ヒメオオの寄り道


<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧



埼玉の冬を過ごす昆虫たち in2016.01.10~30 

埼玉県内でも師走の寒さの中、昆虫たちがどのように冬を
過ごしているのか観察してみました。
a0126632_16185911.jpg

a0126632_16192468.jpg

埼玉県中部の公園でまず見つけたのは「ウラギンシジミ」
です。まだ寒さが厳しくなかったこの時は5~6頭見つける
ことが出来ました。
a0126632_16222652.jpg

a0126632_16224254.jpg

「ウスバフユシャク雌」でしょうか?1月2日に交尾ペア
見つけた直ぐ近くで冬尺蛾の雌を今季初きちんと撮影でき
ました。成虫なのに珍妙な形状ですね!
       in2016.01.09埼玉県中部の公園
****************************
a0126632_16285298.jpg

珍妙な蛾というとこの「ブドウトリバ?」などのトリバガの
仲間でしょう。見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団のあ
る場所のすぐ近くの石灯籠に止まっていました。
       in2016.01.10見沼田んぼ
****************************
a0126632_16385912.jpg

a0126632_16392727.jpg

1月17日~18日にかけての大雪で
見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団がどうなったのか
心配になって出かけてみました。
集団の数が5→4頭に減ったものの1枚奥の葉の上に移って
元気に過ごしていました。
       in2016.01.23見沼田んぼ
****************************
心配していた1月23日~24日の降雪は殆どなかったものの
1月25日~26日の記録的な低温、1月29日~30日の氷雨が
ムラサキツバメの越冬集団にどのような影響を与えたのか
確認すると
a0126632_16522154.jpg

残念ながら1頭に減っていました。この1頭だけでも冬を
乗り越えて欲しいです。
a0126632_1655463.jpg

a0126632_16552171.jpg

「ブドウトリバ?」のいた石灯籠には「キイロテントウ」
が3頭5℃程度の低温なのに元気に歩き回っていました。
a0126632_16584016.jpg

他の生き物は・・・と探してみると蛾の幼虫?が見つかり
ました。
鍵コメ1さんのご指導でインターネット検索したところ
「ゴマフリドクガ」の幼虫のようです。
鍵コメ1さんご指導ありがとうございました。

       in2016.01.30見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-01-30 17:06 | 昆虫一般 | Comments(16)


「ぐんま昆虫の森」と「野鳥いろいろ」

1月17日~18日
花蝶風月のbuttfflowさんのご提案で、
長野遠征の時、毎年お世話になっているMさん
buttfflowさんの先輩&同僚のKさん、Hさん、Oさん
と「ぐんま昆虫の森」に出かけてきました。
a0126632_17112254.jpg

甲虫好きのヒメオオは、「ぐんま昆虫の森を訪問すると
まずテントウムシの越冬集団の箱を覗いてみます。
1箱目には「ナミテントウ」を中心に大きな「カメノコテントウ」
も混じっていました。
a0126632_17191911.jpg

2箱目は数が少ないもののカメノコテントウが目立ちました。
a0126632_17204726.jpg

根性のない私は、地元で自力で見つける自信が全くないので
テントウムシの越冬集団の次に探すのが「コムラサキ幼虫」
です。ここでは、白色のチョークで近くに印がしてくれている
ので直ぐに2頭セットで見つかりました。
a0126632_17273011.jpg

「ミドリシジミ卵」はゼフ卵の中では比較的容易ですが、今回
5人で探したのでアッという間に見つかりました。
a0126632_17334913.jpg

ぐんま昆虫の森というとやはり大温室でしょう。
雄がヘアペンシルを出しかけた「オオゴマダラ求愛」飛翔も観察
出来ました。
a0126632_17393273.jpg

ぐんま昆虫の森では野鳥も豊富で「カワセミ」君が歓迎してくれ
ました。
           in2016.01.16~17ぐんま昆虫の森

buttfflowさん、Mさん、Kさん、Hさん、Oさん
ぐんま昆虫の森の皆さんお世話になりました。
******************************
a0126632_17423027.jpg

見沼田んぼで新蝶を探していると頭上には「アオサギ」
a0126632_1745413.jpg

川辺には「ユリカモメ」を撮影叶いました。
           in2016.01.10見沼田んぼ
******************************
a0126632_17472880.jpg

この「シロハラ」はフレンドリーで直ぐ近くに出てきました。
           in2016.01.09埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17503926.jpg

埼玉県中部の公園では「ジョウビタキ雌」が入口付近で可愛い
姿を見せてくれます。とってもキュートですね!
           in2015.12.27埼玉県中部の公園
******************************
a0126632_17534311.jpg

a0126632_1754288.jpg

八重山諸島の野鳥というと「カンムリワシ」でしょう。青空背景
に格好良いですね!
a0126632_1756048.jpg

a0126632_17561782.jpg

「ヤエヤマオオコオモリ」の飛翔シーンを狙ってみましたが、今回
は惨敗し、次回のリベンジ誓ったヒメオオです。
           in2015.11.20~23石垣島&西表島⑨つづく
by himeoo27 | 2016-01-23 18:01 | 自然観察全般 | Comments(16)


見沼田んぼの越冬チョウ in2016.01.02~10

ブログ仲間のAさんから
「見沼田んぼでもムラサキツバメが集団越冬してますよ」
と情報をいただいたので、1月2日、4日、10日に観察して
きました。
a0126632_772161.jpg

この写真のポイントは、上から2頭目の赤丸で囲まれた横
を向いたチョウです。一緒に観察、撮影した見沼区のiさん
によるとこのチョウだけは尾錠突起がない、裏翅の模様が
違う、少し小さい、唯一翅を立てて越冬していることより
「ムラサキシジミ」ではとのことでした。
a0126632_7162484.jpg

ムラサキツバメ×4頭とムラサキシジミ×1頭を撮影してい
ると集団越冬している葉のすぐ下に別のムラサキツバメ雄
が舞い降りてきて翅を開きました。
a0126632_7194697.jpg

a0126632_720270.jpg

比較的綺麗なムラサキツバメ雄の表翅の輝きを堪能しました。
       in2016.01.02見沼田んぼAポイント
*******************************
日を改めて1月4日に見沼田んぼAポイントへ10:40頃出かける
と塒にはムラサキツバメが1頭しかいません・・・・・。
気温が15℃前後と上がったことが原因かな?
10:45に塒以外のすぐ近くで雄個体を見かけたものの撮りもら
しがっかりしました。
a0126632_72329100.jpg

すると10:55ころ塒以外から「ムラサキツバメ雌①」↑と
a0126632_7303742.jpg

「ムラサキツバメ雌②」↑が登場しました。そのうち雌①が塒に
加わって塒はムラサキツバメ×2頭になりました。
a0126632_734492.jpg

11:00まで観察しましたが塒はムラサキツバメ×2頭のままなの
で、見沼田んぼの新チョウ探し&越冬ウラギン確認に出かけ
て14:00ころ帰ってくると塒は「ムラサキツバメ×5頭」になっ
ていました。
       in2016.01.04見沼田んぼAポイント
*******************************
見沼田んぼAポイントの日内の経時変化が面白そうなので、
1月10日に10:00、11:00、12:00、15:00と4回に分けて
訪問してみました。
a0126632_7432243.jpg

気温が10℃前後と低い為か10:00、11:00ともに
塒は「ムラサキツバメ×5頭」で変化ありません。
a0126632_7452751.jpg

a0126632_746146.jpg

12:00の観察では流石にヒメオオ不憫と思ったのか
「ムラサキシジミ雌」個体が、「ムラサキツバメ×5頭」塒の
すぐ近くに舞い降りてくれました。
       in2016.01.10見沼田んぼAポイント
a0126632_7503237.jpg

a0126632_7504968.jpg

a0126632_751597.jpg

見沼田んぼAポイントの「ムラサキツバメ×5頭」塒に変化が
ないので越冬ウラギンシジミのBポイントに出かけると
雄を中心とした「ムラサキシジミ」が複数頭登場してくれました。
       in2016.01.10見沼田んぼBポイント
a0126632_7565587.jpg

a0126632_757118.jpg

気温が13℃くらいに上昇したのでAポイントに戻って
14:30~15:00「ムラサキツバメ×5頭」塒を観察してみました。
10:00、11:00と配置は大きく変わってものの個体数等の変化は
ありませんでした。13℃程度の気温では活発に動けないのかもしれ
ません。
       in2016.01.10見沼田んぼAポイント

貴重な情報をいただいたAさん、
一緒に観察した見沼区のiさんありがとうございました。
by himeoo27 | 2016-01-16 08:11 | シジミチョウ | Comments(25)


新春見沼田んぼのヒメアカタテハと八重山諸島のタテハチョウたち

皆さんの新春のブログを見ていると「モンキチョウ」「ベニシジミ」
などの新チョウが掲載されていたので
私も新チョウ探しに見沼田んぼに出かけてみました。
a0126632_20522820.jpg
a0126632_20524018.jpg

しばらく探し回ると新鮮な「ヒメアカタテハ」が舞い出て吸蜜してく
れました。「こいつは春から縁起がよい」という感じです。
a0126632_20563557.jpg

ほかの個体がいるのではと探し回ると、如何にも年を越したような別
個体も登場してくれました。
        in2016.01.04見沼田んぼ①つづく
********************************
a0126632_211231.jpg

八重山諸島を代表するタテハチョウというと
やはり「ヤエヤマイチモンジ」でしょう。
a0126632_2133470.jpg

a0126632_2151599.jpg

多くのキチョウ(ミナミ&タイワン?)やアオスジアゲハに混じって
吸蜜するヤエヤマイチモンジ雄は、表翅の模様も、裏翅の模様も特徴
的で良く目立ちます。
a0126632_2173571.jpg

しばらく観察しているとリュウキュウアサギマダラ、ヒメアサギマダラ
、リュウキュウミスジと「ヤエヤマイチモンジ」雌も吸蜜にきました。
a0126632_21104931.jpg

a0126632_2111441.jpg

「リュウキュウミスジ」は個体数が多く石垣島で、交尾ペアも観察出来
ました。ミスジチョウの仲間の裏翅綺麗ですね!
a0126632_2113367.jpg

タテハチョウの仲間の交尾ペアというと「マサキウラナミジャノメ」
ペアが、西表島で見つかりました。
a0126632_21171574.jpg

南西諸島というとやはり「イシガケチョウ」でしょう。あちらこちらで
吸水シーンを見かけました。
a0126632_21194286.jpg

八重山諸島の「ルリタテハ」は、大型な個体が多くオオルリという感じ
です。前翅の白色の帯が「青色」の瑠璃型という台湾や中国大陸からの
迷蝶が混じることがあるそうですが、まだ撮影したことがありません。
a0126632_21243942.jpg

「アカタテハ」は、高山から亜熱帯地方まで幅広く生息しているのに驚
かされるチョウです。見慣れたチョウに八重山諸島で出逢うと逆にドッ
キリします。
a0126632_21272436.jpg

最後は「キタテハ」です。
埼玉県内では超普通種ですが、ここ八重山諸島では中国大陸からの迷蝶
で秋から初冬にかけてしか観察出来ません。
        in2015.11.20~23石垣島&西表島⑧つづく
by himeoo27 | 2016-01-09 21:36 | タテハチョウ | Comments(20)


埼玉の冬の蛾&八重山諸島の蛾 in2015.12.27~2016.01.02&2015.11.20~23⑦

a0126632_16354513.jpg

昨年末から探し回っていた冬尺蛾にやっと昨日、埼玉県中部
の公園で撮影出来ました。
a0126632_16365281.jpg

綺麗な「ウスバフユシャク雄」です!
a0126632_16375215.jpg

やっと接写出来たので満足して帰ってよく見ると赤丸の中に
別の個体が、
ア~!!!「ウスバフユシャク雌」のようです(涙)。
いつものように詰めの甘いヒメオオです。
        in2016.01.02埼玉県中部の公園つづく
a0126632_16423918.jpg

冬尺蛾と並んで冬の蛾というとやはり「キノカワガ」でしょう。
この個体も次の個体もchosanpoさんが見つけてくれました。
a0126632_1644928.jpg

桜の幹に止まったこの個体は「木遁の術」としては今一ですね。
a0126632_16484236.jpg

クヌギの幹に止まったこの個体は
a0126632_1649239.jpg

角度を変えると極めて見つけにくいです。
a0126632_16501066.jpg

キノカワガを赤丸で囲んでみました。クヌギの幹に同化して
素晴らしい擬態だと思います。
        in2015.12.27埼玉県中部の公園つづく
a0126632_16514954.jpg

西表島で入野さんに見つけてもらった「リョクモンエダシャク」
は、新鮮な葉に似せた中央部と、枯れ葉に似たその周りの模様が
絶妙でキノカワガとは違う凄い擬態ですね!
a0126632_1658045.jpg

リョクモンエダシャクと真逆に目立つ「ベニイカリモンガ」は、
赤いチョウのように亜熱帯雨林の密林を飛び回っていました。
a0126632_16594916.jpg

「タイワンアヤシャク」?はしっとり落ち着いた模様が上品な蛾
でした。
a0126632_174295.jpg

石垣島北部の林道で見つけた「ホソオビアシブトクチバ」は
同じく石垣島・西表島に生息するヤエヤマイチモンジ雄に似た
シャープで格好良い蛾ですね!
       in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
by himeoo27 | 2016-01-03 17:15 | | Comments(24)


年のはじめに2015年未掲載写真より

2016年の年明けにあたり2015年撮影しブログ未掲載画像
の一部を掲載します。
a0126632_85311.jpg

巻頭は、「ぐんま昆虫の森第10回写真展で入賞した
「ギフチョウと集う」です。
神奈川県の山の上で狙い通り撮影者や観察者の前を舞う3頭
のギフチョウの姿を写しとるが叶いました。
a0126632_921365.jpg

4~5月にかけて西表島の山中では「ヤエヤマボタル」が群舞
します。黄色い光を点滅させながら飛ぶので、軌跡が点線に見
えます。日が暮れると1時間程度、真っ暗な密林の中で目を楽
しませてくれます。
a0126632_965318.jpg

日が暮れて1時間を過ぎるとヤエヤマボタルが減り、点滅間隔
の短く緑色に光る「キイロスジボタル」が登場です。分かりに
くい写真ですが、真ん中下のみキイロスジボタルの軌跡です。
キイロスジボタルの発生時期は5月からとヤエヤマボタルとズ
レがあるので、2種同時に軌跡が撮れることは稀です。
a0126632_9204783.jpg

日本チョウ類保全協会では庭のチョウの調査を行っています。
私も庭にブッドレア、ウマノスズクサ、サンショ、カタバミ、
フジマメ、スミレ等々を植えてチョウを待っています。
すると街中にあるコンクリート造の私のマンションの壁に茶色のタ
イルを樹と間違えたのか「サトキマダラヒカゲ」が飛来しました。
a0126632_930882.jpg

チョウというとやはり「オオムラサキ」でしょう。目の覚めるような
青紫色の輝きを北杜市のオオムラサキセンターで楽しみました。
a0126632_9334124.jpg

長野県の山中を歩いていると
MIYAKOUTA5040さん、「sippoさんたちと偶然出逢って、
「ウラジャノメ」の大集団を皆で観察しました。
a0126632_944546.jpg
a0126632_944247.jpg

buttfflowさん、Hさん、地元のMさんと訪問した上信国境の
山中では
buttfflowさんとMさんの間をすり抜ける「コウヒョウモンモドキ」
Mさんの足元から舞い上がる「ミヤマシロチョウ」に遊んでもらい
ました。
a0126632_952191.jpg

盆休み「ベニヒカゲ」に逢いに上信国境に再び出かけてみました。
昨年は一般的にはチョウの個体数が少なかったのですが、
この場所のベニヒカゲは比較的数が多く観察者と私の間を一斉に舞
ってくれました。
a0126632_959113.jpg

「オオチャバネセセリ」は比較的翅を開くセセリチョウなのですが
飛翔シーン撮影に初めて挑戦してみました。
ちょっと面白い画像かな?
a0126632_10356.jpg

国立科学博物館附属自然教育園は東京都心の真ん中にある公園
です。この公園はそれほど広くはありませんが、湿地、草原、森、
がパッチ状に入り組んでいて色々な生き物が生息しています。
秋の観察会では「アオスジアゲハ」の飛び立つを1コマだけ撮れまし
た。
a0126632_10105094.jpg

掉尾はマニアックな既掲載写真のトリミング画像です。
「オキナワビロードセセリ」は珍しいチョウではありませんが
複数頭群れることが少ない、俊敏で弾丸のように飛ぶ、
飛んでいる時以外表翅を見たことがない
ということでシロオビヒカゲ雌シロオビヒカゲ雄と並んで
昨年の2回の八重山諸島遠征で表翅撮影に挑戦してみました。

今年もよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2016-01-01 00:10 | 昆虫一般 | Comments(64)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
武ちゃん 様 ウラナミ..
by himeoo27 at 20:12
だんちょう 様 私は街..
by himeoo27 at 20:05
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 19:53
fanseab 様 我..
by himeoo27 at 19:40
椿の茶屋 様 今年は..
by himeoo27 at 19:15
yurinBD 様 ヤ..
by himeoo27 at 19:06
ダンダラ 様 「ウラ..
by himeoo27 at 18:48
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 17:09
uke-en 様 「我..
by himeoo27 at 16:55
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:34
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧