ヒメオオの寄り道


<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧



関東の冬を過ごすチョウ以外の昆虫たち in2016.12~2017.01

a0126632_1614189.jpg

冬尺蛾探しと、3月開催される「野生生物写真展」の出品する
ために出かけた埼玉県中部の公園の入口で
a0126632_16194762.jpg

「ウスバフユシャク?」雄が見つかりました。良く見ると右手
上の翅の下に何やら脚が!!!!!
a0126632_16213378.jpg

横から写すとはっきり分かりますが交尾ペアでした。
             in2017.01.29埼玉県中部の公園
a0126632_16234476.jpg

ほぼ同じ場所で昨年末見つけたのはこの冬尺蛾雌です。
雌のみでは、私には同定お手上げです。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_16261690.jpg

a0126632_16263967.jpg

ムラサキツバメとムラサキシジミの観察ポイントの近くで
「シロオビフユシャク?」雄が見つかりました。
白と灰色と基調にした白黒写真のようなモノトーンの色合い
の翅がとっても綺麗でした。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16324152.jpg

特異な形状の「ブドウトリバ?」は結構寒さに強いようで継続的
に観察しています。
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16353837.jpg

埼玉県中部の公園では冬尺蛾の仲間、ブドウトリバだけでなく
何とこの時期「シラフクチバ」??と思われる蛾も見つかりま
した。
             in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_16404149.jpg

冬尺蛾と並んぶ冬の蛾というと「キノカワガ」でしょう
             in2017.01.28見沼田んぼ
a0126632_16422479.jpg

この場所のキノカワガは石が好きなのか狛犬
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_1645850.jpg

石灯籠で冬を過ごしています。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16462525.jpg

そればかりではないだろうと樹の幹を探すと桜の幹でも1頭だけ
ですが見つけることが叶いました。どこに居るか分かりますか?
             in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_1649366.jpg

冬でも元気な昆虫は尾(産卵管?)の長い「コカゲロウの仲間」
a0126632_16512650.jpg

特異な顔を持つ「イダテンチャタテ」雌などもいました。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_1654279.jpg

集団で越冬する甲虫類というとテントウムシの仲間でしょう
まず「キイロテントウ」
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16574113.jpg

「ナミテントウ」「カメノコテントウ」などの集団も観察出来ました。
             in2017.01.22ぐんま昆虫の森
by himeoo27 | 2017-01-29 16:59 | 昆虫一般 | Comments(15)


越冬ムラシ&ムラツ嬉しかったこと悲しかったこと

a0126632_16151457.jpg

         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_16173444.jpg

今季、見沼田んぼでムラサキシジミとムラサキツバメを継続観察
しているポイントをポイント①とすると上の写真は別ポイント②
で3頭ムラサキシジミ越冬中として撮影しました。
a0126632_16354972.jpg

左右真ん中、上部を拡大してみると3頭以上いそうです。
さて何頭のムラサキシジミが越冬中でしょうか?
a0126632_1637221.jpg

良く見ると5~6頭いたことがわかりました。
         in2016.12.23見沼田んぼ②
a0126632_16415675.jpg

見沼区のiさんの指摘により継続観察中のムラシA群は2017.01.14
より6頭だったようです。ムラシ6頭の越冬集団はルー様観察の時
以来の観察だったので嬉しかったです。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_1651553.jpg

ということで記録をさっそく修正しました。
a0126632_1653067.jpg

次の話題は越冬ムラツB群+ムラシD群です。
         in2017.01.14見沼田んぼ①
a0126632_16562160.jpg

こちらも見沼区のiさんの観察記録によると2017.01.17に悲しいこ
とにムラツB群+ムラシD群が越冬していたアオキの樹が剪定作業
により伐採されてしまいました。伐採時の気温が5℃未満だったので
逃げ出せなかったようです。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
a0126632_1763463.jpg

最後の嬉しかったことはムラツA群です。
         in2017.01.14見沼田んぼ①
a0126632_18183535.jpg

今日は天気が良く10℃以上に気温が上昇しそうなので9:00に見沼田
んぼ①ポイントに出かけてみました。9:30になりチョウに陽射しが
あたるとまず1頭の雌が越冬集団の中で開翅し
a0126632_18214796.jpg

2頭が舞い出し1頭は樹上で、もう一頭は最初のコマのように枯葉の
上で開翅してくれました。
         in2017.01.21見沼田んぼ①
by himeoo27 | 2017-01-21 18:30 | シジミチョウ | Comments(26)


見沼田んぼムラサキシジミ越冬継続中 in2016.12.11~2017.01.14

今回の主役は。見沼田んぼで越冬継続中の「ムラサキシジミ」です。
a0126632_19254771.jpg

まずはA群です。増減あるも最盛期の5頭を維持しています。
a0126632_19274949.jpg

次はB群です。最盛期の4頭から2頭減少し2頭になりました。
a0126632_19293286.jpg

C群は、3頭を維持しています。
a0126632_19303112.jpg

今日1月14日は、強い寒波が関東平野を襲い観察中はご覧のとおり
の降雪となりました。ムラサキシジミD群&ムラサキツバメB群付
近からムラサキシジミC群、ムラサキツバメA群方向にカメラを向
けてみました。
       in2017.01.14見沼田んぼA~C
a0126632_19344758.jpg

今季、見沼田んぼで越冬中の「ムラサキツバメ」、ムラサキシジミ
の観察結果を表にまとめてみました。
a0126632_19373920.jpg

       in2016.12.11見沼田んぼA
A群の状況です。林縁から1mほど林内に入った地面から高さ2m程
度の場所に形成されています。
a0126632_19401514.jpg

       in2017.01.08見沼田んぼB
B群の状況です。道路沿いの桜並木から5mほど入った明るい林の中
に形成されています。こちらは地面から高さ1.5m程度の場所です。
a0126632_19431857.jpg

       in2017.01.08見沼田んぼC
C群はムラサキツバメA群から5m程度離れた場所の枯葉の中に形成
されています。これも高さは地面から2m程度です。
a0126632_19455131.jpg

       in2017.01.03見沼田んぼE
D群はムラサキツバメB群の横に1頭だけで越冬中です。この個体は
E群です。ウラギンシジミのペアAを撮影していて見つけました。
私の「越冬ムラサキシジミ」というイメージにピッタリした枯葉の上
、単独個体、林縁部に近い林の中で越冬していました。
a0126632_19522034.jpg

       in2017.01.03見沼田んぼC
a0126632_19555173.jpg

       in2016.12.29見沼田んぼC
C群は枯葉が固まった中で越冬しているのでA~E群の中で個体数が
3頭で12/23から最も安定しています。但し、各個体の位置・向きが
変わっているのが面白いです。
a0126632_1958880.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼC~Dポイント付近
外気温が20℃近くまで上昇した12/23は綺麗な雌個体が舞い出てその
美しい表翅を見せてくれました。
a0126632_2004911.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼA
A群4頭で右向き1頭、左向き3頭です。
a0126632_2035896.jpg

       in2016.12.18見沼田んぼC
C群はこの時点では2頭です。
a0126632_2054870.jpg

       in2016.12.18見沼田んぼA
A群は安定して個体数が多くこの時点でも5頭です。
a0126632_2074847.jpg

       in2016.12.23見沼田んぼB
B群は、この写真では3頭しか判別出来ませんが、彼らの直上に
もう一頭の個体も越冬しています。あわせて4頭です。
a0126632_20111326.jpg

       in2016.12.11見沼田んぼA
A群は、最大の5頭なのでアップで写すと迫力を感じます。
by himeoo27 | 2017-01-14 20:20 | シジミチョウ | Comments(22)


見沼田んぼ越冬ムラサキツバメ盛衰記 in2016.12.11~2017.01.08

a0126632_1418467.jpg

            in2017.01.08見沼田んぼA群
2016.12.03に5頭まで減ったムラサキツバメですが、その後従来の
集団から10mくらいしか離れていない場所で、
新しいB群発見(元の集団をA群とすると別れた集団かも)
しました。
A群、B群ともチョウ構成数の変化がありましたので、まずA群につ
いて本日から遡りながら報告します。
本日2017.01.08の10:00現在A群は8頭で構成されています。
a0126632_1431337.jpg

            in2017.01.03見沼田んぼA群
A群は8頭です。気温が思ったほど上昇せず飛び出す個体なし。
a0126632_14343383.jpg

            in2016.12.29見沼田んぼA群
A群は8頭変わらず。寝相が少しだけ変化しています。
a0126632_14394231.jpg

            in2016.12.23見沼田んぼA群
外気温が20℃近くまで上昇したこの日は、10:30は1頭を除き他の
個体は散歩に出かけていました。この時点11:30頃は4頭でしたが、
その後続々と越冬巣に帰還して14:30過ぎには8頭と2016.12.18の
6頭から逆に2頭増となりました。
逆に後で記載しますがB群は4頭から1頭減って3頭となりました。
a0126632_14485290.jpg

            in2016.12.18見沼田んぼA群
慌ただしく撮影したので分かりにくい写真ですがこの時点では6頭が
越冬中です。
見沼区のiさんの観察によると、その後A群は5頭まで減ったそうです。
a0126632_1553233.jpg

            in2016.12.11見沼田んぼA群
A群の生息環境は上に掲載された写真のとおり北風を遮るように南向
きに開けた明るい林縁部です。
この時点のA群は7頭で構成されています。
a0126632_15143840.jpg

            in2016.12.30埼玉県中部の公園
埼玉県中部の公園で、chosanpoさんに教えてもらった越冬ムラサキ
ツバメはムラサキシジミのような単独個体でした。
2017.01.02にも同じ場所を探してみましたが見つけることが叶いま
せんでした。
a0126632_15194163.jpg

            in2016.12.11見沼田んぼB群
A群の近くでムラサキシジミ、ウラギンシジミ等の越冬蝶を探してい
ると10m程度離れた北風を遮る南西向きに開けた場所で、ムラサキツ
バメB群4頭+ムラサキシジミ1頭を見つけました。
大きな画像データなのでクリックし拡大してご覧ください。
a0126632_15312436.jpg

            in2016.12.18見沼田んぼB群
引き続きムラサキツバメB群4頭+ムラサキシジミ1頭です。
ムラサキツバメは青葉の上、ムラサキシジミは枯葉の上で越冬してい
るのが分かりますか?
a0126632_15365439.jpg

            in2017.01.03見沼田んぼB群
上に記載したように
B群のムラサキツバメは12.23より4頭→3頭に減りました。
12.11時点でA群7頭+B群4頭あわせて11頭が、
01.03時点でA群8頭+B群3頭あわせて11頭と同数です。
付近を探しても他のムラサキツバメを見つけていないことよりA群と
B群の間で相互に入れ替わっていると思われます。
a0126632_15503322.jpg

            in2017.01.08見沼田んぼB群
如何にも氷雨が舞い落ちそうな曇天の中、電動アシスト自転車で出か
けてみました。B群3頭とムラサキシジミ1頭は寒さに負けず健在で
した。
by himeoo27 | 2017-01-08 16:04 | シジミチョウ | Comments(21)


ウラギンシジミの年越し in2016.11.23~2017.01.02

a0126632_6583750.jpg

            in2016.12.29見沼田んぼ

年明け竿頭の記事は、継続観察中の「ウラギンシジミ」です。
昨日2017.01.02から、時間を遡りながら
2016.11.23までの記録です。
a0126632_723538.jpg

昨日は継続観察地の立地条件から見沼田んぼ訪問を諦めて、
埼玉県中部の自然観察公園へ出かけてきました。
公園①と命名したこの個体は公園の入口付近にある南向き
の石垣で越冬中です。
a0126632_773789.jpg

公園②は、公園奥の散策路沿いで越冬中です。
a0126632_7104178.jpg

公園②をかがみこんで見上げるように写してみました。
            in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_713189.jpg

自然な体制で、公園②を撮るとこのような感じです。大きな
目が可愛いですね!
            in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_7165529.jpg

12月20日を過ぎると見沼田んぼでは、はや蝋梅が満開です。
a0126632_719882.jpg

見沼ペアAは日溜りの中、仲良く越冬中です。
            in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_7213633.jpg

見沼ペアAを上から見るとこのように見えます。
a0126632_7225655.jpg

この日、見沼①は車道に面した民家の壁で越冬していました。
しかしながら12月29日には何処かに移動したようで見つけられ
ませんでした。
a0126632_725453.jpg

今年の11月初めから同じ場所で継続観察している見沼②は、
20℃近くまで気温が上昇した11月23日の午後には見失って、
見沼①と同じく12月29日も観察出来ませんでした。
a0126632_729312.jpg

見沼ペアAの近くの陽だまりで比較的痛みの少ない雌個体の
開翅も見られました。
            in2016.12.23見沼田んぼ
a0126632_7312883.jpg

この日、見沼田んぼの越冬ウラギンシジミは分散しているのか
見つけられたのは見沼②だけでした。
            in2016.12.18見沼田んぼ
a0126632_7341268.jpg

これも見沼②のアップです。前後の写真より殆ど定位置なのが
分かります。
            in2016.12.11見沼田んぼ
a0126632_7365146.jpg

11月末のこの時点では見沼ペアBを含めて、見沼ペアC、見沼②
、見沼③、見沼④、見沼⑤、見沼⑥など数多くのウラギンシジミ
越冬個体が観察出来ました。
            in2016.11.23見沼田んぼ
by himeoo27 | 2017-01-03 07:44 | シジミチョウ | Comments(29)


2017年新年を迎えて(ぐんま昆虫の森写真展)

a0126632_18511510.jpg

明けましておめでとうございます。
寒いので本日は、ぐんま昆虫の森写真展に出品した八重山諸島と
温室(足立区生物園)の写真を中心に掲載します。
a0126632_18544236.jpg

a0126632_1855127.jpg

西表島の月の精「タイワンキマダラ」も良く見られるこのポイント
では「オキナワチョウトンボ」の群飛も観察出来ます。この日は数
百頭の集団が低く舞ってくれたので魚眼レンズで出来る限り多く撮
りこんでみました。
別名の「ベッコウトンボ」の名前のとおり青空と太陽光を浴びて、
素晴らしい輝きでした。

in2016.05.05西表島
a0126632_19111049.jpg

八重山諸島のトンボは鮮やかな種が多く、石垣島でも近年増えてきた
「アカスジベッコウトンボ」
a0126632_19131698.jpg

渋めのトンボですが、日本で八重山諸島にのみ生息する
「ヒメキトンボ」かな?

in2016.10.09石垣島
a0126632_19235018.jpg

自然界では与那国島でしか観察したことがない「ツマベニチョウ」の
求愛飛翔ですが、チョウ密度の濃いここ足立区生物園の温室では容易
に観察可能です。
a0126632_1929501.jpg

かって八重山諸島で数多く観察出来た「カバタテハ」ですが、ここ数
年現地では全く見たこともありません。
a0126632_1944959.jpg

「タテハモドキ」の交尾ペアを観察していると別の1頭が・・・・
a0126632_19482869.jpg

近づいた個体に、
いきなり交尾中なのに「蹴り」を、
慌てふためくその姿
まさに決定的な瞬間を撮りこめました。

in2016.07.02足立区生物園温室
a0126632_1956455.jpg

雨と雨の合間に石垣島の於茂登岳山中に入ると薄暗い林の中では
「ナナホシキンカメムシ」が煌めいていました。
a0126632_2004973.jpg

顔が恐ろし気なるも、最もきらびやかな西表島の甲虫は
「タイワンヤツボシハンミョウ」でしょう。
a0126632_2052151.jpg

石垣島に戻るとやや小ぶりのタマムシが輝きながら舞い上がりま
した。「ミドリホソナガタマムシ」でしょうか、腹部の蒼色も絶
品です。

in2016.10.06~09石垣島&西表島


今年もよろしくお願いします。
by himeoo27 | 2017-01-01 00:00 | 昆虫一般 | Comments(54)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
だんちょう 様 こちら..
by himeoo27 at 16:14
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧