ヒメオオの寄り道


<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



キタテハの冬の塒 in埼玉県中部の公園20120226①

皆さんのブログによると埼玉県、群馬県、東京都等々で「モンキチョウ」が登場したとのことで
本日、埼玉県中部の公園に探しに出かけてみました。
a0126632_1849439.jpg

水辺の「ハンノキ」の幹を良く見ると
a0126632_18503226.jpg
a0126632_18504083.jpg

ミドリシジミの卵が3個見つかりました。まずは幸先良し!です。
a0126632_18525217.jpg

2月11日「フサヤガ」が越冬していた「あずまや」の天井裏を覗くと、
場所が少し変わっているもののその怪異な姿を今日も見せてくれました。

日差しが弱く気温も上がらないので、ベニシジミの幼虫探しに切り替えて草藪の中を探すと
a0126632_185745100.jpg
a0126632_18575342.jpg

草むらから「ツヤマルガタゴミムシ?」が飛び出してきました。
寒くて動きが悪いものの小さく、止まらないので、ピントを合わせることが難しかったです。
さらに同じ草藪を探すと・・・・・・・・
a0126632_1921128.jpg

何か蝶のようなものが!!!
a0126632_1924270.jpg

な・・なんと、越冬中の「キタテハ」でした。
一昨年の晩秋、陽が陰ってツツジの植え込みに潜り込むキタテハを観察したことがありましたが、越冬場所を見つけたのは初めてだったので大興奮です。
目的の「モンキチョウ」は見つけられませんでしたが、満足の昆虫探索の1日でした。
a0126632_1964090.jpg

ちなみにキタテハの越冬場所や、ゴミムシが出てきた草藪は↑のような場所です。

              in埼玉県中部の公園20120226続く
by himeoo27 | 2012-02-26 19:11 | 昆虫一般 | Comments(24)


ブータンシボリアゲハとチョウ類保全を考える集い in2012.02.18~19②

幻の蝶と言われていた「ブータンシボリアゲハ」の再発見について
NHKで放映されたのでご存知の方も多いと思います。
a0126632_9195238.jpg

ブータン政府と日本蝶類学会との共同調査隊により採取された2頭の標本が、
昨年秋に国賓で来日されたブータン国王・ワンシュク陛下から、
日本&ブータンの友好の証として「東京大学総合研究博物館」と「進化生物学研究所」
に贈呈されました。
このブータンシボアリアゲハの標本が、2月17日から
「東京大学総合研究博物館本館1F」(~2月24日で終了しました)
「東京農業大学「食と農」の博物館」(~3月11日:月曜日休館)
一般公開されたので早速撮影してきました。
下の3種のシボリアゲハと比較すると「デカイ」&「立派」&「綺麗」です。
東京農業大学でぜひ実物をご覧になって下さい。
a0126632_93532100.jpg

この写真は、ブータンシボリアゲハの仲間で、上から「シボリアゲハ」「シナシボリアゲハ」「ウンナンシボリアゲハ」です。
何れもなかなかの美麗種ですが、迫力においてブータンシボリアゲハには全く叶わないように感じました。
a0126632_9395681.jpg

「チョウ類保全を考える集い」でも18日東京大学総合研究博物館の矢後さんより「ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について」報告がありました。
a0126632_9425214.jpg

ブータンシボリアゲハの調査隊にも加わっていたNRCの渡辺さんから「ヒメチャマダラセセリの現状」ということで、生息地の高山植物の減少により生息環境が急激に悪化しているとの報告もありました。
a0126632_947669.jpg
a0126632_947204.jpg

ヒメチャマダラセセリだけでなく事務局の中村さんより「チャマダラセセリ」「ヒョウモンモドキ」「ツシマウラボシシジミ」等も非常に厳しい状況であるとの報告がありました。
そのほか
山梨県北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
東日本大震災による津波による生物多様性への影響
等々の盛り沢山の内容で十二分に楽しんできました。

講演してくださった皆様、
事務局として受付、進行、準備を行ってくれた皆様
ありがとうございました。

                           in2012.02.18~19終わり
by himeoo27 | 2012-02-25 10:02 | アゲハチョウ | Comments(10)


神奈川県「アサギマダラ」越冬幼虫再見 2012.02.18~19①

昨日、今日と神奈川県立生命の星・地球博物館にて
日本チョウ類保全協会主催の「第8回チョウ類の保全を考える集い」
があったので神奈川県に出かけてきました。
その前に暖蝶寒鳥の「ごま」さん、「蝶鳥ウオッチングのyodaさんと「アサギマダラ」の幼虫探しをしてみました。
a0126632_215219.jpg

まず「弱齢幼虫」yodaさんが見つけてくれました。
a0126632_215383.jpg

次に食草の葉全体と「2~3齢幼虫」
a0126632_2155585.jpg

こちらもyodaさんが見つけてくれた最大級の幼虫
「厳めしい顔」が逆にヒョウキンに感じたヒメオオです。
a0126632_2161270.jpg

アサギマダラ幼虫が生息地の雰囲気の写真です。山の北面の急斜面にある杉林の中またはややうす暗い林縁部でした。

             2012.02.18~19続く
by himeoo27 | 2012-02-19 21:03 | マダラチョウ | Comments(20)


北本自然観察公園にて in2012.02.11

コミミズク撮影に出かける前に「北本自然観察公園」に出かけてみました。
a0126632_19293337.jpg

テントウムシが越冬してると記載のあった場所を蝶散歩のchosanpoさんと探してみました。
残念ながらテントウムシは見つかりませんでしたが、越冬中の少し渋めの「蛾」を1頭見つけることが出来ました。
「 バルキング」さんのご指摘↓より「フサヤガ」のようです。バルキングさん有難うございました。
a0126632_19372761.jpg

フユシャクがいないかな?と雑木林を探してみると今年のべ7頭目の「キノカワガ」を見つけました。
a0126632_1940095.jpg

アップにすると幹とは容易に区別出来ますが、その擬態には驚かされます。
a0126632_19411512.jpg

キノカワガと同じ樹の幹の間には黄色く輝く「キイロテントウ」も越冬していました。
キノカワガと対照的に、これだけ目立つのに野鳥に見つけられないとは?不思議です。
a0126632_19431980.jpg
a0126632_19432964.jpg

ベニシジミの幼虫でもいないかな?と葉っぱをめくると
「シロヘリクチブトカメムシ」が葉っぱと葉っぱの間に越冬していました。
シャープなスタイルで、色調もとっても綺麗なカメムシです。
私の図鑑では九州以南に生息との記載がありましたが、
北上してきて、今年の関東の冬も乗り越えそうです。
a0126632_19483038.jpg

この公園は、昆虫より野鳥で有名ですが、「青鷺」、「鴨」等の水辺の鳥や
a0126632_19495343.jpg

「ジョウビタキ」君も出てきてくれました。
by himeoo27 | 2012-02-18 19:26 | 昆虫一般 | Comments(6)


【第8回 チョウ類の保全を考える集い ご案内】

私も参加している日本チョウ類保全協会主催で下記催しものがあります。
興味のある方はぜひ参加お願いします。

【第8回 チョウ類の保全を考える集い ご案内】

毎年2月に開催しております「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の
要領で開催しますので、ご案内いたします。

 興味・関心のある方は、どなたでもご参加できます。
 1日だけの参加もいただけます。

 多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

◆日時:
  2012年2月18日(土)・19日(日)
  受付開始:18日(土) 12:30~

◆場所:
 神奈川県立 生命の星・地球博物館 講義室(入口を入ってすぐ右手)
  http://nh.kanagawa-museum.jp/info/traffic/index.html

◆主なプログラム:

 2/18(土)
 13:00 開会
 13:20~14:20 チョウ類の状況及び活動報告
      ヒメチャマダラセセリの現状-植生の変化による個体数の減少-
           渡辺康之氏(NRC)
      北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
           伊藤麻美氏(北杜市オオムラサキセンター)

 14:20~15:20 東日本大震災の津波による生物多様性への影響
         永幡嘉之氏(自然写真家・日本チョウ類保全協会事務局)

 15:50~16:30 保全協会のプロジェクト報告

 16:30~17:10 ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について
          矢後勝也氏ほか(東京大学総合研究博物館)

 17:30~     懇親会(博物館) 会費3000円

 2/19(日)

 9:15~    受付

 9:20~9:50  自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔の結果報告
          萩原正朗氏((財)日本自然保護協会)

 10:30~11:00 絶滅危惧種の状況と今後の保全

 11:00~12:00 チョウ類の保全に関するディスカッション

 13:00~15:00 グループ討論:今後のプロジェクトの進め方について

 15:00     閉会

 大会参加費:会員 500円、非会員 1000円
 お車でお越しの方は博物館受付にお申し出てください。

 会場:講義室(博物館の入口を入ってすぐに右手にあります)。
    本会のみ参加の場合には、入館料は必要ありません。

○参加申し込み
 当日の参加も可能ですが、準備の都合上、参加をご希望の方はできるだけ2月
14日(火)までにお申し込みください。なお、2/18日(土)17:30より、懇親会
を予定しており、会費は3000円の予定です。懇親会の参加についても合わせてご
連絡をお願いします。また、2/19日の昼食(弁当600円)の注文も可能です。こ
ちらもご希望の方は事前にご連絡ください。

------------------------
--
*********************************************************
  特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
  140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
  TEL 080-5127-1696
  Email:jbcs@japan-inter.net
  http://www.japan-inter.net/butterfly-conservation/
*********************************************************
by himeoo27 | 2012-02-12 17:40 | 自然保護 | Comments(2)


「コミミズク」再見 in2012.02.11埼玉県

「さいたま」に今年は「コミミズク」が来ていると聞いていました。
私は、自宅の直ぐ近くの「さいたま市内」とかってに思いこんで風任せ自由人のmaximiechanさんにお願いして出かけてきました。
a0126632_22204748.jpg

「埼玉県内」の少し離れた場所でしたが、無事コミミズクに遭遇出来ました。雪山の近さで我が家から遠い場所であることが良く分かります。
a0126632_22221083.jpg

気持ち良さそうに飛んでいますが、上手くピントが合いません!!!
a0126632_2223264.jpg

カメラで一生懸命追っかけていると、もう一頭出てきてくれました。
a0126632_22245723.jpg

そのうち、突然目の前に真っ逆さまに落ちるように舞い降りてきました。獲物を狙ったようです。
このタイミングでは残念ながら餌にはありつけませんでした。
a0126632_22273638.jpg
a0126632_22274713.jpg

今日は「コミミズク」を中心に大勢のカメラマンが集結していましたが、その中を悠然と飛び回って皆さんにサービスしてくれました。
a0126632_2229636.jpg

サイクリング道路の上を自転車を追いぬかすように飛び去る子も出てきました。
a0126632_22301110.jpg

最後は、礎石の上に止まって見送ってくれました。
本日は、3~4頭のコミミズクの登場で、撮影結果は置いといて、とても楽しみました。

maximiechanさんに昨年に引き続き、今年もお世話になりました。
by himeoo27 | 2012-02-11 22:35 | | Comments(18)


ウラギンシジミの本 & リュウキュウムラサキ 

2月に入ってから風邪をひき、野外フィールドに出れません。
a0126632_953141.jpg

やむなく近くの図書館で借りてきた「葉の裏で冬を生きぬくチョウ」↑を暖かい部屋で読んでおります。
この本は、3人の子供を持った神奈川県の主婦が10年間かけて調べた「ウラギンシジミ」の観察記録をもとに書かれています。研究者の行ったものではありませんが、地道な越冬状態の観察や、蛹の成熟経過など写真、スケッチをもとに克明に行っていてとても興味深い内容でした。

画像データを整理して、まず温室ネタから
a0126632_9155883.jpg
a0126632_916750.jpg

「リュウキュウムラサキ?」かな足立区生物園の温室の中でテリ張りしていました。傷みある個体ですが、とても輝いて見えました。
a0126632_9183965.jpg

望遠レンズで撮影したので「卵」が良く分かりませんが、動作的に産卵していると思われます。樹上高く近づけない場所だったので、コンデジによる卵撮影は諦めました。
a0126632_9201254.jpg

温室の中にはこのような吸蜜ポイントが数か所設置されているので、その状況を容易に接写出来ました。
野外でもこのような撮影出来たら嬉しいのですが!

次に、昨年の大晦日、八重山遠征時より
a0126632_926369.jpg

西表島で「ヤエヤマムラサキ」を観察することが出来ました。樹上6~7m付近に居たのでこのような証拠写真しか撮影出来ず残念無念です。次回はぜひ接写したいです。
by himeoo27 | 2012-02-05 09:32 | タテハチョウ | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧