ヒメオオの寄り道


<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



中信~東信の昆虫たち in2015.07.11&20

a0126632_1054510.jpg

中信~東信遠征で探してみたのが「コヒョウモンモドキ」
です。
a0126632_1071651.jpg
a0126632_1072783.jpg

数カ所のポイントを探し回りましたが、結局見つけたのは
駐車場にいたこの1頭だけでした。
そ・・・それも・・・・採取者のすぐ近くで!
慌てて、ワザと、ドタバタ追いかけて(いつものことか)
草むらに逃がしてあげました(笑)。
a0126632_1012865.jpg

a0126632_10122036.jpg

ミヤマシロチョウの保護地にいたのは「コヒョウモン」か
な?ヒョウモンチョウと良く似ているので判別に自信あり
ません。
a0126632_1014822.jpg

実はオオセンチコガネなどの糞虫を探したものの見つからず
出逢えたのは「クロアシナガコガネ」?でした。スラリと伸
びた長い脚が、チャームポイントです。
a0126632_1016397.jpg

この蝉は「コエゾゼミ」でしょうか?花の上で休憩です。
a0126632_10175015.jpg

「ウラギンヒョウモン」を「ヤマキマダラヒカゲ?」が追い
かけています。誤求愛か、テリ張りによる追い出し、どちら
でしょうか?模様が違うチョウなので、面白いシーンになり
ました。
a0126632_10205433.jpg
a0126632_1021468.jpg

「ヒメキマダラセセリ」は比較的多く観察できました。
上の写真「蜜盗み」という感じで、受粉を避けて花の横から
吸蜜していました。小さなセセリチョウ考えましたね!
a0126632_10234578.jpg

昼行性の「ベニモンマダラ」は草原環境では鮮やかに目立っ
ていました。
a0126632_1027882.jpg

「カラスシジミ」は、コヒョウモンモドキと並んで出逢いた
かったチョウの1種です。最後の最後に接写叶いました。

            in2015.07.11&20終わり
by himeoo27 | 2015-07-25 10:33 | 昆虫一般 | Comments(32)


東信地方のシロチョウ類 in2015.07.19①

群馬県のbuttfflowさん、Hさんと
昨日、東信地方の高地に出かけてきました。
麓で地元のMさんと合流していざ出陣です。
a0126632_10133313.jpg
a0126632_10134248.jpg

今年は「ミヤマシロチョウ」は少ないと聞いていましたが、
ポイントについても全く見つかりません。
しばらく探していると
banyan」さん、「cactuss」さん、宇都宮の「oo」さん、
霧島緑」さん、東京の「S」さん等々そうそうたる皆さん
と一緒に颯爽と雄個体が登場です。
a0126632_1022485.jpg

Mさんに「ミヤマシロチョウの蛹がみたいですね!」と我儘
言うと、しばらく探して見つけてくれました。
独特な色合いが素敵でした。
a0126632_10295022.jpg

a0126632_10295741.jpg

「この奥で産卵してますよ」と教えていただいて飛んで行くと
運良く卵を産む瞬間を写せました。
a0126632_10333853.jpg
a0126632_10334783.jpg

産卵した雌は、ゆっくり吸蜜した後飛び去ってしまいました。

a0126632_10384175.jpg
a0126632_10384994.jpg

この山系でミヤマシロチョウとセットのシロチョウというと
「ミヤマモンキチョウ」です。ポイントにつくと雨雲が下り
てきたので、ほとんど飛ばず望遠レンズで証拠写真を撮るの
が精いっぱいでした。またまた地元のMさんが卵を見つけて
くれました。小さな卵で、産卵中の光景も観察していないの
に良く見つけたものと吃驚しました。

a0126632_10501040.jpg
a0126632_10502113.jpg
a0126632_10503088.jpg

麓におりると、雨が降っていなかったので、
「ヒメシロチョウ」の草原に立ち寄ってみました。
最初は、盛んに舞っていましたが陽が傾くとともに花の上で
休憩してくれました。

                 in2015.07.19続く
by himeoo27 | 2015-07-20 11:04 | シロチョウ | Comments(32)


中信高原のチョウたち in2015.07.11②

a0126632_12503064.jpg
a0126632_12503989.jpg

MIYAKOUTAさんの案内で、湿原の木道を歩いて
林の中の薄暗い木陰に入ると颯爽と「ウラジャノメ」
が登場しました。
a0126632_12531251.jpg

そのうち一頭が葉の上に止まった個体が半開翅しました。
裏翅のアースカラーの模様が素敵ですね!
a0126632_12574031.jpg

a0126632_12575273.jpg

「フィールドガイド日本のチョウ」プロジェクト
と同じように裏翅と表翅を撮影してみました(笑)。
a0126632_1342232.jpg

ひなたに出ると愛らしい「ヒメキマダラセセリ」が
熱心に吸蜜しています。
a0126632_1382355.jpg

乾燥した稜線に咲くアザミの花に
新鮮な「モンキチョウ」がやってきました。
a0126632_13143125.jpg

a0126632_13144237.jpg

今回、乾燥した高原で、一番目立ったのは
「ウラギンヒョウモン」です。
仲良く集まって、賑やかに舞っていました。
a0126632_1319396.jpg
a0126632_13194668.jpg
a0126632_13195420.jpg

湿原の周辺で鮮やかなオレンジ色の蝶は、
「ヒョウモンチョウ」かな?
ウラギンヒョウモンより小さく愛らしく感じました。

             in2015.07.11終わり
by himeoo27 | 2015-07-18 13:30 | チョウ全般 | Comments(16)


三度目の正直(中信のアサマシジミ)& 我が家のヤゴ

a0126632_12493536.jpg

昨年先週に続き中信の高原に「アサマシジミ」
に出逢いに出かけてきました。
***********************
その話の前に
a0126632_1255360.jpg

      in2015.07.09自宅
a0126632_12551476.jpg

in2015.07.12さいたま市内
我が家で飼育していた「ヤゴ」が、昨日無事羽化
しました。「アオモンイトトンボ」雌の未成熟個
体のように感じます。さすがに肉食のこの子を飼
育するわけにいかず泣く泣く近くのビオトープに
放してきました。
鍵コメ1さんのご指摘によると「アジアイトトンボ」
のようです。鍵コメ1さん有難うございます。
************************
話を7月11日の中信の高原に戻して
a0126632_1332258.jpg

まず見つけたのは「ヒメシジミ」です。この個体は
雌でしょうか?
a0126632_1355462.jpg

「アサマシジミ」は、第一ポイントでは3時間以上探
し回ったものの見つかりませんでしたが、
第二ポイントでは撮影者が集まっていたので、すぐに
出逢えました。3回目の挑戦でやっと出逢えたので、
嬉しさ3倍増です(笑)。
a0126632_13311013.jpg

a0126632_13312066.jpg
a0126632_13313084.jpg
a0126632_13314235.jpg

すぐに止まってくれますが、翅を開いてくれないので
やむなく魚眼レンズで飛翔シーンを撮影してみました。
a0126632_13354583.jpg

そうこうすると「ヒメシジミ」雄が、追尾するシーン
も見られました。
a0126632_13403466.jpg

日陰にすると開くのではと影を作ると少しずつ開いて
a0126632_13425316.jpg

全開となりました。
in2015.07.12中信の高原

現地でお逢いした
MIYAKOUTA」さん、「sippo」さん、「parnassus」さん、
ほか皆さんお世話になりました。
by himeoo27 | 2015-07-12 13:59 | 昆虫一般 | Comments(30)


蝶がいないと甲虫探し in中信&西表島

昨日Aシジミを探しに中信地方の高原に出かけてきました。
中信地方は、降雨は殆どありませんが、曇天で風が強く、
体感気温がとても寒く感じ、残念ながら飛んでいる蝶は見
つかりません。
a0126632_11431354.jpg
a0126632_11432114.jpg

探し回って見つけたのは「アオオサムシ」でしょうか?
落ち着いた金属光沢が素晴らしいですね!
       in2015.07.04中信の高原
***************************
オサムシの仲間と同じように地面を歩き回っているのは
ハンミョウの仲間でしょう
a0126632_11534767.jpg

a0126632_11535931.jpg

「ヒメヤツボシハンミョウ」は八重山諸島以南の山中の
渓流沿いに生息している小さな美麗種です。
a0126632_1252435.jpg

「タイワンヤツボシハンミョウ」はハンミョウの仲間で
は大型です。2002年西表島に記録され、その後同島内で
広まっています。
a0126632_12131011.jpg

準絶滅危惧種の「ヤエヤマクビナガハンミョウ」は、裸地
ではなく、八重山諸島の森林の葉の上に生息しています。
形状的にはハンミョウの仲間とは思えぬほど首が長いです。
       in2015.05.03~04西表島
***************************
ヤエヤマクビナガハンミョウと同じように、他の仲間と異な
り葉の上に生息しているシデムシは
a0126632_1223888.jpg
a0126632_12231622.jpg

「ヨツボシヒラタシデムシ」です。緑の葉の上にいるととて
も目立ちました。
a0126632_12281481.jpg
a0126632_12282186.jpg

通常のテントウムシやナナホシテントウより一回り大きいの
で、きっと珍品のオオテントウの仲間?と思って撮影しまし
た。図鑑やHPで調べてみると大柄の「ウンモンテントウ」
のようです(笑)。
a0126632_12334975.jpg

「シロオビホソナガタマムシ」と思われるこの子は、細長い
のでウンモンテントウと異なり小さく感じました。
a0126632_12364495.jpg

昨日、唯一中信の高原で撮影した蝶は寒さに震えながら止ま
っていた「ウラギンヒョウモン」です。もう少し接写しよう
と準備する為に、目を離した隙に見失ってしまいました(涙)。

       in2015.07.04中信の高原
by himeoo27 | 2015-07-05 12:45 | 甲虫全般 | Comments(30)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 21:56
お庭でウラナミシジミに会..
by Sippo5655 at 22:49
拙宅庭にはハギなどマメ科..
by fanseab at 22:01
マメ科好きなウラナミシジ..
by 椿の茶屋 at 18:00
秋になり、表翅の色合いの..
by yurinBD at 10:52
ご自宅に植えられたマメ科..
by ダンダラ at 09:53
ウラナミシジミ 今年は未..
by 22wn3288 at 09:09
我が家ではウラナミシジミ..
by uke-en at 08:24
こんばんは。 ご自宅に..
by MIYAKOUTA5040 at 22:53
武ちゃん 様 コメント..
by himeoo27 at 18:13
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧