が可愛い種が多いのですが
ことのほかイチモンジセセリの正面顔が可愛いです。
a0126632_11355399.jpg
a0126632_1136234.jpg

イチモンジセセリは、この時期我が家のベランダでも個体
数が多く求愛行動を観察出来ました。但し、観察中に交尾
は成立しませんでした(涙)。
a0126632_11384127.jpg

イチモンジセセリを観察していると「ヒメアカタテハ」が
白花のブッドレアにやってきました。裏翅の模様を撮ろう
チャレンジしましたが完敗でした。
          in2015.09.26
****************************
a0126632_1143887.jpg

a0126632_11431779.jpg

「秋のチョウの観察と撮影会2015」を終わらせて帰宅す
ると「ムラサキシジミ」が吸蜜にきていました。
表翅を撮ろうとしたら舞い上がって2度と戻ってきません
でした。
          in2015.09.27
****************************
a0126632_11502934.jpg

イチモンジセセリが、また来ているなとベランダに出てみ
ると模様が違います。「チャバネセセリ」のようです。
この種も顔が可愛いですね!
          in2015.10.03
by himeoo27 | 2015-10-04 11:56 | チョウ全般 | Comments(32)


秋のチョウの観察と撮影会2015予行演習 in2015.09.21

a0126632_8405529.jpg

9月27日「秋のチョウの観察と撮影会2015」の予行演習
を兼ねて昨日、国立科学博物館附属自然教育園に出かけて
きました。
a0126632_8554516.jpg

開門前に入口で、出迎えてくれたのは「ヤマトシジミ雄」で
す。小さなチョウですが表翅の輝きはこの日の色々なチョウ
との出逢いを掻き立てられます。
シジミチョウの仲間は、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、
ウラギンシジミも登場してくれて全部で4種でした。
a0126632_935864.jpg

次に登場してくれたのは「オオウラギンスジヒョウモン」で
す。
a0126632_951636.jpg

「ミドリヒョウモン」は、痛みがあってもやはり存在感ありま
すね!
a0126632_97770.jpg

都心部のヒョウモンチョウの仲間というと「ツマグロヒョウモン」
です。羽化直後なのか初々しい個体でした。
a0126632_984096.jpg

また「アカボシゴマダラ」?とカメラを向けると「ゴマダラチョウ」
だったので慌てて撮影しました。この小さな森に生き延びていると思
うと嬉しくなります。
a0126632_910472.jpg

「テングチョウ」はタテハチョウの仲間に入っているようで、
タテハチョウの仲間は上記6種に個体数が多いヒカゲチョウ、
コミスジを加えて8種観察出来ました。
a0126632_915375.jpg

a0126632_9151267.jpg

「キタキチョウ」は表翅が綺麗ですが飛んでいる時しか見せて
くれないのが残念です。
a0126632_9242182.jpg

青空に舞う純白の「モンシロチョウ」普通種とはいえステキな
絵に仕上がったかな?
シロチョウ類は、この2種にとどまりました。
a0126632_9285127.jpg

a0126632_9291414.jpg

アゲハ類は、上の「アオスジアゲハ」下の「カラスアゲハ」を
含めてナガサキアゲハ、アゲハ、クロアゲハの5種が舞ってい
ました。
セセリチョウは個体数が一番多かったですが、チャバネセセリ
、イチモンジセセリの2種しか観察叶いませんでした。
都心なのに、ざっと4時間の散策で21種とは豊かな自然を堪能
したヒメオオです。

「秋のチョウの観察と撮影会2015」興味のある方は、下記を参
考にして申し込みください。
************************************************
秋の日差しに誘われて、都心のチョウを見に行きませんか?
NPO法人日本チョウ類保全協会主催のイベントですが、どなた
でもご参加できます。
自然教育園の矢野先生のお話や、チョウの保全の報告もあります。

・テーマ :『都心で秋のチョウの観察と撮影を楽しむ』
・実施日 : 2015年 9月27日(日曜日)  
      雨天決行(雨天時はセミナーのみ)
・場 所 : 国立科学博物館附属自然教育園
JR山手線、東急目黒線・・・目黒駅東口より徒歩9分
東京メトロ南北線/都営三田線
          ・・・白金台駅1番出口より徒歩7分

・集合時間: 9:00 自然教育園入口前
・参加資格: チョウに興味がある方
      (小学生以上…小学生の場合は保護者同伴)
・募集人数: 先着30名程度
・費 用 : 入園料310円+参加費500円
(高校生以下、65歳以上は、入園料無料・年齢を証明するものが必要)
・内 容 :
9:10~10:10セミナー室にて
矢野先生のお話・チョウの保全(ツシマウラボシシジミ)についての話
10:15~12:00 園内にてチョウの観察と写真撮影
12:30頃     解散

・申込み方法(メールにて、次の事項を明記ください)
①お名前(同伴者がいるときは、その方の名前も。
        小中学生の場合は、学年を明記)
②申込者の連絡用電話番号
③日本チョウ類保全協会の会員か非会員かの区別
④その他、質問など

・参加申込み先: batako33@gmail.com (井上)

   ※お申込はメールのみです
by himeoo27 | 2015-09-22 09:40 | チョウ全般 | Comments(26)


白緑色のステンドグラスほか in2015.05.16

a0126632_1137385.jpg

白緑色のステンドグラスのような「ミカドアゲハ」に逢いに
風の翅のkazenohane さん、
おやじのチョウの観察日誌 華蝶の夢のMIYAKOUTAさん
にお願いして昨日愛知県に遠征してきました。

現地の近くの駅で蝶・旅の友の22wn3288さんも合流
され賑やかな探チョウ行となりました。
a0126632_11494036.jpg

ポイントについてすぐに登場したのは、吸水にやってきた
「モンキアゲハ」です。
a0126632_11564534.jpg

a0126632_11565499.jpg

モンキアゲハはサービス満点で、その後花々に吸蜜にきて
くれました。

a0126632_1236599.jpg

しばらくすると本命の「ミカドアゲハ」登場です。写真を
撮ろうとすると落ち着かずすぐに舞い上がりました。

a0126632_1238318.jpg

大きなモンキアゲハより更に一回り大きな豪華な蝶が登場
しました。憧れの「ナガサキアゲハ」メスです。白帯の小
さな本州型ですが、痛みの比較的少ない個体でした。

a0126632_12414740.jpg

吸水ポイントにミカドアゲハが降りていないかな?と探すと
白緑色ではなく、水色のステンドグラス「アオスジアゲハ」
が舞い降りてくれました。

a0126632_12441547.jpg

花畑に戻ると再び「ミカドアゲハ」が舞い降りてきました。
そこへ「モンシロチョウ」がやって
a0126632_124626100.jpg

「そこは僕の場所」とミカドアゲハを追い払ってしまいまし
た(笑)。

a0126632_12475439.jpg
a0126632_1248217.jpg

モンシロチョウに追い払われた「ミカドアゲハ」は舞い上が
り、柿の樹の花で吸蜜した後、飛び去ってしまいました。

         in2015.05.16 愛知県にて

今回の撮影行を計画されたkazenohane さん、MIYAKOUTAさん
同行された22wn3288さん、
現地でお逢いした皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2015-05-17 12:59 | アゲハチョウ | Comments(26)


八重山にアゲハ舞う in201211.22~24⑥

明けまして
おめでとうございます。
今年もよろしく
お願いいたします。

a0126632_18383323.jpg

a0126632_18391296.jpg

今年最初に掲載するのは石垣島で撮影した「シロオビアゲハ」です。
吸蜜時の羽ばたきの煌めきが素晴らしい新鮮な個体でした。
a0126632_18444577.jpg

「アオスジアゲハ」は関東平野でも普通種かもしれませんが、この時期は眩しく
感じます。早く暖かくなって欲しいな!
a0126632_1847314.jpg

幽霊写真ではありません(笑)
シロオビアゲハのポイントで絞りを深くしてクリアーにして撮り込もうと
構えていると「ヤエヤマカラスアゲハ」が舞い上がりました。
ピントも甘く、ブレブレの失敗作ですが、私は妙に気に入っています。
a0126632_18525679.jpg
a0126632_18531042.jpg

ツマベニチョウの蝶道に突然
ヤエヤマカラスアゲハのペアが現れ求愛飛翔を始めました。
スワ交尾か!?と期待しましたが、残念ながら不成立に終わりました。
a0126632_18590100.jpg
a0126632_18591453.jpg

ヤエヤマカラスアゲハの飛翔シーンを表翅、次に裏翅から狙ってみました。
表翅はピントを合わせて「フィールドガイド」の改訂時応募してみようとチャレンジ
しましたが、少し痛んだ個体の上に、ピントも甘い画像になってしまいました(涙)
a0126632_194998.jpg
a0126632_1942020.jpg

ヤエヤマカラスアゲハは私の腕、蝶の傷みにかかわらず、その輝きは素晴らしいです。

                   in201211.22~24八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2013-01-01 00:35 | アゲハチョウ | Comments(48)


ブッドレアの花に来た蝶&蛾 in20111008①

a0126632_1945776.jpg

(クリックにより拡大します)
昨日、都内の足立生物園でアゲハチョウの生態を研究している井上さんの講演会があったので出かけてみました。講演がはじまるまで、公園内で蝶探しです。
a0126632_19473960.jpg

ブッドレアの花が咲いていたので待っていると5~6頭の「アオスジアゲハ」が集まってきました。
a0126632_19484199.jpg

どの子も比較的新鮮です。
a0126632_19495216.jpg

その内1頭が草むらに舞い降りてくれて、開翅し、接写させてくれました。この蝶は通常機敏であまり近づけないので興奮しながらシャッターを押しました。図鑑用に間に合うかな?
a0126632_19532013.jpg

アオスジアゲハに次いで、「ホシホウジャク」も登場です。
a0126632_19541929.jpg

ヒメアカタテハにも急接近しました。
a0126632_1955228.jpg

この日は、アオスジアゲハ以上に動きが早く接近して何とかピントを合わせるのが精いっぱいでした。
a0126632_19571461.jpg

ブッドレアに来ていた「ウラナミシジミ」が舞い降りて黄色い花で吸蜜を始めました。
a0126632_19584360.jpg

接近すると綺麗に翅を開いてくれました。
a0126632_19591969.jpg

(クリックにより拡大します)
これも図鑑用に狙って撮影した「ツマグロヒョウモン♀」です。少し傷みありますが、背景、光の加減、カメラと被写体の関係は上のアオスジアゲハと双璧では?

           in20111008温室シリーズに続く
by himeoo27 | 2011-10-09 20:05 | アゲハチョウ | Comments(24)


蛹化しました!(アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ) 埼玉県内20110205

昨日コミミズクを見に行く前に、北本自然観察公園で「野生生物写真展2011~命のつながり~」の写真応募があったので蝶の写真を持って出かけてきました。応募期間が3月始めまでなので皆さんも応募されてみたらいかがでしょうか?
「田舎太郎さん」の里山さがしの旅の記事に掲載されていたので、観察指導員のTさんに聞いてみると
a0126632_19285784.jpg

「アオスジアゲハ」が1頭だけ蛹化していました。蛹になった場所ではなさそうですが、羽化出来そうな場所に避難しているそうでまずは一安心しました。
この子は自然観察雑記帳の「ねこきち」さんと昨年10月11日に産卵と孵化直後の幼虫を観察した子たちの1頭と考えられます。
a0126632_19323211.jpg

「卵」はピンポン球に近似した白いまん丸な形状で、1個づつ何度かに分けて複数個産みつけられました。
a0126632_19324425.jpg

孵化直後と思われる幼虫は少しイガイガしていました。食木や他の状況よりアオスジアゲハのそれと推定しました。
a0126632_19365047.jpg

2令程度でしょうか?10月24日となるとかなりしっかりした幼虫になりました。でも、芋虫としてみるとかなり独特の形状をしています。
a0126632_19405092.jpg
a0126632_19405859.jpg

11月13日になると終令に近づいた如何にも「アオスジアゲハ」という幼虫になりましたが、寒くなってきたので無事蛹化出来るのか?心配になりました。従って、田舎太郎さんの記事を読んだ時嬉しかったです。

********************************************
我が家の屋内に、寒さを避けて屋内に入れたコーヒーやハイビスカスの木の根元には
a0126632_19535711.jpg

ツマグロヒョウモンの幼虫が2頭ほど見つかりました。

ところで先日保護された「ヒメアカタテハ」の幼虫ですが、2月1日前蛹となり、2日蛹化しました。本日6日、写真を撮ろうとすると誤って付け根からポトリと落ちてしまいました。我が妻がマスクを使ってレスキューして
a0126632_1952129.jpg

羽化を待つ日々です。

野外の蝶の発生はまだもう少しでしょうが、春の近さを感じたヒメオオでした。
by himeoo27 | 2011-02-06 19:56 | アゲハチョウ | Comments(14)


藤沢の越冬中の蝶の幼虫&蛹

2月13日実施した藤沢市のチョウの観察の最終回です。
a0126632_10394118.jpg

今回掲載する藤沢市のチョウ達は上の写真のように車が多く通る道路に
沿った生垣の中に居ました。そのような環境にチョウが棲息しているこ
とが最も驚きでした。車道の側溝とガードレールが分かりますか?
チョウは何処にいるか、分かりにくいので次に拡大写真を掲載します。
a0126632_10321485.jpg

「アオスジアゲハ」の蛹です!特長のある尖がり頭で緑色も鮮やかです。
09.05.02さいたま市見沼田んぼ♀
a0126632_10505763.jpg

成虫も居ないと寂しいので昨年の写真を再掲します。
a0126632_10522155.jpg

アオスジアゲハの蛹の近くには飴色の綺麗な「ジャコウアゲハ」の蛹が
付いていました。多数のジャコウアゲハの蛹がありましたが、でも生存
していたのはこの個体くらいでした。羽化が旨くいくことを祈っています。
09.08.08狭山丘陵♂
a0126632_10585684.jpg

道路沿いの生垣のチョウとしては「サラツマキ」さんによると、藤沢市では
「アカボシゴマダラ」が有名になっているそうです。
a0126632_1164952.jpg

生垣を掻き分けて間に生えた小さな「エノキ」の枝に短角型5令幼虫が付い
ていました。この写真では分かりにくいのですが尾状部の突起がくっついて
いるのがこの種の幼虫の特長だそうです。
a0126632_1115542.jpg

大きな長角型5令幼虫もいましたが、色が黒ずみかなり弱っていました。
長角型5令幼虫は越冬困難なそうで、残念ながらこの寒さは越せないので
しょうか・・・・・・!!
09.08.08狭山丘陵♀
a0126632_11212245.jpg


霙混じりの天気の中、色々ご指導いただきました「サラツマキ」さんとて
も有難うございました。

               藤沢市での2月13日の観察記録終わります。
by himeoo27 | 2010-02-20 11:23 | アゲハチョウ | Comments(8)


キアゲハ、アオスジアゲハの蛹 他

「ぐんま昆虫の森」で出会った越冬昆虫の最後です。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15265085.jpg

まずは、キアゲハの蛹です。「富士山沼ゾーン」の作業小屋の横の石垣に付いて
いるのを指導員の方が教えてくれました。
2009.05.04北本自然観察公園
a0126632_15311690.jpg

昨年春に撮影した成虫も一緒に掲載します。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15323274.jpg

上のキアゲハの蛹の近く作業小屋の裏の工事標識に付いているのを指導員の方が
見つけてくれたアオスジアゲハの蛹です。標識を何度か動かした為か宙ぶらりん
の状態でした。
2009.05.01見沼田んぼ
a0126632_15364049.jpg

見沼田んぼでかなりフレンドリーな個体を見つけたので接写してみました。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15385857.jpg

この日一番驚いた昆虫はこの「カレハガ」の幼虫です。昨日掲載したコムラサキ
の幼虫と同じ柳の木の幹に付いていました。写真を見ても分かりにくいと思いま
すが、平たい蒲鉾状に幹に引っ付いた白い毛玉のようなものです。毒を持ってい
るので細い木で突くとモゾモゾと少し動きました。

2010.01.10ぐんま昆虫の森
a0126632_15433330.jpg

最近また復活してきましたが、子供の頃よりかなり数が少なくなったオオミノガ
の巣です。

2010.01.10ぐんま昆虫の森
a0126632_15451276.jpg

こちらは、良く見るイラガの繭です。指導員の方によるとこの繭の模様は全く同
じものは無いとのことでした。

ぐんま昆虫の森2010越冬昆虫終わり
by himeoo27 | 2010-01-24 15:47 | アゲハチョウ | Comments(6)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧