ヒメオオの寄り道


ヤエヤマボタルの光跡ほか in2017.03.16~19②

前回記載したように八重山諸島遠征の第一目標が
a0126632_14461127.jpg

「ヤエヤマボタル」の光跡撮影でした。ヤエヤマボタルはヒメボタル
の仲間の小さな陸生蛍です。発生時期は西表島では3月、石垣島では
4月です。
a0126632_1450281.jpg

a0126632_1450218.jpg

今回はツシマウラボシシジミの域外飼育を手伝っている仲間のNさん
Iさん、更にブログ「徘徊」のShinさん合わせて4人で撮影しました。
私は4回目(以前は4~5月に撮影)でしたが他の3人に比べて腕が悪く
その時の雰囲気の半分程度しか再現出来ていません(涙)。
a0126632_14591352.jpg

ヤエヤマボタルの光跡を撮影した後に案内人の入野さんに見つけて
いただいたのが、「オオシママドボタル」の幼虫です。恐竜のような
怪異な雰囲気が格好イイと思ったヒメオオです。
a0126632_1522930.jpg

こちらは光らない、昼光性蛍「ベニボタル」です。赤紅色の上翅が
とても鮮やかでした。
a0126632_156970.jpg

「ダンダラテントウ」は地域個体差が大きいテントウムシです。
生息北限に近い関東地区では名前と違ってダンダラ模様が少なく
ほぼまっ黒で少し赤い模様があるだけです。南下するに従い赤い
模様の部分が広くなり沖縄本島ではほぼ半々、この西表島産は、
大部分が赤くなっています。
a0126632_15151278.jpg

「ジュウニマダラテントウ?」はオレンジ色の地色がとっても
鮮やかでした。
a0126632_15205014.jpg

第二の目標がシュモクザメのように目が飛び出たシュモクバエ
です。
同じ痩せたハエ仲間ということでテツイロビロウドセセリを探
している時に入野さんに見つけてもらったのは「アシナガマダ
ラヤセバエ」です。長い白い前脚を擦っている姿が愛らしいで
すね!
a0126632_15301589.jpg

このような黄と黒の蜂はアシナガバチにしてもスズメバチにし
てもスリムで硬質な体を持つ種が多いのですが、「アカアシハ
ラナガツチバチ」は見ての通りズングリ体型で毛がモフモフ生
えていて可愛く感じました。
a0126632_15363313.jpg

シュモクバエは「アメンボの仲間」や他のコバエの多い薄暗い
渓流沿いに生息しているとのことで入野さんと西表島、石垣島
の渓流を探してみましたが、今回は気温が低く残念ながらシュ
モクバエには出逢えませんでした(涙)。次回の楽しみといた
します。

         in2017.03.16~19八重山諸島遠征つづく
# by himeoo27 | 2017-03-26 15:45 | 昆虫一般 | Comments(8)


八重山諸島春のアゲハチョウたちin2017.03.16~19①

春の蛍の撮影と、とあるハエを探しに3月16日から19日まで
石垣島と西表島に出かけてきました。先に結果を言うと1勝
(辛うじて)1敗(惨敗)でした。
a0126632_17225027.jpg

前回は野鳥中心だったので、今回は八重山諸島で出逢った
アゲハチョウの仲間たちを掲載します。
まず最初は「ミカドアゲハ」です。
a0126632_17251131.jpg

今回も残念ながら集団吸水は全く観察出来ませんでしたが
新鮮個体が多く吸蜜シーンや
a0126632_1727655.jpg

飛翔シーン
a0126632_17275332.jpg

a0126632_17282299.jpg

求愛シーンを観察出来ました。
a0126632_1729924.jpg

やや濃い水色のステンドグラス「アオスジアゲハ」も顔を
出してくれました。
a0126632_17304928.jpg

a0126632_17311059.jpg

後翅が羽搏くと濃い蒼に輝くアゲハチョウは
「ヤエヤマカラスアゲハ」です。
a0126632_17332891.jpg

大人しい前翅の付け根に性標の有る雄個体
a0126632_17343069.jpg

性標の無い雌個体とも出逢えました。
a0126632_17353758.jpg

「シロオビアゲハ」はまだそれほど個体数が多くないものの
a0126632_1737639.jpg

a0126632_17372598.jpg

綺麗で大人しいベニモン型の雌も姿を現してくれました。
a0126632_18115151.jpg

こちらはシロオビアゲハの雌に擬態された「ベニモンアゲハ」
です。
a0126632_18133874.jpg

眼の廻りが紅い以外良く似てますね!
a0126632_18153199.jpg

まっ黒な八重山諸島のアゲハは「クロアゲハ」です。
a0126632_18173866.jpg

本州で出逢える個体より尾状突起が短い個体なのに颯爽と飛び
去っていきました。

         in2017.03.16~19石垣島・西表島つづく
# by himeoo27 | 2017-03-20 18:23 | アゲハチョウ | Comments(22)


パンダ鴨とモンキチョウ白雌 in2017.03.11さいたま市

a0126632_15164454.jpg

近くの公園の池にパンダ鴨「ミコアイサ」がやってきていると
のことで電動アシスト自転車で出かけてきました。
a0126632_15221819.jpg

現地に着くと数名のカメラマンが居たの直ぐに目立つ雄の姿を
見つけることが叶いました。
a0126632_1525157.jpg

雄がしきりに後ろを気にしています。
a0126632_15274971.jpg

良く見ると真後ろに別の鴨が・・・・・
どうも模様からミコアイサ雌のようです。
a0126632_15314535.jpg

雌雄並んで泳ぎ回った後、レンズが届きにくい池の中央部付近
で仲良く並んでゆっくり休憩していました。
a0126632_15345060.jpg

この池には「キンクロハジロ」と思われる鴨も観察出来ました。
               in2017.03.11さいたま市内
a0126632_15374023.jpg

鴨2種だけでは寂しいのでフッチーを探していた時に見つけた
蝶2種です。まず「ベニシジミ」の表翅
a0126632_15404053.jpg

気温が低いので、動きがおっとりしていてかなり接近させてく
れました。
a0126632_15454437.jpg

次は「モンキチョウ」白雌です。吸蜜シーンを撮っていると
a0126632_1550692.jpg

大きく翅を開いて舞いたち
a0126632_15505653.jpg

青空へ飛び立っていきました。
               in2017.03.04さいたま市内
# by himeoo27 | 2017-03-11 15:53 | 自然観察全般 | Comments(22)


再見フッチーinさいたま市内20170304(フチグロトゲエダシャク)

a0126632_4192764.jpg

フッチーこと「フチグロトゲエダシャク」は冬の終わりを告げる
冬尺蛾の仲間です。
3年前に出逢ってから毎年何度か探していますが惨敗続きでした。
今日も満を持して出かけたものの全く見つかりません。
a0126632_19205137.jpg

諦めて帰りかけると触角の立派な蛾が飛んできました。
a0126632_19302687.jpg

a0126632_19305492.jpg

一緒に探していたフッチー探し仲間3人で必死に6個の目で追い
かけて、やっと枯草の中でフッチーを見つけました。
a0126632_19341032.jpg

a0126632_19343082.jpg

一度止まるとチョウと異なり結構大人しく105㎜マクロに次いで
コンデジのスーパーマクロ機能で
a0126632_1936450.jpg

次に魚眼レンズでも撮影叶いました。
a0126632_4195630.jpg

皆さんの好意に甘えて飛翔シーンも狙ってみました。ピンボケ
の写真しか写せませんでした。さて、何処に写っているか分か
りますか?

たった1頭しかフッチーに出逢えませんでしたが、久しぶり撮影
出来て大満足の早春の冬尺蛾探しとなりました。
現地でお逢いしたmtanaさんほか皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

*最初と最後の画像は生息地が特定出来るので差し替えました。


           in2017.03.04さいたま市内
# by himeoo27 | 2017-03-04 19:50 | | Comments(18)


新チョウ3種登場 in2017.02.26さいたま市内

a0126632_1665945.jpg

暖かい陽射しに誘われて、さいたま市内某所に新チョウ探しに
出かけてみました。
a0126632_1683625.jpg

まず見つけた新チョウは小さな「ベニシジミ」です。
a0126632_1694587.jpg

この時期は結構俊敏なので慎重に近づいて、アップでの撮影も
何とか叶いました。
a0126632_1612297.jpg

次は新チョウではありませんが、越冬明けとは思えない艶やかな
「キタテハ」も舞い出してくれました。
a0126632_1613186.jpg

新チョウ2番手は「モンキチョウ」です。恥ずかしがり屋なのか
草むらに潜り込んでしまいました。
a0126632_16143933.jpg

仕方なく飛びまわっている個体を追いかけて、やっと全身を写して
みました。
a0126632_161618100.jpg

「モンシロチョウ」も複数頭飛んでいて、タンポポで吸蜜する個体
も見つかりました。
a0126632_16175543.jpg

帰ろうとする「ノスリ」が、青空高く見送ってくれました。

          in2017.02.26さいたま市内
# by himeoo27 | 2017-02-26 16:21 | チョウ全般 | Comments(38)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
椿の茶屋 様 最低気温..
by himeoo27 at 21:10
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧