ヒメオオの寄り道


<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧



ゼフィルスとフクロウの森2015

a0126632_18264442.jpg

banyanさんのブログや、見沼区のIさんの情報より
ゼフィルスとフクロウの森に「ミドリシジミ」が、
発生しているとのことで本日出かけてきました。
a0126632_18303655.jpg

まずは先週撮りそこなった「ミズイロオナガシジミ」
の飛翔シーンのリベンジです。
a0126632_1832428.jpg
a0126632_18321249.jpg

何度か挑戦してなんとか2コマだけ表翅を写すことが
叶いました。
a0126632_18351890.jpg

今日の出逢いの中で一番嬉しかったのは前翅、後翅とも
に翅中央部に半透明な広い部分を持ち、全体の雰囲気が
珍妙な「スカシカギバ」です。
a0126632_18403574.jpg

この森では今年も「フクロウ」の子供を観察することが
叶いました。
a0126632_18435958.jpg
a0126632_18447100.jpg

昨年の同時期、蛹を観察したすぐ近くに
新鮮な「ヒオドシチョウ」が止まっていました。少し驚か
すと綺麗な表翅を少し見せて空高く舞い上がりました。
a0126632_1849030.jpg

透かし翅ならチョウにもいるよ!と「イチモンジチョウ」
も挨拶してくれました。
a0126632_18525292.jpg

「ミドリシジミ」は、逆光で撮影しても縁毛の煌めきが
良いですね!
a0126632_18564486.jpg

しばらく観察していると少しづつ翅を開いて
a0126632_18574443.jpg

半開翅そして最後に1コマ目の全開翅を披露してくれました。

本日は現地でお逢いしたmaximiechanさん、蝶撮の皆さん
お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

           in2015.05.30さいたま市内
by himeoo27 | 2015-05-30 19:05 | 自然観察全般 | Comments(46)


裏波赤&瑠璃飛翔(ゼフィルス3種登場)

a0126632_10255992.jpg

埼玉県内でもアカシジミ、ウラナミアカシジミなどのゼフィルス
類が登場したとのことで、昨日5月23日埼玉県南部のゼフィルス
の林に出かけてきました。
a0126632_10283310.jpg

ポイントについて、まず出迎えてくれたのは「アカシジミ」です。
a0126632_10301100.jpg

アカシジミはお腹が減っていたのか、この花でも
a0126632_10312720.jpg

栗の花でも吸蜜に来てくれました。
a0126632_10325682.jpg

栗の花には「ウラナミアカシジミ」も熱心に吸蜜していました。
a0126632_1034414.jpg

ウラナミシジミは発生ピークのようで綺麗な個体が多く感じまし
た。
a0126632_10355161.jpg

飛翔シーンを撮ろうとそっと魚眼レンズを近づけると、逆にレン
ズ乗ったので、この個体は写せませんでした(笑)。
a0126632_10394238.jpg

何度か、魚眼レンズで飛翔シーン撮影にチャレンジして、最初の
コマと、このコマに何とか表翅が写っていました。
a0126632_10424148.jpg

アカシジミ、ウラナミアカシジミが吸蜜していた栗の花に
「ミズイロオナガシジミ」も登場です。
ここでミズイロオナガシジミが発生しているのなら「さい
たま市内」のゼフィルスの森では沢山出ているのでは移動
しました。
a0126632_10495273.jpg

予想どおりゼフィルスの森で新鮮な「ミズイロオナガシジミ」
が数が少ないものの発生していました。飛翔シーン撮影にもチ
ャレンジしてみましたが完敗でした(涙)。
a0126632_10561558.jpg

そのすぐ近くに新鮮な「ルリシジミ」が止まっていました。
a0126632_10572851.jpg

こちらはタイミングが上手く合って飛翔シーンを写すことが、
叶いました。

現地でお逢いした見沼区のIさん、東京のMさん、banyanさん
お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

          in2015.05.23埼玉県南部
       
by himeoo27 | 2015-05-24 11:04 | シジミチョウ | Comments(30)


白緑色のステンドグラスほか in2015.05.16

a0126632_1137385.jpg

白緑色のステンドグラスのような「ミカドアゲハ」に逢いに
風の翅のkazenohane さん、
おやじのチョウの観察日誌 華蝶の夢のMIYAKOUTAさん
にお願いして昨日愛知県に遠征してきました。

現地の近くの駅で蝶・旅の友の22wn3288さんも合流
され賑やかな探チョウ行となりました。
a0126632_11494036.jpg

ポイントについてすぐに登場したのは、吸水にやってきた
「モンキアゲハ」です。
a0126632_11564534.jpg

a0126632_11565499.jpg

モンキアゲハはサービス満点で、その後花々に吸蜜にきて
くれました。

a0126632_1236599.jpg

しばらくすると本命の「ミカドアゲハ」登場です。写真を
撮ろうとすると落ち着かずすぐに舞い上がりました。

a0126632_1238318.jpg

大きなモンキアゲハより更に一回り大きな豪華な蝶が登場
しました。憧れの「ナガサキアゲハ」メスです。白帯の小
さな本州型ですが、痛みの比較的少ない個体でした。

a0126632_12414740.jpg

吸水ポイントにミカドアゲハが降りていないかな?と探すと
白緑色ではなく、水色のステンドグラス「アオスジアゲハ」
が舞い降りてくれました。

a0126632_12441547.jpg

花畑に戻ると再び「ミカドアゲハ」が舞い降りてきました。
そこへ「モンシロチョウ」がやって
a0126632_124626100.jpg

「そこは僕の場所」とミカドアゲハを追い払ってしまいまし
た(笑)。

a0126632_12475439.jpg
a0126632_1248217.jpg

モンシロチョウに追い払われた「ミカドアゲハ」は舞い上が
り、柿の樹の花で吸蜜した後、飛び去ってしまいました。

         in2015.05.16 愛知県にて

今回の撮影行を計画されたkazenohane さん、MIYAKOUTAさん
同行された22wn3288さん、
現地でお逢いした皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2015-05-17 12:59 | アゲハチョウ | Comments(26)


リュウキュウウラボシ産卵撮れず

a0126632_1485332.jpg

琉球列島に生息する「リュウキュウウラボシシジミ」は、
対馬のツシマウラボシシジミと並んで裏翅の白地に黒色の
大きな点を持つ小さなシジミチョウの仲間です。この蝶の
卵を探すことも今回の目的の1つとしていました・・・

リュウキュウウラボシシジミは個体数が少なく、林道を歩
き回って探します。
a0126632_14383534.jpg

一昨年出逢えたA林道では、結局1頭も見ることができず
近似種で数の多い「タイワンクロボシシジミ」や
a0126632_14161683.jpg

飛べない「クロカタゾウムシ」と出逢えたくらいでした。

実績のあるというB林道も2時間近く歩いて探しましたが
a0126632_1423125.jpg

「捕食中の目の綺麗なアブ」や
a0126632_14255711.jpg

八重山亜種の「スジシロカミキリ」
a0126632_1428628.jpg

「ミナミハネナガヒシバッタ」等々の昆虫類に出逢えたも
ののリュウキュウウラボシは見ることも叶いませんでした。

C岳は「シロオビヒカゲ」のポイントとのことで、暗い森
の中を探してみました。すると白&黒の小さな蝶が低く、
ゆっくり飛んでいます。
a0126632_1431554.jpg

タイワンクロボシシジミにしては飛び方が違うので魚眼レ
ンズで連写して確認すると証拠写真程度ですが「リュウキ
ュウウラボシ」が写っていました。
a0126632_14485390.jpg

しばらく連写しているとゆっくり止まる個体もいました。
この場所で出逢うことを想定してなかったので、嬉しかっ
たです。

D林道は、最も可能性の高い場所なので3時間程度丹念に
探してみました。
a0126632_1454455.jpg

a0126632_14545453.jpg

入野さんが見つけてくれたのは強い青緑色の金属光沢に煌
めく「オオミドリサルハムシ」です。蝶とは違う魅力を持つ
甲虫ですね!
a0126632_1581824.jpg

小さな蝶にレンズを向けているカメラマンがいました。その
先にいたのは少し翅を開いた「リュウキュウウラボシ」です。
a0126632_15152492.jpg

リュウキュウウラボシの産卵シーンは、さすがに観察できま
せんでしたが、吸蜜シーンや、飛翔シーンも撮れ大満足の撮
影行となりました。

      in2015.05.02~05西表島&石垣島つづく
by himeoo27 | 2015-05-11 21:04 | 昆虫一般 | Comments(28)


シロオビヒカゲの表翅とタイワンキマダラの舞い他

「シロオビヒカゲ」は、暗がりに生息していて俊敏な
チョウです。また飛んでいる時しか翅を開かないので
表翅の写真は、殆ど見たことがありません。
無謀にも表翅の写真を撮ろうと、入野さんに頼んで、
まず探してもらいました。
a0126632_10437100.jpg

まずは新鮮な「シロオビヒカゲ雄」です。雄は特に素
早く表翅の撮影は手も足もでませんでした(涙)。
それにしても、裏翅の模様は素敵ですね!
(負け惜しみ)
a0126632_10113228.jpg

シロオビヒカゲを探していると大きなヤドカリが歩い
ています。以前与那国島で出逢ったオカヤドカリと異
なり「ムラサキヤドカリ」のようです。密林には色々
な動物が生息しているものです。
a0126632_10183382.jpg

数カ所のシロオビヒカゲのポイントを探している時に
リュウキュウウラボシシジミの新ポイントを見つける
という偶然もありましたが、この話題は後日改めて掲
載します。
更に探し回ると「シロオビヒカゲ雌」がやっと見つか
りました。この裏翅も雄同様に素晴しいです。
a0126632_10223050.jpg

何度かチャレンジして、
な!なんと!偶然シロオビヒカゲ雌の表翅の写真が撮れ
ました。本当は写せるとは思っていなかったので、とて
も嬉しかったです。

a0126632_10251062.jpg

「タイワンキマダラ」の表翅の色合いは、とってもエキ
ゾチックです。このチョウを見ると八重山諸島に訪問し
たと実感します。
a0126632_10303654.jpg

シロオビヒカゲと比べると明るい林縁部を好みます。
また緑を背景に舞う黄~橙色の蝶は、とっても綺麗です。
時に群れて舞うことがありますが、近づくとすぐに散ら
ばってしまいました(涙)。
a0126632_10331959.jpg

今回タイワンキマダラを撮影したのは、河口に近い海岸
沿いの場所です。マングローブの幼木が砂浜にポツポツ
生えていました。
a0126632_1038636.jpg

タイワンキマダラは、裏翅の模様も味わい深いチョウです。
a0126632_10394443.jpg
a0126632_1039552.jpg

生息地を歩き回るとフレンドリーな個体が、近くで舞って
くれたので魚眼レンズで飛翔シーンにもチャレンジしてみ
ました。飛んでいる姿も素敵ですね!

a0126632_10424339.jpg

下流では珍トンボ上流ではアサヒナキマダラセセリが見
られる渓流を歩いていると・・・・・・
尾部に4㎜程度の長い毛を持つ「珍妙な昆虫」が、葉の上に
止まっていました。名前がサッパリわかりません、ご存知の
方ぜひ教えてください。
*******************************************
沖縄昆虫図鑑第7巻p50掲載の「アオバハゴロモ幼虫」が、
一番近似しているようです。いずれにしても半翅目のハゴロモ
の仲間の幼虫かな?
a0126632_10493755.jpg

珍トンボも、アサヒナキマダラセセリも見つけられず樹上を
見ると「コノハチョウ」が翅を開いて慰めてくれました。

      in2015.05.02~05西表島&石垣島
by himeoo27 | 2015-05-09 10:59 | タテハチョウ | Comments(27)


八重山諸島のセセリチョウ in2015.05.02~05①

a0126632_1420460.jpg

八重山諸島で出逢いたいセセリチョウの筆頭が、
この「テツイロビロードセセリ」です。
痛みが多少あっても、この裏翅の独特の色合いが、
何とも言えず素敵ですね!
a0126632_14213153.jpg

生息地は、長靴でないと探索困難な西表島の低湿地帯
です。さらに撮影が難しいのは薄暗い夕方か、早朝を
中心に活動することです。まず、1頭見つけたものの
活発に飛びまわって止まってくれません。
a0126632_14255413.jpg

成虫撮影はとりあえず諦めて、幼虫探しをすると、
まず「若齢幼虫」
a0126632_1426456.jpg

次に「中齢幼虫」が見つかりました。
終齢幼虫ほど存在感は少ないものの面白い模様ですね!
a0126632_14275515.jpg

a0126632_1428540.jpg

食草の新芽をめがけて傷んだ雌個体が飛来してきました。
この蝶の表翅撮影は、次回掲載予定の「シロオビヒカゲ」
と並んで難関種なので、とっても感激です!
a0126632_14311380.jpg

産卵しているようです。
a0126632_14323788.jpg

飛び去った後探してみると今回は1個の卵を見つけることが
叶いました。

a0126632_14335628.jpg

今回の八重山諸島は、セセリチョウの仲間は特に少なく、
その中でも比較的見かけたのはこの「クロボシセセリ」と
a0126632_14352743.jpg

「クロセセリ」くらいでした。

a0126632_14361135.jpg

5月の八重山諸島のセセリチョウというと、
やはり「アサヒナキマダラセセリ」だと思います。
西表島の「古見岳」↑や、石垣島の於茂登岳の山頂付近に生え
ているリュウキュウチクを食草にしています。於茂登岳では
数年前に展望を良くする為に学校のボランティア活動の中で、
生息地のリュウキュウチクを綺麗に伐採したそうです。
a0126632_1446127.jpg

今回はなかなか見つからないので、伐採の影響を心配しました。
諦めかけた時、たった1頭だけですが挨拶にやってきてくれま
した。発生初期で個体数が少ないだけなら良いのですが?
石垣島の学校の先生や、指導者の皆さんアサヒナキマダラセセリ
の幼虫にも優しいボランティア活動よろしくお願いいたします。

        in2015.05.02~05石垣島&西表島つづく
by himeoo27 | 2015-05-06 15:04 | セセリチョウ | Comments(30)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
椿の茶屋 様 最低気温..
by himeoo27 at 21:10
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧