ヒメオオの寄り道


<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧



ムラサキ兄弟輝きの競演 in2015.12.30埼玉県中部の公園

a0126632_19471363.jpg

埼玉県中部の公園へ、越冬チョウ観察しに再訪しました。
a0126632_19491791.jpg

まず出迎えてくれたのは越冬ウラギンシジミです。
写真の通り、こんな所にという感じの場所で越冬しています。
a0126632_19522183.jpg

見沼区のiさんが見つけてくれたムラサキツバメ①②、ムラサキ
シジミ①の第一集団は、12月27日と同じでした。
a0126632_19544862.jpg

chosanpoさんが見つけた第二集団は、ムラサキシジミ④がいな
くなって、ムラサキシジミ2頭に減っていました。
a0126632_19564060.jpg

同じくchosanpoさんが見つけたムラサキツバメ③は歩き回って
いるものの今日も舞い降りてくれませんでした。
a0126632_19582154.jpg

a0126632_19583050.jpg

越冬観察中の個体は舞い降りてくれそうもないので、別のポイント
に移動するとムラサキツバメ④の雄個体が飛来して開翅しました。
a0126632_2024937.jpg

a0126632_203658.jpg

すると負けじとムラサキシジミ⑥の雄個体が舞い出て惜しげもなく
綺麗な表翅を披露してくれました。

        in2015.12.30埼玉県中部の公園おわり
by himeoo27 | 2015-12-30 20:08 | シジミチョウ | Comments(14)


八重山の黒&見沼の銀 in2015.11.20~23⑥&12.29

まず引き続き過去ネタから
11月の八重山諸島は黒色のアゲハチョウの仲間にも沢山出逢
えました。
a0126632_15305417.jpg

a0126632_15404026.jpg

黒色のアゲハチョウというとやはり「クロアゲハ」でしょう。
尾錠突起の短い八重山亜種が、元気に南国の空を飛び回って
いました。
a0126632_15481016.jpg

「ジャコウアゲハ」八重山亜種は、本州産より心なしか煌び
やかに感じます。
a0126632_15515074.jpg

石垣島の林道を探索していると綺麗なジャコウアゲハの蛹も
見つかりました。
a0126632_15535083.jpg

「シロオビアゲハ」雌雄雄は、多少痛みがあるものの求愛飛翔
を頑張っていました。先頭はベニモン型の雌のようです。
a0126632_15565832.jpg

a0126632_15571988.jpg

本家の「ベニモンアゲハ」は、発生のピークのようで多数舞っ
ていました。
a0126632_15593098.jpg

ハイビスカスに吸蜜に舞い降りてきたのは
a0126632_1603572.jpg

a0126632_1604750.jpg

黒い金緑色に表翅を輝かせた「ヤエヤマカラスアゲハ」です。
独特の色合いが素敵ですね!
       in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
*****************************
見沼区のiさんから
「見沼田んぼの越冬ウラギンシジミ沢山いますよ!」とメール
がきたので、本日電動アシスト自転車で訪問してきました。
a0126632_1691731.jpg

ポイントにつくと既にiさんが、待っていました。
a0126632_1610459.jpg

新鮮でシャープな翅を持つ秋型や、
a0126632_16115326.jpg

痛みがある丸っこい翅を持つ夏型と
a0126632_16143643.jpg

2型6頭の越冬ウラギンシジミを堪能しました。
八重山諸島の黒系アゲハは綺麗ですが、見沼田んぼの白銀色の
越冬ウラギンシジミも魅力的ですね!
       in2015.12.29見沼田んぼ終わり    
by himeoo27 | 2015-12-29 16:23 | チョウ全般 | Comments(18)


越冬蝶を楽しむin2015.12.27埼玉県中部の公園①

見沼区のiさんから
「埼玉県中部の公園で越冬ムラサキツバメがみつかりましたよ!」
とのメールがきたので、本日出かけてきました。
a0126632_18302136.jpg

現地に到着して30分程度探しますが、全く見つからず諦めかけたところ
chosanpoさんが来てiさんが見つけてくれたムラサキツバメ①②の2頭
とムラサキシジミ①の2種3頭の集団を教えてくれました。
a0126632_18425871.jpg

a0126632_18435244.jpg

越冬ムラサキツバメは、埼玉県内では初撮影なので嬉々として撮影し
ました。ムラサキシジミ①は、ムラサキツバメ①②を枯葉と勘違い
したのでしょうか?
a0126632_18463780.jpg

a0126632_18465432.jpg

ムラサキツバメ×2+ムラサキシジミ×1の第一集団のすぐ近くで、
chosanpoさんがムラサキシジミ②③④の3頭の第二集団を見つけ
てくれました。ムラサキシジミは通常、蜘蛛の糸で絡まった枯葉の
塊に1頭づつ越冬することが多いので、青葉の間での集団は珍しい
と思います。
a0126632_1855691.jpg

さらにchosanpoさんは、越冬ムラサキツバメ③も見つけていました。
a0126632_1857666.jpg

ムラサキツバメ③は、痛みが激しいものの元気でウロウロ歩き回りま
す。飛び立つことを期待して継続観察しましたが、歩き回るだけで、
舞い降りてくれませんでした。
a0126632_191591.jpg

私も何とか見つけようと公園内を探し回ってやっとムラサキシジミ⑤
雌を見つけることが叶いました。
a0126632_194216.jpg

「越冬ウラギンシジミは何処かいませんか?」とchosanpoさんに聞く
と、ムラサキツバメ①~③、ムラサキシジミ①~④のすぐ近くで
ウラギンシジミ①を教えてくれました。
a0126632_19101844.jpg

ウラギンシジミなら何とか見つけようとウラギンシジミ②
a0126632_19112338.jpg

ウラギンシジミ③
a0126632_19115089.jpg

ウラギンシジミ④と3頭を探すことが出来ました。

第一集団を見つけてくれた見沼区のiさん
第二集団等を見つけ、本日一緒に探してくれたchosanpoさん
お世話になりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

            in2015.12.27埼玉県中部の公園つづく
by himeoo27 | 2015-12-27 19:20 | シジミチョウ | Comments(18)


溢れる赤 in2015.11~12八重山諸島⑤、東京都心①

今回の八重山諸島遠征では、8回目の遠征で初めて天気に
恵まれ夥しい数のチョウたちに出逢えました。
a0126632_1137075.jpg

スジグロカバマダラの群飛を撮ろうとしましたが、8頭撮り
こむのがやっとです。手前に大きく撮れた4頭以外はさっぱ
りわからないと思います(涙)。
a0126632_11365152.jpg

スジグロカバマダラ11頭+リュウキュウアサギマダラ1頭
写っていますが分かるかな?
a0126632_11454299.jpg

交尾ペアも2~3ペア見かけました。
a0126632_11465681.jpg

タテハモドキは、翅の形状がシャープで、枯葉に擬態した
秋型が登場して吸汁していました。
コノハチョウ以上に素敵なチョウですね!
a0126632_11471674.jpg

翅を開くと表翅が、鮮やかなオレンジ色に輝きました。
a0126632_1155373.jpg

タイワンキマダラも今回は、あちらこちらで見かけました。
落ち着いたオレンジ色も味わい深いです。
a0126632_11582147.jpg

a0126632_1159212.jpg

落ち着いたオレンジというとイワサキタテハモドキでしょう。
石垣島ではイワサキタテハモドキが増えており、最初観察さ
れた公園以外でも今回は観察出来ました。
a0126632_1215934.jpg

食草に産卵している雌の上で雄がホバリングしていました。
雌はちょうど雄に隠れて上手く撮れなかったのが残念です。
a0126632_1244777.jpg

鮮やかな蒲色のチョウがセンダングサで吸蜜しています。
カバマダラです!
横浜市内で観察した時も感激しましたが、八重山諸島での
観察は格別でした。
a0126632_1223659.jpg

吸蜜シーンを撮影して樹上を見上げると
a0126632_12243672.jpg

綺麗なカバマダラの交尾ペアが見つかりました。

       in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
***************************
a0126632_12274634.jpg

とあるチョウの蛹が見つかったとのことで昨日、都内の公園
に出かけてきました。
a0126632_12335136.jpg

八重山諸島と同じくこちらも赤で溢れていました。
       in2015.12.19都内の公園つづく
by himeoo27 | 2015-12-20 12:38 | チョウ全般 | Comments(30)


日本最小のチョウと最大のチョウの恋の行方 in2015.11.20~23④

a0126632_1532198.jpg

日本最小のチョウというと「タイワンヒメシジミ」と言われて
います。どの程度小さいのか分かりにくいので、比較的大きく
大人しい個体と1円玉を比べてみました。翅を閉じると1円玉
の1/4程度とヤマトシジミより2回りほど小さい蝶です。
a0126632_15344421.jpg

西表島の薄暗い密林に生息するシジミチョウの代表は、
「リュウキュウウラボシシジミ」です。
裏翅の模様は、足立区生物園ほかで域外保全している
「ツシマウラボシシジミ」に近似しています。
a0126632_1535145.jpg

しかし、ツシマは雄個体の表翅が青く輝く模様がありますが、
リュウキュウの雄にはありません。
a0126632_15345376.jpg

リュウキュウウラボシシジミもタイワンヒメシジミほどではあり
ませんが、ヤマトシジミより一回り小さくとっても可愛い蝶です。
a0126632_15423560.jpg

「クロマダラソテツシジミ」は、石垣島でも、西表島でも個体数が
多く蘇鉄以外の葉に誤産卵している低温期型の雌が観察出来ました。
a0126632_1546212.jpg

「ホリイコシジミ」もとても小さい蝶で、タイワンヒメシジミとそ
の小ささで遜色ありません。
八重山諸島のシジミチョウの小ささ比べをすると
ヤマト>リュウキュウウラボシ>ヒメシルビア>ホリイコ≧タイワンヒメ
という感じです。
a0126632_15545648.jpg

タイワンヒメシジミの生息している草原に戻って観察していると
雄が雌に強引に求愛してきました。
a0126632_15551072.jpg

雌も逃げないので、満更ではなさそうです。雄がしきりに前脚で
言い寄っています。
a0126632_15591053.jpg

15分くらい求愛行動を観察していると無事交尾が成立しました。
a0126632_1631477.jpg

その後、交尾の時間は約20分程度でした。
a0126632_165119.jpg

今回は、日本最大のチョウ「オオゴマダラ」の交尾も観察出来ま
した。
a0126632_1661999.jpg

オオゴマダラも西表島のタイワンウオクサギの花に吸蜜に集まっ
ていました。
左から
ヒメアサギマダラ?(花の裏側なので判別困難)、オオゴマダラ、
キチョウ(多分タイワンキチョウ)、アオスジアゲハ×2、
ナミエシロチョウ雄?
とゴージャスな吸蜜シーンです。

        in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
by himeoo27 | 2015-12-13 21:30 | シジミチョウ | Comments(24)


企画展 「チョウが消えてゆく」 12月8日~13日 新宿御苑

企画展閉幕までこのブログをトップに掲載します。
それまでの間、最新のブログは↓に掲載します。
a0126632_11591722.jpg

今年も12月8日~13日に新宿御苑インフォメーションセンター1F
(新宿門左側)のアートギャラリーで企画展「チョウが消えてゆく」
が開催されます。
私も以下の作品の中から1点出展していました。どの作品を出展し
たかは新宿御苑で確認いただければ幸いです。
a0126632_129248.jpg

①与那国島の「シロミスジ舞う」
a0126632_1295542.jpg

②長野県の「高原に舞うウラギンヒョウモン」
a0126632_12113972.jpg

③群馬県の「ヤマキマダラヒカゲ&ウラギンヒョウモン比色の舞い」
a0126632_1213090.jpg

④長野県の「吸蜜するコヒオドシ」
a0126632_12135557.jpg

⑤埼玉県の「曼殊沙華に舞うジャコウアゲハ」
**********************************
1.企画展 「チョウが消えてゆく」 12月8日~13日 新宿御苑

 毎年恒例として行ってきました、新宿御苑(東京都新宿区)での企画展を、
今年度も下記の日程で開催します。
会員による見応えある生態写真や絵などの展示のほか、チョウ類の現状と保全
に関するパネル展示、
チョウに関連した展示物や、ミニ講演会なども行います。
新宿駅のすぐ近くですので、ぜひご来場ください。

○日時:2015年12月8日~13日(火~日) 9:00 ~ 16:30
                 (最終日は15:00まで)
○会場:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)
    ・アートギャラリー
https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/3_event/201512.html

    入場無料/JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10 分

○ミニ講演会:12 ~ 13 日(土・日)に開催
 12 日(土) 1 回目 11:00 ~ 11:30 2 回目 13:00 ~ 13:30 
        3 回目 15:00 ~ 15:30
 13 日(日) 1 回目 11:00 ~ 11:30 2 回目 13:30 ~ 14:00
 
 ミニ講演会の内容:
※12日(土)
1回目 11:00 ~ 11:30
 「絶滅の危機にあるチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会)
2回目 13:00 ~ 13:30
 「日本の里山の原風景を見る~極東ロシアの自然と動植物~」 
                      永幡嘉之(自然写真家)
3回目 15:00 ~ 15:30
 「チョウの知識 ウソ・ホント」 井上A.尚(農業生物資源研究所研究員)

※13日(日)
1回目 11:00 ~ 11:30
 「絶滅の危機にあるチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会)
2回目 13:30 ~ 14:00
 「日本の里山の原風景を見る~極東ロシアの自然と動植物~」
                       永幡嘉之(自然写真家)
by himeoo27 | 2015-12-13 16:30 | チョウ全般 | Comments(26)


華麗なシロチョウたち&渋いシロチョウin2015.11.20~23八重山諸島③とおまけ

a0126632_16532274.jpg

勝手に日本最美麗シロチョウと呼んでいる「タイワンシロチョウ」
に今回は西表島で数頭出逢えました。
a0126632_16543734.jpg

特に雄は、裏翅も表翅も色合いも、模様も絶品だと思います。
a0126632_16564790.jpg

a0126632_1656557.jpg

雌は、初見、初撮りですが、雄と比べるとやや落ち着いた色合いが
綺麗です。
a0126632_170239.jpg

石垣島では「ウスキシロチョウ」低温期型は、個体数も多く
a0126632_1705682.jpg

雄↑↑(多分)、雌↑それぞれ撮影叶いました。
a0126632_1774835.jpg

石垣島の北端付近で、翅が真っ白で、先が尖っているシロチョウが
飛んでいました。
a0126632_1774055.jpg

未撮カワカミシロチョウでは?!と追いかけて沢山撮影しました。
ゆっくり図鑑と比べると低温期型の「ナミエシロチョウ」雄でした
(笑)。純白な、その姿は何とも言えない気品を感じますね!
a0126632_17134717.jpg

「ナミエシロチョウ」雌低温期型は、タイワンシロチョウ雌に近似
した柔らかい風合いの素敵なチョウです。
a0126632_17182943.jpg

a0126632_17185086.jpg

30℃前後の暑さの西表島の山中の林道を汗を拭きながら歩いている
と亜熱帯には似つかわしくない暖かい感じのチョウが飛んでいます。
a0126632_1723269.jpg

吸蜜をはじめたので、そっと近づいて撮影すると・・・・・・・
な!何と秋型の「ツマグロキチョウ」でした。台湾の山中から飛来
したのかな?
         in2015.11.20~23八重山諸島つづく
*********************************
おまけ
本日、自宅のベランダに「ウラナミシジミ」を呼ぶ為に植えていた
「フジマメ」の枯葉や蔓を片付けていると
a0126632_17312610.jpg

懐かしい甲虫がプランターの縁に止まっていました。
a0126632_1733053.jpg

a0126632_17331666.jpg

子供の頃良く遊んでもらった「ウバタマムシ」です。
接写しようと近づくとトコトコ歩いてバケツの取っ手に止まって
ポーズをとってくれました。
燻し銀のような渋い色合いは、ヤマトタマムシとは全く違う風合
いですが、私としてはとってもお気に入りです。
今シーズン、フジマメにウラナミシジミは来てくれませんでした
が、代わりにウバタマムシ君がお詫びに訪問してくれたのかな?
         in2015.12.05自宅のベランダ
by himeoo27 | 2015-12-05 17:45 | 昆虫一般 | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 05:08
いつも最新の生態写真は素..
by 武ちゃん at 21:57
今年はスジボソヤマキ1度..
by naoggio at 16:15
ミヤマモンキチョウって翅..
by uke-en at 10:05
スジボソヤマキチョウ♂の..
by 22wn3288 at 08:17
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:30
スジボソヤマキチョウ、 ..
by Sippo5655 at 22:13
霧島緑 様 私は、暑い..
by himeoo27 at 13:50
uke-en 様 3~..
by himeoo27 at 13:37
だんちょう 様 この場..
by himeoo27 at 13:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧