ヒメオオの寄り道


そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ

a0126632_15461297.jpg

越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。
本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。
a0126632_15485330.jpg

キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけです
が越冬「キノカワガ」も見つかりました。
               in2017.02.19見沼田んぼ
a0126632_21422528.jpg

a0126632_214356.jpg

ところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・
a0126632_1604373.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_15594452.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日3頭観察出来た越冬「ムラサキシジミ」C群はもぬけの空
a0126632_1623175.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_163513.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日この場所最後の1頭となった越冬「ウラギンシジミ」も見失っ
てしまいました。

「そして誰もいなくなった」見沼田んぼ某所の越冬チョウたちです。
2016年11月6日から継続していた見沼田んぼでの観察は今回で終了し
ます。
# by himeoo27 | 2017-02-19 16:22 | 昆虫一般 | Comments(12)


ツワモノどもが夢の跡ほか in2016.12.30~2017.02.05

a0126632_19333183.jpg

昨日は、日本チョウ類保全協会の「保全を考える集い」の受付の
お手伝いをして、
今日は休養しフィールドに出なかったので見沼田んぼの越冬チョ
ウの状況をXセルにまとめてみました。比較的大きなデータなの
でクリックし拡大してご覧ください。
a0126632_18552734.jpg

                in2017.02.05見沼田んぼ
a0126632_18564049.jpg

                in2017.01.21見沼田んぼ
最初の夢の跡は「ムラサキツバメA群」です。
iさんによると1/26を最後に完全に見失いました。
a0126632_18593781.jpg

                in2017.02.05見沼田んぼ
a0126632_190859.jpg

                in2017.01.28見沼田んぼ
次の夢の跡は「ムラサキシジミA群」です。
2/5は見つけることが出来ませんでした。
a0126632_1942954.jpg

                in2017.02.05見沼田んぼ
a0126632_194583.jpg

                in2017.01.14見沼田んぼ
3番目の夢の跡は「ムラサキシジミB群」です。
1/21から見失ってしまいました。
a0126632_1975427.jpg

                in2017.02.05見沼田んぼ
a0126632_1983049.jpg

                in2017.01.03見沼田んぼ
最後の夢の跡は「ムラサキシジミE」です。1/3見つけただけで、
1/8から完全に見失ってしまいました。
*********************************
流石に寂しいので冬の野鳥の写真少々
a0126632_1912468.jpg

最初は「ウソ」
a0126632_19124221.jpg

次は「ツグミ」
                in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_19134935.jpg

しめは「シメ」です(笑)。
                in2017.01.29埼玉県中部の公園
# by himeoo27 | 2017-02-12 19:22 | 自然観察全般 | Comments(10)


第13回チョウ類の保全を考える集い ご案内

◇◇ 第13回 チョウ類の保全を考える集い ご案内 ◇◇

2月11日まで本ブログをトップに掲載します。
それまでの最新のブログは以下に掲載します。


日時:2017年2月11日(土) 10:30~17:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
  (東京都代々木) 研修室416(センター棟4階)

プログラム:
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始

10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意

10:45~11:50  外来種はなぜ悪いのか~昆虫の世界に見る外来種の影響~
a0126632_1624543.jpg

(2016.04.24撮影:外来種ホソオチョウ)        
        「昆虫の世界で起こっている外来種問題」
          岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
        「アルゼンチンアリは何を起こしているのか」
          砂村栄力氏(アリ研究家)

11:50~13:00  昼食 (会員総会 11:50~12:30)

13:00~14:30  韓国におけるチョウの現状と保全
         金 聖秀(Kim, Sung-Soo)氏
    (Research Institute for East Asian Environment and Biology)

14:30~15:10  かつての自然の「豊かさ」~チョウから描く環境の変化~
         高橋 昭氏(名古屋昆虫同好会)

15:10~15:40  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)

15:40~16:30  チョウ類の保全活動報告
        「長野県飯山のオオルリシジミ」 
         福本匡志氏(北信濃の里山を保全活用する会)
a0126632_202847100.jpg

(2010.05.29撮影:長野県某所オオルリシジミ)
        「オガサワラシジミの生息域外保全の取り組み」
         石島明美・古川紗織氏(多摩動物公園)
a0126632_1625466.jpg

(2016.02.06撮影:
 オガサワラシジミの生息域外保全に取り組む多摩動物公園にて)
        
16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
         絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミ、
a0126632_16293744.jpg

(2015.09.02撮影:ツシマウラボシシジミ生息域外保全)
         ウスイロヒョウモンモドキほか)
a0126632_16332762.jpg

(2012.07.15撮影:保護地のウスイロヒョウモンモドキ)
         庭のチョウ類調査 ほか

17:45      閉会

18:00~20:00  懇親会
        (同施設内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 
         会費3,500円
(中締め19:30)

○参加申し込み
参加費:1,000円 
 関心のある方は、どなたでもご参加できます。
 参加する際、事前の申込みは必要ありません。
 当日会場にお越しください。
 また、終了後、18:00から同施設内のレストランにて懇親会を開催します
 (会費3,500円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月5日までに事前のお申し込みを
 お願いいたします。
  申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com

  ※懇親会場 カフェ・フレンズ センター棟2F TEL:03-3467-7203

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター
:東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
  会場は、センター棟4階の研修室416です。オリンピックセンターは広い
  ですが、施設の案内は充実しており、すぐにわかるようになっています。

●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分
  (急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、初台ランプより
   (高井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)ので、できるだ
 け公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテルがあります。
 参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。
# by himeoo27 | 2017-02-11 20:19 | 自然保護 | Comments(6)


見沼ウラギンシジミ孤軍奮闘 in2017.01.03~02.04

a0126632_15105894.jpg

1月3日の時点では見沼田んぼで越冬中のウラギンシジミは
この道路沿いの個体
a0126632_15191721.jpg

見沼ペアA
など元気に越冬中でした。
                in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_15234897.jpg

見沼ペアAを写しているとブログでお世話になっているAさん
に出逢いました。
a0126632_1528528.jpg

私が見つけたのとは別の有名神社で越冬中のウラギンシジミを
Aさんから教えてもらいました。
                in2017.01.08見沼田んぼ
a0126632_15371633.jpg

2月4日、有名神社では越冬中のウラギンシジミを見つけること
は出来ませんでしたが「シロフフユエダシャク」雄
a0126632_15483394.jpg

黒点の目立たない「ウスバフユシャク」雄
a0126632_15504613.jpg

黒点がハッキリした「ウスバフユシャク」雄を見つけることが
叶いました。
                in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_1557256.jpg

見沼田んぼではこの個体が孤軍奮闘中ですが
                in2017.01.21見沼田んぼ
a0126632_1673083.jpg
 
埼玉県中部の公園の入り口で越冬中のウラギン1
a0126632_1685920.jpg
 
奥で越冬中のウラギン2は引き続き越冬継続中です。
                in2017.01.29埼玉県中部の公園
a0126632_16123863.jpg

孤軍奮闘中のウラギンを確認しようと立ち寄ったAペアのいた神社の
狛犬の爪の下には「キノカワガ」が潜んでいました。
皆さんわかりますか?
a0126632_16151899.jpg

ということで、この個体1月21日に続いて依然孤軍奮闘中です。
                in2017.02.04見沼田んぼ
             
# by himeoo27 | 2017-02-05 16:25 | 蝶&蛾 | Comments(18)


関東の冬を過ごすチョウ以外の昆虫たち in2016.12~2017.01

a0126632_1614189.jpg

冬尺蛾探しと、3月開催される「野生生物写真展」の出品する
ために出かけた埼玉県中部の公園の入口で
a0126632_16194762.jpg

「ウスバフユシャク?」雄が見つかりました。良く見ると右手
上の翅の下に何やら脚が!!!!!
a0126632_16213378.jpg

横から写すとはっきり分かりますが交尾ペアでした。
             in2017.01.29埼玉県中部の公園
a0126632_16234476.jpg

ほぼ同じ場所で昨年末見つけたのはこの冬尺蛾雌です。
雌のみでは、私には同定お手上げです。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_16261690.jpg

a0126632_16263967.jpg

ムラサキツバメとムラサキシジミの観察ポイントの近くで
「シロオビフユシャク?」雄が見つかりました。
白と灰色と基調にした白黒写真のようなモノトーンの色合い
の翅がとっても綺麗でした。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16324152.jpg

特異な形状の「ブドウトリバ?」は結構寒さに強いようで継続的
に観察しています。
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16353837.jpg

埼玉県中部の公園では冬尺蛾の仲間、ブドウトリバだけでなく
何とこの時期「シラフクチバ」??と思われる蛾も見つかりま
した。
             in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_16404149.jpg

冬尺蛾と並んぶ冬の蛾というと「キノカワガ」でしょう
             in2017.01.28見沼田んぼ
a0126632_16422479.jpg

この場所のキノカワガは石が好きなのか狛犬
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_1645850.jpg

石灯籠で冬を過ごしています。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16462525.jpg

そればかりではないだろうと樹の幹を探すと桜の幹でも1頭だけ
ですが見つけることが叶いました。どこに居るか分かりますか?
             in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_1649366.jpg

冬でも元気な昆虫は尾(産卵管?)の長い「コカゲロウの仲間」
a0126632_16512650.jpg

特異な顔を持つ「イダテンチャタテ」雌などもいました。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_1654279.jpg

集団で越冬する甲虫類というとテントウムシの仲間でしょう
まず「キイロテントウ」
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16574113.jpg

「ナミテントウ」「カメノコテントウ」などの集団も観察出来ました。
             in2017.01.22ぐんま昆虫の森
# by himeoo27 | 2017-01-29 16:59 | 昆虫一般 | Comments(15)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧