ヒメオオの寄り道


タグ:ぐんま昆虫の森 ( 19 ) タグの人気記事



2017年新年を迎えて(ぐんま昆虫の森写真展)

a0126632_18511510.jpg

明けましておめでとうございます。
寒いので本日は、ぐんま昆虫の森写真展に出品した八重山諸島と
温室(足立区生物園)の写真を中心に掲載します。
a0126632_18544236.jpg

a0126632_1855127.jpg

西表島の月の精「タイワンキマダラ」も良く見られるこのポイント
では「オキナワチョウトンボ」の群飛も観察出来ます。この日は数
百頭の集団が低く舞ってくれたので魚眼レンズで出来る限り多く撮
りこんでみました。
別名の「ベッコウトンボ」の名前のとおり青空と太陽光を浴びて、
素晴らしい輝きでした。

in2016.05.05西表島
a0126632_19111049.jpg

八重山諸島のトンボは鮮やかな種が多く、石垣島でも近年増えてきた
「アカスジベッコウトンボ」
a0126632_19131698.jpg

渋めのトンボですが、日本で八重山諸島にのみ生息する
「ヒメキトンボ」かな?

in2016.10.09石垣島
a0126632_19235018.jpg

自然界では与那国島でしか観察したことがない「ツマベニチョウ」の
求愛飛翔ですが、チョウ密度の濃いここ足立区生物園の温室では容易
に観察可能です。
a0126632_1929501.jpg

かって八重山諸島で数多く観察出来た「カバタテハ」ですが、ここ数
年現地では全く見たこともありません。
a0126632_1944959.jpg

「タテハモドキ」の交尾ペアを観察していると別の1頭が・・・・
a0126632_19482869.jpg

近づいた個体に、
いきなり交尾中なのに「蹴り」を、
慌てふためくその姿
まさに決定的な瞬間を撮りこめました。

in2016.07.02足立区生物園温室
a0126632_1956455.jpg

雨と雨の合間に石垣島の於茂登岳山中に入ると薄暗い林の中では
「ナナホシキンカメムシ」が煌めいていました。
a0126632_2004973.jpg

顔が恐ろし気なるも、最もきらびやかな西表島の甲虫は
「タイワンヤツボシハンミョウ」でしょう。
a0126632_2052151.jpg

石垣島に戻るとやや小ぶりのタマムシが輝きながら舞い上がりま
した。「ミドリホソナガタマムシ」でしょうか、腹部の蒼色も絶
品です。

in2016.10.06~09石垣島&西表島


今年もよろしくお願いします。
by himeoo27 | 2017-01-01 00:00 | 昆虫一般 | Comments(54)


「ぐんま昆虫の森」と「野鳥いろいろ」

1月17日~18日
花蝶風月のbuttfflowさんのご提案で、
長野遠征の時、毎年お世話になっているMさん
buttfflowさんの先輩&同僚のKさん、Hさん、Oさん
と「ぐんま昆虫の森」に出かけてきました。
a0126632_17112254.jpg

甲虫好きのヒメオオは、「ぐんま昆虫の森を訪問すると
まずテントウムシの越冬集団の箱を覗いてみます。
1箱目には「ナミテントウ」を中心に大きな「カメノコテントウ」
も混じっていました。
a0126632_17191911.jpg

2箱目は数が少ないもののカメノコテントウが目立ちました。
a0126632_17204726.jpg

根性のない私は、地元で自力で見つける自信が全くないので
テントウムシの越冬集団の次に探すのが「コムラサキ幼虫」
です。ここでは、白色のチョークで近くに印がしてくれている
ので直ぐに2頭セットで見つかりました。
a0126632_17273011.jpg

「ミドリシジミ卵」はゼフ卵の中では比較的容易ですが、今回
5人で探したのでアッという間に見つかりました。
a0126632_17334913.jpg

ぐんま昆虫の森というとやはり大温室でしょう。
雄がヘアペンシルを出しかけた「オオゴマダラ求愛」飛翔も観察
出来ました。
a0126632_17393273.jpg

ぐんま昆虫の森では野鳥も豊富で「カワセミ」君が歓迎してくれ
ました。
           in2016.01.16~17ぐんま昆虫の森

buttfflowさん、Mさん、Kさん、Hさん、Oさん
ぐんま昆虫の森の皆さんお世話になりました。
******************************
a0126632_17423027.jpg

見沼田んぼで新蝶を探していると頭上には「アオサギ」
a0126632_1745413.jpg

川辺には「ユリカモメ」を撮影叶いました。
           in2016.01.10見沼田んぼ
******************************
a0126632_17472880.jpg

この「シロハラ」はフレンドリーで直ぐ近くに出てきました。
           in2016.01.09埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17503926.jpg

埼玉県中部の公園では「ジョウビタキ雌」が入口付近で可愛い
姿を見せてくれます。とってもキュートですね!
           in2015.12.27埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17534311.jpg

a0126632_1754288.jpg

八重山諸島の野鳥というと「カンムリワシ」でしょう。青空背景
に格好良いですね!
a0126632_1756048.jpg

a0126632_17561782.jpg

「ヤエヤマオオコオモリ」の飛翔シーンを狙ってみましたが、今回
は惨敗し、次回のリベンジ誓ったヒメオオです。
           in2015.11.20~23石垣島&西表島⑨つづく
by himeoo27 | 2016-01-23 18:01 | 自然観察全般 | Comments(16)


「ぐんま昆虫の森」 in2015.01.18

a0126632_19113086.jpg

花蝶風月のbuttfflowさんから、入賞した上田市のMさんと
一緒に1月18日「ぐんま昆虫の森」に行きませんかとお誘いい
ただき出かけてきました。「表彰式の模様展示の概要
buttfflowさんブログをご覧ください。展示された写真はどれも
力作揃いです、ぜひぐんま昆虫の森でご覧ください。
a0126632_1928920.jpg

「ぐんま昆虫の森」には里山環境も残されています。ボラン
ティア・ガイドにお願いして「コムラサキ幼虫」を見つけて
もらいました。これだけ樹皮に似ていると指さして教えても
らっても目を離すと直ぐに見失ってしまいます(笑)。
a0126632_19313484.jpg

「ぐんま昆虫の森」は昆虫関連の図書が充実した「図書館」
が併設されています。昆虫関連のみでこれだけあるとは!
ビックリです。
a0126632_19334248.jpg

温室に入ってまず見つけたのは「アマミナナフシ幼虫」です。
近づくと威嚇するかのように、体を揺すって踊ることが笑い
を誘います。
a0126632_1937297.jpg
a0126632_19371325.jpg

歩いていると「ツマムラサキマダラ」が舞い出しました。
成虫の蒼金色の表翅、蛹の白銀色の輝きは絶品ですね!
以下、蝶の蛹は図書館の隣の「飼育室」で撮影しました。
a0126632_19392131.jpg
a0126632_19393477.jpg

アサギマダラを更に淡い落ち着いた感じにした「リュウキュウ
アサギマダラ」も飛んでいます。蛹はアサギマダラの蛹に近似
して大きな翡翠のようで綺麗です。
a0126632_19474955.jpg

琉球列島の蝶の王者「オオゴマダラ」は、蝶もゴージャスです
が、蛹は黄金色に輝きます。上記は前蛹と、蛹化直後の蛹です。
a0126632_19511716.jpg

アゲハの仲間ではナガサキアゲハ、シロオビアゲハを飼育して
いました。飼育室を探すと「シロオビアゲハ」紅紋型♀が交尾
していたので撮影しました。
a0126632_19535758.jpg

「イシガケチョウ」は、吸蜜、吸水、交尾何れも翅を開いて行
います。飼育室では羽化直後なのか翅を閉じた個体を撮影する
ことが叶いました。

以上のように、とても楽しい1日を過ごすことが出来ました。
ぐんま昆虫の森の皆さん、buttfflowさん、上田のMさん大変お
世話になりました。

         in2015.01.18ぐんま昆虫の森
by himeoo27 | 2015-01-24 20:00 | 昆虫一般 | Comments(27)


3氏ノーベル賞受賞で、ヒメオオ写真展入選?

今回は「光」の話題です。
a0126632_1602026.jpg

2015年は、初日の出の「光」を自宅のベランダで浴びて
スタートしました。
a0126632_1615337.jpg

1月3日、我が家に訪問してくれた今年最初の昆虫は太陽
の申し子「天道」虫(テントウムシ)でした。
ちょっと無理筋ですが「光」関連かな?
a0126632_1619729.jpg

a0126632_16192078.jpg

「光」というと、昨年3氏がノーベル賞を受賞したLED
(発光ダイオード)ですね!私も蝶の飛翔写真撮影時、
とても活用しています。
a0126632_16274432.jpg

ということで、国立科学博物館で開催中のヒカリ展
に出かけてきました。
a0126632_1629214.jpg

a0126632_1629162.jpg

オーロラ、光る花、蛍光鉱物等々「光」についての見所
満載の展示です。
とは言え、オパール化した「アンモナイト化石」や、
構造色で耀く「モルフォチョウ~ゼフィルス雄」の「光」
には惹かれます。
a0126632_16354454.jpg

中央上部から斜め左下に伸びる「光」の破線は、一昨年
のゴールデンウイークに西表島で撮影した「ヤエヤマボタル」
の行路です。
a0126632_16414782.jpg

蛍の「光」についてのヒカリ展の説明は上記通りです。
ルシフェリンの酸化作用により発生した「光」ということ
のようです。
a0126632_1650669.jpg

八重山諸島の冬場には、冬尺蛾のように雌の翅を退化させた
「イリオモテボタル」という蛍が棲んでいます。これでも
成虫です。尾部から発する「光」はとても弱く虫をシャープ
にLEDを強く当てて撮ると発光部が白とびします(涙)。
この画像↑は、LEDの当て方をギリギリに抑えて写してみま
した。
a0126632_1745186.jpg

明日からはじまるぐんま昆虫の森の写真展に
「明かりを(灯)して」という題で、応募したイリオモテボタル
の写真が、な!なんと!6回目の応募にて初めて入選しました。
「光」繋がりで、ノーベル賞受賞3者のおかげかな?
写真展は3月1日まで開催されているので、見ていただければ
嬉しいです。
by himeoo27 | 2015-01-05 20:29 | その他 | Comments(22)


冬を越す蝶の卵・幼虫・蛹 inぐんま昆虫の森20110122②

ぐんま昆虫の森の里山には各種の冬を越す蝶たちが観察出来ます。大部分は、この日の「里山歩き」の指導員のTさんが見つけてくれました。
a0126632_20511694.jpg

まず「オオミドリシジミ」の卵です。当倍まで拡大したので画像がかなり荒れていますが雰囲気出ているので掲載いたします。
a0126632_20535686.jpg

もっとも多く見つかったのが「ミドリシジミ」の卵です。比較的小さい「ハンノキ」の方が見つけやすそうです。
幼虫は、タテハチョウの仲間が色々いました。まずは1人ではまず見つけられない
a0126632_2124257.jpg

柳の幹の樹皮の間に潜む「コムラサキ」の幼虫です。他のタテハ類と比較すると小さく胴長で角状部分が長く感じました。
a0126632_2155419.jpg

この時期、この公園で「エノキ」の木の根元の枯れ葉めくりにて一番見つけやすい「オオムラサキ」の幼虫です。この時期はコムラサキの幼虫より若干大きい程度でとっても可愛いです。
a0126632_2183346.jpg

「ゴマダラチョウ」の幼虫はオオムラサキのそれより、この公園では個体数がずっと少なく「里山歩き」で一緒に回った昆虫大好きな親子連れが1頭だけ見つけてくれました。少し太めで上の2種より大きめです。
a0126632_21115346.jpg

キャベツ畑のちかくでは、「モンシロチョウ」の蛹を近くにいた小学生の集団が教えてくれました。仲間に入れてもらって1枚撮影!
a0126632_21142894.jpg

越冬蛹の白眉はやはり「ジャコウアゲハ」でしょう!飴色に輝く姿は芸術性を感じます。

ご指導いただいた「ぐんま昆虫の森」里山歩きの指導員のTさん、里山歩きで一緒に回られた昆虫大好きの家族の皆様、キャベツ畑に居た小学生の皆さんありがとうございました。

         inぐんま昆虫の森20110122終わり    
by himeoo27 | 2011-01-23 21:25 | チョウ全般 | Comments(22)


ホウジャク舞う inぐんま昆虫の森20101016

キタテハの写真を撮って、先日アゲハチョウ、イチモンジセセリ、ヒメアカタテハが飛んでいたお花畑に行くと
a0126632_2165688.jpg
「ホシホウジャク?」が吸蜜に来ていました。望遠マクロによる飛翔撮影をyodaさんに教えていただき
a0126632_2182437.jpg
真正面
a0126632_218487.jpg
斜め前から撮影しましたが、
a0126632_2193377.jpg
yodaさんのズボンと一緒に写したこの画像が一番まとまっているようです。

(画像をクリックすると少し大きくなります)

                       inぐんま昆虫の森20101016続く
by himeoo27 | 2010-10-19 21:12 | | Comments(6)


「キタテハ」色々 in北本1011&群馬県1016

この時期の「キタテハ」は
a0126632_21104544.jpg
北本自然観察公園」で撮影したこの個体のように夏型と比較するとまるでシータテハに勘違いしたくなるほど翅の形状の凹凸が大きく、色も橙色が濃くとても綺麗です。
北本自然観察公園では「自然散策雑記帳」の「ねこきち」さんおよび「観察指導員」の皆さんのご指導により
a0126632_21203027.jpg
背中に恐竜ゴジラのような棘とげを持った「幼虫」や
a0126632_21204549.jpg
光る△の突起を持った「蛹」を観察することが出来ました。

16日群馬県にクロツバメシジミを探しに訪問すると
a0126632_21261181.jpg
沢山のキタテハ達が出迎えてくれました。ここは柿の木が植わっていて柿の汁を吸いに集まっているようです。
a0126632_21272319.jpg

このシルエットなかなか素敵ですね!
a0126632_21273467.jpg
a0126632_21274576.jpg

↑の中央の翅を開いた個体は胴体も太く、胴の先も尖っているので♀で間違いないと思われます。
クロツバメシジミの採取者が複数やってきて撮影出来にくくなったので「ぐんま昆虫の森」に移動しました。
a0126632_21275897.jpg
早速某プロジェクト向けにあつらえたように♂の個体(胴の先が尖っていない、胴が細い等々)が閉裏翅真横から撮影させてくれました。
a0126632_21391725.jpg
逆光気味に翅をはばたくと光が透けて面白い色合いになりました。
a0126632_21403785.jpg
最後に翅を全開にして見送ってくれました。

    (画像をクリックすると少し大きくなります。)

                in北本1011&群馬県1016続く
by himeoo27 | 2010-10-17 21:26 | タテハチョウ | Comments(14)


ナツアカネ inぐんま昆虫の森20100918④

「ぐんま昆虫の森」のお花畑に咲く「ヤナギハナガサ」の花には、蝶ばかりでなく
a0126632_18554179.jpg
「ホウジャク?」と思われる蛾も吸蜜に来てくれました。
この日「ヤナギハナガサ」の花付近で一番目立った昆虫は、
a0126632_18572885.jpg
「ナツアカネ?」でしょうか!真っ赤でとても緑の背景に映えています。
a0126632_1859353.jpg
a0126632_18594279.jpg
a0126632_1859481.jpg
あまり美しいので、斜め、真正面、真横とシャッターを押してしまいました。
a0126632_1911961.jpg
里山の観察を楽しんだヒメオオは「ぐんま昆虫の森」を後にいたしました。

     (画像をクリックすると少し大きくなります。)

         inぐんま昆虫の森20100918終わり
by himeoo27 | 2010-09-25 19:04 | トンボ | Comments(10)


お花畑の蝶 inぐんま昆虫の森20100918③

ぐんま昆虫の森の中には数か所の「お花畑」があり色々な蝶が集まってきます。
a0126632_17371274.jpg
まず「アゲハチョウ」です。近くの木には
a0126632_17401388.jpg
その幼虫も数頭いました。
a0126632_17405499.jpg
a0126632_1741384.jpg
今年の1月10日に訪問した時「蛹」がいた近くのお花畑には「ジャコウアゲハ」の雌雄が舞っていました。
a0126632_1747558.jpg
タテハの仲間は「ヒメアカタテハ」や
a0126632_17485837.jpg
「キタテハ」もいます。
当然この時期の人気者
a0126632_17493385.jpg
「イチモンジセセリ」や
a0126632_17501660.jpg
「モンシロチョウ」
、ヤマトシジミ、モンキチョウ、キタキチョウ、メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン等々の蝶もお花畑にやってきました。
この他チョウの仲間は、ヒメウラナミジャノメ、ウラギンシジミ、クロヒカゲほかを観察出来ました。

(画像をクリックすると少し大きくなります。)

      inぐんま昆虫の森20100918続く  
by himeoo27 | 2010-09-23 17:54 | アゲハチョウ | Comments(14)


ギンイチモンジセセリ見つからず in見沼田んぼ100920

本日、ギンイチモンジセセリ秋型とウラナミシジミを探しに出かけてみましたが
a0126632_191150.jpg
ギンイチモンジセセリの第一ポイントについて小一時間探してみましたが、バッタや「蓑虫の仲間(多分「オオミノガ?」の幼虫)」しか見つけられません。この蓑虫は珍しく幼虫が出ていて絵的に綺麗なので掲載してみました。
a0126632_1952312.jpg
第2ポイントでも同じく小一時間探してみましたが、バッタと「カメムシの幼虫(種名不明?)」の大集団くらいで結局本日ギンイチモンジセセリの秋型を見つけることは叶いませんでした。
次に、ウラナミシジミが居そうな場所を探してみましたが、まだ早いのか、探し方が悪いのかこちらも不発に終わりました。
a0126632_1910382.jpg
しかし、「キタテハ」は数が多く夏型の♂の個体がテリ張りをしていました。
a0126632_19132036.jpg
吸蜜している子も居ましたが、秋型の濃い個体はこれからでしょうか?
a0126632_19145014.jpg
ウラナミシジミの代わりという訳ではないのでしょうが「ヤマトシジミ」のペアが交尾で歓迎してくれました。
a0126632_19161272.jpg
また同じ場所には「ツバメシジミ」、アカボシゴマダラ、アカタテハ、ゴマダラチョウ等々の蝶も舞っていました。
a0126632_19183983.jpg
a0126632_19184781.jpg
さらに場所を変えるとキタテハに並んで「ヒメアカタテハ」や
a0126632_19193352.jpg
「イチモンジセセリ」も居ました。某プロジェクト用となると9月18日に訪問した「ぐんま昆虫の森」で撮影した。
a0126632_1922156.jpg
a0126632_19221065.jpg
の方が少しましかな?

(画像をクリックすると少し大きくなります。)

           in見沼田んぼ20100920終わり
by himeoo27 | 2010-09-20 19:24 | チョウ全般 | Comments(7)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
鳩山邦夫氏の追悼展ですか..
by clossiana at 16:01
都心、南国、信州など各地..
by yurinBD at 23:46
飛翔姿素晴らしいですね。..
by torinara at 21:15
こんにちは(ゝω∂) ..
by だんちょう at 15:17
南国のシロチョウたちもい..
by 22wn3288 at 08:24
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:45
ツマキチョウはとまっても..
by uke-en at 22:39
Shin 様 本日は..
by himeoo27 at 19:42
midori 様 貴..
by himeoo27 at 19:34
だんちょう 様 関東地..
by himeoo27 at 19:24
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧