ヒメオオの寄り道


<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧



埼玉県中南部の雑木林探チョウ in2014.05.25

アカシジミやウラゴマダラシジミ登場のニュースが聞こえてきたので
自転車+バスで埼玉県中南部の雑木林探チョウに本日出かけてき
ました。
a0126632_176619.jpg
 
バスを降りて直ぐに出迎えてくれたのは「サトキマダラヒカゲ」です。
渋い木目調の模様がとっても素敵ですね!

a0126632_1795349.jpg
a0126632_1710361.jpg

暫く雑木林を歩くと頭上高くシジミチョウにしてはやや大き目の赤い
チョウが飛んでいます。今年初見の「アカシジミ」です。
飛翔撮影は今一以下ですが、結構遊んでくれました。

a0126632_1717820.jpg
a0126632_17172227.jpg

「ウラナミアカシジミ」は、アカシジミ以上に個体が多く見つかりました。
但し、警戒心が強くあまり近づけません(涙)。

a0126632_17203342.jpg
a0126632_17204569.jpg

敏捷に飛び回っているのは「イチモンジチョウ」です。表翅も、裏翅も
素敵な衣装を纏っていました。

a0126632_17232762.jpg
a0126632_172339100.jpg

低い場所を舞っていたのは、「テングチョウ」です。今年の新チョウの
ようでとっても艶やかな美しさです。

a0126632_17255576.jpg

チョウ以外には名前の通り髭の長い「ヒゲナガ蛾の仲間」や

a0126632_17273981.jpg

キマダラカメムシ?」なども顔を見せてくれました。
鍵コメさんのご指摘により確認したところ「クサギカメムシ」のようです。
鍵コメさんのご指摘有難うございます。

                      in2014.05.25おわり
by himeoo27 | 2014-05-25 17:29 | 昆虫一般 | Comments(34)


チョウの観察会 in2014.05.17

a0126632_14204348.jpg

昨日、日本チョウ類保全協会主催のチョウの観察会に参加しました。
私たちのグループの指導員は、「shin」さんでした。
a0126632_14211333.jpg

現地のバス停について、まず登場してくれたのは「ウスバシロチョウ」です。
a0126632_14221564.jpg

林道入口の駐車場付近でも「オナガアゲハ」も舞ってくれました。
a0126632_14272866.jpg
a0126632_14274723.jpg

集合場所の広場では「オナガアゲハ」、カラスアゲハも吸蜜に飛来してくれました。
a0126632_1430591.jpg

少なくとも「アオバセセリ」には逢いたいものだと皆で話していると・・・・
a0126632_14313596.jpg

とてもフレンドリーな数個体が顔を見せて大観察会になりました。
a0126632_14331292.jpg

この林道は、チョウだけでなく、植物、野鳥、他の昆虫類も豊富で、「オトシブミという
のは風流な名の虫ですね」などと言って散策していると、参加者の方が「アカクビオ
ナガオトシブミ
?」のペアを見つけてくれました。
鍵コメさんのご指摘によると触覚の長さ等より「ヒゲナガオトシブミの雄と雌」のよう
です。鍵コメさんご指摘有難うございます。
a0126632_1441283.jpg
a0126632_14414485.jpg

渓流沿いを進み「スミナガシ」の赤い口吻を見たいものだと考えているとて・・・・・・
theclaさんが呼んでいます。久しぶりにスミナガシと再会です!
a0126632_14534953.jpg

林道を戻っていると、観察会の〆はやはり鮮やかなヒョウ柄の「クモガタヒョウモン」
でしょう!と颯爽と登場して皆を楽しませてくれました。

shinさん、theclaさん、pontaさん、Mさん、Kさん、Nさんご夫妻、Ⅰさんほか参加
者の皆さん大変お世話になりました。

                 inチョウの観察会2014.05.17おわり
by himeoo27 | 2014-05-18 15:09 | チョウ全般 | Comments(42)


飛んで飛んで in2014.05.02~05.05③

a0126632_1829305.jpg

a0126632_18342961.jpg

今回は、GW中ということで格安航空券で乗り継ぎ、乗り継ぎで与那国島へ出かけ
てきました。
まず2時間30分ほど石垣空港で待つ間に撮影したキチョウ(南?)です。空港ビル
と、駐車場にある乗用車が背景においた面白い写真になりました。
             以上 in2014.05.02石垣空港にて

**********************************
a0126632_18345531.jpg

羽田空港を飛び立って、電波を発しない電子機器の許可のアナウンスが流れると
即座に眼下に富士山の登場です。
a0126632_1836486.jpg

南アルプス、中央アルプスを飛び越すと知多半島や中部国際空港が見えてきました。
その後は、雲の中に入り写真は撮れませんでした。
やっと石垣空港にたどり着いて一番上と二番目の写真を撮影したわけです。
             以上 in2014.05.02羽田空港~名古屋市南部上空
***********************************

a0126632_18404016.jpg

与那国島にはキタキチョウがいないとのことなので「ミナミキチョウ」でしょう。
大人しい個体だったの思い切って接写撮影しました。


a0126632_18435083.jpg
a0126632_1844136.jpg

黒色の模様のある白っぽいチョウが飛んでいたので、タイワンモンシロチョウ!と
期待して追っかけて、シャッターを押しまくりました。結果はご覧の通り全て白色型
「モンキチョウ♀」でした(涙)。

a0126632_18485379.jpg

大きく鮮やかなオレンジとホワイトの綺麗なチョウと、くすんだ同色のチョウの2頭
が絡むように飛んでいます。
シロチョウ類最大の「ツマキチョウ雌雄」による求愛飛翔です。綺麗な方が♂、傷ん
だ個体が♀です。暫く観察しましたが、交尾には至りませんでした。

a0126632_1852467.jpg
a0126632_1853366.jpg

こちらの渋めのチョウは、もう5月というのに低温期型の「ナミエシロチョウ♀」です。
チョウや蛾を与那国島で継続観察しているYさんによると今年の与那国島は、例年
に比べて気温が低いそうです。
a0126632_18562529.jpg

数は多くありませんが、綺麗な高温期型の「ナミエシロチョウ♀」も混じっていています。
a0126632_1858449.jpg

この「ナミエシロチョウ♂」も低温期型で、まだまだ季節の移ろいは遅れているように
感じました。

in2014.05.03~05.05与那国島つづく
by himeoo27 | 2014-05-11 22:26 | シロチョウ | Comments(28)


アサギマダラの舞 in2014.05.02~05与那国島②

a0126632_87478.jpg

今回の与那国島遠征で最も数多く出逢えて、目立ったチョウはこの「アサギマダラ」
でした。今年の与那国島は、チョウが少ないとの事前情報でしたが、アサギマダラ
を中心に種数はやや寂しいものの無数のチョウに出逢えました。
a0126632_811084.jpg
a0126632_8111299.jpg

とてもフレンドリーなチョウなので、魚眼レンズを使って数多くの接写飛翔撮影に挑戦
しました。しかしながら、背景、配置まで決めることはまだまだでした。
a0126632_815956.jpg

何度か登攀したシロミスジの登山道でも多くのアサギマダラが登場です。
結果的には、天候はスッキリした青空にはなりませんでしたが、チョウは比較的良い
被写体になってくれました。

a0126632_8195974.jpg
a0126632_8201136.jpg

他の八重山諸島、沖縄本島および前回の与那国島遠征で最大個体数を誇った
「リュウキュウアサギマダラ」ですが、今回はアサギマダラと比較すると相対的に少なく
感じました。それでも快く接写撮影に協力してくれました。

a0126632_830458.jpg

「ヒメアサギマダラ」は前回ほどは観察出来ませんでしたが、一緒に遊んでくれる個体
も登場してくれました。

以上与那国島におけるアサギマダラの仲間の個体数の相対比較は
2013年12月末~2014年1月1日
リュウキュウアサギマダラ>>アサギマダラ>ヒメアサギマダラ
2014年5月2日~5月5日
アサギマダラ>リュウキュウアサギマダラ>ヒメアサギマダラ
何れもタイワンアサギマダラは判別出来ずでした。

************************************
a0126632_8375039.jpg

飛行機の運行が乱れるほど、5月5日は天候が悪く仕方なく唯一観光しました。
巨大な岩が、直接海から屹立したこの岩は、「立神岩」という名前です。どうもこの
先の見晴らし台からの方が綺麗に撮影できたようですが、風雨が激しくなり根性
の全くない私はあっさり撤退しました。
************************************

アサギマダラの仲間ではありませんが、マダラチョウの仲間を1種だけ
a0126632_8532427.jpg

「ウオーリを探せ」(かなり古い話題で失礼)のような、写真しか写せませんでしたが
狙いは、密林の中に、青空を背景に悠然と舞う「オオゴマダラ」です・・・・・・・・。
曇り空、接近できず、腕悪い等々まあ次回以降の楽しみに、腕を上げたいものです。

               in2014.05.02~05与那国島つづく
by himeoo27 | 2014-05-10 09:04 | マダラチョウ | Comments(14)


山頂に舞うシロミスジ&リュウキュウムラサキin2014.05.02~05①

今回の与那国島遠征の最大の狙いは
a0126632_15314788.jpg

ズバリこの「シロミスジ」の撮影です。
しかしながら写すまでは、厳しい道のりでした。まず前回の2013年12月30日~
2014年1月1日までの遠征では、この蝶のポイントの山頂に3回登攀して1度も
出逢えず。
今回も5月3日1回目の登攀では見つけられず。2回目山頂につくと雨が降りだし
ました。山を少し下って、暫く木陰で雨宿りしていると、陽射しがさしてきました。
疲れた足を引き摺って再登攀すると・・・・
a0126632_15412990.jpg
a0126632_15414046.jpg

かなり傷んでいるものの白い大きな模様の中にクッキリ黒い点がわかるシロミスジ
が登場してくれました。シロミスジはこれが初見なので大感激です!
4日は、昼前からスッキリ晴れたので、6回目の登山です。
a0126632_1550571.jpg
a0126632_15511793.jpg
a0126632_15512954.jpg

これまでの苦労が一気に報われるようなピカピカの新鮮羽化個体が、私を出迎えて
くれました。

シロミスジが出てきてくれた山頂からは麓の街並みや、山野、海岸が眼下に見下ろせ
ます。
a0126632_15581858.jpg

                 (パノラマ写真なのでクリックで大きくなります)

山頂にいたのはシロミスジだけでなく、同じタテハチョウの仲間の
a0126632_1635755.jpg

黒地に淡い紫色に縁どられた白い紋が鮮やかな「リュウキュウムラサキ」です。
これだけ綺麗なリュウキュウムラサキには自然界では出逢ったことがないので、
ニコニコしながら撮影しました。
a0126632_168731.jpg
a0126632_1684694.jpg

撮影する角度によっては、白い紋の回りの紫色の縁取りが明確に発色しません。
a0126632_1612592.jpg

翅を閉じた裏翅の模様も素敵なチョウだと思います。
a0126632_16134818.jpg

飛び立つリュウキュウムラサキを魚眼レンズで撮影にチャレンジしましたが、今一つ
の出来でした(涙)。

                         in2014.05.02~05与那国島つづく
by himeoo27 | 2014-05-06 16:16 | タテハチョウ | Comments(36)


見沼田んぼでキアゲハと遊ぶ in2014.04.29

予定通りであれば、与那国島の山野をカメラを4台担いで駆け回っている
ころですが、時間を4/29に戻して掲載します。
a0126632_14504271.jpg
a0126632_14505164.jpg

ギンイチモンジセセリのmyポイントで今回も生息が確認出来ずぼんやり上を見ていた
ら羽化直後と思われる綺麗な「キアゲハ」が舞い降りてきて吸蜜を開始しました。
一番使い慣れた105mmマクロでまず、接写撮影です。
これだけ大人しいと魚眼レンズで飛翔シーンを撮れるのではと舞い始めた蝶に、カメラ
を向けてシャッターを押しまくりました。
蝶が飛び去って何かおかしいと良く見ると、レンズカバーが付いたままでした(涙)。
a0126632_14564469.jpg

それから別の個体を探して、魚眼レンズで飛翔シーン撮影に挑戦したものの、100コマ
程度写して、これ以上の画像はありませんでした。・・・・・・・
a0126632_14581671.jpg

暫く見ているとやや離れた場所に止まったので、70~300望遠レンズを付けた1v3で
超望遠撮影(約200~850mm相当)に挑戦してみました。

ここは、蟲だけでなく鳥も多い場所なので70~300望遠レンズを付けた1v3の練習で
a0126632_1531281.jpg

「カルガモ」のペア
a0126632_1544871.jpg

「キジ」を撮ってみました。
まだ不慣れですが、近づけない時に結構使えるように、感じました。

             in2014.04.29見沼田んぼ
by himeoo27 | 2014-05-03 10:30 | アゲハチョウ | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 21:56
お庭でウラナミシジミに会..
by Sippo5655 at 22:49
拙宅庭にはハギなどマメ科..
by fanseab at 22:01
マメ科好きなウラナミシジ..
by 椿の茶屋 at 18:00
秋になり、表翅の色合いの..
by yurinBD at 10:52
ご自宅に植えられたマメ科..
by ダンダラ at 09:53
ウラナミシジミ 今年は未..
by 22wn3288 at 09:09
我が家ではウラナミシジミ..
by uke-en at 08:24
こんばんは。 ご自宅に..
by MIYAKOUTA5040 at 22:53
武ちゃん 様 コメント..
by himeoo27 at 18:13
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧