ヒメオオの寄り道


<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧



テントウムシの集団越冬 と 蝶蛾の成虫&蛹 in2012.01.28②

ゼフ卵の展示会場のある建屋を出て直ぐにある木製の箱の中を覗くと
a0126632_2144184.jpg
a0126632_2145574.jpg

そのコーナー部を中心に多くのナミテントウの集団が越冬していました。木製の箱は「ぐんま昆虫の森」の雑木林のあちこちに設置されていますが、この箱が一番のお気に入りのようでした。沢山の個体が、皆で肩を寄せ合うように寒さに耐えていました。
a0126632_21194496.jpg

a0126632_217371.jpg

探すのが難しい「キノカワガ」は指導員の方が教えてくれました。このように蔦の絡んだ樹木の幹での観察は、初めてです。
a0126632_21103724.jpg

冬の風物詩「ウスタビガ」の繭は比較的容易に見つけることが出来ました。
a0126632_21113915.jpg

この繭は「ヤママユガ」のもののようです。ウスタビガと異なり羽化後の蛾の出口が無いそうで、蛾は繭を溶かす液体を出して穴をあけてでてくるそうです。
a0126632_21134498.jpg

トイレに入って良く見ると「モンシロチョウ?」の蛹がその側壁についていました。風が無く冬を越しやすいからかな?
a0126632_21151039.jpg
a0126632_21151815.jpg

「ジャコウアゲハ」の蛹は、食草からかなり離れた樹の幹や、人工物で数多く見つけることが出来ました。
a0126632_21164714.jpg

先日、足立区生物園でリュウキュウアサギマダラの蛹で観察した通り、ジャコウアゲハも蛹になる時落っこちぬようにしっかり糸で基礎作りをしていることが確認出来ました。

             in2012.01.28ぐんま昆虫の森 終わり
by himeoo27 | 2012-01-29 21:26 | 昆虫一般 | Comments(26)


蝶&蛾の卵&幼虫 in2012.01.28ぐんま昆虫の森①

本日は天気も良く、風も弱かったので「ぐんま昆虫の森」に出かけてみました。
a0126632_22124866.jpg
a0126632_221258100.jpg

まず撮影したのはハンノキを食樹とする「ミドリシジミ」の卵です。1cmまで近づいて撮影するとそこそこシャープに写りました。
a0126632_2215282.jpg
a0126632_2215134.jpg

次にクヌギ等の落葉樹を食べる「オオミドリシジミ」の卵です。ミドリシジミと良く似ていますが、少し形状が異なっていますね!
a0126632_22174540.jpg

「クスサン」の卵は、マダラチョウの卵に似た俵のような形状です。またその寸法はミドリシジミ、オオミドリシジミよりはるかに大きいです。cactussさんの「蝶の玉手箱」の3月3日の「記事」と「日本カメムシ図鑑」よりこの卵は「クチブトカメムシ」の仲間のそれのようです。間違えて申し訳ありませんでした。


展示室には野外では観察したことの無い
a0126632_22215184.jpg

「メスアカミドリシジミ」
a0126632_22231633.jpg

憧れの「ミズイロオナガシジミ」
a0126632_22234562.jpg

「オナガシジミ」等々のゼフの卵が展示されていました。この3種はどれも特徴的ですね!

蝶の幼虫はタテハチョウの仲間の
a0126632_2226230.jpg

「コムラサキ」が柳の幹の隙間に
a0126632_22271837.jpg

「オオムラサキ」がエノキの樹の下の落ち葉の裏で
それぞれ見つけることが出来ました。

                   in2012.01.28ぐんま昆虫の森 続く
by himeoo27 | 2012-01-28 22:30 | チョウ全般 | Comments(16)


白地に黒い大きな点等々 in2011.01.29~2012.01.01⑨

年末年始の八重山シリーズの最終回はシジミチョウの仲間です。
a0126632_176456.jpg

最初は、石垣島で見つけた初見「ホリイコシジミ」です。11月頃は結構沢山飛んでいたとのことですが、流石に年末となると傷んだ個体中心で、その数もあまり多くありません。八重山諸島ではシジミチョウの仲間は小さい種が多いですが、この種もとっても小さく感じました。
********以上1コマ2011.12.29石垣島にて***********
a0126632_1793556.jpg
a0126632_1794543.jpg

29、30日ともに石垣島でも見かけた、これも初見「ルリウラナミシジミ」♂です。小さめのシジミチョウで、西表島のシロウラナミシジミを探している時に見つけました。
飛翔時の表翅の濃い「瑠璃色」が煌めいていたので、オールオートでパスト連写してみました。少しその雰囲気が伝わると良いのですが・・・・・・・・・
a0126632_1717714.jpg

a0126632_17541657.jpg
a0126632_17542491.jpg

初見「シロウラナミシジミ」♀は八重山諸島のシジミチョウの仲間の中では特別で、ウラギンシジミくらいの大きなシジミチョウです。1時間ほど雨の中ポイントを探しまわって諦めかけた時に、入野さんが見つけてくれました。今回の遠征で出会いたかったシジミチョウだったので、心の中でガッツポーズをして撮影しました。
パスト連写は練習なしで、ルリウラと同じく良い出来ではないのですがまあ写っていたので掲載します。
a0126632_17235979.jpg

ポイントを移動して、鬱蒼とした亜熱帯樹林の中を通る林道に入りました。
a0126632_17252449.jpg

林道を30分ほど探し回ると、白地に黒い大きな点を持つ小さな蝶が雨の中樹上に止まっていました。
a0126632_1727132.jpg

昨年、春訪問時にはチラッと「見ただけ」の初撮「リュウキュウウラボシシジミ」です。小さくて愛らしい蝶なので、これも本当に嬉しい!!!
林道整備により花の極端に少なくなっているのに中の1頭が、運良く吸蜜してくれました。
a0126632_17272219.jpg

暫く観察しているとこちらを向いてくれてました。
シロウラナミシジミ&リュウキュウウラボシが撮影出来てとても満足な西表島遠征となりました。
********以上9コマ2011.12.31西表島にて***********
a0126632_17331053.jpg

元旦の竹富島ではシジミチョウ達もポツポツ登場してくれました。
小さいこと、外から3列目の模様が濃いことより「ハヤマトシジミ」かな?と思いましたが、
a0126632_17553899.jpg

複眼の毛
a0126632_17355694.jpg

表翅の白銀の輝きより、明らかに「ヤマトシジミ」♂の八重山亜種のようです。
a0126632_17371024.jpg

この蝶を関東地方で撮影したらヤマトシジミ♂と思いますが、
竹富島なので「ヒメシルビアシジミ」?ではと推定して掲載してみます。
********以上4コマ2012.01.01竹富島にて***********
a0126632_17401751.jpg

沖縄から東京に戻る途中の飛行機からの元旦の夕焼けです。これで今回の遠征報告を終わりといたします。
              in2011.01.29~2012.01.01八重山遠征終わり
現地で案内して下さった「蝶館カビラ」の入野さん、遠征前に情報頂いた「暖蝶寒鳥」の「ごま」さん、「風任せ自由人」のmaximiechanさん大変お世話になりました。
by himeoo27 | 2012-01-24 21:00 | シジミチョウ | Comments(24)


「黒に白い帯」と「赤い」セセリ&アゲハ in2011.12.29~2012.01.01⑧

石垣島に着いて直ぐにウスイロコノマチョウの居た草むらの上を見ると樹上に
a0126632_15421166.jpg

黒をベースに後翅に大きな白い帯が見えました。
あれは・・・・・・憧れの初見「コウトウシロシタセセリ」です!!
これで証拠写真が撮れたので、大好きな接写出来るのではと期待しましたが、その後これ以上近づくことは叶いませんでした。
a0126632_15505570.jpg
a0126632_1551563.jpg

アカギカメムシの集団が居た明るい草むらに赤い蝶が登場してくれました。これも初見「ネッタイアカセセリ」です。この個体は、とってもフレンドリーで接写を許してくれました。
a0126632_1602448.jpg

ネッタイアカセセリを撮影しているとまた赤いチョウの登場です。この子は「チャバネセセリ」かな?大きく伸ばした口吻がとってもユーモラスでした。
a0126632_163413.jpg

山奥に入って少し開けた湿原では、「ジャコウアゲハ」、ベニモンアゲハといった黒地に少し「赤い」蝶が舞っていました。
a0126632_1675850.jpg

ジャコウアゲハの居た湿原の横の森に入ると如何にも亜熱帯という感じのスオウノキの仲間がどっしり根を張っていました。この板状の根はその形状のまま「板根」と呼ばれるそうです。
*********以上6点 2011.12.29石垣島にて************

雨の途切れも少なかった30、31日は残念ながらセセリ、アゲハの仲間には出会えませんでした。
雲に殆ど覆われているものの時々日差しの射す元旦の竹富島では
a0126632_16163630.jpg

黒地に白いくっきりした帯のある「シロオビアゲハ」も歓迎してくれました。やはり数の多いこの蝶も雨天だと活動が鈍るのかな?
a0126632_16194773.jpg

シロオビアゲハも正面から見ると結構カッコ良いですね!真剣に吸蜜していました。
a0126632_16204067.jpg

シロオビアゲハが吸蜜していた花の横には花に彩られた石垣に囲まれた「家」がありました。竹富島では個々の家も芸術品のようで素敵です。
a0126632_16254724.jpg

この「赤い」セセリは、その後翅の3個の斑紋より「ユウレイセセリ」?と思われます。妙な名前ですが、結構「目」が可愛かったです。
a0126632_16282969.jpg

竹富島でも「チャバネセセリ」?に出会いました。八重山諸島にはトガリチャバネセセリというセセリチョウの仲間が生息しているので、私には彼らの同定は少し難しいです。
*********以上5点 2012.01.01竹富島にて************
by himeoo27 | 2012-01-21 16:38 | セセリチョウ | Comments(20)


初見「ウスイロコノマチョウ」&シロチョウの仲間 in2011.12.29~2012.01.01⑦

関東地方で最近北上しているクロコノマチョウに少し似たチョウが八重山諸島に生息していると知識では知っていました。
a0126632_1973094.jpg

それが、この初見「ウスイロコノマチョウ」です。名前の通りクロコノマより淡い色合いで、裏面のさざ波模様が少しクッキリしています。前回逢えなかった憧れの蝶なので急いでシャッターを押しました。
a0126632_1910224.jpg

クロコノマと同じく1頭、1頭、薪で焼いた素焼の陶器のように模様が異なります。また、このように落ち葉混じりの地面に潜まれると何処に居るのか?見つけるのも容易ではありません。
a0126632_1925010.jpg

別のポイントで、ウスイロコノマが樹上に舞いあがったので良く見ると樹液を吸汁していました。既に陽が陰っていて、やや薄暗い林の中の高い場所だったのでクリアーな画像は写せませんでした。
a0126632_1917061.jpg

「リュウキュウヒメジャノメ」は関東にもいるヒメジャノメと大きさも模様も近似しています。八重山諸島では最も一般的なジャノメチョウの仲間ですが、白い帯が太くクッキリしていて裏面がとっても素敵な蝶です。
***********以上4コマ 石垣島2011.12.29***********
a0126632_19222179.jpg

足立区生物園では比較的容易に撮影出来る「クロテンシロチョウ」ですが、自然界ではヒメシロチョウやツマキチョウのようになかなか止まらず写すのには苦労します。さらに、比較的暗い場所を好むので前回訪問した時は証拠写真も残せませんでした。今回は天候が悪いことが幸いしたのか、傷んだ個体ですが吸蜜時に接写することが叶いました。自然界初撮影に満足・満足です。
***********以上1コマ 石垣島2011.12.30***********
シロチョウの仲間は石垣島ではクロテンシロチョウ以外は、タイワンキチョウ、キチョウ、キタキチョウ、モンシロチョウに遭遇するもシャッターを押せず。
西表島では悪天候の為かシロチョウの仲間は、殆どその姿も見ることも出来ませんでした。
a0126632_19292343.jpg

初めて雨が上がった元日の竹富島では羽化直後と思われる「ナミエシロチョウ」に出会えました。その白さはとても鮮やかです。
遠くのハイビスカスに吸蜜している「ツマベニチョウ」を見つけたので走って近づこうとすると
a0126632_19351093.jpg

何を急いでいるのと言わんばかりにノロノロ「ハイビスカス」の花を角に付けた水牛車が目の前を通り過ぎました。
a0126632_19371152.jpg

結局「ツマベニチョウ&ハイビスカスの吸蜜シーン」は次回の課題となりましたが、竹富島の水牛の目に癒された私でした。
***********以上3コマ 竹富島2012.01.01***********

                      in2011.12.29~2012.01.01八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2012-01-18 21:30 | ジャノメチョウ | Comments(16)


チョウの解剖学 in2012.01.14足立区生物園

昨日、足立区生物園で「チョウの解剖学」というチョウ講座があったので出かけてきました。
解剖学というと「腑分け」のイメージですが、渡部先生によると「形態や構造を研究する学問」ということだそうです。今回は、卵、幼虫、成虫の外観の形態を科毎に分けて平易に解説してくれました。
a0126632_17582993.jpg
a0126632_17583942.jpg

↑は講義の始まる前に大好きな蝶の温室で撮影した「カバタテハ」の卵です。カバタテハは迷蝶で、八重山諸島でも一時的に定着したことがあるとのことですが、まだ現地では観察したことがありません。卵にしてはかなり毛深いですね!解剖学的にこの卵の形態はタテハチョウ科特有の「紡錘型、プリン型」のようです。
幼虫は、講義の中で写真や図で登場しました。オオゴマダラの幼虫の突起は柔らかいのに、ツマグロヒョウモンは触ると少し傷みを感じるような硬い棘状だそうで、今度出会ったら勇気を出して触ってみようかな?
a0126632_1861018.jpg

↑は先生が講義の時に回覧した「リュウキュウアサギマダラ」の「蛹」です。真っ直ぐぶら下がっているので「垂蛹」という解剖学的な蛹の形態だそうです。韓国の青磁器のようでとっても綺麗でした。
a0126632_1862421.jpg

付け根の部分はもっと簡単にくっついていると思い込んでいましたが、樹が地面に根を張るように多くの糸によりしっかり止めつけられています。これだけ丈夫だと多少の風でも飛ばされないと納得しました。
a0126632_181345.jpg

チョウの成虫は多数温室に飛んでいましたが、下手な蝶を掲載すると連載中の「八重山諸島のブログ」と紛らわしいので1、2番目の卵の親のカバタテハを載せました。かなり傷んだ個体ですが、逆に風格を感じます。
a0126632_1816790.jpg

講義が終わって、展示場を廻りました。
温室の入り口でドクターフィッシュと異名をとる「ガラルファ」というトルコ原産の魚が居ました。係の人に断って手を突っ込むと表面の荒れた皮膚をこの子たちが上手に掃除してくれました。このように悪い皮膚を綺麗にしてくれるのでドクターフィッシュという異名を持っているそうです。
a0126632_1820425.jpg

温室の中に入るとウルサク鳴くものが居るのでカメラを向けるとカラフルな「インコ」の仲間でした。
a0126632_1823534.jpg

花やチョウの間に小さな虫が居たのでシャッターを押すと「ホソヒラタアブ」かな?良く見るアブの仲間です。
腹部の模様がとっても鮮やかでした。

               in2012.01.14足立区生物園にて

渡部先生講義有難うございました。
by himeoo27 | 2012-01-15 18:27 | チョウ全般 | Comments(14)


カンムリワシと林に潜む蟲達 in2011.12.29~2012.01.01⑥

八重山諸島には巨大な鷲の仲間がいると入野さんが話していると
a0126632_8483121.jpg

突然、電信柱の上にいる大きな鳥が目に飛び込んできました。
a0126632_8494944.jpg

堂々とした風貌より、これが「カンムリワシ」です。蝶の撮影の「ノリ」でさらに近づいて撮影しようとすると、悠然と飛び去ってしまいました。カンムリワシとの初めての遭遇でした。
***********以上2011.12.29石垣島***************
シロウラナミシジミを探すために西表島を車で走っていると
a0126632_8563792.jpg

やや小型のカンムリワシが登場しました。雨が降っている時の登場は珍しいそうです。この日は29日と比べると天気がさらに悪く証拠写真を抑えるのが精いっぱいでした。
***********以上2011.12.31西表島***************
a0126632_901614.jpg

時間を巻き戻して石垣島でカンムリワシに出会ってから樹が鬱蒼と茂った山中に分け入ると、とっても大きなナナフシの仲間が居ました。「アマミナナフシ」?かな?関東で見かけるものの倍以上の大きさに感じました。
***********以上2011.12.29石垣島***************
今度は西表島の密林でリュウキュウウラボシシジミを探していると
a0126632_982750.jpg

巨大な蟻のような「クロカタゾウムシ」がとまっていました。飛ぶ能力はないそうですが、これだけ堅いと捕食者も容易に食べれないと思います。
a0126632_9111131.jpg

さらにその森の中にて、「綺麗なカタツムリだ!」と写真を撮ってみると、カタツムリ特有の触覚等が有りません。「アオミオカタニシ」という陸生の「タニシ」の仲間でした。緑色の綺麗な殻のように見えますが、殻は白色半透明で、体が緑色だそうです。
***********以上2011.12.31西表島***************
a0126632_9173437.jpg

アオミオカタニシは密林のタニシと思い込んでいましたが、竹富島の林縁部でも見つけることが出来ました。
a0126632_9185247.jpg

「ホオグロヤモリ」でしょうか、街から港へ向かう道路に沿った樹の幹にとまっていました。ホオグロヤモリとすると「チッチッチッ」と良く通る声でなくそうです。
a0126632_9275432.jpg

竹富の街の中の草むらで綺麗な「テントウムシ」を見つけました。模様的には「ダンダラテントウ」かな思いましたが、形状的には「ナミテントウ」のような感じです。
a0126632_9302730.jpg

テントウムシが居た草むらから顔を上げると多肉植物が生えた壁で囲まれた民家が目に入ったので取りあえずシャッターを押してみました。
***********以上2012.01.01竹富島***************

                in2011.12.29~2012.01.01八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2012-01-14 09:36 | | Comments(20)


オオゴマダラ交尾 & タイワンキマダラ吸蜜 in2011.12.29~2012.01.01⑤

初日「石垣島」にて、イワサキタテハモドキが飛び去ったので頭上を見上げると
a0126632_1243192.jpg

「オオゴマダラ」のペアが樹上の高い所で交尾しているようです。「足立区生物園でオオゴマダラの交尾は観察したことはありました(写真は撮影出来ず)が、自然界では初めての経験で気持ちが高ぶってきました。良く見ると別の♂がペアの上に飛んでいます。
a0126632_1253192.jpg

高く飛んでいた1頭の♂がカップルを見つけて急降下してきました。
a0126632_1261537.jpg

オオゴマダラ♂が、交尾中の♀に求愛するようにお尻から黄色の「ヘアペンシル」を出しました。「多摩動物公園オオゴマダラのヘアペンシルによる求愛は撮影しましたが、「交尾&求愛ヘアペンシル&自然界」の画像は珍しいのでは?と思います。
************以上 (石垣島2011.12.29)***********
a0126632_12231164.jpg

雨が降り続いているので、見つからないかな?と「西表島」のとある草藪の中を蝶館カビラの入野さんが歩くと「タイワンキマダラ」が舞いあがって樹上に止まりました。どうも入野さんが歩いた小さな草藪で雨宿りしていたようです。
a0126632_1229668.jpg

雨が小降りになると、この処降り続いた雨がお腹が空いていたのか、吸蜜する個体や
a0126632_12313266.jpg

翅を広げて休息する個体も登場しました。
************以上 (西表島2011.12.31)***********
a0126632_12341692.jpg
a0126632_12342584.jpg

石垣島のリュウキュウアサギマダラが集団越冬する森の近くで、「スジグロカバマダラ」も観察出来ました。色合いは全く違うものの同じ「マダラチョウ」の仲間なので一緒に居ても不思議では無いような気もしますが、全く分かれて休憩していました。
************以上 (石垣島2011.12.30)***********
a0126632_12421271.jpg

スジグロカバマダラは今回「西表島」でも観察されましたが、雨が殆ど降らなかった元旦の「竹富島」では
a0126632_12444220.jpg

それまでのうっ憤を晴らすように次々と登場してくれました。
************以上 (竹富島2012.01.01)***********

               in2011.12.29~2012.01.01八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2012-01-11 20:33 | マダラチョウ | Comments(20)


ゼフ卵&蝶越冬幼虫 in2012.01.08栃木県

本日は、栃木県にゼフ卵&越冬蝶幼虫を探しに行ったので「八重山シリーズ」は休止いたします。
自然散策雑記帳の「ねこきち」さんに昨晩電話すると本日都合ok!とのことで、早速防寒着を着こんで出陣してきました。以下特記無い限り「ねこきち」さん達諸先輩が見つけて下さった蝶の卵&幼虫です。
a0126632_19111881.jpg

最初は、「アカシジミ」の卵です。ほぼ中央部の白い半球状のものです。
表面に特に模様が無く、少しゴミが付いているのでこれ以上、上手く表現するのは私には困難でした。
a0126632_19152820.jpg

次は「ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)」の卵です。
目立つ所に2個産まれていて、表面に産毛状の模様があるのでアカシジミのそれより少し分かりやすいですね!
a0126632_1918488.jpg

これこそ今回撮影したかった「ウラゴマダラシジミ」の卵です!!!!!
UFO又は組み合わさった精密歯車のような模様がとっても素敵です。この写真だけみると大きく見えますが,上の2種卵と同様にとっても小さく撮影に苦労しました。
a0126632_19214479.jpg

ウラゴマダラシジミの5個の写真撮影↑に私が手間取っている間に「ねこきち」さんが見つけてくれた11個の大集団の卵です。こちらは朱色も鮮やかで、素敵な雰囲気です。
a0126632_1924574.jpg

次は、私が「ミズイロオナガシジミの卵を見つけるぞ!」と張り切って雑木林の中を探して見ると・・・・
ゼフ卵と比べると巨大な目!を発見。
「オツネントンボ?」でしょうか小さなイトトンボの仲間ですが、大きい「怪鳥」のように感じました。
a0126632_19283456.jpg

「ねこきち」さんが、「ミスジチョウ」の幼虫いるでしょ!と言われてこの枯れ葉を寄せてくれました。
老眼&近眼&乱視の私にはさっぱり分かりません。
メガネを外して、しみじみ眺めると枯れ葉の右中央付近にいる怪獣のようなイモムシがそれとやっと分かりました。
a0126632_1932481.jpg

私も、「幼虫であれば何とかなるかな?」と「エノキ」の樹の廻りの枯れ葉を探してみると
エノキではなく小さな「モミジ」の枯れ葉の裏に「オオムラサキ」の幼虫4頭も身を寄せ合うように集まっていました。
当然、鼻を膨らませて「ねこきち」さんに報告いたしました。
a0126632_19371359.jpg

ポカポカした日差しに暖められたのかオオムラサキの幼虫のうち1頭が、ムクッと可愛い顔を上げて見せてくれました。

                      in2012.01.08栃木県終わり

同行してくれた「ねこきち」さん、これらの卵、幼虫を見つけて下さった諸先輩の皆さん有難うございました。
by himeoo27 | 2012-01-08 19:44 | チョウ全般 | Comments(21)


碧に煌めく巻いた「葉?」 in2011.12.29~12.1.1④

「西表島」でシロオビヒカゲを探していると「命」のオーラを感じる碧の煌めく葉っぱのようなものを見つけました。早速近づいて接写すると
a0126632_1552394.jpg

どうも「キマエコノハ」という名前の蛾のようです。これだけでも色合いは綺麗ですが、舞い上がると後翅が鮮やかな黄色でとっても素敵でした。
************以上「西表島」2011.12.31************
「石垣島」では「ナナホシキンカメムシ」の集団越冬を撮影して戻る道端には
a0126632_15565374.jpg

ステルス戦闘機のような三角形の蛾が止まっていました。この形状の仲間ではやや大型で、私の手持ちの図鑑によるとその形状、模様より「オオウンモンクチバ?」のようです。但し、生息地の記載が「北海道~屋久島」となっていたので違う種かもしれません。
************以上「石垣島」2011.12.30************
唯一雨が殆ど降らなかった元旦の「竹富島」では蛾も色々登場してくれました。
a0126632_1623620.jpg

最初は、石垣島でも良く観察出来た美麗種の「イヌビワオオハマキドキ」です。「オオ」という名前ですが結構小さく飛んでいるとコバエのような雰囲気です。
a0126632_1654021.jpg

竹富島にはバナナの樹が道端にも生えていて、小さな実を付けていました。樹の中央部に有るのが分かりますか?
a0126632_1685082.jpg
a0126632_169068.jpg

竹富島の街並みは島の中央部に集まっていますが、街中の少し暗い影にひっそりと白髪のお爺さんのような蛾がとまっていました。名前は分かりませんが、怪異な風貌なのでかってに「ヒゲ爺蛾」と名付けました。
どなたか名前判ったらぜひ教えて下さい。
pontaさんの指摘により確認したところ、ヒゲ爺蛾は「ハイイロセダカモクメ」のようです。pontaさん何時も有難うございました。
a0126632_1612284.jpg

ヒゲ爺蛾の居た近くは民家の街並みが揃っていたのでパノラマ撮影を行いました。ぜひクリックして拡大してご覧下さい。
a0126632_16141344.jpg

個々の家も結構お洒落で、屋根の上では魔よけの「シーサー」がほほ笑んでいました。
a0126632_16202391.jpg
a0126632_1620338.jpg

竹富島のフェリー乗り場の近くには「オキナワクロホウジャク?」でしょうか、少し傷んだホウジャクの仲間が久しぶりの天気を満喫しながら吸蜜していました。
************以上「石垣島」2012.01.01************


             in2011.12.29~12.1.1八重山遠征続く
by himeoo27 | 2012-01-07 16:27 | | Comments(16)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
注意力不足で、以前の八重..
by uke-en at 12:10
もともと甲虫に強いヒメオ..
by grassmonblue at 11:55
ヤエヤマボタル、 幻想..
by MIYAKOUTA5040 at 05:29
たいへんお世話になりまし..
by Shin at 17:08
ヤエヤマホタルの観察がい..
by 22wn3288 at 08:14
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
椿の茶屋 様 最低気温..
by himeoo27 at 21:10
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧