ヒメオオの寄り道


<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧



八重山諸島の冬の甲虫 in2013.12.28~2014.01.02⑬

a0126632_19214545.jpg

              パノラマ撮影なのでクリックすると拡大します。
竹富島の海岸線は砂浜だけでなく、隆起した珊瑚礁で形成された場所も海の青、
空の青を引き立ててとても綺麗です。
a0126632_19262342.jpg

石垣島の山中で出逢った「ダンダラテントウ」の朱と黒は、白い布に止まるととって
も鮮やかです。
a0126632_1930835.jpg

「ヒメカメノコテントウ」は石垣港の近くの小さな公園で輝いていました。
a0126632_19312574.jpg
a0126632_19313949.jpg

「イネミズゾウムシ」かな?与那国島の迷チョウのポイントで、多数観察できました。
a0126632_19334377.jpg

橙色の小さな葉虫は、「ウリハムシ」でしょうか?イネミズゾウムシ?と同じ場所で
撮影しました。
a0126632_19352450.jpg

最後は、本日「埼玉インセクトフェスティバル」で購入した便箋です。中央上部の
「マルバネクワガタ」はまだ野外フィールドで逢ったことがないので、ぜひ何時の
日か観察したいです。

             in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2014-02-23 19:42 | 甲虫全般 | Comments(12)


お見事! in2014.01.11狭山丘陵②

昨日、飯田市美術博物館の四方さんに蛾の擬態の話を聞いたので
a0126632_20551280.jpg

狭山丘陵で冬尺蛾探しの合間にみつけたのは?
a0126632_2056792.jpg

画面中央いっぱいに中央部を拡大してやっと分かったと思います。
「キノカワガ」です。
a0126632_20591444.jpg

横から見ると広角撮影でも判別しやすいかな?
樹皮にここまで化けるところは、「お見事!」ですね!

                   in2014.01.11狭山丘陵おわり
by himeoo27 | 2014-02-16 21:02 | | Comments(16)


第10回 チョウ類の保全を考える集い

2月16日までこのページをトップに掲載します。
最新の記事は、お手数ですが↓をご覧ください。

<第10回 チョウ類の保全を考える集い>
が下記のとおり行われます。興味のある方は参加ください。

*******************************
日時:2014年2月15~16日
 会場:国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都代々木)

2/15(土) 会場:研修室401(センター棟4階)

13:30~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
14:00~14:10  開会 代表理事あいさつ 諸注意
14:10~14:30  危急性の高いチョウ類の現状および活動報告(第一部)
         北海道のアサマシジミの現状
             前田和信氏(十勝蝶の会会員)
14:30~15:10  蛾の魅力をたっぷり語る
             四方圭一郎氏(飯田市美術博物館)
15:10~15:35  津波跡地の今と復旧事業のゆくえ
             永幡嘉之氏(事務局)
15:35~15:50  昆虫館の紹介:蝶の民俗館(長野県) 

15:50~16:05   休憩

16:05~16:30  全国で展開しているチョウの保全活動のあらましと活動報告
             中村康弘氏(事務局)
16:30~17:30  会員交流のグループワーク

17:45~     懇親会(同会場内でのレストラン) 会費3,000円


2/16(日) 会場:研修室311(センター棟3階)

9:15~      受付
9:30~11:00  最前線からの報告:シカによる生態系被害
        原生林をシカが滅ぼす
             岸本年郎氏(自然環境研究センター)
        いまもっとも危機的なチョウ、ツシマウラボシシジミ
             中村康弘氏(事務局)
11:00~12:00  危急性の高いチョウ類の現状および活動報告(第二部)
         東京都のチョウとその動向
             久保田繁男氏(西多摩昆虫同好会)
         もう一題
             講演者未定
12:00~13:00   昼食

13:00~13:15  昆虫館の紹介:信州昆虫資料館(長野県)
13:15~14:00  明治神宮に残る自然環境―昆虫類を切り口に
             新里達也氏(環境指標生物)
14:00~15:00  身の回りのチョウを語ろう
        庭のチョウ類調査とその結果
             永井 信氏(庭のチョウプロジェクト)
        バタフライガーデニングの実際
             秋山昌範氏(ビオトープ管理士)
        当協会で取り組むモニタリングの方向性
             (事務局)
15:00      閉会


参加費:会員 1,000円、非会員 1,000円。

○参加お申し込み
 参加ご希望の方は、人数把握のため、事務局まで事前にお申し込みください
(2月9日締切)。当日のご参加も受け付けます。
 また、15日(土)の終了後、18:00頃~同会場内のレストランにて懇親会を開
催します(会費3,000円)。 懇親会に参加ご希望の方は必ず、2月9日までにお
申し込みをお願いいたします。
事務局:
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
  140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
  TEL 080-5127-1696
  Email:jbcs@japan-inter.net

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:東京都渋谷区代々木神園町3-1 
TEL03-3469-2525)
 ●鉄道の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分(急行は停車しないため、各駅電車を利
用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、初台ランプより(高
井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)ので、できるだけ公
共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテルがあります。ご
自身でのご予約をお願いいたします。
by himeoo27 | 2014-02-16 10:30 | 自然保護 | Comments(6)


雪を乗り越えたムラシ&ウラギンほかin2014.02.11

a0126632_15352335.jpg

3月に開催される写真展の作品応募方々「北本自然観察公園」に出かけてきました。
a0126632_1537984.jpg

まず探したのが「ムラサキシジミ」の越冬個体です。無事あの大雪を乗り越えたのかな?
「2頭」から1頭に減っているものの枯葉の中にいました!
中央やや上の枯葉の中に頭を突っ込んで、枯葉に似た翅が斜めになっているので、
とても分かりにくいです。
a0126632_15422115.jpg

蝶を驚かさないように出来るだけ近づいて撮影してみました。枯葉が邪魔して翅をのぞく
と上手く写せません(涙)。
a0126632_15464375.jpg

直ぐに見つかると安易に考えていた「ウラギンシジミ」は全く見つけられず、観察指導員に
教えてもらいました。
a0126632_1553467.jpg

「先日掲載の個体」とは別個体のようです。

越冬中の蝶は、少なかったものの野鳥たちは賑やかです。
a0126632_15541650.jpg

一番個体数が多く、フレンドリーなのは「シジュウカラ」です。望遠ズームでピントが
合わないのでは?と心配するほど近くにきて、私を観察して舞い上がりました。
a0126632_15592224.jpg

足下でガサゴソ音がするのでカメラを下に向けると「カシラダカ」がこちらを見上げて
挨拶してくれました。
a0126632_163213.jpg

雪が溶けてわずかに地面があらわれた遠くの藪の中にも何やら地味な子が・・・・・・・
枯野に擬態した恥かしがりやの「クイナ」が餌を啄んでいました。
a0126632_16154248.jpg

雑木林に入って樹上を見上げると「ウソ」がいます。正面顔は、少し怖そうでした。
chosanpoさんの指摘により確認したところ「シメ」のようです。chosanpoさんご指摘
有難うございます。

                in2014.02.11おわり
by himeoo27 | 2014-02-11 16:22 | シジミチョウ | Comments(18)


八重山諸島ウラナミシジミの仲間(瑠璃の輝き&ベレニケ?)

a0126632_8492957.jpg

今回の八重山諸島遠征で最も撮りたかったのがこの「ルリウラナミシジミ」の表翅
です。竹富島でやっと写せました。傷んだ個体でかつ、トリミングした画像ですが、
この瑠璃色の輝きはお気に入りです。
a0126632_8544990.jpg

綺麗なルリウラナミシジミが与那国島の登山道の脇に止まっていました。裏翅は
地味ですが、落ち着いた色合いもなかなかです。
a0126632_8594132.jpg

迷チョウ飛来で有名な山頂に到着すると「アマミウラナミシジミ」が迎えてくれました。
a0126632_912199.jpg

翅を開くと・・・・・山登りで疲れた目には「銀青紫色」に輝いてみえました。
今までアマミウラナミシジミの表翅は、鈍い紫色というイメージだったので
これは台湾の島嶼部に生息し、日本では未記録の「ベレニケアマミウラナミシジミ」
?????とビックリ仰天しました。
裏翅の模様を台湾の蝶の図鑑に掲載しているベレニケアマミウラナミシジミと詳細
比較すると微妙に違っていて夢(妄想)はあえなく潰えました。
a0126632_9111310.jpg

      (パノラマ写真なのでクリックすると横に大きくなります。)
珊瑚礁の海越しに石垣島が見える竹富島の海岸近くでは
a0126632_9133660.jpg

普通の「ウラナミシジミ」がいました。接写しようと近づくと舞い上がってしまいました。

              in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島⑫つづく
by himeoo27 | 2014-02-08 09:17 | シジミチョウ | Comments(12)


埼玉と八重山諸島のヨコバイ&カメムシ

a0126632_1249451.jpg

まず埼玉県の北本自然観察公園で出逢ったのは・・・・・・
わかりにくいので蟲の部分だけトリミングすると
a0126632_12521886.jpg

ヨコバイやウンカに近い昆虫の「コミミズク」の幼虫です。扁平で枝に擬態している
ので目を離すと全く判別できませんでした。
                  2014.01.26埼玉県北本自然観察公園
***********************************
a0126632_12591269.jpg

石垣島の山中で2種の虫を見つけました。中央部の小さなヨコバイは白を基調とした
模様がとても綺麗です。「リンゴマダラヨコバイ」?「サツマヨコバイ」?「ミナミマダラ
ヨコバイ」?のいずれかかな?
上部に大きく見えるカメムシ幼虫は、たぶん「クモヘリカメムシ」?と思われます。
a0126632_1312095.jpg

上記2種のすぐ近くには「クモヘリカメムシ」成虫がいました。15mm程度の大きさ
なのにヨコバイと比べて巨大に感じました。
a0126632_13155038.jpg

石垣島北部の疎林が混じる草原で有名なカメムシ集団というと「アカギカメムシ」
です。
a0126632_1318171.jpg

「アカギカメムシ幼虫」も集団を形成します。
a0126632_13222692.jpg

今回は、「アカギカメムシ交尾ペア」も観察できました。上の白っぽいのが雌です。
a0126632_1324261.jpg

「アカナガカメムシ」は、日本では石垣島、西表島のみに生息している朱赤色の
美麗種です。
a0126632_1332975.jpg

アカナガカメムシに近似した「アカホシカメムシ」は、沖縄諸島以南に生息して
います。
a0126632_13342718.jpg

竹富島では「アカホシカメムシ幼虫」も観察できました。その模様が赤黒白の原色
なので小さなプラスチック製の模型のようです。
a0126632_13355629.jpg

成虫ほどではないが、金属光沢に輝く「ミヤコキンカメムシ幼虫」もとても綺麗です。

                 in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島⑪
**********************************
a0126632_13401492.jpg

狭山丘陵の冬尺蛾の御神木には間抜け人面の黄土色のカメムシ幼虫が止まって
いました。名前はサッパリわかりません(涙)。
冬でも色々な蟲が居るもんですね!

                 in2014.01.11②
by himeoo27 | 2014-02-02 13:59 | カメムシ | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
当方もやっと新生蝶めっけ..
by uke-en at 21:34
こんばんは! ミカ..
by だんちょう at 23:59
遠征お疲れ様でした。 ..
by naoggio at 11:28
綺麗なミカドアゲハですね..
by 22wn3288 at 08:54
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:25
またもや園路‥南西諸島方..
by 武ちゃん at 22:03
3月で、こんなにも多彩な..
by Sippo5655 at 20:52
さすが南国ですね、この時..
by yurinBD at 20:14
春のアゲハを堪能されたよ..
by dragonbutter at 19:50
武ちゃん 様 私も時..
by himeoo27 at 17:16
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧