ヒメオオの寄り道


<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧



草むらのジェット戦闘機(ホソバセセリほか)

a0126632_11453589.jpg

草むらのジェット戦闘機というとセセリチョウの仲間でしょう。
a0126632_11474070.jpg

秋になると爆発的に増える「イチモンジセセリ」ですが、この時期
はポツポツしか見かけません。
a0126632_11575629.jpg

まさにジェット戦闘機のようなこの種は、
a0126632_1211355.jpg

「コチャバネセセリ」です。この時期、里山~高原のあちらこちら
でその可愛い顔を観察出来ます。
a0126632_1243651.jpg

蟻さんとひそひそ話をしているのは「ヒメキマダラセセリ」の幼虫
でしょうか?シジミチョウの幼虫と蟻との関係は有名ですが、この
2種の関係は・・・・・・・・・?です。
           in2016.07.23東京都郊外の里山にて
******************************
a0126632_1282087.jpg

a0126632_129034.jpg

昨日訪れた栃木県の山中では「ヒメキマダラセセリ」が、
ジェット戦闘機のように草むらから、ビュンビュン離発着していま
した。
           in2016.07.30栃木県の山中にて続く
******************************
a0126632_12131364.jpg

イチモンジセセリ、コチャバネセセリ、ヒメキマダラセセリより
ひと回り大きいこのセセリチョウの仲間は
a0126632_12151236.jpg

「ホソバセセリ」です。美味しそうに吸蜜しています。
a0126632_12163850.jpg

表翅はやや地味ですが、
a0126632_12172493.jpg

裏翅は、焦げ茶色をベースとした地色に、大きな白点の模様が
とてもお洒落です。
a0126632_12192856.jpg

魚眼レンズで右下端付近に飛びまわる姿を何とか撮りこみました。
           in2016.07.23東京都郊外の里山にて続く
by himeoo27 | 2016-07-31 12:24 | セセリチョウ | Comments(28)


俺たちヒョウキン族(アカハネナガウンカ&トリノフンダマシの仲間)

a0126632_9365396.jpg

数年前からSさんにヒョウキンな顔の「アカハネナガウンカ」に
逢いたいものだとお願いしていると、東京都郊外の里山に発生し
ているとの情報をいただきました。
a0126632_9391547.jpg

ポイントにつくとさっそく俺たちヒョウキン族と赤色の蟲が登場
です。
a0126632_950337.jpg

探すと発生ピークのようで
a0126632_9503724.jpg

草むらから次々と見つかります。
a0126632_951397.jpg

チョウのポイントを回って午後戻ってくると数が減少していました。
それにしても面白い顔をした蟲ですね!

a0126632_9543491.jpg

この里山では「ベッコウハゴロモ」も発生ピークで、あちらこちらで
見つかりました。

a0126632_9564347.jpg

「エビイロカメムシ幼虫」でしょうか?こちらも柔らかい色合いと
ヒョウキンな顔が可愛い幼虫君です。
a0126632_95930100.jpg

「ナガメ」は赤と黒の模様というイメージですが、この個体は黄色
を基調とした個体でした。

この里山では鳥の糞に似た
a0126632_102888.jpg

「オオトリノフンダマシ」
a0126632_1025561.jpg

「クロトリノフンダマシ」という記載と、
「シロオビトリノフンダマシ」の黒色タイプという記載のある
黒一色の個体
a0126632_1054526.jpg

名前の通り「シロオビトリノフンダマシ」
a0126632_1063122.jpg

「猿顔鳥の糞騙し」というヒョウキンな感じのこの子も
「シロオビトリノフンダマシ」の個体変異のようです。

      in2016.07.23東京都郊外つづく
by himeoo27 | 2016-07-24 10:10 | 自然観察全般 | Comments(22)


群馬県内高原のチョウたち in2016.07.10② 

オオミドリシジミやジョウザンミドリシジミが舞う山頂から移動
して高原に出ると
a0126632_1834695.jpg

a0126632_1837981.jpg

そこは「ヒョウモンチョウ」
a0126632_18374680.jpg

「ウラギンヒョウモン」などのヒョウモンチョウの仲間が舞って
いました。裏翅も、表翅も上品な模様だと思います。

a0126632_18403840.jpg

この時期、高原にいるシジミチョウというと「ヒメシジミ」でしょう
a0126632_1843131.jpg

雄の金属光沢に輝く表翅も
a0126632_18433626.jpg

雌のビロード状の黒色の表翅も綺麗ですね!
この個体は赤紋が少ないと思います。
a0126632_18475419.jpg

見沼田んぼにも生息している「ムラサキシジミ」ですが、産卵シーン
を観察出来たのはこれが2回目です。
a0126632_18534913.jpg

飛び去った後探してみると綺麗な卵を1個見つけました。

高原の草原というとセセリチョウの仲間でしょう
a0126632_18555146.jpg

まず見つけたのは「コチャバネセセリ」です。
a0126632_18584181.jpg

最初撮影した時は色合いからキマダラセセリかな?と思いましたが
翅の模様より色褪せた「ヒメキマダラセセリ」雄かもしれません。
a0126632_1933669.jpg

早朝からゼフィルスの山への登山、移動して高原のチョウ撮影とで疲れ
果ててバス停に向かって歩いているとyodaさんが熱心に何かセセリチ
ョウの仲間を撮影していました。近づいて良く見ると・・・・
長野県内の山中以来久しぶりの「アカセセリ」雄でした。
a0126632_199509.jpg

大人しい個体だったので正面顔を接写叶いました。とってもキュートです
ね!

高原の現地お逢いしたyodaさんご夫妻hira×2さんTさんご夫妻お世
話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

                in2016.07.10群馬県の山中おわり        
by himeoo27 | 2016-07-20 19:45 | チョウ全般 | Comments(12)


東信でチョウ探し in2016.07.16①

東信地方の上田市にある大手農機具メーカーM社で今年もオオムラサキ
の観察会があるとのことで昨日出かけてきました。
a0126632_2082793.jpg

最初に登場してくれたのは綺麗な「アゲハ」です。青空を背景に舞い上
がってくれました。
a0126632_20124390.jpg

探すと樹上に青紫の輝きが待望の「オオムラサキ」雄の登場です。
a0126632_20193432.jpg

雌雄向かい合わせのシーンも観察出来ました。雄の方が翅を開いていない
ことが少し残念でした。
a0126632_20253511.jpg

樹液に集まるのはチョウだけではありません。「スジクワガタ」でしょう
か?小型のクワガタムシも見つかりました。
a0126632_20303164.jpg

地元のMさんが「ヒメオオさんキマダラモドキがいましたよ!」と声をか
けてくれました。アースカラーの模様がお洒落ですね!
a0126632_2040615.jpg

M社の林は発生地が限定的な「ムモンアカシジミ」のポイントとして有名
です。今年も健在でしたが、天候と時間の関係か私が観察している間は、
樹上高くから降りてきてくれませんでした。

Mさんと地元のNさんの案内で里山散策すると可愛いセセリチョウが続々
登場です。
a0126632_20504580.jpg

a0126632_20511453.jpg

最初に出逢ったのは「ヘリグロチャバネセセリ」?です。翅の模様が綺麗
です。
a0126632_2123361.jpg

この「イチモンジセセリ」角角した一文字模様が面白い個体ですね!
a0126632_2153426.jpg

Mさんが、信州では珍しい「ミヤマチャバネセセリ」も見つけてくれま
した。
a0126632_217171.jpg

草原性のチョウも健在で「ウラギンスジヒョウモン」が顔を見せて挨拶
です。接写しようと近づくと舞い上がってしまいました。
a0126632_21104951.jpg

a0126632_211166.jpg

「ミヤマカラスシジミ」は今年は数が少なく、この子たちを見つけたの
もMさんでした。
a0126632_21155930.jpg

a0126632_21162388.jpg

帰る間際に登場してくれたのは清楚な美しさの「スジボソヤマキチョウ」
です。飛んでいる姿は艶やかですね!

現地でお逢いしてお世話になった地元のMさん、Nさん
毎年オオムラサキ観察会を開催してくださるM社の皆さん
NMさん他、長野県青木村にある信州昆虫資料館の皆さん
観察会、フィールドで出逢った皆さん
大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

      in2016.07.16東信の里山
by himeoo27 | 2016-07-17 21:39 | 昆虫一般 | Comments(16)


今年のゼフ卍巴飛翔撮影は・・・in2016.07.10群馬県山中①

a0126632_2049861.jpg

昨日、群馬県の山中にゼフィルス類の卍巴飛翔撮影に出かけてきま
した。
a0126632_20505182.jpg

やっとたどり着いた山頂で出迎えてくれたのは「オオミドリシジミ」
でした。斜め上方から光を受けると表翅は、眩しいほどの輝きです。
a0126632_20565058.jpg

2頭仲良く並んでいるところを見ると一方は「ジョウザンミドリシジミ」
かもしれません。
a0126632_20553572.jpg

草むらに佇む個体や
a0126632_20583811.jpg

飛び立つ個体も観察出来ました。
a0126632_2102100.jpg

肝心の卍巴飛翔撮影は、カメラの設定を間違えていたので何百コマと
シャッターを押してピントが合ったのはこのコマだけでした。
a0126632_2123552.jpg

しかしながらオオミドリシジミの近くに特徴的な甲虫が!接写しよう
と近づくとこの個体は飛びたってしまいました。
a0126632_2134978.jpg

山頂からの急な下り坂でもう一頭「オオトラフコガネ」を見つけまし
た。大きな触角が素敵ですね!
a0126632_2173028.jpg

「ウラジャノメ」は、地味なチョウですが名前の由来となる裏翅の蛇
の目模様がチャーミングです。
a0126632_2195914.jpg

多少痛みがあっても吸蜜する姿がとっても素敵でした。
a0126632_21115523.jpg

山を下りる途中でやっと「ジョウザンミドリシジミ」を接写出来ました。
a0126632_21125743.jpg

オオミドリシジミと良く似たゼフィルスですが、どちらも綺麗ですね!

        in2016.07.10群馬県山中つづく
by himeoo27 | 2016-07-11 21:16 | 昆虫一般 | Comments(20)


アサヒナキマダラセセリ今年はポツポツ in2016.05.04~07石垣島&西表島⑨

a0126632_1830145.jpg

今日は降雨で遠征を取りやめたので過去ネタから
a0126632_18345510.jpg

関東地方では颯爽と飛びまわる「アオバセセリ」ですが、何故か
沖縄本島~八重山諸島では暑い昼間は、暗い林の中の大きな葉の
裏でジッと身を潜めています。不思議な習性ですね!
a0126632_18442873.jpg

黄白色なのに何故か「タイワンアオバセセリ」という名前のこの
セセリチョウにも今回1度だけ出逢えました。
a0126632_184836100.jpg

a0126632_18491960.jpg

キマダラセセリに近似しているのに名前は「ネッタイアカセセリ
です。小さく愛らしいセセリチョウです。
a0126632_18523839.jpg

ネッタイアカセセリの求愛シーンも観察出来ました。
a0126632_18535741.jpg

昨年は1コマの証拠写真しか撮れなかった「アサヒナキマダラセセリ
は、どちらかと言えばやや大きいアカセセリという感じです。
a0126632_18583631.jpg

a0126632_18585750.jpg

今回は雄ばかりですが接写も叶いました。
a0126632_1904860.jpg

a0126632_1911096.jpg

魚眼レンズによる飛翔シーン撮影にも挑戦です。個体数はポツポツ
いたものの写すのは結構苦戦しました。
a0126632_1952049.jpg

吸蜜する顔が可愛いですね!

          in2016.05.04~07石垣島&西表島つづく   
by himeoo27 | 2016-07-09 19:08 | セセリチョウ | Comments(12)


ツシマウラボシシジミの域外飼育 2015~2016

a0126632_205546.jpg

ツシマウラボシシジミが域外飼育されている足立区生物園で本日から
公開されるとのことで出かけてきました。
*********************************
a0126632_20105482.jpg

a0126632_2011157.jpg

a0126632_20113440.jpg

2015年9月12日ツシマウラボシシジミの求愛シーンを観察出来ました。
彼らの子孫が無事越冬して本日目を楽しませてくれました。
*********************************
a0126632_20221371.jpg

新鮮な卵は本日見つけて撮影叶いました。特徴的デインプル模様です。
*********************************
幼虫への餌やりの手伝いをした時の画像から
a0126632_20282042.jpg

今日出逢った成虫と同一個体かもしれない孵化シーンです。卵から出し
た顔が可愛いですね!
a0126632_20335849.jpg

今度は脱皮直後の幼虫です。右上奥に脱皮した抜け殻が見えます。
           in2016.06.04国立科学博物館自然教育園内
*********************************
a0126632_20414039.jpg

a0126632_2042522.jpg

雄の表翅の輝きを狙って飛翔撮影を行いました。何度か挑戦してみまし
たがそれなりにしか撮りこめませんでした。
a0126632_2046855.jpg

逆に裏翅の方は運良く綺麗に撮れました。
a0126632_20472362.jpg

本日から一般公開とのことで
buttfflow」さん、Kさん 、「mikiosu」さん等と賑やかな撮影会と
なりました。
a0126632_20522292.jpg

次の世代へ子孫を増やして末永く生き延びて欲しいですね!
           in2016.07.02足立区生物園

ツシマウラボシシジミの公開については足立区生物園
ツシマウラボシシジミの飼育手伝いについては日本チョウ類保全協会
へお問い合わせください。
by himeoo27 | 2016-07-02 21:03 | シジミチョウ | Comments(26)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧