ヒメオオの寄り道


<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧



ゼフ3種舞う in2013.05.25埼玉県南部

a0126632_168291.jpg

先週末「アカシジミ」が発生していたとのことで埼玉県南部の林
に出かけてきました。
a0126632_1611233.jpg

本日は羽化のピークのようで林縁部の花や、
a0126632_16132429.jpg

食樹の多い林の中の日溜りには複数の成虫が確認出来ました。
a0126632_16162213.jpg

表翅の輝きは裏翅以上に赤くとっても綺麗でした。

a0126632_16252375.jpg

比較的小さな白い蝶が舞い降りてきました。
「ミズイロオナガシジミ」の降臨です!この蝶今年は早く発生したようです。
a0126632_16294177.jpg

カメラを向けて見ていると翅を開き飛び立ちました。
a0126632_16312125.jpg

別の場所を回って戻ってくるとまた翅を開きました。結局この日逢え
たミズイロオナガシジミはこの1頭だけでした。

a0126632_16341231.jpg
a0126632_16342866.jpg

「ウラナミアカシジミ」が羽化しているのではと現地で偶然お会いした
見沼区のiさんと一緒に探すと何とか見つけることが叶いました。
ミズイロオナガシジミと同じく発生初期のようでアカシジミほどは個体
数が多くありませんでした。

           in2013.05.25埼玉県南部おわり    
by himeoo27 | 2013-05-25 16:49 | シジミチョウ | Comments(58)


白三筋?&黄三筋 in2013.05.04~07③

a0126632_2123468.jpg

「そろそろ飛行場に向かわないと乗り遅れるので車をもってきます。」と
入野さんが言われたのでカメラを片付けているとヤエヤマイチモンジ♀?
と思われるオーラの有るチョウが目の前で吸蜜????をはじめました。
ヤエヤマイチモンジはこれまで花で吸蜜するのを観察したことがなかった
のでビックリしたわけです。
a0126632_2172621.jpg

近づいて良く見ると翅の縁の模様が少し違います。飛行機に何とか間に
合って搭乗して図鑑を調べると石垣島では記録の少ない「シロミスジ」?
でした。シロミスジは初見だったのでもう少しジックリ撮影したかったのです
が・・・・・・・次回以降の楽しみかな!
愛野緑さん、鍵コメさんのご指摘によると後翅の模様より「ヤエヤマイチモンジ」
♀ではとのことです。愛野緑さん、鍵コメさん有難うございます。
a0126632_2117260.jpg

その前日、西表島のリュウキュウウラボシシジミで有名な林道で出逢った
のが「ヤエヤマイチモンジ♀」です。中央部の白い帯がシロミスジより細い
こと、翅の縁取りに白い「へ」の2重の列が無いことより違う種であることが
わかります。
a0126632_2116620.jpg

「ヤエヤマイチモンジ♂」は今回の遠征ではあまり遭遇出来ず、アサヒナキ
マダラセセリの朝のポイントでやっと裏面が撮れただけでした。

a0126632_2124477.jpg

「キミスジ」は数は少ないものの石垣島ではヤエヤマオオコウモリの居た
林縁部でテリ張りしている♂が数頭、♀1頭を観察することができました。
a0126632_21282613.jpg
a0126632_21283588.jpg

西表島ではシロオビヒカゲを探しに疎林に入ると想定外の「キミスジ♂」
a0126632_21293598.jpg
a0126632_21294799.jpg

「キミスジ♀」が出てきてくれました。
少なくとも関東平野では味わえぬ色合いに感激しました。

         in2013.05.04~07八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2013-05-21 21:55 | タテハチョウ | Comments(20)


埼玉県低山地にチョウ舞うin2013.05.18

天気も良く休みも取れたので埼玉県中部の低山地に出かけてきました。
a0126632_20503664.jpg

まず出逢えたのは「カラスアゲハ」です。
a0126632_5401324.jpg

動きが早く上手く撮り込めませんが表翅の煌めきは最高でした。
a0126632_5405118.jpg

久し振り野外フィールドで観察出来た「モンキアゲハ」は枠からはみ出るぐらい
とても大きく感じました。
a0126632_2105013.jpg
a0126632_211497.jpg

「アオスジアゲハ」は本日最も良く出会えたアゲハの仲間です。メタリックな水色
が新緑に映えてとっても素敵な輝きでした。
a0126632_213438.jpg

アゲハチョウの仲間以外には「コミスジ」は個体数が多く目立っていました。
a0126632_2152766.jpg

セセリチョウでは狙っていたアオバセセリには出会えぬものの「ダイミョウセセリ」
はコンデジの広角接写出来ました。
a0126632_2183815.jpg
a0126632_2185297.jpg

本日一番嬉しかった出逢いは最後の最後に写せた「クモガタヒョウモン」多分♂
です。このチョウ今まで証拠写真程度のみだったので下から見上げるような画像
でも残せて良かったです。

                      in2013.05.18続く
by himeoo27 | 2013-05-18 21:16 | チョウ全般 | Comments(38)


3年越の出逢いアサヒナキマダラセセリin2013.05.04~07④

a0126632_17284655.jpg

テツイロビロードセセリに並んで逢いたかったセセリチョウは、石垣島と、
西表島の山頂付近にのみ生息している「アサヒナキマダラセセリ」です。
何時ものように接近しているだけでなくは結構「デカイ」セセリチョウです。
柑子色に少し鮮やかな朱色が混じりとても綺麗な色合いです。
a0126632_17313962.jpg

さらに大人しい種なのではみ出る位アップにしてもう一枚!うーん・・・
とっても可愛いです。
a0126632_17331844.jpg

図鑑プロジェクトの影響で真横からも背景を考えて綺麗に撮って
a0126632_17344784.jpg

コンデジのパスト連写機能も使って飛翔する表翅も!!この個体は♀かな?
a0126632_18223216.jpg

すると♂と思われる個体が葉の上で翅を開いてくれました。
表翅は蜜柑色をベースに赤銅色に縁取られて裏翅と違う素敵な配色です。
a0126632_1874612.jpg

アサヒナ「キマダラセセリ」という名前ですが、その色合い模様から長野県
「高原で出逢ったアカセセリ」に近似しています。
従ってアサヒナ「アカセセリ」というネーミングがピッタリきそうです。

西表島で出逢った
a0126632_1894456.jpg

普通のセセリチョウの大きさの「ネッタイアカセセリ」は、アカセセリと名前
についていますが、アサヒナキマダラセセリとは逆にほんのり赤味のある
「キマダラセセリ」という感じです。

        in2013.05.04~07八重山諸島つづく      
by himeoo27 | 2013-05-15 21:13 | セセリチョウ | Comments(24)


密林に翔るものたち in2013.05.04~07八重山諸島③

今回の八重山諸島訪問で昆虫以外で最も美しいと感じた翔るものは
a0126632_827458.jpg

嘴まで朱色の「リュウキュウアカショウビン」です。キイロハラビロトンボ
に出逢えた渓流沿いの西表島の密林の中で突然現れてこちらを向い
てくれました。
a0126632_8305282.jpg

a0126632_8313013.jpg

2点の風景写真はリュウキュウアカショウビンに出逢えた場所と異なります
が、これらの光景をもっとワイルドにした密林で出会えました。

a0126632_8345030.jpg

テツイロビロードセセリを探しに夜明け前の薄暗い海岸沿いを歩いている
と学校の国旗掲揚台の上に八重山諸島を代表する「カンムリワシ」が止ま
っていました。暗くてこれ以上上手く写せないので近づくとさすがに舞い上
がってしまい今回は再び出逢えませんでした。

a0126632_8383397.jpg
a0126632_8385375.jpg

 (下の画像はパノラマ写真なのでクリックして拡大してご覧ください)
西表島はかって炭鉱で栄えていたそうです。炭鉱跡付近には石炭の露岩
も見つけられます。アンコールワットの遺跡のように樹で覆われた基台跡
を見ると自然の凄さを感じました。

a0126632_8465055.jpg

石垣島の密林でヤエヤマカラスアゲハ、キミスジ等の蝶を探していると巨大
な猿のようなものが空を翔けました。
a0126632_849368.jpg

「お騒がせしてどうもすいません」というような仕草で登場したのは草食性の
「ヤエヤマオオコウモリ」でした。
a0126632_851446.jpg

こちらを向いて挨拶したりしますが、
a0126632_8523711.jpg

通常、昼間はこのようにぶら下がっているようです。

         in2013.05.04~07八重山諸島 つづく
by himeoo27 | 2013-05-12 08:57 | 他の動物 | Comments(28)


テツイロビロードセセリ飛翔&産卵&幼虫in2013.05.04~07②

「テツイロビロードセセリ」は西表島の極々限定したエリアのみに生息
し朝、夕または曇天にしか成虫は出てきません。ゆえに蝶撮を始めて
から石垣島から日帰りで西表島に訪問していた私にとって、幻&憧れ
でした。
a0126632_20442036.jpg

朝早く起きてポイントに着くと早速舞い降りてくれました。裏翅が思った
より望遠レンズで上手く撮り込めました。
a0126632_20454611.jpg

渋い色合いですが、大好きな私には味わい深く感じます。
a0126632_20472094.jpg

表翅に黄色の大きな点があることよりこの個体は♀のようです。飛び立
つ時の翅の動きは早くこれ以上は写せませんでした(涙)。
a0126632_20503738.jpg

鋭敏な種なので遠くから驚かせぬように観察すると産卵しはじめました。
a0126632_20525298.jpg

チョウが飛び立った後に観察すると3階建ての家に筋のある赤い半球状
の卵が産み付けられていました。足場の悪い湿った場所ですが、比較的
上手く写せたかな?
a0126632_2057550.jpg

卵は3階建住居ですが、幼虫は↑のような葉を2枚重ねた家に住んでいます。
a0126632_20583964.jpg

家の中にはオレンジの可愛い幼虫が潜んでいました。
a0126632_210688.jpg

夕方にも別個体が観察出来ましたが、残念ながら大好きな接写は叶いませ
んでした。

a0126632_2121274.jpg
a0126632_2122777.jpg

テツイロビロードセセリよりやや小さい「クロセセリ」は個体数が多くシンプルな
黒&白の色合いも素敵です。

            in2013.05.04~07八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2013-05-10 22:37 | セセリチョウ | Comments(28)


珍トンボ再び in2013.05.04~07八重山諸島①

a0126632_15582543.jpg
a0126632_15583819.jpg

西表島でアゲハチョウの集団吸水シーンを写そうと、とある渓流沿いの道
を遡って行くと開けた河原に出ました。チョウを探していると大人しいが、
強いオ-ラを放つ黄色いトンボが止まっていました。
2年前の前回に続き「キイロハラビロトンボ」との出逢いです。
結局アゲハチョウ達の集団吸水には出会えなかったのですが嬉しい再会でした。
a0126632_16104664.jpg

次の日、迷チョウを探しに日当たりの良い花の多い広場にもな!なんと!キイロ
ハラビロトンボがチョコンと止まっていました。
a0126632_16145016.jpg
a0126632_1615259.jpg

大人しい個体だったので低い体勢から、真下から、斜め下方と色々撮影しました。
こちらも迷チョウは証拠写真しか写せませんでしたが、驚きの再再開でした。
a0126632_16191395.jpg

するとそこにもう一頭の別のキイロハラビロトンボが現れて一緒に舞い上がったので
とりあえず証拠写真を撮影してみました。
a0126632_162295.jpg

キイロハラビロトンボの近似種の「オオハラビロトンボ」が有名な渓流沿いの林道に
いたので比較の為に撮影しました。胸部の模様で全く別種であることがわかります。
a0126632_16265741.jpg
a0126632_1627811.jpg

キイロハラビロトンボに出逢えた広場には「アカスジベッコウトンボ」上♂、下♀も観察
出来ました。こちらも未成熟なのに、とっても綺麗なトンボでした。

              in2013.05.04~07八重山諸島つづく            
by himeoo27 | 2013-05-08 16:34 | トンボ | Comments(22)


ツマキチョウの産卵 と アカシジミの幼虫 他 in2013.04.14&28②

a0126632_18461092.jpg
a0126632_18463136.jpg

4月14日の今回のトップは「スジグロシロチョウ」です。モンシロチョウと肩
を並べるシロチョウの仲間の普通種ですが、ピントが甘くても開いた翅が
とても綺麗でした。
a0126632_18495554.jpg

この時期シロチョウの仲間というと何と言っても「ツマキチョウ♂」でしょう!
但しフワフワ飛び回って写せたのはこの証拠写真くらいかな(涙)。
                    以上2013.04.14
******************************
a0126632_18535716.jpg

4月28日の朝9:00前にポイントに着いて花壇を探すと早速「ツマキチョウ♀」
が舞っていました。しかし・・・・この時は全く止まってくれません・・・・・・
a0126632_18563272.jpg

昼過ぎて帰ろうとすると吸蜜する個体も登場してくれました。
a0126632_1858318.jpg
a0126632_1858434.jpg

暫く同一個体を観察していると小さな細長い卵を産み付けました。
a0126632_1904645.jpg

シジミチョウの仲間を探すとほんのり青い鱗粉が輝く「ツバメシジミ♀」が登場して
くれました。控えめな色彩が素敵ですね!
a0126632_196558.jpg
a0126632_197613.jpg

ミズイロオナガシジミの卵のあったコナラの樹を探すと私が1頭、「ねこきち」さん
が1頭アカシジミの幼虫を見つけることが叶いました。ゼフの幼虫を自力で見つ
けるはミドリシジミについで2種目だったので嬉しかったです。
                    以上2013.04.28続く
by himeoo27 | 2013-05-03 19:16 | チョウ全般 | Comments(30)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
鳩山邦夫氏の追悼展ですか..
by clossiana at 16:01
都心、南国、信州など各地..
by yurinBD at 23:46
飛翔姿素晴らしいですね。..
by torinara at 21:15
こんにちは(ゝω∂) ..
by だんちょう at 15:17
南国のシロチョウたちもい..
by 22wn3288 at 08:24
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:45
ツマキチョウはとまっても..
by uke-en at 22:39
Shin 様 本日は..
by himeoo27 at 19:42
midori 様 貴..
by himeoo27 at 19:34
だんちょう 様 関東地..
by himeoo27 at 19:24
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧