ヒメオオの寄り道


<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧



モンキチョウ雌も舞い出す

a0126632_200224.jpg

本日朝起きると
「ベランダのスミレの葉にツマグロヒョウモン幼虫がいるよ!」
と妻が言うので見てみると
a0126632_202532.jpg

中型の「ツマグロヒョウモン」幼虫がムシャムシャ我が家の
スミレの葉を食べています。
もう一二度脱皮すると終齢幼虫かな?
a0126632_2053521.jpg

ちょっとゆっくり家を出て、バスに乗って「見沼田んぼ」の鴨の
池の廻りを探索してみました。
a0126632_208182.jpg

まず見つけたのは「コガタルリハムシ」かな?ナナホシテントウ
とこの子は寒さに強いですね!
a0126632_20155128.jpg

越冬中の「ウラギンシジミ」Ⅲは直ぐに見つかりました。しかし
先週撮影出来たウラギンシジミⅠは、また見失いました(涙)。
長い越冬明けが近いのに残念です。
a0126632_20202840.jpg
a0126632_20203656.jpg

先週居たので今日は容易に見つかると思っていた「モンキチョウ」
探しですが、先週以上に苦戦しました。
見つけたのは探し始めて1.5時間後でした。とは言え白雌だったの
で、これはこれで嬉しかったです。

          in2015.02.28 見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-02-28 20:26 | チョウ全般 | Comments(36)


新蝶と越冬蝶 in2015.02.21見沼田んぼ

a0126632_19154075.jpg

見沼区のiさんから「見沼田んぼでもモンキチョウ登場」と
メールがきたので
a0126632_19404816.jpg

「越冬ウラギンシジミ」探しと併せて見沼田んぼに出かけ
てきました。
a0126632_19421985.jpg

まず見つけたのは「越冬ウラギンシジミⅠ」です。
12/31見つけたときよりもかなり翅が痛んでいました。
a0126632_19484555.jpg
a0126632_19485524.jpg

次に見つけたのは「越冬ウラギンシジミⅢ」です。
こちらは、比較的翅の痛みが少なかったです。
2頭ともこのまま越冬して欲しいです。
a0126632_19531067.jpg

しばらくiさんから教えて貰ったポイントを探すものの
「モンキチョウ」は、風が強く冷たいので中々見つけ
られません。
諦めかけたところ1頭舞い出てくれました。
a0126632_19571229.jpg

しかし、人見知りする個体なのか止まってくれません。
何度か追いかけっこしてやっと撮らしてくれました。
a0126632_19585247.jpg

a0126632_1959223.jpg

それでは飛翔撮影とばかり魚眼レンズで狙ってみたもの
の・・・・・飛び去って、見失ってしまいました(涙)。

               in2015.02.21見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-02-21 20:02 | チョウ全般 | Comments(18)


ウラナミシジミ&ムラサキシジミほか in2015.01.17~02.07

a0126632_1542031.jpg

昨年11月23日より羽化した「ウラナミシジミ」無事大部分
新年を迎えましたが、残念ながら1月17日に最後に生き残っ
ていた2頭が★になりました。確認出来た★の翅の状況は、
左のように表翅×2、右のように裏翅×4と裏翅の方が多かっ
たです。
******************************
越冬中のムラサキシジミ探しに1/24に埼玉県中部の公園に出
かけてきました。
a0126632_1518789.jpg

まず出逢ったのは「アオサギ」です。ナルシストなのか自分
の顔を水面に写していました。
a0126632_15235546.jpg

水鳥というと鴨も多く「コガモ」?も羽ばたいていました。
a0126632_15262593.jpg

「ムラサキシジミ」は12/301/21/11と同じ場所に越冬
していました。
******************************
1/31再び越冬中のムラサキシジミ探しにに埼玉県中部の公園
に出かけてきました。
a0126632_15381140.jpg

流石に5回目なので、直ぐに見つかりました。それにしても裏
翅の模様が枯葉ソックリですね!
a0126632_15405690.jpg

他の昆虫はいないかと探してみると「クサギカメムシ」?が、
公園のセンターの壁に止まっていました。
******************************
2/7見沼田んぼでも越冬ムラサキシジミを探してみました。
a0126632_15441751.jpg

見つかったのは、お化け!いやいや「百舌鳥のハヤニエ」の
カエルでした。
a0126632_1544507.jpg

a0126632_1545165.jpg

越冬ムラサキシジミが見つからないので鴨の池を覗いてみる
と「オオバン」「ヒドリガモ」「オナガガモ」などが元気に
泳いでいました。

          in2015.01.17~02.07埼玉県
by himeoo27 | 2015-02-15 20:55 | 自然観察全般 | Comments(18)


<第11回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>

2015年2月15日までこの記事をトップに掲載します。
最近の記事は、この記事の下に掲載します。

****************************

<第11回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>

 チョウや生物多様性の現状と保全に関するイベント、
「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の要領で開催
しますので、ご案内いたします。
 どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ち
しております。
a0126632_8535947.jpg

               ヒョウモンモドキ 広島県内

 2015年2月14~15日 
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
           http://nyc.niye.go.jp/

2/14(土)  会場:研修室311(センター棟3階)

 13:30~    チョウ類の保全を考える集い 受付開始

 14:00~14:15  開会 代表理事あいさつ 諸注意

 14:15~14:45  チョウの民俗学  今井 彰
(蝶の民俗館)

 14:45~17:45  ~チョウ類保全の方向と可能性を考える~
a0126632_859020.jpg

                 チャマダラセセリ 茨城県

話題提供
 ・チョウ類の詳細な保全状況と課題、今後の見通し
  ~ヒョウモンモドキ、ヒメチャマダラセセリ、チャマダラセ
  セリを例に~
        中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)ほか
 ・日本の過去の草原環境とは、そしてどの状態への復元を目指
  すべきか
        永幡嘉之(自然写真家)
 ・行政における生物多様性の保全はどこまで可能なのか~絶滅
  危惧種の保全を中心にして~
        三宅悠介(環境省野生生物課希少種保全推進室)

  (16:00~16:20、休憩)

 18:00~20:00  懇親会(同会場内のレストラン「カフェフ
          レンズ」) 会費3,000円


2/15(日)  会場:研修室310(センター棟3階)

 9:30~     受付

 9:45~11:00  チョウ類の状況および保全活動報告
         奈良県御所市におけるギフチョウの保全活動
         宮平絹枝(大和葛城山の自然を大切にする会)

          民間による地域単位での生物多様性保全の仕
         組みづくり
               三輪芳明(ニホンミツバチ協会)

 11:00~12:00 外来の新たなチョウ、ムシャクロツバメシジミ
         の駆除とその後
               間野隆裕(豊田市矢作川研究所)       

 12:00~13:00   昼食
a0126632_8594958.jpg

  ツシマウラボシシジミ 日本チョウ類保全協会 会誌17号より 

 13:00~13:20  活動報告
        保全活動参加体験:ツシマウラボシシジミの飼育
        繁殖活動
         内田秀雄・塩昭夫・田中歌織・永井信・益永葉

 13:20~14:00  庭のチョウプロジェクトとその紹介と進め方
             庭のチョウ類調査に取り組んでみて
      井上晴子

 14:00~15:00  グループワーク

 15:00      閉会

□参加申し込み
 参加費:1,000円
 参加ご希望の方は、人数を把握したいため、なるべく事前のお申し
 込みをお願いします(2月10日締切)。
 なお、当日参加も受け付けます。
 また、14日(土)の終了後、18:00頃~同会場内のレストランにて
 懇親会を開催します(会費3,000円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月8日までにお申し込みをお
 願いいたします。

□会場までの道順
 国立オリンピック記念青少年総合センター
 :東京都渋谷区代々木神園町3-1   TEL03-3469-2525

●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分(急行は停車しないため、
 各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
 都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、
 初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより
 (大型バスの場合) 約2km。
 ※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)
 ので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテル
 があります。
参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。
by himeoo27 | 2015-02-15 08:00 | 自然保護 | Comments(13)


彷徨える越冬ウラギンシジミ in2015.01.24~02.07

ウラギンシジミというと常緑広葉樹の葉裏に爪をたて
固定してじっと越冬しているように考えていましたが
どうも暖かい日には出歩いているようです。

1/24は埼玉県中部の公園に出かけてみると
a0126632_113438.jpg
a0126632_1135045.jpg

葉裏に止まっていたこの子は直ぐに見つかりましたが、
葉の表に止まっていた2頭はいなくなっていました。
どうも先日の悪天候で葉の表から逃げ出したようです。
a0126632_11114116.jpg

ウラギンシジミを探していると樹上に「エナガ」君が、
挨拶してくれました。

1/31再び埼玉県中部の公園に越冬ウラギンシジミ探しに
出かけてみました。
a0126632_11141338.jpg

a0126632_11142515.jpg

chosanpoさんに見つけてもらったのは昆虫の「コミミズク」
幼虫です。これほど小枝に擬態していると自力で見つける
のは目の悪い私には、至難です(涙)。
a0126632_11232558.jpg

野鳥観察で有名なこの公園ではツグミンこと「ツグミ」
a0126632_1124488.jpg

枝先で何か蟲を見つけて大事そうに食べる「コゲラ」
a0126632_11253551.jpg

名前のわりに少々地味な「ベニマシコ」などの野鳥が多く
観察出来ましたが、越冬ウラギンシジミは1頭も見つかり
ませんでした。

2/7見沼区のiさんの情報をもとに見沼田んぼに越冬ウラギン
シジミ探しに出かけてきました。
a0126632_1131520.jpg

a0126632_11311829.jpg

まず出迎えてくれたのは小さな野鳥です。胸が橙色なので
「アトリ」かな?
a0126632_11345070.jpg

a0126632_113522.jpg

iさんによると1/31に2頭見つかったとのことでしたが、2/7
1/12と同じ場所の1頭しか見つかりませんでした。
どうも埼玉県中南部のウラギンシジミは越冬中も彷徨っている
のかな?

          in2015.01.24~02.07埼玉県 つづく  
by himeoo27 | 2015-02-08 11:44 | 自然観察全般 | Comments(12)


冬の日溜り in2015.01.24&31①

先週&今週末続けて冬の生き物探しに埼玉県中部の公園に
出かけてきました。
a0126632_1422184.jpg

日溜りで見つけたのは「ノムラツバメエダシャク」幼虫で
しょうか?こちらを向いてポーズをつけてくれました。
             in2015.01.31
***************************
さすがに、この時期舞っているのは
a0126632_1430434.jpg

色合いもゴージャスで、堂々としているのは雉雄です。
しかしながら、ちょうど顔のあたりに陽を浴びたので、恥
ずかしそうに顔を赤らめたように感じました。
a0126632_14312571.jpg

愛らしいジョウビタキ雌などの野鳥くらいです。
a0126632_14331769.jpg

「キノカワガ」は、今季まだ未見だったので、観察指導員に
教えて貰いました。先日のコムラサキ幼虫と同じように樹皮
にソックリですね!
             in2015.01.24
****************************
a0126632_14406100.jpg

こちらのキノカワガは前の個体と翅の色合い、模様が異なって
います。カメレオンのように樹皮に似せたように感じます。
こちらはchosanpoさんに見つけてもらいました。
             in2015.01.31
****************************
a0126632_14454354.jpg
a0126632_14455665.jpg

冬と活動する蛾というとやはり「冬尺蛾」ですね!
この子はクロテンフユシャクorウスバフユシャク雌かな?
             in2015.01.24続く
****************************
a0126632_14541292.jpg

「クロテンフユシャク」の雄(たぶん?)が見つかりました。
ほぼ同じ場所に居たので以下の冬尺蛾雌3頭もクロテンフユシ
ャクかな?
a0126632_1521546.jpg

最初に見つけたのは産卵を終えたと思われるお腹のへこん雌で
した。
a0126632_153813.jpg

2番目に見つけた個体は、羽化直後なのか丸々しています。
a0126632_155362.jpg
a0126632_1551758.jpg

3番目の子は2番目以上にお腹がふっくらしていたので真上から
写してみました。この個体は紡錘状でやや縦長なので、上記2種
とは別種かもしれません???
いずれにしても翅が退化した冬尺蛾雌を可愛いと思うヒメオオ
です。
             in2015.01.31続く
by himeoo27 | 2015-02-01 15:14 | | Comments(8)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧