ヒメオオの寄り道


<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧



「ぐんま昆虫の森」 in2015.01.18

a0126632_19113086.jpg

花蝶風月のbuttfflowさんから、入賞した上田市のMさんと
一緒に1月18日「ぐんま昆虫の森」に行きませんかとお誘いい
ただき出かけてきました。「表彰式の模様展示の概要
buttfflowさんブログをご覧ください。展示された写真はどれも
力作揃いです、ぜひぐんま昆虫の森でご覧ください。
a0126632_1928920.jpg

「ぐんま昆虫の森」には里山環境も残されています。ボラン
ティア・ガイドにお願いして「コムラサキ幼虫」を見つけて
もらいました。これだけ樹皮に似ていると指さして教えても
らっても目を離すと直ぐに見失ってしまいます(笑)。
a0126632_19313484.jpg

「ぐんま昆虫の森」は昆虫関連の図書が充実した「図書館」
が併設されています。昆虫関連のみでこれだけあるとは!
ビックリです。
a0126632_19334248.jpg

温室に入ってまず見つけたのは「アマミナナフシ幼虫」です。
近づくと威嚇するかのように、体を揺すって踊ることが笑い
を誘います。
a0126632_1937297.jpg
a0126632_19371325.jpg

歩いていると「ツマムラサキマダラ」が舞い出しました。
成虫の蒼金色の表翅、蛹の白銀色の輝きは絶品ですね!
以下、蝶の蛹は図書館の隣の「飼育室」で撮影しました。
a0126632_19392131.jpg
a0126632_19393477.jpg

アサギマダラを更に淡い落ち着いた感じにした「リュウキュウ
アサギマダラ」も飛んでいます。蛹はアサギマダラの蛹に近似
して大きな翡翠のようで綺麗です。
a0126632_19474955.jpg

琉球列島の蝶の王者「オオゴマダラ」は、蝶もゴージャスです
が、蛹は黄金色に輝きます。上記は前蛹と、蛹化直後の蛹です。
a0126632_19511716.jpg

アゲハの仲間ではナガサキアゲハ、シロオビアゲハを飼育して
いました。飼育室を探すと「シロオビアゲハ」紅紋型♀が交尾
していたので撮影しました。
a0126632_19535758.jpg

「イシガケチョウ」は、吸蜜、吸水、交尾何れも翅を開いて行
います。飼育室では羽化直後なのか翅を閉じた個体を撮影する
ことが叶いました。

以上のように、とても楽しい1日を過ごすことが出来ました。
ぐんま昆虫の森の皆さん、buttfflowさん、上田のMさん大変お
世話になりました。

         in2015.01.18ぐんま昆虫の森
by himeoo27 | 2015-01-24 20:00 | 昆虫一般 | Comments(27)


冬に羽ばたく in2014.12.31~2015.01.02

a0126632_16104068.jpg

埼玉県内で、この時期「羽ばたく」というと鴨の仲間です。
「オナガガモ」雌でしょうか?野鳥もこうして見ると綺麗で
すね!        in2014.12.31見沼田んぼ
a0126632_16173380.jpg

「冬羽ばたく」鱗翅目というと冬尺蛾です。キタキチョウの
越冬場所に舞い出てきたのは「クロスジフユエダシャク」雄
かな
a0126632_162139.jpg

見沼区のiさんが見つけてくれたのは「チャバネフユエダシャク」
の雄です。幹に止まっているので自然な感じに撮れました。
a0126632_1624541.jpg

ムラサキシジミの越冬場所付近には「シロオビフユシャク」雄が
止まっていました。白を銀灰色を基調としたモノトーンの模様は
味わい深く、美しく感じました。
            in2015.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_1628296.jpg

冬尺蛾以外で「羽ばたく」昆虫というと「ヒラタアブの仲間」く
らいです。日溜りではとっても元気です。
a0126632_16305719.jpg

見沼田んぼのウラギンシジミの越冬場所の近くに鴨の集まる池が
あります。
a0126632_16332619.jpg

「ヒドリガモ」?かな、集まってお昼寝です。
a0126632_16352222.jpg
a0126632_16353017.jpg

池の中に望遠レンズを向けると池の中で鴨たちが「羽ばたき」です。
前後の写真を撮らなかったので、鴨の種別までは判別出来ませんでし
た(涙)。
冷たい水しぶきなのに動きがあると温もりを感じるから不思議です。
             in2014.12.31見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-01-17 16:44 | 自然観察全般 | Comments(12)


変化あるも3種越冬中 in2015.01.11~12埼玉県

a0126632_19283057.jpg

「ウラナミシジミ」給餌の合間に越冬蝶探しを行ってきました。
a0126632_19313020.jpg

a0126632_19383229.jpg

まず安否確認をおこなったのは「キタキチョウ」です。
居ました!風を防ぐように枯葉がかたまったエノキの幼木で1頭
越冬継続中です。
a0126632_1939669.jpg

他の個体はいないか付近を探してみました。越冬キタキチョウの
エノキの幼木から約10mくらい離れた場所で、野鳥に食べられて
バラバラになったキタキチョウの翅が見つかりました。
a0126632_19522831.jpg

a0126632_1952366.jpg

次に確認したのは「ムラサキシジミ」です。
12/301/2とほぼ同じ場所で直ぐに見つかりました。
昨年ムラサキシジミ、「ムラサキツバメ」、ウラギンシジミの
開翅を観察した場所
を探すとムラサキシジミ1頭舞い出てき
ました。
残念ながら今回は輝く表翅の撮影は叶いませんでした。
a0126632_209380.jpg

2015/01/02とほぼ同じ場所で葉表「ウラギンシジミ1」
a0126632_20115159.jpg

葉表「ウラギンシジミ2」が越冬継続していました。
a0126632_20135182.jpg

今回は、「ウラギンシジミ2」の直ぐ近くの葉裏で「ウラギン
シジミ3」を見つけることが叶いました。
           in2015.01.11埼玉県中部の公園
****************************
a0126632_20162732.jpg

「見沼田んぼ」の「ウラギンシジミ」の越冬状況も確認して
みました。12/31見つけたⅠ、Ⅱの場所は、強い北風で枝が
揺れていて探しにくく、昨日は見つけられませんでした。
くじけず丹念に探すと、少し離れた常緑広葉樹の低木の中で
1頭だけ何とか越冬していました。この個体をⅢと呼ぶこと
にします。
           in2015.01.12見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-01-13 21:18 | チョウ全般 | Comments(14)


5頭越年するも「ウラナミシジミ」in2014.12.27~2015.01.10

a0126632_20493115.jpg

昨年11月23日~12月3日にかけて続々と羽化した
「ウラナミシジミ」の話の続きです。
a0126632_20521578.jpg
a0126632_2052383.jpg
a0126632_20524670.jpg

2014年12月27日の時点で、少し痛みがあるもののまだ5頭
元気でした。
a0126632_20552643.jpg
a0126632_2055409.jpg

2015年1月4日、1頭づつ指先給餌を続けたものの残念ながら
1頭★となり4頭に減ってしまいました。
下の写真は、我が家の窓越しに「さいたま新都心」のビル群と
のツーショットです(笑)。
a0126632_2152296.jpg

2015年1月10日、給餌しようと飼育ケースを見ると残念ながら
2頭も★になっていました。
裏翅、表翅をそれぞれ別々に見せて★になっていたのが興味深い
です。
a0126632_2131384.jpg

a0126632_2132419.jpg

残った2頭は痛みがありますが、元気に吸蜜してくれました。
by himeoo27 | 2015-01-10 21:12 | シジミチョウ | Comments(20)


3氏ノーベル賞受賞で、ヒメオオ写真展入選?

今回は「光」の話題です。
a0126632_1602026.jpg

2015年は、初日の出の「光」を自宅のベランダで浴びて
スタートしました。
a0126632_1615337.jpg

1月3日、我が家に訪問してくれた今年最初の昆虫は太陽
の申し子「天道」虫(テントウムシ)でした。
ちょっと無理筋ですが「光」関連かな?
a0126632_1619729.jpg

a0126632_16192078.jpg

「光」というと、昨年3氏がノーベル賞を受賞したLED
(発光ダイオード)ですね!私も蝶の飛翔写真撮影時、
とても活用しています。
a0126632_16274432.jpg

ということで、国立科学博物館で開催中のヒカリ展
に出かけてきました。
a0126632_1629214.jpg

a0126632_1629162.jpg

オーロラ、光る花、蛍光鉱物等々「光」についての見所
満載の展示です。
とは言え、オパール化した「アンモナイト化石」や、
構造色で耀く「モルフォチョウ~ゼフィルス雄」の「光」
には惹かれます。
a0126632_16354454.jpg

中央上部から斜め左下に伸びる「光」の破線は、一昨年
のゴールデンウイークに西表島で撮影した「ヤエヤマボタル」
の行路です。
a0126632_16414782.jpg

蛍の「光」についてのヒカリ展の説明は上記通りです。
ルシフェリンの酸化作用により発生した「光」ということ
のようです。
a0126632_1650669.jpg

八重山諸島の冬場には、冬尺蛾のように雌の翅を退化させた
「イリオモテボタル」という蛍が棲んでいます。これでも
成虫です。尾部から発する「光」はとても弱く虫をシャープ
にLEDを強く当てて撮ると発光部が白とびします(涙)。
この画像↑は、LEDの当て方をギリギリに抑えて写してみま
した。
a0126632_1745186.jpg

明日からはじまるぐんま昆虫の森の写真展に
「明かりを(灯)して」という題で、応募したイリオモテボタル
の写真が、な!なんと!6回目の応募にて初めて入選しました。
「光」繋がりで、ノーベル賞受賞3者のおかげかな?
写真展は3月1日まで開催されているので、見ていただければ
嬉しいです。
by himeoo27 | 2015-01-05 20:29 | その他 | Comments(22)


新年の越冬蝶探し in2015.01.02埼玉県中部の公園①

a0126632_8552243.jpg

昨日1月2日、12月30日に観察した越冬蝶2種の状況確認に
見沼区のiさんと埼玉県中部の公園に出かけてきました。
a0126632_8585377.jpg

a0126632_8583464.jpg

a0126632_8593535.jpg

30日5頭見つかったエノキの幼木をまず探してみました。
樹についていた枯葉がかなり落ち、越冬中の「キタキチョウ」
は1頭に激減していました。落葉の中を探すと元旦~2日にか
けての寒さで絶命したと思われる個体が見つかりました。
他の4頭は、大晦日の気温上昇で近くの草むらに避難したので
は?と探してみましたが1頭も見つけることは叶いませんでし
た。
a0126632_9125629.jpg
a0126632_913838.jpg

「ムラサキシジミ」の越冬個体は、僅か移動しただけでほぼ同
じ場所に見つかりました。
また別の2個体が
「キタキチョウ越冬ポイント」「ミドリシジミ越冬卵ポイント」
で別々に舞い出てくれましたが、私はその翅表の美しい姿を眺
めるだけに終わりました(涙)。
a0126632_9201692.jpg
a0126632_9202755.jpg

昨年11月から探していた「ウラギンシジミ」の越冬個体を、まず
実績のあるやや薄暗い林の中で見つけました!緑の葉の表に止ま
っています。写真で見ると白い蝶がとても目立つのに何故これま
で見つからなかったか不思議です。
a0126632_927870.jpg

a0126632_9272221.jpg

こうなると2頭目が見つかるのは先日の見沼田んぼと同じです。
ムラサキシジミ&ムラサキツバメのポイントで、こちらも
前掲と同じ珍しい葉表で越冬していました。通常は葉裏で越冬
しているので興味深いです。
a0126632_941433.jpg

昼過ぎになり日差しが出てきたのでキタキチョウの越冬場所に
戻りました。越冬中の個体ですが、逆光を透して耀く黄色の翅
がとっても綺麗でした。

         in2015.01.02埼玉県中部の公園つづく
by himeoo27 | 2015-01-03 09:49 | チョウ全般 | Comments(22)


銀・黄・紫(埼玉県越冬チョウ3種)in2014.12.30~31

明けまして
おめでとうございます。

a0126632_15313692.jpg

今期は越冬チョウを1種も観察していないので、頑張って
「見沼田んぼ」で探してみると
a0126632_15351050.jpg
a0126632_15352222.jpg

やっと見つけにくい場所で「ウラギンシジミ」を1頭見つ
けました!前翅の先端の尖りが弱く、痛みも有る夏型っぽ
い個体です。自力で見つけた今季初の越冬チョウなので、
嬉しさ倍増です。
a0126632_1537348.jpg
a0126632_15374546.jpg

1頭見つけると、直ぐに2頭目のウラギンシジミがわかり
やすい場所に止まっているのが見つかりました。1頭目と
比べると前翅の先端の尖りが強く、新鮮個体です。
こちらは明らかに秋型かな?
         in2014.12.31見沼田んぼ
****************************
a0126632_15453793.jpg

12月30日、早朝から働いたので無事予定の仕事が完了し、
帰宅の準備をしていたら
「埼玉県中部の公園にキチョウとムラシの越冬個体を見つ
けたよ!」とchosanpoさんから連絡がきました。
「キタキチョウ」のポイントに到着して、まず迎えてくれ
たのは左上①、右下②の2個体です。
a0126632_15574311.jpg

a0126632_1558911.jpg

個体③④は、①②と同じエノキの低木のやや高い場所に止ま
っていました。
a0126632_1635256.jpg

個体⑤は、私がイメージしていた通りの高さ&風の当たらない
①~④のいた樹の下の方に止まっていました。
いずれにしても以前chosanpoさんに見つけて貰ったのと同じ
ような雑木林の林縁部でした。キタキチョウの越冬場所と想定
した陽射しが1日中あたり続けるようなところでは無かったの
で意外でした。
a0126632_1620581.jpg

a0126632_16201676.jpg

如何にも越冬場所という感じのところに「ムラサキシジミ」は居
ました。但し、今までムラサキシジミを観察したことが無かった
場所だったので少し意外でした。
         in2014.12.30埼玉県中部の公園
by himeoo27 | 2015-01-01 00:00 | チョウ全般 | Comments(62)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
Sippoさんと同じく、..
by yurinBD at 06:41
野生のコノハチョウ、見て..
by Sippo5655 at 22:11
こんばんは!! コ..
by だんちょう at 23:15
最近の蝶の生態シリーズみ..
by 武ちゃん at 22:20
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:37
ルリタテハのスバル斑なん..
by uke-en at 19:08
コノハチョウ、綺麗ですね..
by torinara at 17:03
torinara 様 ..
by himeoo27 at 12:05
naoggio 様 ..
by himeoo27 at 11:58
ainomidori44..
by himeoo27 at 11:44
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧