ヒメオオの寄り道


<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧



初見「バナナセセリ」含む信濃:武蔵:石垣島のセセリチョウたち

今回は撮り溜めたセセリチョウたちの写真を紹介します。
a0126632_07432426.gif
M社の森には大好きなセセリチョウたちも生息しています。
この日のお気に入りの飛び立ち写真です。「スジグロチャバネセセリ」雄かな?
a0126632_07455548.gif
a0126632_07461921.gif
最初の個体とは別の個体です。こちらも「スジグロチャバネセセリ」雄?
と思われます。ヘリグロチャバネセセリも生息しているので同定の自信は
ありません。
              in2017.07.22東信地方つづく
a0126632_07503189.gif
沖縄~八重山諸島には何度も訪問していますが今回やっと石垣島で
観察&撮影出来たのは
a0126632_07523944.gif
「バナナセセリ」です。石垣島では珍しく藪蚊の多い薄暗いバナナ畑で
数頭観察叶いました。
明るい場所では幹に同化して目立たないのでまず見つけられません。
逆に暗い場所では意外に俊敏で、直ぐに飛び立ち接写や、飛翔シーンの
撮影は私の腕では不可能でした(涙)。
a0126632_07583086.gif
a0126632_07584634.gif
逆に「コウトウシロシタセセリ」は日中も飛び回っているので、飛び立ち
を写すことが叶いました。
a0126632_08003483.gif
こちらの小さいセセリチョウは翅の模様より「ユウレイセセリ」かな。

              in2017.07.06~08石垣島つづく
a0126632_08023621.gif
こちらは、ミドリシジミを撮影中に見つけた「ダイミョウセセリ」です。
今年は関東型だけで、関西型は見つけることが出来ませんでした。
コウトウシロシタセセリの対比で掲載しました。

              in2017.06.04さいたま市内
a0126632_08084104.gif
最後は「アオバセセリ」です。石垣島でも観察しましたが、撮影出来なかった
ので東京都郊外の山中で写した写真を公開します。関東産の個体は石垣島産よ
り小さく落ち着いた色合と感じました。

              in2017.05.14東京都郊外の山中

by himeoo27 | 2017-07-29 08:15 | セセリチョウ | Comments(16)


東信地方でオオムラサキ、コムラサキと集う蝶友 in2017.07.22①

a0126632_18045977.gif
a0126632_18062167.gif
今年も東信地方にある大手農機具メーカーM社の森で7/22
「オオムラサキ」観察会が開催されたので訪問してみました。
M社の森はオオムラサキをはじめチョウ影が濃い場所です。
a0126632_18194141.gif
a0126632_18200303.gif
黒点の多い裏翅の模様より「ホシミスジ」と思われる蝶も登場してくれました。
a0126632_18225147.gif
a0126632_18231551.gif
M社から少し離れた渓流沿いに飛んでいたのは「ミスジチョウ」かな?
a0126632_18080738.gif
渓流沿いの水溜まりで吸水していたのは「ゴマダラチョウ」
a0126632_18140055.gif
樹上から飛び立ったのは「シータテハ」夏型と思われます。
a0126632_18123554.gif
オオムラサキより鮮やかなブルーは
a0126632_18091818.gif
「コムラサキ」です。
a0126632_18113443.gif
ニコン1V3の機能を使って飛び立ちも撮りこむことが叶いました。

同行してくれた皆さん、現地でお逢いした皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

           in2017.07.22東信地方つづく


by himeoo27 | 2017-07-23 18:52 | タテハチョウ | Comments(12)


石垣島のモルフォチョウ?(ヤエヤマムラサキ雌ほか)

a0126632_10523583.gif
中南米に生息しているという「モルフォチョウ」に似て翅先を蒼く
金属光沢に煌めかせるこの蝶は
a0126632_10552205.gif
蒼く輝く「ツマムラサキマダラ」雄はそれほど鮮やかに煌めきません。
ゆえに異なります。
a0126632_10585141.gif
太陽を浴びて舞う「ツマムラサキマダラ」雌は、雄以上に渋めです。
a0126632_11004041.gif
怪異な「ツマムラサキマダラ」の終齢幼虫と思われる個体も見つかりました。
a0126632_11035394.gif
シロウラナミシジミと同じように今回石垣島のあちらこちらで観察出来たのは
「イワサキタテハモドキ」です。
逆に増えすぎて今後の絶滅するのでは?と心配です。
a0126632_11080092.gif
「アオタテハモドキ」雌は、小さく愛らしいお洒落なチョウです。
a0126632_11094782.gif
薄暗い林の中から飛び出してきたのは「コノハチョウ」雌です。
翅の先が黒とオレンジなのでモルフォチョウと色合いが異なります。
a0126632_11113761.gif
八重山諸島の「スミナガシ」は、本州で観察出来る個体より大きく
立派ですが、煌めく蒼ではありません。
a0126632_11135096.gif
a0126632_11141175.gif
「ヤエヤマイチモンジ」雄は、裏翅の素敵な模様も、表翅の強烈な白い帯も
素敵でした。白い帯に含まれる水色が美しいチョウです。
a0126632_11162370.gif
a0126632_11164707.gif
「ヤエヤマイチモンジ」雌は雄と模様が全く異なりミスジチョウの
ような感じです。裏翅の模様が大好きな蝶です。
a0126632_11183105.gif
a0126632_11185647.gif
「リュウキュウムラサキ」雄の表翅には蒼白く輝く大きな白点が
ありますがモルフォチョウとは言い難いです。
a0126632_11211169.gif
a0126632_11212865.gif
形状がお洒落な「ヤエヤマムラサキ」雄は、林縁部で数多く見つかりました。
でも表翅は茶色の落ち着いた色合いです。
a0126632_11243204.gif
林の中を探し回ると翅表を蒼く輝かせるチョウ発見「ヤエヤマムラサキ雌」①
です。飛んでいないと蒼が殆ど目立ちません(涙)。
a0126632_11254708.gif
更に探すと傷んだ個体ですが魚眼レンズで何とか端っこに輝きを
持つヤエヤマムラサキ雌②を撮りこみ
a0126632_11265344.gif
最後に何とか望遠ズームでヤエヤマムラサキ雌③の飛び立ちを撮りこむ
ことが叶いました。
肉眼では飛んでいるヤエヤマムラサキ雌は、モルフォチョウのように煌
めいて見えるので次回は上手く撮りこみたいものです。

           in2017.07.06~08石垣島つづく





by himeoo27 | 2017-07-18 20:47 | タテハチョウ | Comments(14)


石垣島真夏の白い風(初見カワカミシロチョウ他)in2017.07.06~08②

a0126632_19310114.gif
今季は2年前ほどでは無いものの「カワカミシロチョウ」が多数飛来していま
すよ!
とのことでイワカワシジミを探す合間にシロチョウ類にもカメラを向けてみま
した。
a0126632_19334933.gif
この個体は裏翅に黄色が混じっていること1コマ目の個体より翅が丸っこく
少し大きいことより「ナミエシロチョウ」雄と思われます。
a0126632_19361577.gif
a0126632_19364373.gif
林内で飛び立ちを撮りこめたこの個体は前翅先端部の白い点が2点であること
少し小さいことより「カワカミシロチョウ雌」と思われます。
a0126632_19393957.gif
a0126632_19400153.gif
対して、こちらは前翅先端部の白点が4点あることより「ナミエシロチョウ雌」
と思われます。
a0126632_19415662.gif
a0126632_19421107.gif
この個体は、最初に掲載したのと同じ「カワカミシロチョウ」雄です。
過去7年間、私が石垣島を訪問した時は、カワカミ:ナミエ=0:100で
カワカミシロチョウ数多い未撮種の1種でしたが
今回は、カワカミ:ナミエ=60:40であっさり初撮影に成功しました。
雄個体の右後翅に2点の僅かな黒い染みが逆にこの種の白さを際立たせて
いるように思います。
a0126632_19500242.gif
a0126632_19502099.gif
今回の遠征で一番出逢えたシロチョウ類はやはりキチョウでした。
この3頭のキチョウは「ミナミキチョウ」かな?
タイワン、キタも生息しているので同定は自信ありません。
a0126632_19530632.gif
道路沿いの民家の庭先に舞い出た柔らかい色合いのシロチョウ類は
a0126632_19544953.gif
a0126632_19551235.gif
「ウラナミシロチョウ雌」でした。
a0126632_19561435.gif
庭先でジックリ撮影させてくれました。

           in2017.07.06~08石垣島②

by himeoo27 | 2017-07-15 19:57 | シロチョウ | Comments(6)


沖縄の妖精(イワカワシジミ)に逢いたくて in20170706~08石垣島①

a0126632_13564075.gif
この時期だと沖縄の妖精「イワカワシジミ」に出逢えるかもしれませんとのことで
2泊3日で、石垣島まで出かけてきました。
a0126632_13591182.gif
入野さんによるとイワカワシジミは今季の発生が6月末から6月初旬に早まり
ダラダラ、ポツポツ発生しているようで、なかなか見つかりません。
意外と多かったのが同じくらいの大きさのこの「シロウラナミシジミ」です。
a0126632_14025528.gif
a0126632_14032036.gif
表翅が白青色のパール状の光沢に輝く雄も
a0126632_14051245.gif
前翅の縁が黒い雌も石垣島中の平野部~山間部にかけてあちらこちらで見かけ
ました。増えすぎて一気に減るのではと心配しています。
a0126632_14080194.gif
イワカワシジミが居そうな林の中で多いシジミチョウは、
この「タイワンクロボシシジミ」です。
イワカワシジミと比べると小さいのと表翅がまっ黒なので直ぐに
見分けられます。
a0126632_14101701.gif
クチナシの樹の近くで「ウラギンシジミ」が飛び立つと擦れたイワカワシジミ
では!とドッキリします。大きさも同じくらいなのでなおさらです。
a0126632_14124236.gif
薄暗い林の中を蒼く輝きながら飛ぶので表翅を見てドッキリするのが
「ムラサキシジミ」です。石垣島でも個体数が多いように感じます。
a0126632_14153771.gif
薄暗い中をチラチラ飛ぶ小さなシジミチョウは「ルリウラナミシジミ」の雄
a0126632_14182246.gif
「ルリウラナミシジミ」雌です。
いくら探しても見つからないと彼らもイワカワシジミ雄では!
と妄想に取りつかれます。
という感じで7月6日は丸一日石垣島中探し回ったものの1頭もイワカワシジミ
には出逢えませんでした(涙)。
a0126632_14211831.gif
7月7日、本当に発生しているのかなとクチナシの実をむしってみると
イワカワシジミの蛹が見つかりました。幸先良好です!
a0126632_14262080.gif
3カ所ほど場所を変えながら2時間近く探すと樹上高くに止まっている
イワカワシジミ雌を入野さんが見つけてくれました。
a0126632_14283766.gif
a0126632_14290008.gif
慌ててニコン1V3の機能を使って連写すると裏面だけですが飛び立ちを
撮りこむことが叶いました。
但し直ぐに見失って2回目の連写は叶いませんでした。
a0126632_14313457.gif
さらに場所を変えて探し回ること1時間以上、また入野さんが綺麗な雌個体を
見つけてくれました。
撮影しようとアタフタしている間に見失い飛翔シーンは撮れずでした。
a0126632_14342336.gif
さらに場所を変えて探すこと2時間、待望の雄個体を発見して貰いました。
a0126632_14361406.gif
薄暗い林の中だったので飛び立ちは翅基部が青く輝いているものの
小さくぼんやりしか写せませんでした。
a0126632_14384924.gif
7月8日は悔しいので入野さんに頼んで更にイワカワシジミ探しです。
7月6日、7日とは違うポイントを4カ所約4時間探し回って、やっとヒメオオも
1頭だけですが傷んだ雌個体を樹上高くに見つけることが叶いました(汗)。

              in2017.07.06~08石垣島つづく

by himeoo27 | 2017-07-09 14:43 | シジミチョウ | Comments(30)


梅雨の中休みにトンボ達と遊ぶ in2017.07.02さいたま市内

a0126632_14092145.gif
梅雨のこの時期出逢いトンボの筆頭は、煌めく「チョウトンボ」でしょう!
a0126632_14110852.gif

a0126632_14113194.gif
a0126632_14115484.gif
チョウトンボの煌めきは翅の角度・表裏により異なることが飛び立つを
撮りこむことで良くわかります。
a0126632_14214608.gif
今日、一番多く出逢えたトンボは
シンプルな黒:白:黒の模様の「コシアキトンボ」です。
スッキリしたデザインが綺麗ですね!
a0126632_14151422.gif
a0126632_14403368.gif
鮮やかな朱色のトンボは「ショウジョウトンボ」かな
背景の水辺の植物の緑色と補色関係なのでとても良く目立ちました。
a0126632_14241829.gif
a0126632_14250929.gif
尾部に大きなウチワ状の広がりを持つ「ウチワヤンマ」は大きなトンボ
なので、飛び立つ姿が格好良かったです。
a0126632_14501467.gif
灰青白と黄褐色と2色のトンボが追いかけっこです。
「コフキトンボ」の普通型♂(前)とオビ型♀(後)でしょうか?
a0126632_14561491.gif
小さいのに厳つい顔のこのトンボは
a0126632_14563878.gif
「ベニイトトンボ」です。落ち着いた紅色が素敵です。
a0126632_14573367.gif
この個体は複眼が緑色なので、
ひょっとしたら「リュウキュウベニイトトンボ」かもしれません。
a0126632_15041158.gif
背景の玉ボケが活きるように、飛び立ちも撮ってみました。
             in2017.07.02さいたま市内

by himeoo27 | 2017-07-02 15:06 | トンボ | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧