ヒメオオの寄り道


<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧



黒っぽい眼の越冬キタキチョウ in2016.02.27見沼田んぼ

a0126632_1312544.jpg


ここ1週間寒い日が続いているので越冬蝶たちは、どのように
過ごしているのか昨日「見沼田んぼ」に出かけてきました。
a0126632_1374694.jpg

a0126632_1381253.jpg

先週と同じく、まず「ムラサキツバメ」の越冬ポイントを覗い
てみました。
強風、低温、降雪によってか残念ながら1頭に減っていました。
a0126632_13164779.jpg

「キタキチョウ」が、3頭固まって見つかったポイントでは
彼岸花の葉の裏で「キタキチョウ②」のみで①、③が見当
りません(涙)。
a0126632_1328559.jpg

a0126632_1328215.jpg

ムラサキツバメが1頭減り、キタキチョウも2頭減り、これ
では帰れないと60mほど離れた場所を探すと
「キタキチョウ④」が草むらで見つかりました。

モンキチョウ1頭見つけたポイントは、日差しは暖かいもの
の冷たい風が吹きすさんでいて残念ながらチョウは1頭も出て
きてくれませんでした(涙)。

気落ちして、キタキチョウのポイントに戻ると
足元からキタテハが舞い上がりました。
a0126632_13504129.jpg

その直ぐ近くに黒っぽい眼をした「キタキチョウ⑤?」が止
まっていました。キタキチョウの複眼は黄色~淡い黄緑色が
一般的なので吃驚して、蝶に詳しい見沼区のiさんに連絡しま
した。
a0126632_144516.jpg

近くで探蝶していたiさんと一緒に観察するとキタキチョウ⑤?
は眼だけでなく脚の配置が変です。命の輝きがありません。
どうも越冬中に春を待たずに、そのまま絶命したようです。
a0126632_141646100.jpg

先週3頭いたポイントでiさんが直ぐに「キタキチョウ①」を
草むらの中から見つけてくれました。
a0126632_14235978.jpg

右端中央部に見えるキタキチョウ②の反対側左端中央やや上
に「キタキチョウ③」が戻っていました。上を見上げるよう
に正面を向いているのでわかりにくいですね!
a0126632_1431198.jpg

キタキチョウ③を接写してみました。
越冬キタキチョウが3→4頭に増えてとっても嬉しいヒメオオ
です。

帰りにムラサキツバメポイントによると
a0126632_14413955.jpg

強い風に雄個体がアオキ葉にしがみついて頑張っていたので
声援を贈りました。

            in2016.02.27見沼田んぼ終わり
by himeoo27 | 2016-02-28 14:51 | チョウ全般 | Comments(22)


見沼田んぼで蝶探し in2016.02.21

見沼区のiさんから
「ムラサキツバメは雨にも負けず同じ場所で2頭、
キタキチョウが別の場所で1頭いますよ!」
と電話あったので
今日も見沼田んぼに出かけてきました。
a0126632_1915834.jpg

a0126632_1915252.jpg

「ムラサキツバメ」のポイントでは昨晩の大雨にも耐え2頭が、
仲良く向かいあって越冬していました。
iさんによる19日午前中塒に1頭、同日午後3時まえに塒に2頭に
なったとのことです。
a0126632_19241531.jpg

越冬「キタキチョウ」は、iさんから教えていただいた場所で直ぐ
見つかりました。
a0126632_19262268.jpg

魚眼レンズで接写しようと近づくと表翅を輝かせて舞い上がり
a0126632_19275122.jpg

a0126632_19284012.jpg

近くの草むらに潜りこみました。
a0126632_19294755.jpg

他にいないかなと私も探してみると越冬「キタキチョウ②」が
見つかりました。
a0126632_19315288.jpg

1時間以上探し回ってやっと先週撮影出来なかった「モンキチョウ」
の写真を1コマだけ写せました。
広角接写しようと近づくと飛び去ってしまい見失いました(涙)。
a0126632_19481860.jpg

越冬キタキチョウポイントに戻り頭を隠したキタキチョウ②を観察
すると左側に「キタキチョウ③」が見つかりました。
a0126632_19472653.jpg

a0126632_19475788.jpg

キタキチョウ③は撮影しやすい場所だったので、
105㎜マクロと魚眼レンズで写してみました。
a0126632_1958233.jpg

ムラサキシジミも出てきているのでは?とムラサキツバメポイント
に立ち寄りましたが、ムラサキツバメが同じ葉の上に2頭いただけ
でした。

          in2016.02.21見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-02-21 20:05 | チョウ全般 | Comments(22)


見沼田んぼの越冬チョウ(冬の中休み)in2016.02.06~14

コメント入力が上手く出来ないのでブログ更新のみ行います。

a0126632_2025743.jpg

今年はじめから観察している見沼田んぼの越冬「ムラサキツバメ」
ですが、雪や低温を乗り越えて2月6日再び2頭に増えていました。

            in2016.02.06見沼田んぼ
*****************************
2月14日気温が20℃以上に上昇するとのことで9:30に再訪すると
2頭いた塒はもぬけの空です。
a0126632_20285050.jpg

a0126632_20291043.jpg

9:45頃それらしい個体が飛んでいたので、14:00頃訪ねてみると
「ムラサキツバメ」雄が出てきて挨拶してくれました。
a0126632_2034093.jpg

a0126632_20341613.jpg

ムラサキツバメと同じ場所で、小さなシジミチョウが舞っていたので
良く見ると「ムラサキシジミ」雌です。アオキの熟した実で吸汁した
り綺麗な表翅の輝きを見せてくれました。

a0126632_20384521.jpg

a0126632_203903.jpg

気温の上昇とともにどこに隠れていたのか?「キタテハ」が次々と舞
い出てきました。それでも総数で6~7頭くらいかな!

a0126632_2042114.jpg

a0126632_2042283.jpg

今年はまだ越冬中の「キタキチョウ」を見つけていないので探してみ
ると、ノンビリ越冬中の個体をやっと1頭見つけました。
a0126632_20454278.jpg

越冬中とは別のキタキチョウがいたので105㎜マクロレンズと
a0126632_20465762.jpg

a0126632_20472547.jpg

魚眼レンズで飛翔撮影に挑戦してみました。下の写真の左上の樹の下
の自転車は我が愛車です。

越冬ウラギンシジミは全てもぬけの空、
モンキチョウの新蝶は見つけるも撮影叶わなかったものの楽しい蝶撮
行でした。

            in2016.02.14見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-02-15 20:56 | チョウ全般


★ イベントのご案内 ★

日本チョウ類保全協会が主催する以下のイベントがあります。
是非ご参加ください。
(当イベントが終了するまで本記事をトップに掲示します)

***********************************************************

チョウや生物多様性の現状と保全に関するイベント、
「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の要領で開催しますので、
ご案内いたします。
どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<第12回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>


日時:2016年2月13日(土) 10:30~17:45 

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
   研修室309(センター棟3階)

プログラム:
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:50  貴重なチョウの生息地である草原をどう維持していくか?
        「草原の歴史と現状」
          小椋純一氏(京都精華大学)
        「チョウから草原の質を読み解く」
          永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)

11:50~13:00  昼食

13:00~14:00  地球温暖化とチョウを考える
        「地球温暖化でチョウの分布がどう変化するか?」
          宮下 直氏・松葉史紗子氏(東京大学)

14:00~15:00  チョウ類の保全活動報告
        「北海道遠軽町のアサマシジミ」 
         喜田和孝氏(丸瀬布生態昆虫館)
        「八ヶ岳のミヤマシロチョウ」  
         福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会)

15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
        
15:30~16:30  農地における生物多様性の保全を考える
        「ネオニコチノイド系農薬とチョウ類の減少
                  ~イギリスでの事例~」
          中村康弘氏(本会事務局)
a0126632_882632.jpg

a0126632_885022.jpg

            in2008.05鮭川村
        「農業と生物多様性~地域での取り組み~」
          高橋 淳氏(鮭川村自然保護委員会)

16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
a0126632_7335941.jpg

            in2015.10足立区生物園
         ・絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミほか)
         ・庭のチョウ類調査 ほか

17:45      閉会

18:00~20:00(中締め19:30) 
懇親会(同会場内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 会費3,500円

○参加申し込み
  参加費:1,000円
  関心のある方は、どなたでもご参加できます。
  参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しく
  ださい。
  また、終了後、18:00から同会場内のレストランにて懇親会を開催し
  ます(会費3,500円)。
  懇親会に参加を希望される方は、必ず2月7日までに事前のお申し込み
  をお願いいたします。
 申込み先:
  事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:
 東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
 会場は、センター棟3階の研修室309です。
 オリンピックセンターは広いですが、施設の案内は充実しており、
 すぐにわかるようになっています。

●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分
 (急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、
       初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、
       新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)
ので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテル
 があります。参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。

**************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会
 140-0014 東京都品川区大井1-36-1-301 
 TEL・FAX:03-3775-7006 TEL携帯:080-5127-1696
 Email:jbcs@japan-inter.net
**************************************************
by himeoo27 | 2016-02-13 10:30 | 自然保護 | Comments(8)


常夏のチョウの楽園 in2016.02.06多摩動物公園

寒さの苦手なヒメオオとって「ぐんま昆虫の森」、「足立区生物園」
と並んでこの時期のチョウの楽園というとやはり「多摩動物公園」の
大温室でしょう。
a0126632_14472864.jpg

大温室に入るとまず迎えてくれたのは「ツマベニチョウ」です。
a0126632_14505094.jpg

温室の天井を通して見える青い空に翅先のオレンジ色が映えました。
a0126632_1456946.jpg

吸蜜源の皿があちらこちらに置いてすが、
この皿には「リュウキュウアサギマダラ」、「ツマムラサキマダラ雌」
が吸蜜しています。すると「ツマムラサキマダラ雄」が飛来しました。
a0126632_15113232.jpg

「ツマムラサキマダラ交尾ペア」が成立するともう1頭雄個体が飛来し
ました。
a0126632_1515683.jpg

ペアは嫌がって急に舞い上がったので飛翔撮影は間に合わずブレブレ
の写真になりました。
a0126632_1541788.jpg

吸蜜源の皿にも「ツマムラサキマダラ交尾ペア」います!
皿の下にいるバッタも撮りこんでいると、「タテハモドキ」が吸蜜に
飛来しました。
a0126632_1521010.jpg

緑色の草の上に止まっていると輝くタテハモドキのオレンジ色が鮮や
かです。
a0126632_15242433.jpg

「スジグロシロチョウ雄」がホバリングしていると思ったら、その下
の地面に止まった「スジグロシロチョウ雌」がお尻を上げて交尾拒否
していました。
a0126632_15311191.jpg

多摩動物公園の温室で一番目立つチョウは「オオゴマダラ」です。
あちらこちらで舞っている姿が観察出来ました。
a0126632_15361837.jpg

a0126632_15365490.jpg

キチョウは、「キタキチョウ」「ミナミキチョウ」の両方を飼育して
いるのでどちらなのか同定に自信がありませんが、個体数多く飛んで
いました。雄の表翅が綺麗でした。
a0126632_1542129.jpg

痛みがあるものの豪華な「ナガサキアゲハ」も登場してくれて大満足
したヒメオオです。

          in2016.02.06多摩動物公園おわり
by himeoo27 | 2016-02-07 15:50 | チョウ全般 | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:16
つばさ2号 様 ヤマト..
by himeoo27 at 16:09
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 16:01
Sippo5655 様..
by himeoo27 at 15:57
yurinBD 様 ヤ..
by himeoo27 at 15:51
おはようございます! ..
by だんちょう at 09:01
ヤマトの蒼♀、もう出てい..
by OTTO at 08:44
え~~~、これがヤマトで..
by uke-en at 15:07
こんにちは。 一番上の..
by MIYAKOUTA5040 at 14:42
こんにちは 折角の3連..
by つばさ2号 at 11:15
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧