ヒメオオの寄り道


<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧



渓流に集う煌めき in2014.07.19東信②

東信地方の里山で蝶撮を堪能した後、川に沿って高度を上げると
a0126632_191842100.jpg

「コムラサキ」の集団吸水ポイントに到着しました。さて撮影しようとすると
a0126632_19194920.jpg

先行していた渓流釣の車が通ったので、他の蝶と一緒に一斉に舞い上がりまし
た。出来るだけ近づいて飛翔シーンを狙ってみましたが、これ以上の撮影は、
叶いませんでした。
a0126632_19272835.jpg

しばらく待っていると1~2頭舞い戻ってくれました。淡い紫色の輝きは、
オオムラサキのそれを凌駕した美しさと思います。
a0126632_1929353.jpg

手前の個体は、肉眼で見るととっても黒っぽく、並んでいる点が黄色みが無く
白色です。ひょっとしたら「クロコムラサキ」!と表翅の撮影に挑戦してみま
したが、あえなく失敗に終わりました(涙)。
a0126632_1935231.jpg

更に渓流に沿って高度を上げると小さな黒っぽい蝶のお出ましです。頭上高
い場所だったので超望遠で撮影すると、久しぶりに出逢う「サカハチチョウ」
夏型のようです。
a0126632_19365391.jpg

次に出逢ったのは、今年訪問した広島県、埼玉県、長野県何れも多く観察出来
た「ヒオドシチョウ」です。この渓流沿いの高地でも朱色の輝きがとっても艶
やかでした。
a0126632_1940379.jpg

先に進んで対岸の枝先を見ると・・・・・何かやら金緑色に耀く小さなチョウ
が舞っていました。ゼフィルスの雄は間違いありませんが、流石にこの写真で
は同定を諦めました。
a0126632_19424849.jpg
a0126632_19425962.jpg
a0126632_1943713.jpg
a0126632_19431548.jpg

行き止まりに近い橋付近に集まっていたのは舞う宝石「ミヤマカラスアゲハ」
でした。結構俊敏で、飛翔撮影しようと近づくと舞い上がってしまい完敗に終
わりました。

               in2014.07.19東信 おわり

同行してご指導頂いた花蝶風月の buttfflowさん、地元の皆さん、M社の
方々、現地で偶然お会いした蝶散歩のchosanpoさんお世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2014-07-26 20:01 | チョウ全般 | Comments(36)


オオムラサキの森の昆虫たち in2014.07.19東信① 

a0126632_78387.jpg

(カメラ目線の蝶が可愛いのでぜひクリックして拡大して下さい)

信州上田にあるM社の森で毎年恒例の「オオムラサキ」の観察会があるとの
ことで、「花蝶風月の buttfflowさんと出かけてきました。
今年はオオムラサキの個体数は少なかったものの付近の雑木林も含めて以下
の通り夏の昆虫たちに遊んでもらいました(笑)。
a0126632_783957.jpg

M社の森は自然が豊かで、ゾウムシとしては少し大き目の「オオゾウムシ?」
umajin さんの指摘により「クリアナアキゾウムシ」のようです。
umajin さんご指導有難うございます。
a0126632_785359.jpg

日本産のカミキリムシでは最大級の「ミヤマカミキリ」、カブトムシなどの
大型の甲虫類も沢山見つかりました。

現地で偶然蝶散歩のchosanpoさんにお会いしたので、一緒に付近の雑木林
も探すことにしました。
a0126632_7134496.jpg

まず見つかったのは「ムモンアカシジミ」です。丁度日が差してオレンジ色
がとても鮮やかです。
a0126632_7213567.jpg

地元の方から連絡があり駆けつけて見ると「カラスシジミ」が止まっていま
した。やや痛みがありますが、目がとっても愛らしいですね!
a0126632_752814.jpg

a0126632_7522467.jpg

しばらく雑木林の林縁部を探すと「オオミドリシジミ」♀が舞い出てきました。
雌の表翅は撮影したことが無かったので何とか努力してみましたが、日陰で光
の角度も悪くこれがやっとこさでした(涙)。
a0126632_7582368.jpg

a0126632_7583695.jpg

やや開けた明るい場所で、スキップするように飛んでいたのは「ヘリグロチャ
バネセセリ」*です。良く見ると草むらで、産卵行動をとっています。
卵を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。
*yoda1さんのご指摘により
「フィールドガイド日本のチョウ」、「原色蝶類検索図鑑」等の図鑑、
小畔川日記」「蝶鳥ウオッチング」等のブログ、
を調べてみました。まだ自信がありませんが、初見・初撮影の「スジグロチャバ
ネセセリ」かもしれません。
yodaさんご指摘有難うございます。

               in2014.07.19東信①つづく
by himeoo27 | 2014-07-21 15:50 | 昆虫一般 | Comments(34)


オオイチモンジを追尾するテングチョウ他 in2014.07.12~13②

a0126632_12522833.jpg
a0126632_12524258.jpg

前回のオオイチモンジを追いかけるテングチョウの写真が好評だったので、
そのコマのチョウの部分のトリミング(上)と、1コマ前の写真(下)を
掲載してみました。テングチョウが追尾しているのがわかるでしょうか?
a0126632_1314143.jpg

この日一番多く見かけたタテハチョウの仲間は、「ヒメキマダラヒカゲ」
です。オオイチモンジと比べるとかなり地味な蝶ですが、良く見ると繊細
で綺麗な模様だと思います。
a0126632_1384584.jpg

「ウスバシロチョウ」は、初夏を彩るアゲハチョウの仲間ですが、信州の
高原では最も目立っていました。

オオイチモンジの舞っていた河原には
a0126632_13161713.jpg

今年は良く見かける「ヒオドシチョウ」、表翅が鮮やかです。
a0126632_1320855.jpg

裏なので地味な「キベリタテハ」、吸水していましたがお腹が大きいので
ひょっとしたら雌かな?
a0126632_1323367.jpg

「シータテハ」、こちらも超地味な裏翅です。
a0126632_1324181.jpg

「ウラギンヒョウモン」、銀色の模様が実に綺麗です。

成虫ではありませんが、
a0126632_13362591.jpg

「メスグロヒョウモン?」か、「ツマグロヒョウモンキチョウ?」の蛹かな
uke-en様「ツマグロキチョウ」は「ツマグロヒョウモン」のワープロの変換
ミスでした。ご指摘有難うございます。

更に蝶でもありませんが
a0126632_13505162.jpg

「ミヤマヒゲボソゾウムシ?」かな、小さいけれど味わい深い虫でした。

           in2014.07.12~13長野県
by himeoo27 | 2014-07-20 13:57 | タテハチョウ | Comments(14)


オオイチモンジに逢いたくて in2014.07.12①

a0126632_1841319.jpg

高山蝶の王者「オオイチモンジ」は、蝶の撮影をはじめたころからの最大の
憧れの蝶です。5年前には勤続30年の休みを使って泊まり込みで挑戦した
こともあります。

今回は運良く「晴」と休みが重なり、宿泊場所の確保が出来たので1泊1日
で長野県の有名ポイントに出かけてきました。
a0126632_18121877.jpg

5年前は、バスの駐車場付近でも見つかり、30分程度歩いたところで運良く
撮影出来たので、今回も安易に考えていました。しかし、やっと見つかった
のは1時間程度歩いた場所でした。更に上のように飛び回っています(涙)。
やむなく望遠マクロレンズを使って飛翔撮影に挑戦してみました。トリミング
してこれがやっとこさです・・・・・。
a0126632_18194521.jpg

すると・・・・・・走り回って撮影する私に同情してくれたかのように、目の
前に仲良く並んで止まってくれたのには吃驚しました!
a0126632_18223651.jpg

更に1時間弱歩くと再びオオイチモンジが出迎えてくれました。最初の裏翅の
画像もこのポイントで撮影しました。
a0126632_18274841.jpg

折角、魚眼レンズを担いで持ってきたので、広角飛翔狙ってみました。
沢山シャッターを押しましたが、蝶にピントが少しあっているのはこのコマく
らいでした(笑)。オオイチモンジの後ろから追いかけているテングチョウ分
かりますか?
a0126632_18275721.jpg

ピントは全くあっていませんが、青空を背景にしてオオイチモンジが何とか判
別出来るので掲載してみました。

          in2014.07.12長野県 つづく
by himeoo27 | 2014-07-13 18:46 | タテハチョウ | Comments(36)


梅雨の中休みに昆虫探し in2014.07.06他

梅雨の中休みか、本日の天気予報に「晴れマーク」が並んでいたので
埼玉県中北部の公園にプチ遠征しました。
a0126632_18413674.jpg
a0126632_18415159.jpg

クヌギやエノキ等の伐採された木材置き場を探すと
「シラホシナガタマムシ?」の交尾ペアが見つかりました。
少し見える腹部の蒼い金属光沢がとても綺麗ですね!
a0126632_18503919.jpg

胸部が赤いのに、何故首なのかなと思う「クビアカトラカミキリ」も
トコトコ歩き回っていました。
     in2014.07.06
********************************
a0126632_18552116.jpg
a0126632_18552986.jpg

光の当たり方により虹色に耀く「ホソナガニジゴミムシダマシ」は
同じ公園で2週間前に複数頭観察出来ました。
     in2014.06.21
*********************************
この公園は、チョウで有名なのでお気に入り写真を数点
a0126632_1923961.jpg

トップバッターは大好きなセセリチョウの仲間から「オオチャバネセセリ」
a0126632_1944495.jpg

本日の一番お気に入りのチョウは「コミスジ」です。
裏翅の模様がとっても素敵です。
a0126632_1963659.jpg

個体数が多く目立ったのは「ヤマトシジミ」です。雄の輝き最高だと思い
ます。
a0126632_199449.jpg

夏型は色黒ですが、「ベニシジミ」は、ダントツで可愛いですね!
a0126632_19134763.jpg
a0126632_19135678.jpg

日本固有種の「ホソミイトトンボ」は、
眉のあるように見える複眼が面白く、胸部と尾端の水色が綺麗でした。
     in2014.07.06中北部の公園
by himeoo27 | 2014-07-06 19:27 | 昆虫一般 | Comments(28)


中信の高原散策(アサマシジミには出逢えず)in2014.06.29

a0126632_8301667.jpg

そろそろアサマシジミが出ているのでは?と片道5時間かけて日帰りで長野県
中部の高原に出かけてきました。
a0126632_8321320.jpg
a0126632_8323657.jpg

今回出逢った生き物の中で最も美しいと思ったのは、この「クロムネアオハ
バチ?」です。憧れのセイボウの仲間のように金属光沢はありませんが、
鮮明な緑色は、緑一色の草原の中で逆にとっても目立って見えました。
a0126632_8371695.jpg

甲虫類で最も個体数が多かったのは「ヒメシロコブゾウムシ?」です。
交尾ペアも沢山見つかりましたが、3連はさすがに少なかったです。
a0126632_8402859.jpg

「カツオゾウムシ?」も良く見かけました。風貌とは異なり結構この種は
俊敏で吃驚しました。
a0126632_843793.jpg

「パラルリツツハムシ?」は4mm程度の小さい甲虫ですが、その色合い
は絶妙でまさに生きた宝石という感じです。
a0126632_8471073.jpg

「ジョウカイボン?」は15mm程度の大きさなのでパラルリツツハムシ
より存在感がありました。格好イイ甲虫ですね!
a0126632_8511378.jpg

蝶を写そうとして目に飛び込んできたのはしっとりした上翅が美しい
「ヒメビロウドコガネ?」です。ビロウドコガネなどの近似種もいる
のでいつものように同定に自信がありません。
ちなみにこの高原の標高は1500~1600m程度です。
a0126632_8592264.jpg

アサマシジミを探していて唯一見つかったシジミチョウの仲間は、
「ヒメシジミ」でした。まだ発生初期なのか個体数は少なかったです。
a0126632_965724.jpg

シロチョウ類は、モンキチョウ他数多く舞っていました。この子は、
ヤマトスジグロシロチョウ雌の夏型?」と思いますが、いかがでしょうか?
yodaさん↓によると「スジグロシロチョウ」ではとのことです。
a0126632_914387.jpg

「ギンイチモンジセセリ」は傷んだ個体中心ですが、数多く出逢えました。
埼玉県の低地と異なり6月末なのに「春型」っぽい感じです。
a0126632_9182456.jpg

天気の変化が(晴→雨→晴→大雨)と激しくチョウはあまり出てきてくれ
ません。湿地の底から草原を見上げると「ホオアカ?」と思われる襟巻を
小さな野鳥が慰めてくれました。

           in2014.06.29長野県中部の高原 おわり
by himeoo27 | 2014-07-05 09:25 | 自然観察全般 | Comments(28)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
椿の茶屋 様 最低気温..
by himeoo27 at 21:10
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧